英語がサッパリわからない状態から始める

高校やさしくわかりやすい 英文法 新装版(シグマベスト)|9784578243649|4578243648

『高校やさしくわかりやすい 英文法 新装版(シグマベスト)|9784578243649|4578243648』は、英文法書の中で最も易しいものの1つで、漢字や英単語にふりがなを付ければ、小学生でも読みこなせます。 書き込み式ノート教材になっていますけれども、覚えるべきなのは各ページの上部に配置されている四角い囲み記事です。 板書のようになっています。

『高校やさしくわかりやすい 英文法 新装版(シグマベスト)|9784578243649|4578243648』は、中学生にこそ使って頂きたい教材です。 「関係副詞(where、when、why、how、that)」「仮定法(接続法)」「間接話法」といった、中学課程では習わない単元を除いたら、中学2年~中学3年にちょうどよい難易度です。 もちろん、高校生や大人の方々にも使って頂きたいです。

「フォレストがわかりやすい」とかいってる人がいるけど、『高校やさしくわかりやすい 英文法 新装版(シグマベスト)|9784578243649|4578243648』レベルの試験をしてみたら、満点でなかったとか、そんな人が多いと思います。 みんな見栄張りすぎ。もっと実際の実力は低いよ、キミは。

『高校やさしくわかりやすい 英文法 新装版(シグマベスト)|9784578243649|4578243648』は、30時間程度で修了してください。

高校初級英語入門(1時間のトレーニングを30回で基礎力アップ!)|9784578012481|4578012484

『高校初級英語入門(1時間のトレーニングを30回で基礎力アップ!)|9784578012481|4578012484』は、高校レベルの英文法体系を30時間で概観しようという極薄の英文法問題集(小冊子)です。 これは6時間ぐらいで終えてください。

『高校やさしくわかりやすい 英文法 新装版(シグマベスト)|9784578243649|4578243648』を使った人でも、その後で、『高校初級英語入門(1時間のトレーニングを30回で基礎力アップ!)|9784578012481|4578012484』によって、英文法体系の全体構造を把握しておいたほうが、後の勉強がラクになると思います。

左ページを構成している説明の部分が、高校レベルの英文法体系の要旨です。

学校から配布・推薦される総合英語とか使うと、文法以外に語法の情報がノイズみたいにして入っているため、逆に英文法体系が見えなくなるから、あんまりオススメしません。

薄い問題集をチョコチョコ積み重ねていったほうが、達成感がありますし、何よりも英文法体系の全体を何度も「新幹線体験」することになり、英文法ワールドの世界観になじんでいきやすくなります。

新幹線に乗ると、日本列島の地形の概略がよくわかるでしょ? それが新幹線体験です。 品川を出て新横浜まではトンネルも多い。小田原あたりまでは平野で、そこからまた長いトンネル。静岡で海が見えた後は、平野が続く。名古屋を過ぎると京都の直前まで平野。トンネルを越えて京都。京都から新大阪はあっと言う間。新大阪から新神戸はトンネルばっかり。新神戸を出てもトンネルが多く、明石あたりで遠くに海が見える。 中国地方はほとんど、トンネルに出たり入ったりで、それが博多まで続きます。 こういうのが新幹線体験です。 遅い電車では、日本列島の地形の概略がつかみづらい。 木を見て森を見ずになりがち。

総合英語とか分厚いのを使うと、木を見て森を見ずになりがち。 薄いのを何冊も積み重ねていこう。 そうしたほうが、かえって近道だよ。

英文法のエッセンス|9784469245981|4469245984

『高校やさしくわかりやすい 英文法 新装版(シグマベスト)|9784578243649|4578243648』の左ページを構成している説明の部分が、詳しい説明とともに展開されている。 そんな漢字の印刷教材が『英文法のエッセンス|9784469245981|4469245984』です。 英文法体系がハッキリわかります。

英文法の学習は、「細部をしっかり詰めるプロセス」(充実期)と「英文法体系の全体を俯瞰できるようにするプロセス」(伸長期)とを繰り返しながら、少しずつ成長していったほうが安全です。

たった1冊の分厚い本を最初から最後まで読むのは難しいです。

よくわかる英文法―授業の理解から入試対策まで(MY BEST)|9784053036766|4053036763

『よくわかる英文法―授業の理解から入試対策まで(MY BEST)|9784053036766|4053036763』は、中学課程の復習も一部に入っている、入門的な英文法書です。

