神サイト

高校化学総覧 | 受験の月

緒言

何だか駿台予備学校の先生ばかりになり、駿台文庫の割合も多く、オーソドックスすぎてクソつまらない書籍紹介になってしまいました。

けれども、化学をちゃんとやろうと思ったら、ちゃんとした先生による、ちゃんとした本で勉強するしかないのです。

入門書

岡本の入試化学をいちからはじめる[理論編](シグマベスト)|9784578240792|4578240797

岡本富夫先生は高校化学の基礎を教えたら塾・予備校の世界でナンバーワンでしょう。

岡本の入試化学をいちからはじめる[無機・有機編](シグマベスト)|9784578240785|4578240789

岡本富夫先生は高校化学の基礎を教えたら塾・予備校の世界でナンバーワンでしょう。

メイン書

福間の無機化学の講義 三訂版(大学受験Doシリーズ)|9784010340172|4010340177

無機化学の決定版です。これ1冊でどんな大学でも合格点が狙えます。何十年とロングセラーになる予感。

無機化学(駿台受験シリーズ)|9784796117111|4796117113

『無機化学(駿台受験シリーズ)|9784796117111|4796117113』では、『福間の無機化学の講義 三訂版(大学受験Doシリーズ)|9784010340172|4010340177』以上に「暗記に頼らない無機化学」「論理的に理解する無機化学」を学ぶことができます。

受験とか関係がないのだったら『無機化学(駿台受験シリーズ)|9784796117111|4796117113』が一推しですけれども……。

ふつうは『福間の無機化学の講義 三訂版(大学受験Doシリーズ)|9784010340172|4010340177』だけで無機の問題は合格点が狙えます。

関連書籍

大学入試にでる有機化学反応が面白いほどわかる本|9784806131311|4806131318

大学入試にでる無機化学反応が面白いほどわかる本|9784806123453|4806123455

この神書が絶版になっているわけですけれども、KADOKAWA/中経出版の編集部はどうしてこれを絶版にしたままなのか? 学研あたりが拾って再版したら、年間数万部は毎年売れる本なのに。これからは電子書籍の時代ですね。

 
comments powered by Disqus