● Table of Contents :

[他者の犠牲の上に立つ幸福追求]を肯定するか、否定するか

[他者を犠牲にしてまでも自分の幸福を追求する精神構造]の段階にいる人が、レイプ、小児性愛を実行する。

[他者の権利を侵害していないか、自己チェックのできる人]は[尊厳が相等〔あいひとしい〕であること][尊厳が恒等〔つねにひとしい〕であること]を体得している人。

[地球環境破壊] [地球環境汚染] [種の絶滅] [資源エネルギーのムダ遣い] といった、ガイアや他の生命体に対してあだなす行為の根源に、依存心がある。

GAFAMなどのBig Tech、中国共産党〔CCP〕なども依存心を根本としている。

私たちが依存心の【周波数帯域】〔frequencyフリークェンスィ bandバンド〕を抜け出せば、それらは消滅するであろう。

愛のエネルギーの多寡による構造の違い|互助グループ

  • [愛に満ちているので創造力が発揮できる]がゆえに[惜しみなく分け与えることができる]
    • [幸福追求のスタイルが自立的]
    • [自己完結的〔内面への集中〕]
    • [自立的な精神的態度]
    • [自立心は強さの表出]
    • [自立的主体による互助社会]=[与え合いの社会]
    • [自立心]こそが[与え合いの循環の一部をなすための必要条件]
    • [満足]+[余剰]からの[放出欲求・譲与欲求]

愛のエネルギーの多寡による構造の違い|共依存グループ

  • [愛が足りないので創造力が発揮できない]がゆえに[奪い取るしか方法がない]
    • [幸福追求のスタイルが依存的]
    • [外部依存的〔外部への意識拡散〕]
    • [依存的な精神的態度]
    • [支配欲=依存心は弱さの表出]
    • [依存的主体による共依存型社会]=[奪い合いの社会]
    • [依存心]こそが[奪い合いの循環の一部をなすための必要条件]
    • [不足]+[渇望]からの[収奪欲求・搾取欲求]