漢字と日本語の高速学習

「委ねる|委員会」を覚える

事件の捜査は所轄の警察署にすべて委ねられている。
じけんのそうさはしょかつのけいさつしょにすべてゆだねられている。

ローマ字⇔ひらがな⇔漢字かな交じり文 変換

漢字を覚える前に、「その漢字を使った熟語(じゅくご)を含んだ用例(ようれい)」や「その漢字を訓読み(くんよみ)した表現を含んだ用例」を音声言語として覚えます。

以上の記述を、あなたは「意味を考えずに読み流し」ましたね?  だから日本語ができないのです。 だから漢字に弱いのです。

漢字を覚えるには、まず音声言語として、その漢字を含む熟語を使った「実際に使われる実例」を「音声言語という名の音楽」として覚えなきゃいけないのです。

例えば、「公正取引委員会」という文字を書いて覚えるから、あなたには日本語力・漢字力が、なかなか身につかないのです。

「あっ」「あ」「あーせーこーせー」「ぶんしゃか・ぶんしゃか」
「あーせーこーせー」「ぶんしゃか・ぶんしゃか」
「こーせーとりひきいいんか」「すったた」
「こーせーとりひきいいんか」「すったた」
「とりひき・とりひき」「いいんか」「すったた」
「そんなんで」「こんなんで」「いいんか」「すったた」

ある熟語について、その熟語の発音は覚えているけれども、どうやって綴る(つづる)の?  という検索回路を使わないと、日本語・漢字は上達しません。

「すでに知っている発音や音声」(音波の記憶)を基本として、その発音や音声を呼び出すための「トリガー記号」=「引き金になる記号」として、文字や音符という画像情報があるのです。

それは人間の意識が、まず音声言語を認識し、その後、文字言語を認識するように作られているからです。

それは脳や意識の発達プログラムとして、DNAに組み込まれた「順番」ですから、これに逆らおうとしても無理です。


「この文字は、何と読む?」というやり方で、文字から入門して言語を習得すると、まず覚えにくいし、我流の読みによって「誤った読み方を覚える」ということになります。

例えば、「つるがし」という音声言語から覚えれば、「敦賀市」を「あつがし」と読むようなことはありません。

favoriteを「×フェボライト」といった人がいたなぁ。フェイバリットだよ。

英語で「態(たい:voice)」のことを、「×のう」といった人がいたなぁ? 

誤読(ごどく)は恥ずかしい。 じつに、はずかしい。 まさしく、キンタマの縮み上がる思いがいたします。

そういった誤読は、「文字言語から入門した」という「やり方の間違い」によって生まれます。


語学は必ず「音声言語から入門し、『音声言語としてすでに知っているこの言葉を書くとき、どんな文字で書くの?』という方向からアプローチする」ということを厳守(げんしゅ)してください。


あなたの成績がよくないのは、「漢字1字だけ覚えたほうがラクだ」とか思っちゃうから。

エネルギーがあれば、「一気に片付けたほうがラクだ」とか思うんだよね。

言語や音楽というのは、文字列というよりは、音列(おんれつ:series of sound: シリーズ・オフ・サウンド)なんです。

言語や音楽というものは、とりあえずは「隣の音波との周波数の相対関係の連続体」なのです。

キーが変わって演奏されたりしても、「隣の音波との周波数の相対関係」=「音程関係」は変わりませんね? 

キーが変わって演奏されたりしても、「音程を曲線で表す」と、「元のキー」と「現在のキー」の曲線は合同になります。

音程を曲線で表した「音列曲線」は、キーを違えても合同である。

音程を曲線で表した「音列曲線」は、演奏のテンポ(長さ)を違えても、相似である。

私たちが言語や音楽だと思っているものは、とりあえずは「音程の曲線」という「音列曲線」なのです。

「音程の曲線」という「音列曲線」は、「長い蛇(へび)がどういうポーズをとっているか?」というポーズなんです。

「長い蛇のポーズ」ということでいえば、ポーズそれぞれ特徴があったほうが記憶に残りやすい。

というより、蛇が短すぎたら、特徴がまったく出ません。

「音程の曲線」という「音列曲線」は、短すぎると、そこに特徴が見いだせなくなる。

「漢字を1個1個覚えること」「英単語を1個1個覚えること」が地道だ、あるいは、それがラクだと考えているあなたは、「蛇が短すぎたら、特徴がまったく出ない」という点に気づいていない。

「短いほうがラク」だと思ってしまう背景には、エネルギーのなさがある。

エネルギーを、いろいろな対象に分散させていませんか? 

