英語が得意でないキミ

英語が得意でないキミは、『ニューホライズン|東京書籍』なり、『ニュークラウン|三省堂』なり、『サンシャイン|開隆堂』なり、学校で使った教科書にピッタリ合わせて勉強しないと、混乱するばかりですよ。

キミはアタマが悪いのだから、アタマが悪いなりの対処の仕方で勉強しよう。 いっておくが、「アタマが悪い」とは、「筋力が弱い」のと同じで、十分に克服(こくふく)可能なことだ。 筋力が弱いからといって、トレーニングをサボったら、よけいに筋力が弱くなる。

同じように、アタマが悪いからといって勉強から逃げて、性欲やゲームに溺れているキミのような生活では、最終的にはクズになるだけだ。 「アタマが悪い」とは、「アタマが悪い」だけでなく、意志力が弱いことをそのまま表しているんだよ。

「あとちょっとのガンバリ」が必要な場面で、キミは常に逃げてきた。 だからキミはアタマが悪いんだし、アタマが悪い以前に根性なしのクズなんだよ。

このままでは完全にクズになっちまう。

さぁ、今から始めよう。

アタマの悪いキミには、『教科書トレーニング|新興出版社啓林館』は無理だ。 『教科書ワーク|文理』のほうがカンタンだから、こっちにしておくべし。

英語|727|教科書ワーク 英語 1年 東京書籍版 ニューホライズン 〔1年〕
英語|728|教科書ワーク 英語 1年 開隆堂版 サンシャイン 〔1年〕
英語|729|教科書ワーク 英語 1年 学校図書版 トータル 〔1年〕
英語|730|教科書ワーク 英語 1年 三省堂版 ニュークラウン 〔1年〕
英語|731|教科書ワーク 英語 1年 教育出版版 ワンワールド 〔1年〕
英語|733|教科書ワーク 英語 1年 光村図書版 コロンブス 21 〔1年〕
英語|827|教科書ワーク 英語 2年 東京書籍版 ニューホライズン 〔2年〕
英語|828|教科書ワーク 英語 2年 開隆堂版 サンシャイン 〔2年〕
英語|829|教科書ワーク 英語 2年 学校図書版 トータル 〔2年〕
英語|830|教科書ワーク 英語 2年 三省堂版 ニュークラウン 〔2年〕
英語|831|教科書ワーク 英語 2年 教育出版版 ワンワールド 〔2年〕
英語|833|教科書ワーク 英語 2年 光村図書版 コロンブス 21 〔2年〕
英語|927|教科書ワーク 英語 3年 東京書籍版 ニューホライズン 〔3年〕
英語|928|教科書ワーク 英語 3年 開隆堂版 サンシャイン 〔3年〕
英語|929|教科書ワーク 英語 3年 学校図書版 トータル 〔3年〕
英語|930|教科書ワーク 英語 3年 三省堂版 ニュークラウン 〔3年〕
英語|931|教科書ワーク 英語 3年 教育出版版 ワンワールド 〔3年〕
英語|933|教科書ワーク 英語 3年 光村図書版 コロンブス 21 〔3年〕

勉強が得意でないキミ

自分が使った教科書に即応するかたちで「過去の学習内容」を復習したほうがいいのは、「英語、数学」ですね。

「理科、社会」については、必ずしも自分が使った教科書に即応して「過去の学習内容」を復習する必要はありません。

ただし、勉強があまり得意でない場合は、全科目について、自分が使った教科書に即応して「過去の学習内容」を復習したほうがいいです。

キミのようなクズは、過去の教科書を捨てちまったね?  勉強を大事にしていない証拠だ。 過去の教科書が手元にない場合、広島県教科書販売で自分が使った教科書を買ってください。

広島県教科書販売|教科書の販売、ネット通販

数学がサッパリわやのキミは、数学については、「教科書ガイド」を使って、教科書の読み込みと、教科書の問題の解き直しから始めるのが最速です。

そうやって教科書レベルが確立されてから、『教科書ワーク|文理』をしっかりこなしてください。

そこまでを、ちゃんと手抜きなく「工事」していればこそ、高校入試問題の過去問(過去の問題)に手を出すことができる段階に至るわけです。

「教科書ガイド」のカネをケチってるようじゃ、あなたの親御さんも、まったくのパーですね。

塾・予備校に行く前に、「教科書ガイド」をちゃんとやれよ。

「教科書ガイド」をちゃんと終えていれば、高校入試問題の半分以上は解けると思うけどね。

とにかく、「教科書ガイド」や『教科書ワーク|文理』のカネをケチらないで、そちらにお金を回して、教科書即応でない「基礎から」的な教材はカットしたほうが確実だし、「教科書ガイド」や『教科書ワーク|文理』をこなしたほうが早いと思うよ。

