● Table of Contents :

真実を見抜く目が[闇]の動向を見ています

[闇]に対して、けっして攻撃や戦いは仕掛けません。 真実の情報を開示し、愛と慈悲の心で、じっと見つめるだけです。 じっと見つめるだけで、悪神さまは退散すると思います。 真実の情報を開示することが、とても大切です。 逮捕するのは、いつでも逮捕できます。 また逃げ出したら、自白したも同然です。 じっと見つめるだけです。 じっと。

スピリチュアルな視点から見たコロナ

[コロナ]=[武漢ウイルス〔Wuhan Virus 2019:WV2019:新型コロナウイルス〕]は、アメリカの研究所で設計され、それが武漢の研究所に引き継がれ、武漢から世界へ広がった生物兵器とされます。

コロナが生物兵器であろうと何であろうと、集合意識が[この現実]を選択したからには、上昇アセンションにとって必要だから[この現実]が起こっているのだと信頼することが基本になると思います。

コロナをつくったのが[闇]の人間だとしても、それが必ずネガティブな作用だけをもたらすと思ってはなりません。

コロナをつくった側は[闇]とされますけれども、それは役割としての[闇]であり、必要があってコロナをつくったのだと思います。

つまり、[闇]のなすことにも[光]の側面が必ずあり、その[光]にフォーカスしていくと、そのフォーカスした部分がエネルギーを受けて大きくなっていくのです。

[フォーカスの対象を意識的に選択する]という視点を忘れてはならないのだと思います。


[光]があれば、対称性として[闇]が必ず生まれる。 [闇]の向こう側は必ず[光]である。

宇宙から二元性はなくなりません。 そこからして、[コロナ]といいますけれども、[コロナふく]を見落としてはいけないでしょう。

[コロナ]があるのだとしたら、宇宙の対称性から見て、[コロナふく]も必ずあると見立てるのが、科学的な捉え方だと思います。

実際、コロナの流行を通じて、私たちの社会は大きく変革されました。 この変革は、痛みをともなう変革だけれども、中長期的には、私たちを幸福へといざなってくれる変革だと私は確信しています。

禍福かふくあざなえるなわごとし] とも [わざわいてんじてふくす ] ともいいます。

禍福は糾える縄の如し - Google 検索
禍を転じて福となす - Google 検索

物事には[光]と[闇]が両方とも内在していて、フォーカスしたほうが肥大化するだけなのです。

[闇]がなしたことでも、私たちがその中に[光]を見いだし、そこへフォーカスすれば、フォーカスしたほうが肥大化する。 ただ、それだけなのです。

昔の小学校では、体罰は当たり前でした。 それでも子供たちは、明るく元気に登校していました。

昔の子供たちには、人権意識が欠けていて、うすらバカだったから、教師から暴力を受けても傷つかなかったのでしょうか? 

いいえ、昔の子供たちは、[教師が自分のためを思って自分をたしなめてくれているのだ]という【信念体系・観念】+【ジャッジメント】を抱いていたので、教師の暴力からむしろ【ポジティブ感情】が生まれていた面もあったのです。

そこまでして、[私を良い人間に育てようとしてくれている][私のことをそこまで思ってくれている]と、感涙かんるいにむせぶこともあったことでしょう。

つまり、[経験した内容][起こった現実]が問題なのではなく、[経験した内容][起こった現実]を解釈する【信念体系・観念】+【ジャッジメント】の内容が問題なのです。

3次元地球では[他人と過去は変えられない]と言われましたけれども、これは明らかにウソです。 過去を振り返るとき、[いまここの私]が過去をどのように解釈・評価するかによって、過去を書き換えることは可能なのです。

いかなる過去でも、私たちがその中に[光]を見いだし、そこへフォーカスすれば、フォーカスしたほうが肥大化する。 この原則は、どこにでも適用できます。

したがって、過去の記憶に、いかなるトラウマがあり、いかなるインナーチャイルドが存在していたとしても、[いまここの私]が過去をどのように解釈・評価するかによって、過去を書き換えることは可能なのです。

「[インナーチャイルド/トラウマ]を癒やさなければならない」という義務的な観念にとらわれているとしたら、[インナーチャイルド/トラウマ]は、私たちがフォーカスしたことによって活性化し、残り続けることとなるでしょう。