「テレビを見ること」「音楽を聞くこと」「恋愛のこと」など。

少なくとも、「突破」するときは、エネルギーを細く集中させて、擬似的にエネルギーを強くする必要があります。

補足すると壁の反対側まで貫通させることができます。

選択と集中です。

一意専心です。

ということで、「音程の曲線」という「音列曲線」は、一定以上の長さをもたなければ、その特徴が出ないため、印象に残らず、結果として覚えにくいのです。

語学とは、特徴ある「音列曲線」を効率よく暗記するゲームである。

バカの始まりのもと 学校の勉強には、概略、「語学」と「推論と計算」の2種類しかありません。 「国語」「英語」「社会(地理・歴史・公民)」「理科2分野(生物・地学)」「理科1分野(物理・化学)の暗記部分」は、すべて「用語の暗記」が中心の「語学」です。 中学までの「成績」は、これら「語学」が8割の重みをもちます。 中学までの「成績」は、本質的には愚かでも、「語学」的な暗記力がすぐれていれば、「成績がいい」「頭がいい」ことにされ、「高偏差値の高校を受験する資格」が与えられる仕組みになっています。 学校の成績を鵜呑みにして、「自分はバカだから」と諦めている人は、洗脳されています。 「語学」的な暗記力は、「音列曲線」を効率よく暗記するノウハウ(ボイスレコーダーを使ってフレーズを繰り返し聞く)さえ知っていれば、どんなバカでも身につきます。 だって、どんなバカでもCMソングは覚えるだろ?  「推論と計算」は、「算数・数学」「物理の考え方や計算」「化学の化学式や計算」の3科目です。 こちらのほうが本質的な「知的能力」に近いものがあるように思います。 ぶっちゃけ、一太郎の詠太があれば、「語学」については、音声教材(日本語と英語)を自作することができる。 自作の音声教材を、ボイスレコーダー+フットスイッチを徹底活用することによって、しっかりと頭に入れれば、中学までの勉強なら、8割は攻略できたも同然だ。 あとは「推論と計算」に全力集中することで、学校の成績は、大丈夫になる。 したがって、一太郎の詠太、ボイスレコーダー+フットスイッチを購入して、フル活用することが基本になる。 そして、「バカの始まりのもと」は、概略、「音列曲線」を効率よく覚えるコツを知らない点にある。 あるいは、知っていても、それを実践しない点にある。 いいかえれば、トレーニング不足によって廃用性萎縮が起こり、「音声言語を覚える回路」が脳内に形成されていないから、オマエはバカなのよ。 しかし、脳には可塑性(かそせい)があるから、「音声言語を覚える回路」を筋力トレーニングのように、毎日・毎日、鍛えるのよ。 そうしたら、見違えるようなカシコに変身することができる。 そのことを、私はあなたに保証します。 音波を覚える回路は、バカなあなたにもそなわっています。 そこを鍛えるだけで、あなたはバカを脱却することができます。

単語だけで英単語を覚えようとすると失敗します。 連語(コロケーション)やフレーズ(句)にして、それを音声言語として覚えましょう。 音声言語を覚えてから、綴り(つづり:spelling: スペリング)を覚えましょう。

単独の漢字だけで漢字を覚えようとすると失敗します。 まずは、その漢字を含んだ用例を覚えましょう。

訓読みの場合は、文(sentence: センテンス)としての用例で覚えたほうがいいでしょう。 例えば、以下のように。

事件の捜査は所轄の警察署にすべて委ねられている。
じけんのそうさはしょかつのけいさつしょにすべてゆだねられている。

音読みの場合は、何らかのコロケーション(連語)として覚えます。 例えば、以下のように。

公正取引委員会

特徴のない景色が記憶に残りにくい。 特徴のあるものしか、記憶に残らない。

音列曲線で特徴を出すためには、ある程度の長さ、いいかえれば、尺(しゃく)=duration(デュレーション)が必ず必要なのです。

尺の短い音波を覚えるほうが「技術としては高度」なのです。

用例を覚えるためには一太郎の詠太を

用例を、一太郎の関連ソフトウェアである詠太に読ませます。

一太郎2017 · ゆきんこの勉強法 | 自修人

この用例を繰り返し聞いて、耳に焼き付けます。

語学力のコア(核)は、この音声言語を耳に焼き付けて暗記する部分です。

「音声言語を耳に焼き付けて暗記する部分」がなければ、文字を覚えても意味がありません。

「音声言語を耳に焼き付けて暗記する部分」は、メロディ(旋律)の記憶であり、このメロディの記憶を書き記す方法が、ひらがな、カタカナ、漢字、英数字などであったりするだけです。

