『細野真宏の積分[計算]が本当によくわかる本』は使える

一世を風靡した『細野真宏の数学』シリーズはKADOKAWA/中経出版から小学館へ版元を変えました。

『細野真宏の数学』シリーズは本文用紙としてざら紙を使用しており、紙面のコントラストが低くて視認性が悪く目が疲れます。 とりわけ古本の『細野真宏の数学』シリーズは本文用紙が酸化劣化して黄ばんでしまい、見づらくて使い物になりません。

この「本文用紙にざら紙を使用する」という伝統は、語学春秋社の『実況中継シリーズ』に始まり、これを東進ブックス/ナガセが『実況放送シリーズ』として真似たため訴訟にまで発展した。 『実況放送シリーズ』として馬場敬之先生の手になるものもあり、それがマセマ出版社から出ている参考書群へとつながっている。

語学春秋社の『実況中継シリーズ』を真似たシリーズがKADOKAWA/中経出版出版からも出た。それが『面白いほどわかる』というシリーズ。 『面白いほどわかる』シリーズの代表的なベストセラーが『細野真宏の数学』シリーズ。 事情はよく知らないけれども、細野氏がKADOKAWA/中経出版と決別し、版元を小学館に変えて出したのが、この『細野真宏の数学』シリーズ(小学館版)。

語学春秋社の『実況中継シリーズ』の影響から、駿台文庫から『レクチャーシリーズ』というものが出た。 そのうち現在でも輝きを失わないものとしては秋山仁先生のシリーズ(森北出版から再版|下記)。 東京出版の『教科書Nextシリーズ』も遠く語学春秋社の『実況中継シリーズ』の影響を受けた本だと思う。

数学の証明のしかた(発見的教授法による数学シリーズ1) 秋山仁 森北出版

数学の技巧的な解きかた(発見的教授法による数学シリーズ2) 秋山仁 森北出版

数学の発想のしかた(発見的教授法による数学シリーズ3) 秋山仁 森北出版

数学の視覚的な解きかた(発見的教授法による数学シリーズ4) 秋山仁 森北出版

立体のとらえかた(発見的教授法による数学シリーズ5) 秋山仁 森北出版

1次変換のしくみ(発見的教授法による数学シリーズ 別巻1) 秋山仁 森北出版

数学の計算回避のしかた(発見的教授法による数学シリーズ 別巻2) 秋山仁 森北出版

結局、『実況中継シリーズ』のパクり本が現在の参考書の主流をなすに至っている。

『細野真宏の数学』シリーズで最も評判のよいものは『細野真宏の積分[計算]が本当によくわかる本』で、他の本も評判は悪くありません。 『細野真宏の数学』シリーズは、必要であれば、その単元の導入用として活用し、それに続けて本格的な印刷教材に入るのが適切でしょう。

細野真宏の数と式[整数問題]が本当によくわかる本(数 I・II)|9784098374106|4098374102

関連書籍

 
comments powered by Disqus