[もくじ]を見るor閉じる

厚生労働省勤務の技官をしている医師が大量に辞職したって知ってる? 

医師免許を取得した、まともな人間は、厚生労働省のキチガイ政策についていけなくて、大量に辞職しているから、厚生労働省が技官を募集しているんだよ。

女子の子宮を使い物にならなくさせるだけでなく、その女子が人間として生きていけないように、半死半生の状態に追いやるのが子宮頸がんワクチンだ。

子宮頸がんワクチンもまた、コロナワクチンと同様に、人類を殲滅するための戦略的生物化学兵器である。

医療の腐敗、医療の崩壊は、改革するのではなく、全面的に破壊した後に再生するやり方でしか、まともにはならないであろう。

まずは、人体実験を処罰する法案を通し、医療という名の大量殺戮行為を行なう者を、どんどん逮捕できる体制をつくる必要がある。

厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会におけるヒトパピローマウイルス感染症の予防接種に関する議論について


日医発第 1718 号(健II)
令和4年 12 月3日
都道府県医師会
担当理事 殿
日本医師会常任理事
釜 萢 敏
宮 川 政 昭
(公 印 省 略)
厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会におけるヒトパピローマウイルス感染症
の予防接種に関する議論について
今般、厚生労働省より各都道府県等衛生主管部(局)宛標記の事務連絡がなされるととも
に、本会に対しても情報提供がありました。
本事務連絡は、組換え沈降9価ヒトパピローマウイルス様粒子ワクチン(9価 HPV ワクチ
ン)による接種について、厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会において予防接種法に
基づくヒトパピローマウイルス感染症の予防接種に加える方針が了承され、法令改正等を経
て令和5年4月1日から開始される見込みであることを踏まえ、現時点における接種の方針
及び準備に当たって留意すべき事項を連絡するものです。概要は下記のとおりです。
つきましては、貴会におかれましても本件についてご了知のうえ、郡市区医師会及び関係
医療機関に対する周知方についてご高配のほどお願い申し上げます。

○9価 HPV ワクチンの添付文書において、下記の用法・用量等が示されていること。
・9歳以上の女性に1回 0.5mL を合計3回、筋肉内に注射する。
・1年以内に3回の接種を終了することが望ましい。
・通常、2回目は初回接種の2カ月後、3回目は6カ月後に接種する。
・2回目及び3回目の接種を初回接種の2カ月後及び6カ月後にできない場合、2回目接種
は初回接種から少なくとも1カ月以上、3回目接種は2回目接種から少なくとも3カ月以
上の間隔を置いて実施すること。
○2価又は4価の HPV ワクチンを用いて規定の回数の一部を完了した者が9価 HPV ワクチン
により残りの回数の接種を行う方法(交互接種)も、適切な情報提供に基づき、医師と被
接種者等がよく相談した上であれば、実施可能となる予定であること。
○現在国において、2回の接種により完了となる9価 HPV ワクチンの接種方法の薬事承認の
審査が行われていること。
○9価 HPV ワクチン接種に係る副反応疑い報告基準は、現行と同様とされる予定であること。
(参考)
・第 41 回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会 資料(厚生労働省ホームページ):
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_29181.html
・組換え沈降9価ヒトパピローマウイルス様粒子ワクチン(医薬品医療機器総合機構ホームページ):
https://www.pmda.go.jp/PmdaSearch/iyakuDetail/GeneralList/631341C
・予防接種法に基づく副反応疑い報告制度について(令和4年 11 月 30 日付日医発第 1685 号(健II)(法安))
事 務 連 絡
令和4年 11 月 30 日
各 衛生主管部(局) 御中
厚生労働省健康局予防接種担当参事官室
厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会における
ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種に関する議論について (情報提供)
予防接種行政については、日頃より御理解と御協力を賜り厚く御礼申し上げます。
今般、11 月 18 日に開催された第 41 回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会
(以下「分科会」という。)において、ヒトパピローマウイルス感染症に係る予防接種
法(昭和 23 年法律第 68 号)第5条第 1 項の規定による予防接種(以下「HPVワク
チン接種」という。)において、組換え沈降9価ヒトパピローマウイルス様粒子ワクチ
ン(以下「9価HPVワクチン」という。)を使用可能とする方針が了承されました。
9価HPVワクチンの接種は今後、必要な法令改正等を経て、令和5年4月1日か
ら開始される見込みですが、速やかかつ円滑に接種を開始するため、分科会での議論
を踏まえた、現時点における接種の方針及び準備に当たって留意すべき事項を下記の
とおり御連絡いたします。
各自治体におかれては、下記の内容について御了知いただき、貴管内関係機関等へ
の周知をお願いいたします。

