[もくじ]を見るor閉じる

私は医療系DSは悪魔だと思うけれども、コロナワクチン接種の同意書に[サインした人が悪い]というのは、事実だと思う|被害者意識・他罰主義・責任転嫁におちいってはならない

キノシタ薬品さんはTwitterを使っています: 「全てのテレビ出演者に見て欲しい。 コロナワクチン被害者遺族の会記者会見より(1/9)「大嘘です」 https://t.co/DALbDiNgkW」 / Twitter

どうしてデマ太郎を信じたんだろう。 私からすると、デマ太郎ほどうさんくさいヤツはない。 デマ太郎は、最近、とっても傲慢になった。 昔のデマ太郎は、もっと自信なさげで、のび太みたいなヤツだった。 傲慢も卑屈も駄目だね。


国を信じる、自治体を信じる、公務員・政治家を信じる。 そこが、すでに脇が甘いんだよ。 実際には、政府・地方公共団体こそは、反社会的勢力なんですよ。 人口削減計画を企図する悪魔であるワクチン会社が反社会的勢力である。 この悪魔であるワクチン会社の[コロナワクチン接種にまつわる利権維持]に協力してしまっているから、政府・地方公共団体もまた、反社会的勢力なんですよ。
政府・地方公共団体こそは、反社会的勢力であることは、子宮頸がんワクチンの件から、明らかでしょ?  子宮頸がんワクチンなんて必要ないんだよ。
そもそも、母子手帳に書かれているワクチン接種をするから、自然免疫が低下して、それによって病気にかかりやすくなっている。 そのうえで、さらにインフルエンザワクチン接種、コロナワクチン接種などで、免疫機能がめちゃくちゃにされる。 それによって、人口削減しようというのが、ファイザーやモデルナなどのワクチン会社であり、その背後にDSがいるんですよ。 陰謀論でも何でもなく、政治・経済の資料集に載せてもいいぐらいの、厳然たる事実なんだよね、これは。 要するに、世の中の人々の8割方は、洗脳されて、寝ぼけているんです。
コロナワクチン接種の同意書に[サインした人が悪い]というのは、事実だと思います。 悪魔というのは、契約を重んじます。 サインしたら負けなんですね。 ゲームのルールが、これなんですよ。 これからは、絶対にサインしないことです。

MitzさんはTwitterを使っています: 「これを全国放送で流せば打たない国民が増えますよね。だから取り上げないんでしょう? https://t.co/wk5ddH9wT0」 / Twitter

T. Miyazawa DVM PhD宮沢孝幸🎹さんはTwitterを使っています: 「真実の一端はもうすでに明るみに出ていますが、真の研究者はもっと知っています。怖がって黙っていてもやがて明るみになるでしょう。その時に国民はどう思うのか?隠した研究者はなんと答えるのか?知っているのなら勇気を奮って、可能な限りぎりぎりを攻めてください。黙るのは罪です。断罪されます。」 / Twitter

忽那賢志・くつなさとし・大阪大学 大学院医学系研究科 感染制御学 教授

コロナワクチン接種の問題でも、子宮頸がんワクチンの問題でも、まったく同じなのですけれども、被害者意識・他罰主義・責任転嫁に陥ってはならないわけです。 忽那賢志医師が何をしようとも、騙されなきゃ済む話でしょ?  つまり、DSに忽那賢志医師が脅されて、あるいは、ワクチン製薬企業から多額の報酬をもらって、そういうことを言わされているのだと見抜けば済む話なのです。 いいかえれば、コロナワクチン接種を受ける側の信念体系にエラー・欠陥があるから、騙されるわけであり、騙される側が85%以上悪いんですよ。 集団訴訟とか言っているけれども、最初から治験中だってわかってたでしょ? コロナワクチン接種は。 このコロナワクチン接種を受ける・受けないというのは、新しい地球を選択しない・選択するという、スクリーニングになっているのです。 コロナワクチン接種を受けた人が愚かで失敗者なのかというと、そうでもなく、新しい地球を選択しないので、死ぬ選択をした。 それだけのことなのです。 ですので、事態を淡々と見て、すべてを受け入れる必要があるわけです。 ただし、コロナワクチン接種を強制する、というのは別問題で、これは徹底抗戦する必要がある領域です。