公民|教科書番号 なし|教科書ワーク 社会 公民 全教科書対応
公民|929|教科書ワーク 社会 公民 東京書籍版 新編 新しい社会 公民
公民|930|教科書ワーク 社会 公民 教育出版版 中学社会 公民
公民|932|教科書ワーク 社会 公民 帝国書院版 社会科 中学生の公民
公民|933|教科書ワーク 社会 公民 日本文教版 中学社会 公民的分野
公民|934|新編 新しいみんなの公民 教科書ワークブック
国語|727|教科書ワーク 国語 1年 東京書籍版 新編 新しい国語
国語|728|教科書ワーク 国語 1年 学校図書版 中学校 国語
国語|729|教科書ワーク 国語 1年 三省堂版 現代の国語
国語|730|教科書ワーク 国語 1年 教育出版版 伝え合う言葉 中学国語
国語|731|教科書ワーク 国語 1年 光村図書版 国語
国語|827|教科書ワーク 国語 2年 東京書籍版 新編 新しい国語
国語|828|教科書ワーク 国語 2年 学校図書版 中学校 国語
国語|829|教科書ワーク 国語 2年 三省堂版 現代の国語
国語|830|教科書ワーク 国語 2年 教育出版版 伝え合う言葉 中学国語
国語|831|教科書ワーク 国語 2年 光村図書版 国語
国語|927|教科書ワーク 国語 3年 東京書籍版 新編 新しい国語
国語|928|教科書ワーク 国語 3年 学校図書版 中学校 国語
国語|929|教科書ワーク 国語 3年 三省堂版 現代の国語
国語|930|教科書ワーク 国語 3年 教育出版版 伝え合う言葉 中学国語
国語|931|教科書ワーク 国語 3年 光村図書版 国語
数学|728|教科書ワーク 数学 1年 東京書籍版 新編 新しい数学
数学|729|教科書ワーク 数学 1年 大日本図書版 新版 数学の世界
数学|730|教科書ワーク 数学 1年 学校図書版 中学校 数学
数学|731|教科書ワーク 数学 1年 教育出版版 中学数学
数学|732|教科書ワーク 数学 1年 啓林館版 未来へひろがる数学
数学|734|教科書ワーク 数学 1年 数研出版版 改訂版 中学校数学
数学|735|教科書ワーク 数学 1年 日本文教出版版 中学数学
数学|828|教科書ワーク 数学 2年 東京書籍版 新編 新しい数学
数学|829|教科書ワーク 数学 2年 大日本図書版 新版 数学の世界
数学|830|教科書ワーク 数学 2年 学校図書版 中学校 数学
数学|831|教科書ワーク 数学 2年 教育出版版 中学数学
数学|832|教科書ワーク 数学 2年 啓林館版 未来へひろがる数学
数学|834|教科書ワーク 数学 2年 数研出版版 改訂版 中学校数学
数学|835|教科書ワーク 数学 2年 日本文教版 中学数学
数学|928|教科書ワーク 数学 3年 東京書籍版 新編 新しい数学
数学|929|教科書ワーク 数学 3年 大日本図書版 新版 数学の世界
数学|930|教科書ワーク 数学 3年 学校図書版 中学校 数学
数学|931|教科書ワーク 数学 3年 教育出版版 中学数学
数学|932|教科書ワーク 数学 3年 啓林館版 未来へひろがる数学
数学|934|教科書ワーク 数学 3年 数研出版版 改訂版 中学校数学
数学|935|教科書ワーク 数学 3年 日本文教版 中学数学
地理|725|教科書ワーク 社会 地理 東京書籍版 新編 新しい社会 地理
地理|726|教科書ワーク 社会 地理 教育出版版 中学社会 地理
地理|727|教科書ワーク 社会 地理 帝国書院版 社会科 中学生の地理
地理|728|教科書ワーク 社会 地理 日本文教版 中学社会 地理的分野
理科|727|教科書ワーク 理科 1年 東京書籍版 新編 新しい科学
理科|728|教科書ワーク 理科 1年 大日本図書版 新版 理科の世界
理科|729|教科書ワーク 理科 1年 学校図書版 中学校 科学
理科|731|教科書ワーク 理科 1年 教育出版版 自然の探究 中学校理科
理科|732|教科書ワーク 理科 1年 啓林館版 未来へひろがるサイエンス
理科|827|教科書ワーク 理科 2年 東京書籍版 新編 新しい科学
理科|828|教科書ワーク 理科 2年 大日本図書版 新版 理科の世界
理科|829|教科書ワーク 理科 2年 学校図書版 中学校 科学
理科|831|教科書ワーク 理科 2年 教育出版版 自然の探究 中学校理科
理科|832|教科書ワーク 理科 2年 啓林館版 未来へひろがるサイエンス
理科|927|教科書ワーク 理科 3年 東京書籍版 新編 新しい科学
理科|928|教科書ワーク 理科 3年 大日本図書版 新版 理科の世界
理科|929|教科書ワーク 理科 3年 学校図書版 中学校 科学
理科|931|教科書ワーク 理科 3年 教育出版版 自然の探究 中学校理科
理科|932|教科書ワーク 理科 3年 啓林館版 未来へひろがるサイエンス
歴史|教科書番号 なし|教科書ワーク 社会 歴史 全教科書対応
歴史|729|教科書ワーク 社会 歴史 東京書籍版 新編 新しい社会 歴史
歴史|730|教科書ワーク 社会 歴史 教育出版版 中学社会 歴史
歴史|732|教科書ワーク 社会 歴史 帝国書院版 社会科 中学生の歴史
歴史|733|教科書ワーク 社会 歴史 日本文教版 中学社会 歴史的分野
歴史|735|新編 新しい日本の歴史 教科書ワークブック

