Audacity|オーダシティ

「Audacity|オーダシティ」は録音・音声編集の無料アプリです。

Windows|サウンドドライバ 再インストール手順

Windowsの場合、「コントロールパネル」の中の「サウンド」の中の「録音」のところに「ステレオミキサー」が表示されていないと「Audacity|オーダシティ」でPCの音声を録音することができません。

Google翻訳の読み上げ音声を録音する。

「一太郎」の「詠太」の読み上げ音声を録音する。

そういうとき、「ステレオミキサー」が「録音」のところに表示されており、かつ、「ステレオミキサー」を選択する必要があります。

「ステレオミキサー」がない場合、「パソコンのドライバ類をインストールする」ことが解決策です。

メーカー製のPCの場合、ドライバ類をインストールしておけば、たいてい、「ステレオミキサー」も表示されます。

Windows7のサウンド設定ステレオミキサー設定 |Windows7 | ぬふふ.com

Windows機の場合、OSの再インストールなどを行った後、ドライバ類をインストールしていない(インストールを怠っている)と、「ステレオミキサー」が表示されません。

サウンドドライバ 再インストール手順 - Google 検索

オーディオドライバ 再インストール手順 - Google 検索

ニコ生配信 ステレオミキサー - Google 検索

Audacity|lame_enc.dll

私のPCはWindows 8.1です。Windows 8.1にLAME(lame_enc.dll)をインストールすると、AudacityからMP3ファイル形式で音声を書き出すことが可能です。

LAME(lame_enc.dll)を導入しないままのAudacityでは、WAVファイルとして音声を書き出すことになります。

WAVファイルは、音質はよいけれども、ファイルサイズが大きいため、ボイスレコーダー、スマホ/タブレットなどに入れると、ストレージ(16GBモデルとか、32GBモデルとか、そういうの)をすぐに使い尽くしてしまいます。

MP3ファイルは、音質はそこそこだけれども、ファイルサイズが小さいので、たくさんの音声を一度に携帯することが可能です。

Android機の場合、多くの機種でmicroSDカード(32GBとか64GBの)が挿入できると思います。

32GBとか64GBあれば、中学・高校で必要な音声教材が、すべて手元のスマホ/タブレットで利用できるでしょう。

そういう意味では、iPod touch、iPhone、iPadなど、microSDカードが利用できない端末は、学習向きとはいえません。

「勉強のために音声教材を聞く」という場合、MP3ファイルの音質で十分です。

※MP3ファイルの中にも、音質の違いがあります。ビットレートが高い形式で録音すれば、音質はよくなり、ファイルサイズは大きくなります。

※どのボイスレコーダーでも、どの再生アプリでも、主要なビットレートのファイル形式は、カバーしています。

PCの場合、VLCメディアプレイヤー(音声・動画の再生アプリ)は、ほとんどすべてのコーデック(圧縮・解凍のアルゴリズムが入っているソフト)を網羅しています。

VLCメディアプレイヤー - Google 検索


ダウンロードページ VideoLAN - オープンソースのビデオフレームワークであるVLCメディアプレイヤーの公式ホームページ


Audacityで、MP3ファイルを書き出す方法は、下記に詳しく出ています。

AudacityのMP3書き出し方法【今すぐできます!】


ダウンロードページ Main - MP3 for Audacity® - LAME and FFMpeg Libraries for Audacity, the Free and Open Source Audio Editor


【Windows】 ダウンロードページ下部にあるLame_v3.99.3_for_Windows.exeをダウンロードして実行(インストール)。


【macOS】 ダウンロードページ下部にあるLame_Library_v3.98.2_for_Audacity_on_OSX.dmg をダウンロードして実行(インストール)。

SoundEngine Free|サウンドエンジンフリー

「SoundEngine Free|サウンドエンジンフリー」は録音・音声編集の無料アプリです。

サウンドエンジンフリー - Google 検索

「SoundEngine Free|サウンドエンジンフリー」は、「音量の低いファイルの音量を増大させる」「音量の高いファイルの音量を減少させる」「録音された音声ファイルのノイズを取り除く」など、音声加工に用いることが多いです。

「SoundEngine Free|サウンドエンジンフリー」には、音声トラックごとに異なる「録音レベル(音量)」を均一にする機能などもあります。

音声教材を整えるのに、「SoundEngine Free|サウンドエンジンフリー」は欠かせないソフトです。


ダウンロードページ ソフトウェア

 
comments powered by Disqus