最も重要なのは、騙される人たちが愚かだから、騙されて死んでいく、ということを、しっかりと自分の責任であると自覚し、DSや政府といった、反社会的勢力のせいにしないことです。 DSや政府こそが、反社会的勢力であることを見抜けなかった人たちが、コロナワクチン接種を受けて死んでいく、というのが現状です。 つまり、コロナワクチン接種を受ける・受けないというクルーシャルなタイミングまでに、洗脳が解けなかった人たちが、死んでいくということです。 もちろん、命が助かる見込みはありましょう。 けれども、健康で何でもできる身体に戻るためには、いったん死んでから生まれ変わるしかないと思います、現在の医療技術を前提にすれば。 もしかすると、先進の宇宙医療が公開されて、コロナワクチン接種を受けた人でも、元通りになるかもしれません。 しかし、先のことは、わかりません。
どうして、忽那賢志医師のように、DSの手下になってしまう人が生まれるのでしょうか?  脅されているんですね。 忽那賢志医師個人のことではなく、一般論を述べますよ。
未成年と性行為してしまった場合の法的責任

低年齢で性行為を行なうリスクのうち、おそらく最大のものは、低年齢で粘膜が薄い状態で性行を行なったことによる生殖器の擦過傷が重なると、それが後年において、生殖器にまつわるがんなど、重大な疾患に発展するケースがある、という点です。 大きながんに発展する萌芽というのが、ちょっとした傷口、ちょっとした炎症を、[放っておけば治る]という油断から放置して、ちょっとした傷口、ちょっとした炎症を、を繰り返したことから始まる場合も、少なくないようです。 [皮膚が破れる]というのは[免疫がきかない状態さらされる]ということなので、[十分な潤滑状態が得られていない状態でする、痛いセックスを我慢する]などは、本当に危険だからやめてください。 生殖器に傷を作ると危険だというのは、その傷口から性病にかかり、性病に対抗するために免疫力を使い果たした結果、がんにかかるリスクが高まり、結果として女性生殖器関連のがんで早死にするリスクが、劇的に高まってしまう、ということです。 幼いと皮が薄いため、ちょっと触るだけで痛いわけです。ちょっと触るだけで痛いところを、激しくこすり合わせるので、傷ついた部分から、細菌・ウイルスなどが感染して、長年の間に、重大な病気になることがあるわけです。 さらには、生理用品には人間を不妊化させる薬剤が塗布されていますので、ちょっと触るだけで痛いところを、激しくこすり合わせて、しょっちゅう微細な傷口をつくっていると、人間を不妊化させる薬剤が、ダイレクトに血中に入ります。 そこから、人間の女性が不妊化されていく、というのが闇側の狙いです。 人口削減計画を遂行している連中は、まさしく鬼畜であり、人間ではありません。 人間の常識では計れない、残酷なことをするのが鬼畜、悪魔たちなので、油断してはなりません。
子宮頸がんワクチン〔HPVワクチン〕というのも、HPVという生物化学兵器の対策ワクチンということなのです。 HPVそのものが前振りで、主目的は多くの若い女性に子宮頸がんワクチン〔HPVワクチン〕を打たせることによって、妊娠不能の状態におちいらせ、人口削減をしようということなのです。 子宮頸がんワクチン〔HPVワクチン〕で、半身不随など、人間として生きることが否定されるようなひどい目に遭った人たちがたくさんいます。 子宮頸がんワクチン〔HPVワクチン〕は、絶対に打たないようにしましょう。
DSは、ターゲットをハニートラップにかけるんです。 [未成年とのセックス]に処罰規定を設ける、その制度趣旨というのは、ハニートラップが有効になるようにするためです。 例えば、中国人・台湾人・韓国人・朝鮮人などの美人が、セックスのお相手をして、その映像・音声が収録されていて、それをネタに脅されるのだということです。 要するに、売春婦がスパイ/工作員なのですよ。 [成人がセックス接待をする]という段階から、ターゲットがさらに深みにはまると、裏社会の幼女売買春企業から派遣されてきた少女とのセックスが用意されている。 この少女たちの由来というのが、[浦安市ネズミの国][此花区映画の国]などで人さらいしてきた女の子たちです。 あるいは、統一教会の集団結婚でもうけられた子供を、出生届を出さないまま、[法的には存在しない人間]にして、そうした子供を売春婦にしていく仕組みがあるようです。 都内の高級ホテルは、地下のトンネルでつながっていて、こうしたトンネルを使って、売買春の組織、アドレノクロム関係の人命に関わる危険なことが行なわれてきた、というわけです。 地下のトンネル網というのがあって、[浦安市ネズミの国]・都内の高級ホテル・福島原子力発電所・軽井沢のビルゲイツの別荘など、かなりの範囲に地下のトンネル網が広がっているのです。 その言い訳というのが、地下鉄工事とか、水害対策と称する地下タンク貯蔵所とか、そういうヤツなんですよ。 実際には、闇側が移動する秘密の高速道路ですね、地下のトンネル網というのは。 それで、福島原子力発電所から、つくばみらい市あたりを通って、東京都内に至る、長い地下トンネルなどを爆破する、掃討作戦が展開されているわけです。 それがゆえに、東京周辺、とくに千葉・茨城・栃木・福島といったあたりで、謎の地震が起こるようです。
【無戸籍のシングルマザー】「なぜ私を産んだ…」「風俗でも雇ってくれない」"存在しない"無戸籍者たち【MBSドキュメンタリー映像'】(2022年日本民間放送連盟賞TV教養部門優秀賞)