いらないと思います

教科書ガイド、教科書トレーニング、教科書ワークなど、教科書に合ったのをやればいい。

中間・期末のテスト前に仕上げるワーク 中1英語 (シグマベスト)
中間・期末のテスト前に仕上げるワーク 中2英語 (シグマベスト)
中間・期末のテスト前に仕上げるワーク 中1数学 (シグマベスト)
中間・期末のテスト前に仕上げるワーク 中2数学 (シグマベスト)
中間・期末のテスト前に仕上げるワーク 中学国語 (シグマベスト)
中間・期末のテスト前に仕上げるワーク 中1理科 (シグマベスト)
中間・期末のテスト前に仕上げるワーク 中2理科 (シグマベスト)
中間・期末のテスト前に仕上げるワーク 中学歴史 (シグマベスト)
中間・期末のテスト前に仕上げるワーク 中学地理 (シグマベスト)

ぐーんっとやさしく 中1英語
ぐーんっとやさしく 中2英語
ぐーんっとやさしく 中1数学
ぐーんっとやさしく 中2数学
ぐーんっとやさしく 中学国語
ぐーんっとやさしく 中1理科
ぐーんっとやさしく 中2理科
ぐーんっとやさしく 中学歴史
ぐーんっとやさしく 中学地理

中1~3 主要3科 復習ワーク: まずはここから|9784424394037|4424394034

中1・2 主要3科 復習ワーク: まずはここから|9784424394020|4424394026

中1 主要3科 復習ワーク: まずはここから|9784424394013|4424394018

スキマに3分 5教科シャッフル まめおぼえ 中3高校入試|9784046017284|4046017287

スキマに3分 5教科シャッフル まめおぼえ 中2|9784046017277|4046017279

スキマに3分 5教科シャッフル まめおぼえ 中1|9784046017260|4046017260

公立高校の入試問題は定型化されている

公立高校の入試問題は長年の間に問題形式が定型化されています。

(1)公立高校の入試問題は、問題形式が決まっている。

(2)学力でも解けるけれども、学力ではなく、問題形式そのものを覚えて、機械的に解いても、同じように得点できる。

(3)同じお金をかけるなら、よく出る問題を集めることにお金をかけたい。過去問とか、予想問題とかをかき集めて、やり込め!