1.開始時期について
9価HPVワクチンの使用は、必要な法令改正等を経て、令和5年4月 1 日から
開始することとする。
2.接種方法・標準的な接種期間について
9価HPVワクチンの添付文書における用法・用量等の記載は以下のとおりであ
り、関係法令等についても同内容を踏まえた改正を行う予定である。
【用法・用量】
9歳以上の女性に、1回 0.5mL を合計3回、筋肉内に注射する。通常、2回目は初
回接種の2カ月後、3回目は6カ月後に同様の用法で接種する。
都道府県
市 町 村
特 別 区
【用法・用量に関連する注意】(抜粋)
1年以内に3回の接種を終了することが望ましい。なお、本剤の2回目及び3回目
の接種が初回接種の2カ月後及び6カ月後にできない場合、2回目接種は初回接種
から少なくとも1カ月以上、3回目接種は2回目接種から少なくとも3カ月以上間
隔を置いて実施すること。
3.2価HPVワクチン又は4価HPVワクチンとの交互接種について
HPVワクチン接種は、同じ種類のワクチンで接種を完了することを原則とする
が、組換え沈降2価ヒトパピローマウイルス様粒子ワクチン(以下「2価HPVワク
チン」という。)又は組換え沈降4価ヒトパピローマウイルス様粒子ワクチン(以下
「4価HPVワクチン」という。)を用いて規定の回数の一部を完了した者が9価H
PVワクチンにより残りの回数の接種を行う接種方法(以下「交互接種」という。)
についても、安全性と免疫原性が一定程度明らかになっていることや海外での取扱
いを踏まえ、適切な情報提供に基づき、医師と被接種者等がよく相談した上であれ
ば、実施して差し支えないこととする予定である。
4.キャッチアップ接種における取扱いについて
予防接種法施行令(昭和 23 年政令第 197 号)附則第5項に基づき、従来の定期接
種の対象年齢を超えて行う接種(キャッチアップ接種)においても、同じ種類のワク
チンで接種を完了することを原則とするが、適切な情報提供に基づき、医師と被接種
者等がよく相談した上であれば、交互接種を実施して差し支えないこととする。
5.2回の接種により接種が完了となる接種方法について
現在、9価HPVワクチンの製造販売業者により、2回の接種により接種が完了
となる接種方法(以下「2回接種」という。)について、製造販売承認の申請がなさ
れており、独立行政法人医薬品医療機器総合機構において審査が行われている。今
後、製造販売承認がなされた場合には、速やかに予防接種法における2回接種の導入
に向けた議論を行う予定である。
6.副反応疑い報告基準について
9価HPVワクチンを使用してHPVワクチン接種を実施する場合においても、
HPVワクチン接種に係る副反応疑い報告基準は、引き続き、現行と同様とする予定
である。
7.今後の情報提供について
今後、議論の進捗状況に応じて、適宜自治体向けの説明会を開催し情報提供を行う
予定である。

引用元: 2022ken2_1718 - 2022ken2_1718.pdf

ルパン小僧🍑💍kuu331108さんはTwitterを使っています: 「【子宮頸がんワクチンの罠】 一部抜粋 続きは↓ https://t.co/f56ebr8h43 https://t.co/YAMhGTgIWB」 / Twitter