戸籍〔戸籍法〕というのは、[法的には存在しない人間]を用意するために、逆に悪用されているのですよ。 つまり、[法的には存在しない人間]である少女が売春をしても、[法的には存在しない人間]なので、罪に問われないような、そういうチートが行なわれています。 さらに、戸籍〔戸籍法〕の悪用について。 中国人・台湾人・韓国人・朝鮮人などの工作員・犯罪者が[戸籍の乗っ取り行為]=[はい ]を行なう場合にも、戸籍〔戸籍法〕は悪用されている。 さらに戦後、戸籍〔戸籍法〕を悪用して、在日の安易な帰化が許されてきたのに加え、さらにその安易な帰化を、さらに加速するために、近年では戸籍法の改正が激しく行われています。 これは、中国人・台湾人・韓国人・朝鮮人などが、DSから命令されて、日本を乗っ取る計画に利用されているわけです。 最後は口封じで殺されることを知らずに、さらには、死後にそれなりの報いを受けるのに、工作員をやっちゃてるんです。 若いね、未熟だね、魂が。
戸籍法 昭和22年12月22日法律第224号 | 日本法令索引
法務省:戸籍法の一部を改正する法律について

いずれにしても、医師がDSの言いなりなる背景には、セックス接待、いいかえれば、ハニートラップがある。 しかも、その中でもおぞましいのが、少女による変態セックスで、これがビデオとして記録されて、脅迫の材料になっている。 これら、囚われた人間たちを無事に解放する作戦と並行しながら、闇側を討伐しているのだから、時間がかかるんですよ。
それで、忽那賢志医師は、最初はコロナワクチン接種に反対していたんです。 変節したんですね。 その原因をしっかり見ていく必要がある。 ハニートラップにかかったとか、汚いお金を渡されて、お金のトラップにかかったとか、家族を人質にされて脅されているとか、そういうことでしょうね。
したがって、半ワクの人たちも、忽那賢志医師を個人攻撃する、という頭の悪そうな解決法に飛びつかないことですよ。 それでは、闇側の思う壺です。 もちろん、忽那賢志医師も悪いけれども、必ずその原因を探って、芋づる式に上位階層へと遡っていくことです。 たいてい、医師会から製薬企業に、その原因があることがわかりますから。
忽那賢志医師は、脅されているんですよ。 脅され、おびえている人間に、正論をぶつけて勝ち誇っても、見苦しいだけです。
本当に悪いヤツを見つける、真実を見抜く冷徹な目を養うべきですね、安直な正義漢を気取る前に。 そして、実際には、原因は分散化されているので、それらをいちいち調べるのではなく、全部を廃止することです。

【教えて忽那先生!】第5回「ワクチンを接種して亡くなった人がいると聞きました。因果関係はあるのですか?」

ひろしさんはTwitterを使っています: 「https://t.co/My1ceczFx5」 / Twitter