(4)同じ問題が出たら、制限時間の5分の1で満点が取れるぐらい、問題そのものを「暗記」するのが、最も効果的な高校入試対策。

(5)原付試験、自動二輪・四輪の学科試験と、高校入試は似ています。出る問題が決まっているので、過去問、予想問題をたくさんやればよいのです。

(6)ただし、高校に合格するか否かは、内申点でその大筋が決まっています。したがって、高校入試を頑張るだけではなく内申点も上げる必要があるのです。

(7)しかし、そうやって苦労して「いい高校」に合格しても、自分でしっかり勉強しないかぎり、そこいらのFラン大学にしか合格しません。

(8)高校のランクが上だから大学入試に有利とかはございません。自分で頑張って、大学入試で高得点を叩き出せるか否かだけだよ、大学入試は。

(9)だからデザインとか学びたくて工業高校に進みたいけれども、工業高校は大学入試に不利といわれているから迷うとか、そういうの必要ねえから。安心して、工業高校に進学しなよ。

底辺高校から東工大にA判定で合格した話

「解答を見ながら問題をなぞる」だけでもいいから、たくさんの問題を経験しましょう。

このやり方は、『元井太郎の 古文読解が面白いほどできる本』に載っていることです。

「解答を見ながら問題をなぞる」だけでもいいから、たくさんの問題を経験するやり方は、数学、物理、化学、生物その他、全科目に有効な即効性のある方法です。

中学入試でも、高校入試でも、大学入試でも、公務員試験でも、資格試験でも、すべての試験で、「解答を見ながら問題をなぞる」だけでもいいから、たくさんの問題を経験するやり方が有効です。

「解答を見ながら問題をなぞる」だけでもいいから、たくさんの問題を経験するやり方は、和田秀樹氏の暗記数学とも通底するやり方です。

ぜひ全科目に応用してください。

高校入試直前総まとめ 平成29年春受験用(高校入試総合)|9784290069152|4290069150

中1の総復習 29年版(シーズンテキスト)|9784290069176|4290069177

中2の総復習 29年版(シーズンテキスト)|9784290069169|4290069169

5科最頻出問題集 2017年版(高校入試 合格BON!)|9784053045669|4053045665

高校入試合格BON! · ゆきんこの勉強法 | 自修人

今日からスタート高校入試 5科|9784578232865|4578232867

5科の完全復習

高校入試 5科の完全復習|9784424635543|4424635546

中学1・2年 5科の完全復習|9784424635536|4424635538

中学1年 5科の完全復習|9784424635529|442463552X

オックスの高校入試対策書

オックスのが「特にいい」ということも、「特に悪い」ということもありません。

各社とも、似たようなものですわ。

高校入試対策は直前対策から始める(要領のよい生徒用)

この頃、時間の流れが速い気がする。

夏休みが終わってから、クリスマスまでは、4カ月未満しかない。

その夏休みが始まる手前の7月の初めが、今年の後半の始まり。

正確には、夏至を過ぎたら今年は半分終わったことになる。あとは日が短くなるばかり。

夏休みは、もう秋の入り口。「夏休みそれ自体が、年の後半のしょっぱな2カ月に設定されている」ということに注目して、気を引き締めてゆこう。

キミに与えられている時間は、きわめて短い。油断してはならない。

期末テストが終わったら、学校の授業があっても、すでに夏休みだ。キミの夏休みは、もうすぐ始まる。

受験生としては、夏休みは頑張りどころだ。

夏休みには、高校入試の直前対策書をやろう!

理解できなくても、未習の単元があってもよい。とにかく、強引に進めることが大事だ。

キミには精神のリミッターがかかっているので、「基礎から積み上げて」と思っているかもしれないけれども、それは盆暗のやり方。そう、キミは盆暗だ。

精神のリミッターを外し、壊すときには、強引にやることがとても大事。

「清水の舞台から飛び降りる」心境になることが大事なのですよ。

さて、糸をピンと張るときに大事なのは、始点と終点だけだ。終点から逆算して始点を決める。

つまり「入試直前期の知識・技能として、自分に何が必要なのか」から逆算して、勉強内容を絞り込み、無駄な勉強を削減してゆくことが大事なのです。

ということは、短期間で終わる「直前対策書」を、受験勉強の最初から使えばよい。

「直前対策書」から勉強を始める。あるいは、過去問から勉強を始める。これらは、一見すると常識外れだけれども、「糸を張るときに、まず終点から決める」ようなもので、これこそが正しい方法なのです。