子宮頸がんワクチンの罠

どこ?朝母親に呼ばれて起き上がるデンマーク人のさら減らすにいるセンサーじゅうよんさい。ジョーク。毎朝思うように体を動かすことができない。立ち上がるまでにさん十分以上かかる日。洗面所で髪を整える簡単な事も彼女には重労働だ。少しの間立っているだけでも。すぐに座り込んでしまう。落合さん。結構です。昨日。学校には長い間かよえていない。うん、体に異変が現れ、子宮頸がんワクチン、子宮頸がんワクチンを接種した後で怖いのチーム。軽快なステップでダンスを踊る更紗。りんごの木に登ったり。友人とボート遊びをしたり。幼い頃から体を動かすことが大好きな少女だった。だが、12歳の時、子宮頸ガンワクチンガーダシルを始めて接種した後、40°以上に発熱。二回目の接種の後には、自宅の風呂場で突然失神した。その後、先進の激しい痛みや歩行障害などを次々と発症したという。痛みで固い椅子には長く座っていることができない。はい。やあ。即興。食事もすべてこの椅子の上だ。その後のすすんだ。アルメニアです。メニュー。ほら、そのキャスティコンピューター。痙攣、倦怠感など症状をあたりに渡っている。こういう風な。確立された治療法がないまま、沙羅さんが飲む薬の量も増える一方だ。さらに今深刻なのは記憶の障害だ。会話をしていても。そんTM。オフ会の初心。どこに居るかわからなくなる事もあるという。デンマークで今子宮頸がんワクチンの副反応の訴えが急激に増えている。デンマーク保険証は?去年9月までに副反応報告が実に1159軒に登っていることを公表。そのおよそ二割が運動障害、激しい痛みなどの重い副反応だ。デンマークでは2009年から。12歳以上の女性に対して接種の推奨が始まった。これまでにおよそ50万人の少女達が接種していて。副反応の報告件数は、接種した人数と比較すると、その割合は、日本のおよそ三倍にあたる。神経内科を専門とする沙良さんの意思は、ワクチンの接種と沙良さんの症状には因果関係があると確信している。しかし、少女たちが訴える症状を詳しく把握しようとする意思はオークはないという。オッケーデンマークやるからさ。関心が低く、心の問題と考える傾向があるんだから。仕事で患者であることは必要以上に。大変だった。信じてもらえないから。人。日本の神社も同じだ。去年ニュースツースリーが実施した患者アンケートでも。オークの人が信じてもらえないなどの苦しみを訴えている。相次ぐ副反応の報告にもかかわらず。デンマーク政府は?ワクチンとさまざまな重い副反応の関連性は証明されていないと、して摂取の水晶を続けている。サルサの両親は政府の対応に疑問を持ち続けている。彼らはこんなにたくさんの副反応があるという現実を見ようとしないんだ?さあ、副反応についての話が出るたびに、それほどオークの副反応はないと言われてしまう。いやきちんと調べようとしないのは?間違っていると。ニュースツースリーではデンマーク保険証に々取材を申し込んだが。受けることはできないとの回答だった。副反応を訴え続ける患者たち。遅延を始めようと民間から動き出した人たちがいた。元看護師エルセさんはワクチンの副反応に悩む患者のための相談活動をしている。収入受ける相談は十件を超えることもあるという。なるほど。地図。台風?患者の受け皿が必要だとエルセさんは訴える。完全に健康だった人たちが。国の制度信用して摂取した結果。cmもなく放置されている非常に残酷だと思う。さらに子宮頸がんワクチンに関する幅広い情報を発信する民間のウェブサイトも去年4月立ち上がった。これまでにおよそ1000万件ものアクセスがあったと。そして医療の面では国境を超えた、新たな動きが始まろうとしていた。先月コペンハーゲン郊外の住宅に、一人の日本人医師の姿があった。しいでしょうか?はいえっと東京が東京医科大学医学総合研究所の西岡くスキ所長。日本で子宮頸がんワクチンの副反応の実態解明に第一線で取り組んでいる石田。オッケー。この悲鳴返したのは、副反応を訴えるシモーネさん。15歳。むしろ。彼女の体に異変が現れたのは3年前。ワクチンを接種後、湿疹を繰り返す。全身の痛み歩くことができないなどの症状が次々と現れたという。シモーネさんはじめ、患者80人が通院するなど、副反応治療の拠点となっているデンマークの国立病院が共同研究を使用開始以来。日本とデンマークの患者それぞれの症状に関する情報交換が行われた。名前ページスペースアーティストnothing、ノーノーパソヒストリー。うん。患者の共同診療など総合的に調べた結果、驚くべき事に日本とデンマークの患者は症状がほぼ同じであることがわかった。全部捨てる。神経症でしょう?それから中国。極小ですから。清潔したらどうでしょう?この自律神経の障害、様々な商品が全部。共通のポートボウルで。その臨床研究プロジェクトを始めようということ。まとまったから、それはすごい前進だと思うんで。デンマーク側のチームリーダーもこう強調する。デンマークとほかの国の患者たちが症状が似ているのはとても興味深いことです。共にそれぞれの症状それぞれの視点から確認して行く必要がある。今月にはデンマークから石が来日し、研究の成果はwho世界保健機関にも提出される予定だ。デンマークで副反応を訴える更紗。学校に通えないまま一年半が過ぎようとしている。これはどうしてあるけないんだろうってすごい。自分でもわからなくて。一。番組でこれまで報道してきた副反応を訴える、日本の少女。その姿をこの日初めて見た更紗。薬を下ろしいです。アンドPOD。うん。腹が低すぎる。ファーストpnoteバー。奴ならスピードにミュージカルあはいストーンズスタートnotepad。どうして自分たちはこんな目に合わないといけないのか?その答えを晒さんは求め続けている。はい。子宮頸がんの予防ワクチンの副反応の数ですが、イギリスで6200軒、そしてフランスでも2000件を超える報告が明らかになっています。この数日、重い事実ですよね。本当に深刻だと思います。ただ、ワクチンについては専門家の間で見解が分かれていまして、症状と因果関係はないと言う意見も示されている。ですね。ええまた、who世界保健機関は去年の10月に安全性に問題はない。伊丹の副反応については短い期間のもので、自然に治るとしています。そこなんですよね?ワクチンというのは、一つは病気を防ぐ有効性の問題ですよね。もう一つは副反応のリスク、これをどう考えるかというのが重要ですから。当事者の訴えにしっかり耳を傾けて、多角的な視点からね。慎重に検討を進めてもらいたいと思いますよね。はい。