[インナーチャイルド/トラウマ]を許す。 すべてを許して水に流す。

そして、もう過去は振り返らない。 そのように自分が決断し、そのことを強く思念し続けることによって、過去が自分に影響を与えなくなります。

これは抑圧よくあつしたのではなく、自分で[決めた]のです。 決めたら、その通りになります。

「[インナーチャイルド/トラウマ]を癒やさなければならない」という義務的な観念は、もう捨て去ってください。 すべての過去を、ここで荷下ろしして、軽くなって旅立っていきましょう。

「[インナーチャイルド/トラウマ]を癒やさなければならない」という、一種の法則は、うお座時代には当てはまっていたようです。 なぜならば、うお座時代は癒やしの時代だったからです。

風の時代は個性が大事!皆と同じが安心なんてナンセンス!!Originality Is the Key in the Age of Air !【Saarahat/サアラ】

みずがめ座時代において、「[インナーチャイルド/トラウマ]を癒やさなければならない」という、一種の法則は、当てはまらないようです。

みずがめ座時代において大切なことは、どんどん新しいことを取り入れていこうという方向へ自分を向けて、新しさを楽しみ、変わっていく自分の成長を喜ぶ精神であるようです。

つまり、いまだに「[インナーチャイルド/トラウマ]を癒やさなければならない」と主張し、ヒーリングサロンなどをしているスピリチュアリストは、すでに淘汰されかかっているのではないでしょうか? 

私たちは、スピリチュアリストが[上の人][進んでいる人]という、分離の観念を手放して、[自分を生きる]ことに堂々としていい時代なのです。

フォーカスする対象は、スピリチュアリストや大天使やアセンデッドマスターではなく、自分の内側なのです。

これは[自分が経験する現実は私自身の責任なのであるから、最高の現実を投影して自分自身を最高に喜ばせよう]ということなのです。


何が起ころうとも、それを【魂の成長】【意識の進化】につなげようという強い意図を抱き続ければ、必ずそれは[現実のスクリーン]に投影されます。

つまり、これは[誰にでもチャンスがあり、諦めない人が残る]というようなゲームなのです。

【信念体系・観念】+【ジャッジメント】の内容をうまく書き換えれば、あらゆることを【ポジティブ感情】に結びつけることができるわけです。

[すべての出来事は、私の【魂の成長】【意識の進化】のために起こっている]のだということを強く深く信頼して、1ミリたりともブレなければ、[いまこの時間、この場所そのものが極楽浄土になる]わけです。

これが、[わざわいてんじてふくす ]ということなのでしょう。

またそれが、大天使ウリエルさまの[闇を光へと転換する魔法]なのでしょう。

結局、【信念体系・観念】+【ジャッジメント】の内容をうまく書き換えること、うまく編集することが、最も大切なことなのです。

それは、[哲学的な探求]であり、[学習過程]であり、[思考の習慣を変えること]なのだと思います。

それは、見つめることであり、集中し続けることであり、熟考し続けることだと思います。

針の先端を見つめ続けると、その[点]の向こう側に、鳥たちがさえずり、小川のせせらぎが響き渡り、さわやかな春の風が吹き渡る桃源郷が展開される。 そういうイメージです。

結局、[フォーカスの対象を意識的に選択する][自分の自由意思に基づき、フォーカスを意識的に制御し、自分が好んだ側面だけを、自分に都合よく展開させる]という視点を忘れてはならないのだと思います。

[私の現実は常に私が制御できる状態にある]〔My reality is always under my control.〕ということです。


私たちが現在取り組んでいるメニューは、中長期的には【魂の成長】【意識の進化】であり、短期的には【意識の拡大】をいかにして効率よく、効果的に行なうか、というメニューだと思います。