学力が完成していない段階で「直前対策書」や過去問に取り組むのだから、そこは問題を自力で考えて解くのではなく、答えを最初に書き写すんだよ。

いや、勉強というのは「未習の分野」と常に対峙(たいじ)するわけだから、「問題を自力で考えて解くのではなく、答えを最初に書き写す」ことが、勉強の基本だといえる。

解答を最初から見て、機械的に書き写して、解答・解説を暗記していくうちに、何らかの規則性を見つけてゆくのです。

勉強のできない人は、「ああ、こういうことか」と理解できるまで暗記しようとしません。

しかし、勉強のできない人は、もともと神経が鈍感なタイプなので、理解力に乏しい。つまり「理解すること」に才能がありません。才能がないどころか、理解することを億劫がります。

したがって、勉強のできない人は、なかなか理解しようとしない。したがって、理解できないわけなのです。

しかも勉強のできない人は、「ああ、こういうことか」と理解できてからも、「分量が多すぎる」とかいって、暗記しようとしません。暗記することが億劫なのです。

勉強のできない人は、何よりも怠惰であり、何事にも頑張ろうとしないので、その結果として勉強ができないだけです。

勉強のできない人は、怠惰さの究極形として、「怠惰な習慣を変える勇気」がありません。何事にも恐怖が先に立ち、進もうとせず、ただうずくまるのです。

才能があっても、努力しない人は、落ちぶれるだけです。

特に中学生レベルなどという易しいレベルで「勉強ができない」というのは、「やらないだけ」です。

中学生レベルで成績が悪いというのは、「少しの努力でも惜しむ」「楽に流されて努力しない」「ゲームを断ち切る、スマホを断ち切るなどの克己心がない」など、いわゆるダメ人間です。

勉強のできる人は、特に頭がいいのではなく、積極的・能動的で、克己心があり、我慢強いだけです。

勉強のできる人は、理解できなくても、まず書き写してみます。まず手を動かし、身体を動かします。

そこを突破口にして、どうにかして理解しようとしてもがき苦しみます。

このもがき苦しみの中から、「こうしたらいいのではない」というアイディアが生まれ、それを突破口にして、対象を攻略してしまう。それが勉強のできる人の特長です。

そして勉強のできる人は意志力が強く、欲望を断ち切ることが苦ではありません。

さらに、多少苦しくても、あと少し、あと少しで、ついには、最後まで終えてしまうことができるのです。

そうすると自信が湧いてくるし、「最後までやるには、どこで、どう頑張ったらいいのか」が感覚的につかめていますので、どの参考書・問題集をやるのでも、「こんなのはチョロい」と思っています。

他方、学校の授業、あるいは、塾・予備校の授業という「他者」に依存してしか勉強のできないタイプは、「授業で習っていない」などのイイワケばかりして、自発的・自主的に勉強することを避けようとします。

つまり独力でやり抜く「ひとり力(りょく)」が未発達なので、あの塾がいい、この予備校がいい、通信添削がいい、タブレットがいいなど、依存する対象を探してばかりいます。

この手の「依存型」の精神をもった人は、いつまでたっても「誰かの支配」を受ける奴隷(畜)として生きてゆくことになります。闇の勢力の餌食になりやすい人たちです。

この「依存型」の精神をもった人の受動性が、どこから生まれるのかというと、私たちの松果体(しょうかたい)にあるようです。

松果体とは、サードアイチャクラと私たちの頭頂部(クラウンチャクラ)との交点あたりに存在する、脳の一部をいいます。

私たちの遺伝子には、大昔に、プレアデス系宇宙人(龍の系統の人々)によって操作が加えられており、松果体の機能がOFFにされています。

なぜOFFったのかというと、3次元の不自由さを味わい、味わった不自由さによって、さまざまな感情を学び、その学びをもとに、私たち自身が創造の神になるためであるようです。

神になるための「学習過程」=「感情の学び取り」のために、3次元という「不自由空間」をわざわざこしらえて、そこでさまざまな「悲惨きわまりない経験」を積んでいる。これも「神になるための学習の一環」だったようです。

松果体をOFFにしているため、松果体の物理的な形状も、廃用性萎縮の結果として小豆大ぐらいに矮小化しています。この松果体をピンポン球ぐらいの大きさにまで育てる必要があります。

松果体の目覚めを促進するためには、松果体を振動させる必要があります。振動させるための物理的な方法の1つとして、左右の耳から、微妙に周波数の異なる音波を入れる方法があります。

