● Table of Contents :

[ネガティブもポジティブも、私に内在する要素である]

[自分に無理を強いてワクワクを追い求める][自分をいつわってポジティブに振る舞う][ネガティブな【周波数】を忌み嫌って転がす]という姿勢そのものが[中立ではない]ので、それを繰り返しているかぎり、[中立の位置]から[上]へ出ることは無理だと、私は現在のところ思っています。

いや、「ありがとう」と感謝で手放しているのだから、あなたは勘違いしている」とおっしゃりたいのでしょうか? 

大切なことは、嫌っていようが、感謝していようが、ある【周波数】にかんして、[自分の【周波数】ではない]のだと位置づけて、[ネガティブな【周波数】を外部に向けて転がす]という点です。

[【魂の成長】【意識の進化】というゲーム]とは、「[これもまた、ほかならぬ自分自身であったのだと認識できる範囲]を拡張していくゲーム」なのだと思います。

[ああ、これもまた私自身であった]といったように、[私自身だという点][私自身だという領域]を増やせば増やすほど、ポイントが高いのだと思います。

【統合】と呼ばれる、[【周波数】を外していく儀式]を繰り返していくごとに、[これは自分の【周波数】ではない]という[点]や[領域]を増大させていく印象があります。

[私自身ではないという点][私自身ではないという領域]が増え続けていくことを通じて、[自己だと認識できる範囲を拡張するゲーム]において、ポイントがどんどん減っていく感じがします。

この認識で合っていますか? 

【統合】と呼ばれる、[【周波数】を外していく儀式]を繰り返していくごとに、[これもまた、ほかならぬ自分自身であったのだと認識できる範囲]が、どんどん狭まっていき、[【魂の成長】【意識の進化】というゲーム]においては、負ける感じがします。

この認識で合っていますか? 

つまり、そのやり方では、いつまでたっても、意識が拡大しないので、宇宙の根源に戻ることが難しくなるような気がします。

この認識で合っていますか? 


[【周波数】を外して捨て去るための外部領域]を想定しているということは、[宇宙と自分が【統合】されていない]のだと認識していることを意味すると思う。

[私が宇宙と同じ1つのもの]なのであれば、[【周波数】を外して捨て去るための外部領域]は想定できない。

例えば、[放射能汚染物質を海に捨てればいいじゃん]と考えている人たちがいるとするよ。 [海も地球の内側]なのだから、[海は私たちの内側]そのものだよね?  海に捨てたって、魚を食べれば自分に返ってくるわけだし、そもそも、魚など海の生き物たちが苦しむじゃんよ?  どうすんのよ?  [海を外側=外部]と認識している時点で、その人の意識がカバーしている領域が、どんだけ狭いんだよ、ってことになる。

まったく同様に、[【周波数】を外して捨て去るための外部領域]を想定している、ということは、自分の外部にある宇宙を想定している、ということになる。 これは[宇宙と自分が【統合】されていない][宇宙と自分が【分離】している]のだと認識していることを意味すると思う。


私が現在のところ信じている内容としては、私が完全無欠で不増不減である[くう]の分け御霊みたまなのだとしたら、[いくら転がしても、すべてが私なので、外すことは原理的にできない]というものです。

すべてはあなた自身なのだから、[闇]も[けがれ]も、あなた自身なのだと理解して、そのまま受け容れなさい。 これが[くう]からのメッセージだと思います。

ですので、例えば、FRBなどを主催してきたDS、中国共産党〔CCP〕、売電などを[排斥することによって世界が平和になる]と考えているのだとしたら、逆でしょう。

[闇]も[けがれ]も、あなた自身として受け容れなさい。 悪党というのは、私たち自身の[闇][けがれ]の投影ですので、私たちそのものなのです。

悪党というのは、抱き参らせるのが本筋であり、それでも改心しないのであれば、仕方がないので処置する。 その背景には、[愛]と[慈悲]があるのです。

何と言ったらいいのか、例えば、身内に殺人を犯した人が出たとします。 それでも、その身内を見捨てず、改心することを信じて、その身内を受け容れて抱きしめる。 それが[許し]と[愛]であり、その[殺人を犯した身内]を両手を広げて歓待するような気持ちで、FRBなどを主催してきたDS、中国共産党〔CCP〕、売電などを捉える必要があるのです。