自分の常識・観念を越えた事実が眼前に提示されると、[陰謀論]の一言で片付ける思考停止の状態を選択していたのでは、【意識の拡大】が遅れると思いますよ。

結局、[陰謀論]というワードを、ネガティブにも、ポジティブにも捉え、かつ、使いこなせる自由さ。 この自由さがない人は、【意識の拡大】が遅れているのだと思います。


事実を事実として真正面から受け止めて、自分の【意識の拡大】を強力に推進していこう。 それが上昇アセンションの1つの側面なのだから。

つまり、自分が慣れ親しんだ【信念体系・観念】+【ジャッジメント】を打ち崩し、このコンフォートゾーンを打ち破って、次の扉を開けていく。

この[突き進む感じ]からすると、想定外の事実を[陰謀論]の一言で片付ける思考停止の状態というのは、逃避にすぎないことがわかる。

[陰謀論]ではなく、事実であり、真実である。 その素直な捉え方が【意識の拡大】に直結するのである。

COVID-19はサイトカインストーム症候群である

COVID-19はサイトカインストーム症候群である | 日本医師会 COVID-19有識者会議
ワクチンでコロナは終息するか
パンデミック対策|圧力鍋でつくった野菜スープをオリーブオイルとともに飲んでファイトケミカルを補給し、補中益気湯〔ホチュウエッキトウ〕、麻黄湯〔マオウトウ〕、古伝のむ澁 玉の澁〔300ml〕【大阪西川】を飲む · ゆきんこの勉強法 | 自修人

[コロナがサイトカインストーム症候群である]としたら、コロナがもたらす[サイトカインストーム]を抑制してしまえば、コロナは克服できるのです。

  • コロナに対しては、漢方でいえば、[サイトカインストーム]の抑制にかんして補中益気湯〔ホチュウエッキトウ〕が有効です。
  • コロナに対しては、漢方でいえば、抗ウイルス作用をもつ麻黄湯〔マオウトウ〕が有効です。
  • コロナに対しては、西洋薬でいえば、アビガンなどインフルエンザ対策薬が有効です。 コロナ感染がわかった初期の段階で、アビガンを処方してサクッと飲んでもらえば、患者は重症化することなく、コロナは終息へと向かう可能性がきわめて高いわけです。

コロナのパンデミックに乗じて国家予算をPfizerファイザーBioNTechバイオンテックに流す計画が最初からあった

ところが、富士フイルム富山化学は、既得権益層の利権構造には含まれていないらしい。 つまりアビガンに効力を発揮されてしまっては、コロナのパンデミックに乗じて国家予算をPfizerファイザーBioNTechバイオンテックに流す計画が頓挫とんざする。

アビガン、新型コロナへの適応拡大見送り - Google 検索

それに関連してかどうかは不明だけれども、アビガンはけっこう効くと評判なのに、厚労省はアビガンにかんする[新型コロナへの適応拡大]を見送ったようです。

DS・政府・厚労省としては、患者がアビガンで簡単に治ってもらっては面白くない、あるいは、どうしても困るらしい。

政府・厚労省がDS・既得権益層の利権のために動いていることがわかります。 国民の健康・生命をおもちゃにして、利権遊びをしているのですね。

アビガンの適応見送り後、富士フイルムに「説明・助言」  政府答弁書

引用元: アビガンの適応見送り後、富士フイルムに「説明・助言」  政府答弁書 | 日刊薬業 - 医薬品産業の総合情報サイト

自己都合で統計を改ざんする政府・厚労省

[コロナ]=[武漢ウイルス〔Wuhan Virus 2019:WV2019:新型コロナウイルス〕]は、アメリカの研究所で設計され、それが武漢の研究所に引き継がれ、武漢から世界へ広がった生物兵器とされます。

武漢の研究所から広がる前の段階で、ポジティブなE・Tがコロナの遺伝子を操作して、当初の設計よりもコロナは弱毒化されているらしいので、感染拡大の当初から、コロナはそこまで危険とはいえないウイルスであったようです。

ポジティブなE・Tの遺伝子操作によって、感染拡大の当初から、そこまで危険とはいえないウイルスであったコロナだけれども、大きく感染拡大したコロナは、十二分に弱毒化していることが考えられます。

コロナが十二分に弱毒化していると見なされる現段階では、コロナはインフルエンザ並みの取り扱いで十分だと考えられます。

ところが、危機を煽らないと、私たちがワクチンを打ってくれない。 DS・政府・厚労省としては、私たちがワクチンを打ってくれないと面白くない、あるいは、どうしても困るらしい。

特番 シリーズ新型コロナ対策を抜本転換せよ!『決定版、井上正康先生に訊く!わかってきた新型コロナの真実 その2 間違いだらけのコロナ対策』ゲスト:大阪市立大学名誉教授 井上正康氏
参考資料①(事務連絡)新型コロナウイルス感染症患者の急変及び死亡時の連絡について - 000641630.pdf
新型コロナウイルス感染症患者の急変及び死亡時の連絡について - Google 検索

