ゆきんこの勉強法 | 自修人

unchain yourselves

03 Feb 2020

スリランカ産セイロンシナモン

シナモンは血管によくきく

【脳卒中の予防】医師が提案!毛細血管を元気にする「シナモン紅茶と炭酸浴」 - 特選街web

二酸化炭素(炭酸ガス)の入浴剤は、「重曹」と「クエン酸」を型に入れて、押し固めて作る。

風呂場に「重曹」と「クエン酸」の容器を置いておき、入浴するとき、50:50で浴槽に投入すれば、シュワーッと発泡する。 これが二酸化炭素(炭酸ガス)。

二酸化炭素(炭酸ガス)の風呂は血行が盛んになる。

シナモンでも血管によくきくのはセイロンシナモン|漢方薬としてのシナモンは桂皮(ケイヒ)

ニキビをつぶしたアトのシミは、毛細血管がつぶれて、赤血球が真皮に固着したものだと思う。

ニキビはできるだけつぶさない。

ニキビをつぶす場合は皮膚科で正式に切開してもらう。

血管を活性化させるのはセイロンシナモン。

「お肌のケア」と「血管病の対策」にセイロンシナモン。

(1)【セイロンシナモン】:セイロンニッケイ(Cinnamomum verum):スリランカ原産。
(2)【カシア】:シナニッケイ(Cinnamomum cassia):中国原産。
(3)【ニッケイ】:ニッケイ(Cinnamomum sieboldii):中国原産、日本育ち。

シナモン - Wikipedia

シナモン|5つの効果・効能と許容摂取量、美味しいレシピご紹介

糖尿病予防

チャーシューを柔らかく煮るためにザラメとみりんをかなり入れる。 豚肉を糖化(タンパク変性)させて、柔らかくする。

【大食い】肉だらけ鍋~やりすぎですか?いいえ、これが適量です~

麻薬中毒が作った!?『コカコーラの黒歴史』全て話します。

南北戦争の混乱の中で、自分軸を貫いた女の生き様を見た。

風と共に去りぬ(Gone with the Wind, 日本語字幕) part1
風と共に去りぬ(Gone with the Wind, 日本語字幕) part2
風と共に去りぬ(Gone with the Wind, 日本語字幕) part3

自分に降りかかる穢れ(けがれ)を振り払い、自分軸を保つ強さの象徴が草薙剣(くさなぎのつるぎ)。

草薙の剣 - Google 検索

出雲への旅 - スピリチュアルメッセージ from 寺尾夫美子

例えば食物で、塩漬けや砂糖漬けがあるけれども、両方とも、食物を柔らかく食べやすくしてしまう。 塩分や糖分が、人間の体に与える影響もこれと全く同じである。

例えば調理法のひとつとして、チキンをコーラで煮るやり方がある。 鳥の手羽肉や鳥のもも肉をコーラで煮ることによって、肉が柔らかく食べやすくなる。 糖によってタンパク質が変性しているのである。

肉を柔らかくするために、砂糖を使うこともある。 糖によってタンパク質が変性しているのである。

砂糖によって肉が柔らかくなる。 糖によってタンパク質が変性しているのである。 この調理法を覚えておくことが大切である。 甘いものが好きな人は、自分の体の肉を柔らかくしたいのだろうか?

糖というものは、規定濃度を超えると、人間の体をボロボロにしてしまう作用をもつ。 つまり高血糖の状態を続けることによって、血管がボロボロになってしまう。 もちろん高血糖の血液によって、各細胞へと糖が運ばれる過程で、細胞そのものもボロボロになってしまう。

私の知り合いにも、システムエンジニアをやっていて、目を覚ますためにコカコーラゼロを飲み放題であった人がいた。 その人は肥満にもおちいったけれども、その後2回にわたり、大動脈解離を発症した。 命はとりとめたけれども、もはや健康な体ではない。

大動脈解離、大動脈瘤破裂、脳溢血といった循環器系で即死する感じの病気というものは、家系的に循環器系が弱いとか、そういう肉体の特質もそうだけれども、食生活において、高血糖状態を続けていることも多い。

コカコーラゼロは特に、血管をボロボロにさせる。

普通のコーラも、コカコーラゼロほどではないけれども、血管をボロボロにさせる。 普通のコーラを使ってチキンを柔らかくできるのだから、普通のコーラだって強力なんだ。

これは特にコーラがよくないということでもなく、甘い缶コーヒーでも、甘い紅茶でも、甘いソーダでも、人工甘味料たっぷりの甘味飲料は、すべて血糖値を爆上げさせ、そのプロセスを通じて血管と細胞をボロボロにさせてしまう。 早死にしたければ甘いものを飲め、食えってことだわ。