ゴロゴロ転がして[【統合】する]とは、身内に殺人を犯した人が出たとき、その人を[排斥する]、あるいは、[罪・悪事]を[排斥する]ような考え方をするのと、同じ思想なのだと思うわけです。

ゴロゴロ転がして[【統合】する]とは、例えば、ガンになったとき、あるいは、身体障害を得たとき、自分の運命や自分の人生を嘆き悲しむ、あるいは、呪うような感じのことに思えるのです。

ゴロゴロ転がして[【統合】する]という行為の中に、[あるがままを受容しない思想]が流れているような気がするわけです。

【宇宙にムダなものは1つもない】のだとしたら、[身内の殺人者][ガン][身体障害]などは、【魂の成長】【意識の進化】への扉として捉える以外にない、というふうに結論づけるしかありません。

私だったら、次のように考えます。 [その事態を受容することが必要であり、【抵抗のエネルギー】を加えると、その事態が激しくなるであろうと予想できる] [その事態を経験することで、どういう気づき・学びを得て【成長・進化】していくことが求められているのかを考えることを求められているのだろう? と考える] [自分の中にあるどのような【信念体系・観念】+【ジャッジメント】がこの事態から刺激を受けて反応しているのだろう? と考える]など。

もちろん、対処する態度としては、殲滅するときには徹底しますけれども、それは[排斥する]ことが目的ではなく、改心しないのであれば、最終手段としてあやめるだけなのです。

だからトランプは、司法取引でも何でもして、改心させるチャンスを豊富に与えていますよ。 それが慈悲の道だからです。

とにかく、[許し]と[愛]で現在の事態を受け止める必要があるのです。

私たちの上昇アセンションは、「[ポジティブな世界]と[ネガティブな世界]の両方を俯瞰して、自由自在に選ぶことができる状態」を獲得することを、各【周波数帯域】で繰り返していくことではないかと思うようになりました。

針の目を通過している間に、[ポジティブが正しい][ネガティブは誤りである]から[ポジティブにならなければいけない]という義務感や焦燥感の中に身を置き、[がん細胞を切除する]かのようにして[闇]を排除するイメージで生きていくと、「[許し]と[愛]に満ちあふれた世界」」から遠ざかるのでしょうね。


「[ポジティブな世界]と[ネガティブな世界]を両極にもつ数直線の中央であるゼロの位置」=[中立の位置]を見つけてください。 この[中立の位置]からしか[上]へ出るルートはないと思います。

例えば、習近平が[光]の一味なのか、[闇]の一味なのか、ということがわからなくなりますよね?  それは、習近平を[闇]と見る偏見があったりするからです。 習近平を[光]とも[闇]とも捉えない、中立のところを見つけてください。 そこから、全体を俯瞰して見るようにしてみてください。

そうすると、トランプとプーチンと習近平が協力し合って中国共産党〔CCP〕を倒しつつある、というストーリーが見えてくる場合もあるでしょう。

トランプにも売電にも肩入れせず、中立のところを見つけてください。 そこから屋上に出て、全体を眺め渡すような感じです。

すべての【信念体系・観念】+【ジャッジメント】を取り去った中立な見方をして、その中立な見方の視点を上に上に上げていけば、より広い範囲が見えてくると思います。 俯瞰視点の高度が高ければ高いほど、広い範囲が見えます。 俯瞰視点を得るためには、中点を求めて天井を見ると上に出るルートがあるから、そこから上へ抜ける必要があります。 [中立の位置]を取り戻して[上]へ上がると、「[ポジティブな世界]と[ネガティブな世界]の両方を俯瞰して、自由自在に選ぶことができる状態」を獲得することができます。