音楽を覚えていないのに、楽典(musical grammar)を覚えようとしても無理です。

音楽は音声を基本とする。

同様に、語学も音声を基本とする。

漢字は画像データ

漢字は画像データなので、「模写(もしゃ)して」「模写して」「見ないで模写して」「見ないで模写して」というふうに、画像を目に焼き付けて、見ないで模写できるようにするだけです。

漢字は絵画(かいが)ですから、文字ではありません。

文字と思うから難しいのです。

漢字は風景です。

風景は、目に焼き付けて、覚えておきます。

覚えておいた風景をもとに、見ないで紙に模写してみましょう。

描けなかったら、またチラリと漢字を見ます。

漢字を「描く」んですよ。 絵として描くんですよ。

漢字をチラ見したら、模写します。

このように、「風景を目に焼き付ける」「風景を見ないで紙に模写する」というやり方で、画像データとして漢字を覚えてください。

文字として「筆順(ひつじゅん)」「書き順」を覚えるやり方じゃダメです。 筆順は無視して、自分が描きやすいように描いてください。

筆順は一種類ではなく、昭和33年3月に文部省が出した「筆順指導の手引き」よりも前の時代と、それ以降の時代とでは、筆順が変わった漢字がある。
Microsoft PowerPoint - hitujun.ppt - 7-1_tebikiyori.pdf
一言でいって、「筆順は文部省が恣意的(しいてき)に決めたものであるし、法律でもないのだから、従う必要なし」です。
こういうものを、たかが小役人が決めるなんて、小役人の考えそうなことだよ。
それから、小学校の教諭が筆順についてうるさくいってきたら、「筆順は罰則規定のある法律か?」と問い返してください。 鉛筆を右手で持とうが、左手で持とうが自由だろ?  漢字をどういう筆順で書こうが、個々人の自由なんだ。 そもそも、「漢字はどう書け」とか「箸は右手で持て」とか、そういう些末(さまつ)なことで人に指導したがる人は、意識レベルの低い人ですから、そういう人から遠ざかってください。 小学校・中学校の教諭、特に年配の教諭には、そういう些末なことで人に指導したがる人が多いけれども、これは「成長の止まった人の悲しい性(さが)」です。 よく観察してください。 他者を「型」にはめ込もうとしたり、ドウデモイイ細かいことをジクジクいったりしているのは、「成長の止まった人」=「老害人種」です。 あのさぁ、小学校・中学校の教諭って、40歳を超えたら、別の職種に移行したほうがいいんじゃないの? 

漢字を覚えるときは、「画像を思い出す」という部分にものすごく負荷を感じるようなトレーニングにしてください。

「画像を明確に覚えておく」=「写真記憶」を使おう、使おうとして、もがいてください。 「手で書いていれば、そのうち覚えるだろう」というのは、「結果」を生まないやり方です。 「写真記憶の遺伝子」にスイッチを入れてください。

カンタンに答えを見ないで、「どうだったかな」と思いを巡らし、思い出そう、思い出そうとしてください。

そうして、どうしてもわからなかったら、漢字の画像を見てください。

そして、何も見なくても、漢字が画像としてくっきり見えるようになるまで、トレーニングしましょう。

絵を覚える容量で、漢字を覚えましょう。

ディクテーション

音声言語を聞いて、それを文字言語として書き記すことを、ディクテーションといいます。

平たくいえば、ディクテーションとは、「書き起こし」「文字起こし」のことです。

それには、このフットスイッチと、このフットスイッチに対応したTASCAMのボイスレコーダーを活用することです。 このフットスイッチ、私も持っていますよ。

RC-3F | 製品トップ | TASCAM

DR-60DMKII | 仕様 | TASCAM

DR-701D | 製品トップ | TASCAM

ボイスレコーダーをどこかへ持っていって録音するつもりがない場合、おすすめなのはTASCAM DR-60DMKIIです(安いから)。 DR-60DMKIIはタイムコード機能を「もたない」、一眼カメラ用の外部音声レコーダーです。

※「どこかへ持っていって録音する」という目的では、細長い直方体のボイスレコーダーが向いています。 このタイプのボイスレコーダーの場合、TASCAMよりもZOOMのほうが定評あるメーカーであり、ZOOM H5、または、ZOOM H6をおすすめします。

録音機材 · ゆきんこの勉強法 | 自修人

一眼カメラの外部音声レコーダーとしてガチで使い、かつ、勉強にも使うならDR-701Dがおすすめ。 DR-701Dはタイムコード機能を「もつ」、一眼カメラ用の外部音声レコーダーです。 DR-701Dは、ものすごく小さいのに、機能がギュッと詰まっているので、男の子のロマンを刺激するガジェットですよ。