糖には直接糖と間接糖がある。

お菓子に含まれるショ糖や、コーラに含まれる人工甘味料は、直接糖である。

お米や小麦などの炭水化物が間接糖であり、炭水化物を消化器官によって分解して、少しずつ糖にしていく。 少しずつ糖にしていくことによって、血糖値を厳密にコントロールし、血管や細胞に対してダメージが最小になるようになっている。

糖というものは、確かに体にとって必要な栄養素ではある。 しかし糖はタンパク質を変性させるという恐ろしい側面ももっている。 したがって、糖の濃さ、特に血糖値というものには細心の注意を払わなければならない。

甘いものを飲み食いすると、コントロールできないほどに血糖値が爆上げする。 身体は慌ててインスリンを分泌するけれども、短時間で血糖値を下げることは難しい。 その間、高血糖の血液が体を循環することになり、ここで体のタンパク質が変性を起こしてボロボロになっていく。 これを俗に「糖化」と呼んでいる。

身体が「糖化」することで病んでいく。

年齢の割に老けている人というものは、タバコを吸っているか、甘いものが大好きか。 大体この二つのパターンだと思う。 甘いものは老けます。

スピリチュアルな観点からすると、「タバコを吸っても老けない」「甘いものを食べても老けない」というふうに完全に信じ込むことができれば、全く影響はないといわれている。 しかしそれは悟った人だ。 悟った人なら、タバコや甘いものをやめることなど朝飯前だ。

例えばレッドブルやモンスターエナジーになどのエナジードリンクがあると思う。 これはカフェインと超高濃度の人工甘味料のかたまりである。 血糖値が上がると一時的に元気になったような気がする。 カフェインを摂取すると、一時的に目が覚めて元気になったような気がする。

しかしそれは元気の前借りにすぎない。 血糖値が下がったり、カフェインの作用が切れてくると、だるく眠たくなってしまう。

レッドブルやモンスターエナジーなどのエナジードリンクは、糖度が極度に高いため、血糖値の急上昇を招くので、自殺飲料と考えてよい。

これに準ずるのがコーラである。 コーラの糖度の高さは異常である。

それから、コーラに使われている人工甘味料であるアスパルテームは、しばしばアブラムシの殺虫に使われる。

コーラを霧吹きに入れて、畑の野菜にかけるわけである。

アスパルテームは神経毒である。

人間が昔から食べてきた果物に基づく果糖以外の糖類は、人間の身体に悪影響を与えると考えてよい。

結局どうすればいいのかというと、「甘くないお菓子を食べる」「果糖を使ったお菓子にする」以外にない。

甘くない小麦菓子つまり、クラッカーやカンパンやプレッツェル。

甘くない米菓つまり、おせんべい、あられ、柿の種。

甘くないスナック菓子つまり、トウモロコシや小麦を使った甘くないお菓子。 ちなみにフライドポテトやポテトチップなどの揚げたジャガイモは、女性の癌(乳がんや子宮頸がんなど)を引き起こす原因になるともいわれてるので避けたほうが無難かもしれない。

あとはナッツ類、豆菓子、イカの酢漬けといったおつまみ系。

甘みを得ようと思ったら、ショ糖(いわゆるお砂糖)ではなく、果糖を使うこと。

人間は果物を昔から食べてきたので、人間には果糖を短時間で分解する能力がある。 つまり果糖ならば、血糖値の極端な上下変動はない。

したがって、甘いものが食べたい時には、(1)果糖を使ったお菓子を自作する、(2)ドライフルーツなどの果糖を基調とする甘いお菓子を食べる、(3)果物そのものを食べて甘いお菓子は食べず、ジュースは100%の果汁のやつだけにする(人工甘味料によって極度に高い糖度をもつ飲料は飲まないようにする)。

ドライフルーツとナッツ・お茶の販売店フルーティヤ

ロスチャイルド家をはじめとする闇の権力が何を考えてるのかを想像してみた。

闇の権力は、全世界に中央銀行網を張り巡らして、世界の通貨発行権を掌握し、株式市場を通じて企業の株式を買い占め、世界の企業を掌握している。 闇の権力は、石油化学工業に由来する、バス・トイレタリー、食品添加物、医薬品あたりを一通り押さえている。 人類の生活物資のだいたいを闇の権力の関連企業が押さえている。

医療の世界は、医薬品産業の下部組織となって、いかにして人類を不健康にし、医療業界と医薬品業界が栄えるかを考え、そのためのシステムを考えてきた。

Amyが引っかかった血液検査も、医者のウソだよ、大きな意味では。 検査して、悪い数値を見せて、ビビらせて、病人に仕立て上げて、最後は手術を受けさせる。 それがパターンなんだよ。

地方公共団体が行う健康診断と称する医療営業活動とも一蓮托生だ。

闇の権力は、食品、飲料を通じて人類を不健康にさせ、医療業界と医薬品業界に利益が転がり込む仕組みを作ってきた。

闇の権力は、こいつら全員、グルだぜ。

血液検査にそこまでビビるこたぁねぇがな、コカコーラばっか飲んでると、お母ちゃんと同じように、血管や心臓の病気で若死にするぞ、Amy。 自分の遺伝子の弱点をふまえて、身体を大切にしなよ。