引用元: 子宮頸がんワクチンの罠 - YouTube

キチガイ厚生労働省

浄化はぜんぜん進んでいない。 人類解放は、けっこう先のことであろう。 こんどこそキチガイ厚生労働省に騙されないように。

ヒトパピローマウイルス感染症~子宮頸がん(子宮けいがん)とHPVワクチン~

一般の方向け基本情報 よくあるご質問 HPVワクチンに関する相談先一覧 医療機関、自治体向けの情報 関連情報

一般の方向け基本情報
病気について
ヒトパピローマウイルス感染症とは
 ヒトパピローマウイルス(HPV)は、性的接触のある女性であれば50%以上が生涯で一度は感染するとされている一般的なウイルスです。子宮頸がんを始め、肛門がん、膣がんなどのがんや尖圭コンジローマ等多くの病気の発生に関わっています。特に、近年若い女性の子宮頸がん罹患が増えています。

 HPV感染症を防ぐワクチン(HPVワクチン)は、小学校6年~高校1年相当の女子を対象に、定期接種が行われています。

【小学校6年~高校1年相当の女の子と保護者の方へ】

<まずはこちら>

小学校6年~高校1年相当 女の子と保護者の方へ大切なお知らせ
(概要版)


リーフレット(概要版)[PDF形式:4,190KB]

<もっと詳しく情報を知りたい方へ>

小学校6年~高校1年相当 女の子と保護者の方へ大切なお知らせ
(詳細版)


リーフレット(詳細版)[PDF形式:5,782KB]