語学、勉強のためにボイスレコーダーを買うのだったら、安いほうがいい。 故障しても、もう1台買えばいいから。 そういう意味では、一般的には、DR-60DMKIIをおすすめします。

この手のボイスレコーダーはふつう[単3形]2本なのですけれども、DR-60DMKIIは[単3形]4本を使うので、電池が長持ちします。 エネループを使えばコストが削減できます。

フットスイッチは有線で足下に、DR-60DMKIIは机の上に置くと思います。 この状態で、軽量または小型のボイスレコーダーを机の上に置いてしまうと、コードを足に引っかけて、ボイスレコーダーを床に落とすと思います。

そのとき、DR-60DMKIIぐらい重たい(中はスカスカで意外に軽いですけれども底面積が広いので比較的安定です)ボイスレコーダーのほうが、落としづらいので安心でしょう。

DR-60DMKIIの「MKII」が付いていないものを2台所有しています。 以前、プライム会員以外でもタイムセールがお得だった時代に、安いから買ったのだと思います。 ファームウェアをインストールすれば、「MKII」なしの機種でも、「MKII」と同等の機能をもつことができます。 TASCAMは良心的です。

DR-60DMKIIは、XLR端子(キャノン端子)をもち、ファンタム電源にも対応していますので、録音用のボイスレコーダーとして、かなり使いやすいです。

さて、このDR-60DMKIIなどを用いて、フットスイッチRC-3Fを使って、「巻き戻しては聞く・巻き戻しては聞く」というのをたくさんやるのですよ。

ボイスレコーダー本体で「プレイボタンをチョイ押しすると5秒巻き戻す」とか、そういうのをやると、確実にボタンがやられます。 ボタンがやられちゃイヤだから、フットスイッチを使うのです。

寝っ転がりながら、フットスイッチを手で押してもいい。

とにかく語学というものは、同じ音波を30回~300回ぐらい、繰り返し聞いて、耳に音を録音することが大事です。

ここで使う脳内回路は、楽曲のギターフレーズを耳コピするときに、何度も楽曲を聞き返すときに使う脳内回路です。

メロディを覚えておくようにして、それをギターで同じように弾く。

音声言語を覚えておくようにして、それを口頭で同じように発音する。

両者は、完全にパラレル(並行的)です。

また同時に、漢字を覚えるのも同じですね。 画像を模写する。見ないで模写する。

結局、手本が音波でも、光波(画像)でも、それを覚えておくようにして、それを参照しない状態で、そのまま真似る(to mimic:ミミック)ことができるか検証する。

その地道な繰り返しが、「音楽の暗記+楽器演奏の上達」「音声言語の暗記+語学の上達」「漢字の暗記+漢字力の向上」といった「結果」を確実に生んでいきます。

このとき、機器類にカネを惜しんではいけません。

しっかりと投資して、投資した分だけ機器類を使い倒して回収します。

渋ちんなオマエは、「無料アプリでいいんじゃないか」と思って、検索しただろ?  サルの浅知恵で、安く済ませようとしただろう?  だからオマエは、いつまでたってもバカなんだよ。

フレーズを音声言語として覚えていく作業は、物理ボタンを使ってやらないと、やりにくいんですよ。

法外な値段のする機器類じゃない。 これぐらい投資しなきゃ、現象は動かない。

お金を出すと、エネルギーが動いて、現象が回っていくんですよ。 無駄でないお金は、けちらないで、ちゃんと払ったほうが、いい結果が出ます。

一太郎の詠太には、日本語読み上げ機能と、英語読み上げ機能があります。

日本語学習と、英語学習の両方に、詠太を使うことができます。

C:\Program Files (x86)\JustSystems\TaroPremium11\

詠太の付いている一太郎を購入し、詠太をインストールすると、上記のパス(path)に詠太(JspVReader.exe)がインストールされています。 その詠太のショートカットを作り、それをデスクトップなどにおいておくと、すぐに呼び出せます。

詠太の日本語読み上げには、読み上げの辞書登録も可能です。 歴史用語など、正しく読み絵上げてくれない単語に、正しい読みを与え、それを登録していくことができます。

ディクテーションを行うと、リスニングとライティングの両方の能力を同時に高めることができます。

ディクテーションは、大きな負荷のかかるトレーニングですけれども、耐えてやり続けると、短期間で大化けします。

ぜひ、この急峻(きゅうしゅん)な斜面をよじ登り、頂点に立ってください。

 
comments powered by Disqus