ソルフェジオ周波数 · ゆきんこの勉強法 | 自修人

例えば、「人間のクズ」「ダメ人間」といった場合、自分自身(本体)がダメなのではなく、本体に登録されているソフトウェア(思考パターン)がダメなだけである、ということを覚えておいてください。

しかも、その「クズ」「ダメ」な状態は、この3次元での感情体験を豊かにする目的で、意図的に身につけている性質にすぎない、というのが、オチだそうです。ネタバレですね。

さて、そのうえで、キミたちに厳しいことをいいます。

わからなくなると立ち止まって「先生わからないんですけど」と他者に甘える与太郎は、高校に合格できません。合格できたとしても、下位レベルの高校であり、多くの場合、中退します。

この項では、そういう根性なしは相手にしていません。

自力で頑張れる素養はもっているけれども、リミッターがかけられているダイヤの原石である諸君に、ちょっとだけヒントを与えて、「炸裂」して頂きたいと思っているのです。

わかっても、わからなくても、「ノート教材に答えを書き込む」と決意したら、機械的に最後までやり遂げろよ。

そういうのを中途で放り投げてばかりいるから、キミはいつまでも成績が上がらないんだ。

頭に入ろうが入るまいが、機械的に進める。感情を絡めないで、ただ手だけを動かす。

ひとりで手が動くようになれば、授業も、塾・予備校もいらねえよ。

キミには自学自習の才能があるんだ。

機械的に最後まで終える「継続性」さえ手に入れれば、あとは自分ひとりだけで勉強を進めてゆける。

その自信を中学生時代につちかって(培って)おくことが、とても大事だ。それは、自立心の萌芽である。

「解き方」がわかる国語 文章読解|学習研究社

「国語は漢字しか対策のしようがない」というのは勘違いで、読解問題にも解き方があります。まずは、この1冊を夏休み中に仕上げましょう。自力で解かないでください。最初から解答・解説を見て、解くプロセスを何度もなぞります。

「なぞる」とは、行う工程を確かめる(「あれして、これして、こう考えて、こう選んで、こう解答する」など)ことを意味します。作業工程の習慣化を行うわけです。

べつに筆記用具で書かなくてもよいのです。目で追って、「あれして、これして、こう考えて、こう選んで、こう解答する」というのを頭の中で処理する。

できれば、10秒かかった「なぞり」を、2秒で終えられるぐらいまで、何度も反復しましょう。

「なぞり」を速くやれば速くやるほど、記憶に残りやすいものです。

キミが自分自身について「暗記力が弱い」と思っているとしたら、タイムリミットを決めないで、ダラダラ勉強していることが1つ考えられます。

暗記物は特に、切迫感をもって、急いでやったほうが、むしろ頭に入りやすいのです。

「自力で考えて問題を解かなければ身につかない」と考えている大人はみな盆暗で、物事の本質がわかっていません。

さらにいえば、「自力で考えて問題を解かなければ身につかない」と、盆暗な大人の言うことを真に受けるキミも、輪を掛けて盆暗です。

盆暗を盆暗だと見抜く目を持てよ。相手がウソをついているかどうか、相手の波動から読み取れよ。

愚かな者ほど、相手を見くびりやすい。それは、愚かな者は、「相手は自分と同等に愚かなのだろう」と踏んでかかるからだ。しかも、それには根拠がない。

逆もまた真なりで、相手を見くびる人、そして事態を甘く見過ぎる人は、たいてい愚かである。

盆暗は見積もりが甘い。

思考を要する試験ですら、「試験では、覚えたものを吐き出す」だけです。ましてや、典型問題・有名問題についてまで、いちいち思考しているのは、鼻からそうめんを垂らしたアホそのもの。

学校の勉強は、解き方を覚えるんだよ。

学校の勉強は、ぜんぶ暗記。暗記しかない。

「基本のカギ」だけで解く入試数学|学研教育出版

『「基本のカギ」だけで解く入試数学|学研教育出版』と『中学数学の総復習―3年間の基本事項総チェック|くもん出版』は、趣旨(しゅし:=ねらい)が同じです。

「中学3年間の数学のうち、最も大事な部分だけを1冊に詰め込んだ」という教材が、『「基本のカギ」だけで解く入試数学』と『中学数学の総復習―3年間の基本事項総チェック』です。