このため、危機を演出するために、DS・政府・厚労省は、統計を改ざんしました。 具体的には、[あらゆる死亡者について、その直前にPCR検査をして、陽性ならコロナで死んだことにする]などといった[死亡原因の付け替え]が横行しており、コロナの統計は操作・改ざんされています。 具体的には、[コロナをインフルと同じ5類感染症に分類せず、2類感染症に分類する]ことによって、[死亡原因をコロナで上書きする]ことが可能なのです。 実際、昨年度と比較して、コロナ以外の死亡原因が不自然に減少していますよ。

2類感染症という項目を設けている仕組みそのものが、統計の操作・改ざんを当初からもくろんでいたようにも見えます。

「[コロナ祭り]を燃え上がらせたい」DS・政府・厚労省は、統計を改ざんしました。 それと同時に、マスコミを使って、[パンデミックが起こっている]かのようなウソを流しました。

DS・政府・厚労省、マスコミがグルであることを私たちに知らしめるために、こういう芝居をしてくれていたのですね。 ありがとう! 

マスコミは、[感染症の感染拡大]にばかりフォーカスし、[不安・恐怖]をあおっているのですけれども、それは[不安・恐怖]の【周波数】が[闇の勢力]のエネルギー源になっているからです。 実際には、[感染拡大]し[弱毒化]したコロナは、インフルエンザと同等または、それ未満のパワーしかもたないようです。

[感染拡大]が[弱毒化]を意味すると知っていれば、必要以上に[不安・恐怖]が湧き出ることもないでしょう。 私たちが無知、勉強不足であれば、マスコミのクソ誘導に乗せられてしまうのだということです。 ひとつ勉強になりましたね。

新型コロナワクチン接種後の副作用 損害を国が肩代わりへ - Google 検索

  1. 2020年の夏に[新型コロナワクチン接種後の副作用の損害を国が肩代わりする法律]を国会で通していることから、ワクチン開発に成功する前の段階から、[PfizerファイザーBioNTechバイオンテックへの利益供与と彼らの免責]というラインが既定路線だったということがわかります。 それは結局、[PfizerファイザーBioNTechバイオンテックは、ワクチンの危険性を事前に知っていながら、その危険なワクチンを販売した]ということで、未必の故意による殺人が疑われるところです。 どうやって法理を組み立てて逮捕するのかは、彼らを逮捕する人たちとそのバックにいる法曹にお任せするけれども、とにかく[PfizerファイザーBioNTechバイオンテック]は殺人犯に近い存在なのだと思います。
  2. 日本の政府・厚労省・医師会・製薬会社の日本法人などが、すべてグルになって、そういう不正に手を染めている感じがします。 もちろん、それは[陰謀論]で片付けられてしまう、私だけの妄想かもしれません。 しかし、自分の妄想だから、私の自由でしょ?  私の自由を侵害する権利は、あなたにはないでしょ?  私は私の宇宙を、私の妄想に基づいて設計し、勝手に体験しているだけなんだから、それは私の勝手でしょ?  みずがめ座の時代は、そういう時代らしいよ。 だから私は、自分の妄想に基づいて、ワクチンは絶対に打ちません。
  3. インフル、SaaS、コロナなどは、DSのウイルス研究所で設計されている感じがします。 そして、いつもパンデミックを発生させようとして、飛行機からケムトレールとして散布したり、食品に仕込んだり、たぶんやってそうな感じだよね?  もちろん、それは[陰謀論]で片付けられてしまう、私だけの妄想かもしれません。 しかし、自分の妄想だから、私の自由でしょ? 
  4. 管政権、日本の政府が、本気でコロナを完全に制圧する計画だったのであれば、GO TO~を強行したことの説明がつきません。 GO TO~は、[五輪利権マター][二階マター]であり、コロナとは別の利権であるようです。 [ワクチン利権としてはコロナ祭りを燃え上がらせたい]と[二階五輪利権としてはコロナ祭りを終息させ五輪開催へとこぎ着けたい]いったように、利権同士が二律背反でぶつかり合っているのです。
  5. 管政権は、[コロナ祭り]を燃え上がらせすぎると、五輪が中止になり、電通が倒産する可能性が高いことに気がついたようです。 このため管政権は、年始から、コロナの検査を積極的には行なわない姿勢へと豹変ひょうへんし、[コロナが終息したように見せかけるための終息祭り]を開始したように見えます。 管政権は、[GO TO~を実施しておきながら、直後にコロナ祭りを燃え上がらせ、五輪が中止になりそうだと見るやいなや、コロナが終息したように見せかけるための終息祭りを開始する]という、[エンジン噴射]と[エンジン逆噴射]を短期間のうちに交互に繰り返す結果になりました。

