● Table of Contents :

[傷つき病んだ男性性・男性原理]は[自己の強さ・有能さ・賢明さ・金持ちぶり]など[他者より自分がまさっていることを通じて、他者を間接的に否定するかたち]で、[自分が無価値だという誤解による幻想からくる自己否定]を打ち消そうとして、この悲惨な世の中をつくり上げてきた

  • 両親やきょうだいなどからの言葉、友人などの言葉から、[自分が劣っている][自分が無価値である]という誤解に基づく幻想を抱いた男性性が、ここにある。
  • その男性性が抱いていた[劣っている][無価値である]という幻想は、なぜ幻想なのか? 
  • それは、完全無欠である[くう]の御霊みたまである私たち、だからである。
  • 私たちは完全無欠なのに、【周波数】を落とすために、両親やきょうだいなどからの言葉、友人などの言葉から、[自分が劣っている][自分が無価値である]と誤解する[現実]を[現実のスクリーン]に映し出した。
  • それは、好き好んで、そうしようと意図して、自分自身がなしたことである。
  • この[好き好んで、そうしようと意図して、自分自身がなしたことである]という[事の始まりを忘れ去るぐらい私たちは深く眠ってきた]ので、この世は悲惨だと嘆いているのが私たちの姿なのである。
  • [自分が劣っている][自分が無価値である]というふうに、自分が凹まされたので、凹ませ返す。報復〔リベンジ〕をする。 これが、[傷つき病んだ男性性・男性原理]が、[自分を取り戻す]ために取った行動である。
  • しかし[マイナス〔=ネガティブ〕]を与えられたので、[マイナス〔=ネガティブ〕]を与え返すということでは、[マイナス〔=ネガティブ〕]の波の合成が起こって、余計に[マイナス〔=ネガティブ〕]な世界が現出される。
  • つまり[傷つき病んだ男性性・男性原理]が傷ついた環境そのものが、よりいっそう強化される結果となる。 事態が泥沼化するのである。

波形のキャンセル|反対の性質の波形を合成して、波形として中和する

  • [傷つき病んだ男性性・男性原理]に対しては、ガイアと共振する[女性性・女性原理]と母性のエネルギーを注いでヒーリングする必要がある。
  • [傷つき病んだ男性性・男性原理]が追い求めてきたのは、男性性のネガティブな側面であり、しかも競争の究極形である[戦いを通じて相手を滅ぼす][最終的には戦争〔中でも核戦争〕によって相手を完全に根絶やしにする]という、[殺害][対象を壊滅かいめつさせる作用]である。
  • 母性は[殺害]の真逆である[産む〔生む〕]ということを、その始まりとする。
  • さらに母性とは、[〔日々の授乳で乳首が擦り傷のようになったとしても母乳を与えるなど身を挺して〕与える][大切にする][かわいがる][育てる〔はぐくむ〕]というふうに、[傷つき病んだ男性性・男性原理]の真逆のいとなみなのである。 母性は、[宇宙の愛の根源]さまの[無償の愛][無条件の愛]という[本物の愛/真実の愛/純粋な愛]の大きな側面を、そのまま表現したものなのだと思う。
  • したがって、[傷つき病んだ男性性・男性原理]に対しては、[女性性・女性原理]と母性のエネルギーを注ぐことが、[反対の性質の波形を合成して、波形として中和する]ことになるため、ヒーリングになるのである。
  • つまり[冷え切った対象]に冷水を浴びせるのではなく、温かいお風呂に入れて、対象の心ゆるませる。 それが、[女性性・女性原理]と母性のエネルギーを注いでヒーリングするということで、これは、[女性性・女性原理]と母性は、ガイアがもっている基本的な性質である。
  • 事態が殺伐さつばつとしている状況下で、私たちに何ができるのかといえば、[愛]のエネルギーを注ぎ入れることによって、[傷つき病んだ男性性・男性原理]という[冷え切った対象]に対して、温かいお風呂に入れて、対象の心ゆるませることだと思う。
  • [宇宙の愛の根源]さまという存在がいる。 [傷つき病んだ男性性・男性原理]が展開されている場面に対して、[宇宙の愛の根源]さまに、[愛の光の柱]を降ろしてもらう祈りをおこない、[愛の光の柱]がその対象をおおい尽くしているイメージをする。 [現実のスクリーン]は、ホログラムであり、私たちの【周波数】によって映し出される[現実]が変わってくるので、そういう祈りが大きな力をもつ。
  • そのようなことが、抱き参らせることだと思う。