こんな薄い本はチョロいから、できれば2冊やってください。これらも最初から解答・解説を読んで、「なぞり」を行います。

解答、補助線・注釈などの書き込みは、オレンジのジェルインクボールペン等で行います。

赤セルとジェルインクボールペン · ゆきんこの勉強法 | 自修人

さて、数学の基本がまったくダメなのだけれども、何をやったらいいのかわからない。

そういう人には『マイスタディガイド 中学数学』が向いているかも。『マイスタディガイド 中学理科』も好評なので、数学・理科がまったくダメだという場合には、導入を検討してみてもよいと思います。

7日間完成中1の総復習英語―定期テスト対策|学研教育出版

あまりにも易しいので、学力に自信のある人は、やらなくて結構です。

10日間完成 中1・2の総復習|学研教育出版

あまりにも易しいので、学力に自信のある人は、やらなくて結構です。

中学○○の総復習|くもん出版

くもんの教材は、念入りに作られており、信頼できます。

この3冊は、優先的にやってください。

高校入試 中学3年分をたった7日で総復習|学研プラス

学研プラスの「総復習シリーズ」の中で、これが最も取り組む価値のある、あるいは、取り組むべき教材だと思います。

『中学○○の総復習|くもん出版』の「英語」「数学」「国語」を使用する場合には、『高校入試 中学3年分をたった7日で総復習|学研プラス』は「理科」「社会」だけでよいと思います。

『高校入試実力メキメキ合格ノート|文英堂』が「理科」「社会」を本格的にカバーしているので、『高校入試実力メキメキ合格ノート』を使用している人は、『高校入試 中学3年分をたった7日で総復習』の「理科」「社会」は必要ありません。

理科が苦手な場合、『マイスタディガイド 中学理科|学研教育出版』を使ってから『高校入試 中学3年分をたった7日で総復習 理科|学研プラス』へと進むのも1つの方法です。

高校入試対策で何から始めたらいいのかわからない

焚き火は、着火するまでが難しいのです。

勉強も同じで、まず薄くて易しい教材で着火することが大事です。

着火してから、本格的な教材に移るのです。

勉強を真面目にやってこなかったキミは、以下に登場する教材(「中1・中2の理科の基本を薄い教材でサラリと復習(B5判)」などに示した教材)でも、「わからない」と思います。

「わからない」状態でも、何よりも先に、「高校入試では、どういう問題が出るのか」を知ることが大事です。

勉強は、「実力をつけてから、試しに問題を解いてみる」んじゃあねえんだよ、このタコ!

わからなくてもいいから、とりあえず入試問題の過去問(あるいは、その類似問題)を解いてみて、どういうふうな問題なのか、肌で知れよ、このタコ!

怖がって過去問を解かないオマエのような弱虫は、高校に不合格になりやすいぞ、このタコ!

教科書、参考書など「テキスト」から勉強するから、キミは要領が悪いんだよ。

いきなり問題を解けよ。しかも、過去問という、ナマの問題のほうが好ましい。

キミがアホなのは、「中間・期末テストに出る問題」から逆算して、普段の勉強をしてこなかったからです。キミ、まったく要領が悪いよ。

「中間・期末テストに出る問題」なんて、どの中学でも、だいたい型(かた)が決まってる。

「中間・期末テストに出る問題」は、『教科書ワーク|文理』とか『教科書トレーニング|新興出版社』といった、教科書に合わせた問題集(教科書傍用問題集)に登場する問題に、とてもよく似ているんだ。