ロバート・キヨサキ「スモークスクリーン」 2021年2月2日

感染症の一般的な性質|[感染症の感染拡大]と[ウイルスや細菌の弱毒化]は同時に発生する|感染拡大で危機を煽るマスコミは基本的な学力が低い

ウイルスや細菌は、種の保存本能に基づき、みずからを弱毒化して宿主しゅくしゅ〔感染者〕を歩き回らせる必要があります。

ウイルスや細菌が子孫繁栄を願う以上、ウイルスや細菌は、[感染拡大をもくろんで、みずからを弱毒化する]という戦略をとります。

これを一般化すると、[感染症の感染拡大]と[ウイルスや細菌の弱毒化]は、同時に発生するのです。

マスコミは感染拡大で危機をあおってきたマスコミですけれども、マスコミの人たちは、基本的な学力が低いのだと思います。

感染拡大は弱毒化とセットなので、感染拡大は1つの安心材料なのです。

ただし気をつけるべき点は、[過労/過剰なストレスなどで心身が弱り、免疫力が低下している人][すでに何らかの病気を抱えていて免疫力が低下している人][高齢者など免疫力が低下している人]にかんしては、弱毒化したコロナといえども、安心はできない、という点です。

しかし、不要不急の外出を避けて、[圧力鍋でつくった野菜スープをオリーブオイルとともに飲んでファイトケミカルを補給し、補中益気湯〔ホチュウエッキトウ〕、麻黄湯〔マオウトウ〕、古伝のむ澁 玉の澁〔300ml〕【大阪西川】を飲む]という実践をしておけば、たぶん大丈夫です。

パンデミック対策|圧力鍋でつくった野菜スープをオリーブオイルとともに飲んでファイトケミカルを補給し、補中益気湯〔ホチュウエッキトウ〕、麻黄湯〔マオウトウ〕、古伝のむ澁 玉の澁〔300ml〕【大阪西川】を飲む · ゆきんこの勉強法 | 自修人