※HPVワクチンは、平成25(2013)年6月から、積極的な勧奨を一時的に差し控えていましたが、令和3(2021)年11月に、専門家の評価により「HPVワクチンの積極的勧奨を差し控えている状態を終了させることが妥当」とされ、原則、令和4年4月から、他の定期接種と同様に、個別の勧奨を行うこととなりました。

【平成9年度生まれ~平成17年度生まれまでの女性の方へ】

 平成9年度~平成17年度生まれまで(誕生日が1997年4月2日~2006年4月1日)の女性の中に、通常のHPVワクチンの定期接種の対象年齢の間に接種を逃した方がいらっしゃいます。
 まだ接種を受けていない方に、あらためて、HPVワクチンの接種の機会をご提供しています。
 詳しくは、「ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンの接種を逃した方へ」のページをご覧ください。

全てのリーフレットをご覧になりたい方は、「情報提供資材」のページをご覧ください。
ワクチン接種の効果
 HPVワクチンは、子宮頸がんをおこしやすいタイプであるHPV16型と18型の感染を防ぐことができます。そのことにより、子宮頸がんの原因の50~70%を防ぎます。
 HPVワクチンを導入することにより、子宮頸がんの前がん病変を予防する効果が示されています。また、接種が進んでいる一部の国では、子宮頸がんそのものを予防する効果があることも分かってきています。
標準的なワクチン接種スケジュール
2価ワクチン(サーバリックス):中学1年生の間に、1ヵ月の間隔をおいて2回接種を行った後、1回目の接種から6ヵ月の間隔をおいて1回の接種を行います。
4価ワクチン(ガーダシル):中学1年生の間に、2ヵ月の間隔をおいて2回接種を行った後、1回目の接種から6ヵ月の間隔をおいて1回の接種を行います。

定期の予防接種は、各市町村が主体となって実施しています。お住まいの市町村における接種方法(いつ・どこで・どのように受けられるかなど)については、市町村の予防接種担当課にお問い合わせください。
HPVワクチンの接種を受けた方へ
HPVワクチンの接種を受けた後は、体調に変化がないか十分に注意してください。
詳しくは、「HPVワクチンを受けたお子様と保護者の方へ」をご覧ください。

ページの先頭へ戻る
よくあるご質問
Q&A
HPVワクチンに関するQ&A
9価HPVワクチンについて
9価HPVワクチン(シルガード9)について
キャッチアップ接種について
HPVワクチンの接種を逃した方へ~キャッチアップ接種のご案内~

ページの先頭へ戻る
HPVワクチンに関する相談先一覧
HPVワクチンに関してのご相談は以下をご参照ください。
 

■接種後に、健康に異常があるとき

まずは、接種を受けた医師・かかりつけの医師にご相談ください。
各都道府県において、「ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種後に生じた症状の診療に係る協力医療機関」を選定しています。
協力医療機関の受診については、接種を受けた医師又はかかりつけの医師にご相談ください。
 

■不安や疑問があるとき、困ったことがあるとき

各都道府県において、衛生部局と教育部局の1箇所ずつ「ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種後に症状が生じた方に対する相談窓口」を設置しています。
 

■HPVワクチンを含む予防接種、インフルエンザ、性感染症、その他感染症全般についての相談

 「感染症・予防接種相談窓口」では、HPVワクチンを含む、予防接種、インフルエンザ、性感染症、その他感染症全般についての相談にお答えします。※令和4年4月1日から電話番号が変わりました
電話番号:050-3818-2242
受付時間:平日9時~17時(土曜、日曜、祝日、年末年始は除く)

※行政に関するご意見・ご質問は受け付けておりません。
※本相談窓口は、厚生労働省が業務委託している外部の民間業者により運営されています。
 

■予防接種による健康被害救済に関する相談

お住まいの市区町村の予防接種担当部門にご相談ください。
HPVワクチンを含むワクチン全体の健康被害救済制度については、「予防接種健康被害救済制度」のページをご覧ください。

引用元: ヒトパピローマウイルス感染症~子宮頸がん(子宮けいがん)とHPVワクチン~|厚生労働省