つまり学校の先生は、『教科書ワーク』とか『教科書トレーニング』を見て、そこからインスパイアされて、中間・期末テストの問題を作ってるんだね。

「インスパイアされた」とは、「触発(しょくはつ)された」「ヒントを与えてもらった」といったような意味。

もっと平たくいえば、「パクった」「真似した」ということを、柔らかい表現として、「インスパイアされた」といいかえているんだ。

つまり学校の先生は、ドロボウだ。パクりの名人だ。

じゃあ、高校の先生はどうだ? もちろん、ドロボウだ。パクりの名人だ。

わかるかい? 高校入試の問題は、高校入試の過去問から「インスパイアされて」作られるのだということだよ、キミ。

中学の先生も、高校の先生も、何かの真似をして、中間・期末テストの問題、あるいは、高校入試の問題を作っている。

その「パクり元」、いいかえれば、情報源を突き止めて、その情報源から、「こんな問題が出そうだな」と自分で予想するんだよ。

おまいら、学校の先生なんて、大人の中でも、○ー○リンの部類だよ。もちろん、ユーコリンじゃないよ。

この程度の大人のやりそうなことを、マルっとお見通しになることができて初めて、平均的な中学生レベルなんだよ。

中学生諸君、よく思い出すんだ。君たちは、世の中をひっくり返すために転生してきたハズだよ。

諸君の中には、生まれながらにして遺伝子が3本入っているニュータイプが混じっている。

オールドタイプで、かつ、3次元に留まるタイプの大人ぐらい手玉に取れなくて、どうやって世間を渡ってゆくんだい?

近畿の高校入試シリーズ

高校入試キソモンシリーズ

近畿の高校入試 中1・2の復習

中1・中2の英・数・国・理・社(5科)の基本を薄い教材でサラリと復習(A4判)

この本はA4判とデカいので気をつけてください。こういうデカい本が嫌いなら、やめておいてください。

高校入試の基本はわかったけど次に何をしたらいいのかわからない(A4判)

この本はA4判とデカいので気をつけてください。こういうデカい本が嫌いなら、やめておいてください。

着火した焚き火を、大きく燃え上がらせるのが、高校入試のメイン教材です。

高校入試のメイン教材として使う教材は、まとまったものであれば、たぶん何でもOKです。

公立高校の入試問題は、どの都道府県でも、似たような問題が出ます。つまり原付試験に似ています。

原付試験の問題集は、だいたい過去問を土台にしており、過去問をたくさんこなしていけば、どの教材をこなしても、どの過去問をこなしても、自分の感覚として、「見たことのある問題」ばかりになる時期がやってきます。

それは「飽和」したのです。

この「飽和を目指すための教材」は、公立高校の入試問題をベースにした教材であれば、何を使っても結果に違いは出ません。

それは、原付試験と、その問題集のことを考えればわかりますね?

とにかく、自分が気に入った1冊をマスターすれば、どの教材をこなしても、どの過去問をこなしても、自分の感覚として、「見たことのある問題」ばかりになる時期がやってきます。

ちなみに、代表的な過去問を漏れなく・重複なく経験することを、「過去問をつぶす」といいます。

つまり「代表的な過去問を漏れなく・重複なく編集してある教材」であれば、過去問をつぶすための教材としては、何でもOKなのです。

テスト前にまとめるノート





高校入試の対策の一環として大事なのが、中学1・2年の学習内容を総復習することです。

てか、高校入試問題の多くの部分を、中学1・2年の学習内容が占めています。

それに使うための、挫折しにくい教材として、『テスト前にまとめるノート|学研』もアリですよ。

ノート教材は、1回書いて終わりにするにはもったいない。

オレンジ色のジェルインクボールペンで書き込んで、赤シートで暗記してね。くわしくは、赤セルとジェルインクボールペン · ゆきんこの勉強法 | 自修人を参照してください。

すべてのノートをオレンジで取る(変態作戦)

どこかに書いてあったのですけれども、学校の授業ノートを、すべてオレンジのジェルインクボールペンで取るという裏ワザがあるようです。

結局、キーワードのところに赤シートでも消えない色で下線をつけて、下線部のヒントになる文字部分を、シャーペンなどでなぞるわけです。

それによって、授業ノートが暗記シートに変わるのです。

結局、シャーペンを消して、ジェルインクボールペンで書き直しても、書いた跡が残ってしまいますよね?

なので、最初からぜんぶオレンジのジェルインクボールペンで書いてしまい、覚えたいキーワード、キーポイントにだけ下線を引くわけです。

学研

高校入試 中学1・2年の総復習|旺文社

高校入試 中学3年間の総復習|旺文社

7日間完成 中1の総復習|学研

10日間完成 中1・2の総復習|学研

高校入試 中学3年分をたった7日で総復習|学研

合格BEST本| 新興出版社

完全攻略シリーズ|文理|日常学習

完全攻略シリーズ|文理|中1・2の総復習

完全攻略シリーズ|文理|3年間の総仕上げ

高校入試 中学3年分まるごと総復習|文英堂

中1・2 10分間で総復習 理科: サクッ!と|受験研究社

英語・数学・国語・理科・社会の1・2年の復習

英語・数学・国語・理科・社会の3年の復習

ニューウイング

 
comments powered by Disqus