[ワクチンを打てば抗体ができて免疫力が上がるから、感染拡大を防止することができる]というのは医学的に本当なのか?|じつにウソっぽい感じがするよ

ワクチンの趣旨は、[ワクチンを打てば抗体ができて免疫力が上がるから、感染拡大を防止することができる]という点にあります。

  • しかし[ワクチンを打てば抗体ができて免疫力が上がる]ということが、科学的に証明されているのでしょうか? 
  • また[ワクチンを打てば抗体ができて免疫力が上がる]ということが、個体差を超えて通用するだけの一般性を有することが、統計的に証明されているのでしょうか? 
  • 実際には、コロナのワクチンで死亡した人も出ています。
  • [コロナのワクチンによる死亡者]が出ている以上、[個体差を超えて通用するだけの一般性を有することに重大な疑義がある]といえるでしょう。
  • 例えば、[ワクチンが体質に合わない人]が、どのような体質をもっているのか、しっかりと研究を行ない、[ワクチンが体質に合わない人]が事前にわかった状態でワクチンを接種しなければ、[死亡する]という最悪の結果が待っているだけです。
  • ワクチンを接種させたい人たちは、バカなのか? バカというより、悪魔なのか? 
  • そもそも、ウイルスは短期間で大きく変異します。 ワクチンの開発には、数か月から1年ぐらいかかるようです。
  • そうやって数か月後、1年後にワクチンの開発が完了した時点では、すでにウイルスの型が変化しており、[その時点で流行しているウイルスの型]と[ワクチンが想定している型]とが合致・適合しないことが大いに考えられます。
  • ワクチン多くの人々に接種させ、ウイルスの感染拡大を防止しようというのは、[機敏に動く標的を、固定された砲台から射撃するような感じのこと]なのです。 [的中するわけがない]というのが、自然な考えなのです。 ウイルスの変異に、いかに早急に対応したとしても、ワクチン開発は、必ずウイルスの変異の後手に回るのです。 これは、[必ず後手に回って、勝てるわけがない勝負なのだ]という基本認識が大切なのです。 ワクチンを打つ医師も、打たれる国民も、ワクチンを信じている人は両方とも、科学的でない頭の悪い人たちなのだと思います。
  • マスコミを通じて[コロナ祭り]を燃え上がらせれば、世論が盛り上がり、国民がおとなしくPfizerファイザーBioNTechバイオンテックのワクチンを打つとでも思っているのでしょうか?  地球人は2020年の後半から、急激に真実への目覚めを開始し、現在の地球人は、以前よりもずっと[気づき]への感度が高まってきています。 しかも、2020年末からのトランプ前大統領の騒動で、マスコミのインチキ、選挙制度のインチキがあらわになり、[気づき]への感度が年末から年始、そして現在にかけて、グンと高まったのです。 以前は[陰謀論]として小馬鹿にされてきたようなことが、事実であったことを、私たちは急激に知り、それを信じることができる段階まで、目覚めが進行してきています。 つまり、2021-02-04の段階で[ワクチンを打たなければ大変だ]と本気で思っている人は、目覚めの段階が遅れているように私は思います。
  • ウイルスが短期間で大きく変異する以上、ワクチンで一儲けしようという黒いビジネスモデルは、大本となる想定からして根本的に間違っており、そもそも無理筋なのですね。
  • 他の方法と比較して、[ワクチンを打てば抗体ができて免疫力が上がる]というメカニズムを利用することに、顕著な優位性があるかどうかを、統計的に証明して見せる必要がある。
  • 例えば、不要不急の外出を避けて、[圧力鍋でつくった野菜スープをオリーブオイルとともに飲んでファイトケミカルを補給し、補中益気湯〔ホチュウエッキトウ〕、麻黄湯〔マオウトウ〕、古伝のむ澁 玉の澁〔300ml〕【大阪西川】を飲む]という実践をする。 このグループと、[ワクチンを打てば抗体ができて免疫力が上がる]という方式を利用したグループとを比較した実験結果が出ているのでしょうか? 
  • [ワクチンを打てば抗体ができて免疫力が上がる]という方式に、その卓越した有効性が広く認められていない以上、そんなバカな方式を採用する人は、ほぼいないと思います。
  • なぜならば、ワクチンには、水銀系保存剤という猛毒が入っており、これが私たちの免疫を弱め、神経系に悪い影響を与えます。 またワクチンには、水銀系保存剤以外にも、私たちの身体や精神に悪影響を与える毒物が仕込まれています。 ワクチンの真の狙いは、私たちの健康を損なうこと、そして何よりも、上昇アセンションを阻止することだと思います。 というのも、上昇アセンションは、私たちのDNAの変化と浅からぬ関係があるからです。
  • 2021-02-07現在、すでに[感染症の感染拡大]と[ウイルスや細菌の弱毒化]がかなり進行しており、[コロナで死ぬ確率]と[ワクチンで死ぬ確率]とを冷静に比較衡量して、[ワクチンで死ぬ確率]のほうが高ければ打たないのが[正解]というように、ゆっくり冷静に判断しても差し支えない段階に入っている。

ワクチンの趣旨は、[ワクチンを打てば抗体ができて免疫力が上がるから、感染拡大を防止することができる]という点にあります。 感染拡大があらかた終わったいま頃になってワクチン接種を国民に強要するというのは筋が通りません。

免疫力が上がる野菜スープを飲んで、必要に応じて補中益気湯を飲んで元気さを保っていれば、そこまで心配することはありません。

例のワクチンを患者さんにうつなんてできない、と数人の医師から連絡をもらった。
既に死亡例が報告されていて、自分が打った例のワクチンで患者さんが亡くなったりしたら、医者は絶対に病む。
私は8月の時点で上司に、絶対打たないし人にも打ちませんので、と伝えてある

引用元: toko@耳鼻科漢方さんはTwitterを使っています 「例のワクチンを患者さんにうつなんてできない、と数人の医師から連絡をもらった。 既に死亡例が報告されていて、自分が打った例のワクチンで患者さんが亡くなったりしたら、医者は絶対に病む。 私は8月の時点で上司に、絶対打たないし人にも打ちませんので、と伝えてある」 / Twitter