  • [ネガティブ]と[ポジティブ]というふうに【分離】しているから苦しいのであって、[ネガティブ]も[ポジティブ]もない。
  • [ネガティブ]と[ポジティブ]という【ジャッジメント】とその原因になっている【信念体系・観念】を、それこそ【統合】しなければならない。
  • 【統合】とは和解である。和解は、受け容れて許すことを基本とする。和解とは、[conflictコンフリクト闘争とうそう衝突しょうとつ〕の解消]である。
  • [ネガティブ]を排斥することは【統合】ではない。そこには和解がない。
  • [ネガティブさ]と和解せよ。[闇]と和解せよ。[神]と和解せよ。
  • [ネガティブ]と[ポジティブ]の差がないのに気づくことが[差取り]=[悟り]。
  • [ネガティブ]と[ポジティブ]が相等であるのに気づくことが[合い]=[愛]。
  • [ポジティブが正しい][ネガティブは誤りである]から[ポジティブにならなければいけない]という義務感や焦燥感が発生するのだとしたら、それは姿勢としては[中立ではない]。

例えば、[アトランティスが正義]か、[レムリアが正義]か、という捉え方では、[正しさ]をめぐっての無限ループになるわけです。

私が[上]から導かれていると感じている方向は、[自分のネガティブ要素はもちろんのこと、他者のネガティブ要素をも受け容れる]という[許し]の方向であり、そちらが[愛]の方向だと信じています。

それこそ、エプスタイン島や豊島で幼児の屍肉をむさぼった連中も、売電親子も、森も、二階も、中国共産党〔CCP〕も、蓮舫も、瑞穂も、許して抱きしめて温めてあげたい。 そのような心境が[愛]に近いのではないかと思います。

沢田研二/追憶 (1974年) 視聴No.20

[ワクワク]はドーパミンの興奮状態|ゾーンに入ったときの[明鏡止水]はエンドルフィンの静かなる喜びの状態

ドーパミン中毒を脱却し、エンドルフィンを出す練習をしましょう。

私の直感が[やせ我慢をしたワクワクの追求][エセポジティブ]を打ち破る時期が来たと言っている

[エセポジティブ]のどこが問題なのかというと、[ネガティブを嫌う]かつ[ポジティブを好む]という[分離]つまり[二元論の内部]の話になるからです。

宇宙は私たちの意識の投影ですので、宇宙は人間心理の投影であると言い換えることができると思います。

宇宙は電磁気的なフィールドであり、ここでは、電磁気的な反応が発生します。

ポジティブを強く意識すると、そのバックグラウンドで、ネガティブが強く意識されます。

これは例えば、撮影時の照明のことを考えてみてください。 LEDの強烈なライトを一方からだけ当てると、ものすごくカゲが出てしまいます。

[光]が強いと[闇]も強まるのです。

このことを一般化して、[反対極性の強化則]=[polarityポラリティの法則]=[lawロー ofオヴ polarityポラリティ]と呼ぶことにします。

実際、[緊張するまい]と思うと、むしろ逆に緊張するでしょ? 

[ゾーンに入る]という状態は、[緊張・弛緩]という二項対立〔デュアリティ〕の世界から一歩引いて、自分を客観的に見る[俯瞰視点]に意識を移すことによって、得やすくなるのだと思います。

[やせ我慢をしたワクワクの追求][エセポジティブ]が、精神に悪影響を与えて、むしろ目標から遠ざかることがわかりますか? 