でもアセンションすれば、体が変わってしまう。 でもアセンションは、遺伝子の書き換えだから、健康体でないと問題が出てくる。

やっぱり自分の身体は大切にしないと。

闇の権力をつぶすのはカンタン。 株式市場などの金融市場を閉鎖すればいい。 そして、通貨発行権を政府(大蔵省=財務省・金融庁)に戻す。 具体的には、山本太郎のゆっている日銀の国有化だよ。

闇の勢力としては、多分、透析の需要を増やす目的があるのだと思う。

コーラ、エナジードリンク、コーヒー、紅茶などにたくさんの甘味料を入れて、糖尿病患者をたくさん増やす。

糖尿病患者を重症化させて、透析を始めさせる。

透析を一旦始めたらもう後には戻れない。

一生涯透析をし続けることになる。

医療産業にとってはいいカモである。

コカコーラを飲むと糖尿病を患い、最終的には、透析患者になります。

一週間に3日ぐらい透析クリニックに通って透析を受けなければならなくなります。

あなたはそれでもコカコーラを飲みますか?

体の細胞の寿命などを考慮し、新陳代謝によって体の物質細胞が入れ替わるのに3年から5年かかるといわれている。

傷ついた体を元の状態に戻すためには、甘いものを断ち切った生活を3年から5年続けて行く必要があると思う。

もちろんたまには甘いものを食べてもよいとは思うけれども、そもそも甘いものに依存してる人は、そこから坂を転げ落ちるように、元の生活に戻るものである。

お気づきのように、じつは「脂っこいもの」「甘いもの」といったものは、中毒性をもっている。

脂っこいものが好きな人は、脂っこいものがやめられない。 脂質の甘みやじわっと口に広がる食感にやみつきとなり、例えば豚の脂身を食べるのをやめることができなくなる人がいる。 脂質は脳の快感物質の分泌を直接的に促す側面がある。

甘いものが好きな人は、甘いものがやめられない。 これはタバコやお酒がやめられなきゃと同じ状況である。 そして糖の摂取もまた、脳の快感物質の分泌を直接的に促す側面がある。

しかしこれは、条件反射とか潜在意識とか、完全に脳の働きによるものである。

タバコをやめることも、油っこい食べ物を止めることも、甘いものをやめることも潜在意識の書き換えをすれば簡単に可能である。

コーラ依存や甘いお菓子をやめる方法は、近日中にお伝えいたします。

それは結局、統合ワークのとき、自分の手放せない対象(コーラへの執着心)の周波数を、透明なダイヤモンドでつくられた正八面体オクタヒドロンのコンテナに入れて、ソースに返して、統合された光を受け取るワークです。 それは統合ワークの応用でしかありません。

統合ワークのインストラクションを「Ingegration」というディレクトリで制作中です。 いましばらくお待ちください。

Amyさんは自分の血管を護ってください

食品業界が「果糖ブドウ糖液糖」を使いたがる事情 | 果糖中毒 | ダイヤモンド・オンライン

「甘い飲料は絶対に飲まない」「甘い固形物は少量なら許す」など、大きく線引きしてはいかがでしょうか? 

「甘い固形物」とは、ケーキ、クッキー、ジャム、キャンディ、おまんじゅうなどです。 これらは、少量なら許したほうが、むしろ渇望感を招きません。 無理して全面禁止にすると、甘い物をドカ食いして、一気に血糖値が上がり、心臓や血管をモロモロにさせます。

「一気に大量の糖分を摂取し、血糖値が爆上げになる」という部分が、命の危険に直結するのだということを知っておいてください。

「甘い飲料」には、コカ・コーラゼロ、ノーマルのコカ・コーラ、甘い紅茶(午後ティー)、缶コーヒー/ボトルコーヒーなどが含まれます。 ゼリー、プリンなどの半固形物も、「甘い飲料」に含めて考えるとよいでしょう。

「甘い飲料」は、がぶ飲みになりがちです。 がぶ飲みすると、甘みという味覚を一瞬感じただけで、「甘い飲料」はすぐに胃の中へ入っていき、「大量の糖分を一気に摂取した」という自覚がないまま、実際には、驚くべき分量の糖分を短時間で摂取していることになります。

「甘い飲料」は消化器官によって即座に体内に取り込まれ、すぐに血糖値が上がります。 これが「心臓」や「血管」をモロモロにさせる大きな原因です。

コーラの好きな人は、心臓や血管がモロモロになります。

ご飯を多く炊いて、おにぎりにして冷凍しておき、甘い物が欲しくなったら、チンしておにぎりを食べてください。 健康的にふくよかになることが大切です。