うお座の時代らしい[傷つき病んだ男性性・男性原理]が競争社会をつくり出し、奴隷たちを競争させることによって支配力を維持する方法は、12月22日以降、急激に実効性を失っていく

この[12月22日というグレートコンジャンクションの日]を以て、うお座の時代が終了し、みずがめ座の時代に入るということになっています。

[闇の勢力]を後ろで指導・監督していた宇宙存在たちは、うお座の時代が終了すると、自分たちの支配力が大きく削がれることを知っており、すでに逃げ去ったようです。

現在の[闇の勢力]は、彼らに操られていた人々であり、すでに後ろ盾を失っています。

トランプ大統領によって[闇の勢力]が崩壊して、めでたしめでたし、という考え方は捨て去ったほうがいいでしょう。

地球全体として、[1つの地球]にまとまってから、本当の上昇アセンションがあるようなので、私たちが[現実]において、【中今定位】を保ちながら議論を交わし、他者との調和をはかっていくことが大切です。

[闇の勢力]が一掃されるのは、それは引っ越し前のゴミ捨てのような小事にすぎません。

本当に大切なのは、私たちが3次元地球で使っていた、[アレは必要ない][コレは必要である]という仕分けだと思います。

それは、地球文明全体でも、[アレは必要ない][コレは必要である]という仕分けが大きなテーマになってくるわけだし、私たち個々人でも、[アレは必要ない][コレは必要である]という仕分けが大きなテーマになってくるのだと思います。

そして、[アレは必要ない][コレは必要である]という仕分けをするときに大切なのは、目指す理想を、どこにえるか? ということでしょう。

まず必要なことは、地球環境の再生です。

つまり[物理次元の地球]=[地球環境]が、完全に[大病を患い、大けがをしている状態]なので、人間が[地表にある人工的な建造物]を短期間で取り除き、とりあえず、地球の皮膚を再生する〔植物と微生物の環境を取り戻す〕ことが大切だと思います。

さらに、海洋汚染も深刻なので、洗濯・風呂の石けん類の廃液その他、海に流している水を徹底的に浄化するシステムをつくることを、大急ぎで進める必要があると思います。

あと、原発から秘密裏に放出されている放射能汚染水が問題であり、事実を早く公表して、食べてはいけない魚介類を発表するなどしたほうがいいと思います。

女性の癒し、それは地球の癒し、地球と人類の未来11

基本的には、自分の【周波数】を上げる日々の浄化をおこない続け、自分の【周波数】を病気にかかることができない水準まで上げることが大切でしょう

それは[愛]をもって抱き参らせるかたちで、丸く収まることを強くイメージすることだと思います。

丸く収まるというのは、たぶん、ホイールバランスを整えるために、カウンターウエイトである鉛シートを自転車ならリム、自動車・バイクならホイールに貼り込んだ結果だと思います。

[傷つき病んだ男性性・男性原理]があれば、[女性性・女性原理]と母性という、[それと反対側にある性質をもつもの][重たい側と180度反対側に鉛シートを貼り込む][色彩でいえば色環の中で180度反対側の色を加えて無彩色にする][ノイズキャンセリングイヤホンでは、周囲の雑音と反対の波形を加えて、波形をキャンセルする]などなどのことを考える。

これがバランスを取るということ、自分が動いて調和をとるということだと思います。

とりあえず、アメリカ大統領選挙は、他国のことであり、意識が外側に向かう原因になるので、私たちは[自分のこと]に集中し直すことが大切でしょう。

淡々と準備するべきことは、食料の備蓄と、自分の備蓄品を他者と交換することによる互除システムの構築だと感じています。

[この世界のシステム]は、いったん崩壊すると私は思います。 そうでないと、4次元地球の新しい文明を立ち上げることができませんので。

どのように崩壊するのか、ソフトランディングなのか、ハードランディングなのか、まだわかりません。 それは私たちの集合意識が決めることでしょう。

いずれにしても、私の[現実]をどのように映し出すか。 そこに全力集中して、世界情勢の変化は、あとで事態が収束してから振り返ればいいのだと思います。