ゴチャゴチャした説明が入っておらず、スッキリ全体を見通せる、珍しい英文法書です。

参照用としても、通読用としても使えます。

基礎英文法(実戦演習)|9784342734120|4342734125

『よくわかる英文法―授業の理解から入試対策まで(MY BEST)|9784053036766|4053036763』の併用問題集が残念なので、より充実した英文法問題集を使って、本当に理解できているのかを『基礎英文法(実戦演習)|9784342734120|4342734125』を解くことでチェックします。

むしろ『基礎英文法(実戦演習)|9784342734120|4342734125』をいきなり解いてみて、わからない部分などを『よくわかる英文法―授業の理解から入試対策まで(MY BEST)|9784053036766|4053036763』で調べるようにして『よくわかる英文法―授業の理解から入試対策まで(MY BEST)|9784053036766|4053036763』を使ったら、頭に入りやすいでしょう。

標準英文法(実戦演習)|9784342755521|4342755521

『基礎英文法(実戦演習)|9784342734120|4342734125』は易しいので、少しレベルを上げてもう1冊。

新・英文法ノート―英語運用力養成|9784816811715|4816811710

『新・英文法ノート―英語運用力養成|9784816811715|4816811710』の左ページには、高度だけれども大事な文法の知識が要領よくまとめられています。

『新・英文法ノート―英語運用力養成|9784816811715|4816811710』は薄手の問題集ですけれども、たいへん内容が濃いため、ぜんぶ覚えるには少し時間を要するでしょう。

しかし大事なことばかり書いてありますので、「左ページの記載内容」も「問題+解説」もぜんぶ覚える価値があります。

この問題集の著者は、私立栄光学園という、神奈川県の大船(山に観音様が見える)にある進学校の先生です。 このあたりは、吉野敬介先生の地元です。

大学入試英作文ハイパートレーニング和文英訳編|9784342742880|4342742888

『大学入試英作文ハイパートレーニング和文英訳編|9784342742880|4342742888』は英文法体系に沿って英作文を習得してゆく教材です。 CDが付属しているので、用例を音声言語として身につけることが可能です。

ところが、この英作文の説明が、「詳細な英文法の解説」になっているのですよ。

『大学入試英作文ハイパートレーニング和文英訳編|9784342742880|4342742888』は、英作文の参考書ではなく、英文法の参考書である。 そういう一面もあるのです。

キミは英文読解の参考書で、解説が物足りないと思っていますね?  だったらむしろ、この『大学入試英作文ハイパートレーニング和文英訳編|9784342742880|4342742888』で、「書くための英文法・語法を身につける」ことが、英文読解の学力増進にとって、最も効果的だと思います。

「英文読解の参考書しか書けない先生」は中等で、「英作文の参考書まで書ける先生」は上等なのです。 これはマジでそうですよ。

作文のできる先生は、文法を教えるとものすごくわかりやすい。 他方、書く体験をせずに、読むだけの先生が書いた英文法書は、わかりづらいものです。

とにかく、総合英語とかくだらないのやらないで『大学入試英作文ハイパートレーニング和文英訳編|9784342742880|4342742888』をやってみてください。

英語表現力養成新・英作文ノート|9784816811722|4816811729

『英語表現力養成新・英作文ノート|9784816811722|4816811729』は、英作文に使える「小さな表現」を数多く整理してある薄型問題集です。

この「小さな表現」の中に、英熟語、英文法・語法問題の論点などが密度高く含まれており、「英作文学習という体裁をとりながらも、語彙増強、英文法・語法問題対策などが同時に行える」仕様になっています。

英語学習の本質は、そういう「小さな表現」をExcel(Microsoft Office)やCalc(LibreOffice)といった表計算ソフトで管理し、コツコツ暗記してゆくトレーニングにあるのです。

「小さな表現」はGoogle翻訳に読み上げさせて、オーダシティで録音してMP3ファイルとして書き出し、スマホ、ウォークマンなどで聞きます。

Google 翻訳

オーダシティ|サウンドエンジンフリー · ゆきんこの勉強法 | 自修人

ここまでやったら英文法は身についている

以上の工程を終えたら、もうしっかりと英文法の実力は身についています。

しかも「音声教材を利用して用例を覚える」というやり方を続けている学習者は、すでにリスニング・コンプリヘンションの対策が終わっていると考えてよいでしょう。

英語学習は、本格型の学習を最初から行ったほうがラクで早く英語力が増大します。

数学が不得意なのに理系学部に合格してしまう人は、たいてい英語が得意です。

英語にかんして「本格型の学習」をして鍛えておくと、受験での「異様な粘り」に直結します。 つまり、合格最低点ギリギリで合格してしまうとか、そういうのがあると思います。

英語力は受験でけっして裏切りません。 英語力が高ければ、英語で確実に高得点が取れます。

 
comments powered by Disqus