[ワクワクしなければ][ポジティブにならなければ]というように、自分を追い詰めることになるので、[反対極性の強化則]が強く働く結果となる。 そうすると、むしろ逆に[沈鬱になる][ネガティブになる]という結末になるわけです。

[やせ我慢をしたワクワクの追求][エセポジティブ]をやっていると、[自分の現状をあるがまま受け容れる]という最も大切な部分が破壊されるので、突き抜けられなくなるわけですね。

[自分の現状をあるがまま受け容れる]という最も大切な部分こそが、[愛を根本として生きる]ことの基本原理なのですよ。 そこを壊すのが、[やせ我慢をしたワクワクの追求][エセポジティブ]なのです。

カギは[ドーパミン中毒を脱却し、エンドルフィンを出す練習をする]という点にあるのだと思います。 つまり、たこ入道のおやじさんが言う[エクサイトメント]=[ドーパミン]というのは、残念ながら、悟りに通じる[エンドルフィン]とは別の物質なのです。

脳内に[ドーパミン]ではなく[エンドルフィン]を分泌するトレーニングを積むこと。 これがメンタルトレーニングの1つの柱なのだと思いますよ。

このことに気づいたので、私の場合、ワクワク系の方法論は、すべて捨てました。 [やせ我慢をしたワクワクの追求][エセポジティブ]が、大きなリミッターになることが見えてきたからです。 しかし、彼らには彼らの真実があるので、それは見守っていましょう。

私には私の真実があるのです。

  • ワクワク系の方法論は、ある種の宗教です。
  • ワクワク系の方法論は、[ワクワクであらねばならない][ポジティブであらねばならない]という宗教戒律をもつ宗教なのです。
  • したがって、[ワクワクでない状態]を【ジャッジ】し、自分を責めます。罪悪感を感じます。
  • したがって、[ポジティブでない状態]を【ジャッジ】し、自分を責めます。罪悪感を感じます。
  • 実際には、[ワクワクできない自分][ネガティブな自分]を受容し、[それでもいいんだよ]と許すことが、愛に近づく方向なのです。
  • ワクワク系の方法論で[無理やりのワクワク][無理やりのポジティブ]を目指して進もうとすると、受容・許し・愛から遠のく仕組みになっていることに気づいてください。
  • また実際には、[ワクワクでない状態][ポジティブでない状態]から中立に戻るだけでいいのです。
  • [ワクワクでない状態][ポジティブでない状態]から、点対称・線対称である[ワクワクな状態][ポジティブな状態]まで行く必要は、毛頭ありません。
  • つまり、[中立に戻るだけでいい]のに、行程を2倍に見積もってしまうわけです。
  • 目標が遠いとやる気がなくなり、自分を【ジャッジ】し、罪悪感・無価値感・無力感にさいなまれます。
  • 私が思うに、[光]と[闇]のコントラストの世界は、水飴の中を進むようなものなのです。
  • 無理して進むと、ものすごい負荷がかかって、疲れてしまうのです。
  • ゆっくり納得しながら進みましょう。 そうすると、揺り戻しの少ない、安定した結果が得やすいように思います。
  • 地球の低い【周波数】をゴロゴロ転がして、地球の低い【周波数】を外す?  できるわけないじゃん。 だって私たちは完全無欠で、まったく欠けたところのない状態なんだぜ。
  • 最初から完全無欠であり、不増不減であるのだから、外したら不完全になっちまうぜ。
  • ワクワク系の【統合】って、[闇][ダークサイド]を【ジャッジ】して、[自分のものではない]と言って、分離・分断して排斥するわけでしょ? だって、黒い鉄球としてゴロゴロ転がすじゃん。それは自分にたぶんウソをつくことだよ。
  • なぜならば、誰にだって[闇][ダークサイド]はあるのだから。
  • [闇][ダークサイド]をもたない主体は、この宇宙には存在しません、きっと。
  • [闇][ダークサイド]が自分に内在することを受容する。これが【統合】だと思います。
  • 大天使でも、創造主でも、必ず[闇][ダークサイド]を抱えていて、[闇]と[光]のバランスが違うだけなんだよ。
  • 【統合】をするときの[映像化〔visualizationヴィジュアライゼイション〕の方法]が、まるで[がん細胞を切除する]かのような[異物を排斥する映像化〔visualizationヴィジュアライゼイション〕の方法]である。 これは【統合】とは真逆の【分離】にほかならない。
  • [異物を排斥する【分離】の映像化〔visualizationヴィジュアライゼイション〕の方法]は、[闇を抑圧よくあつし、封印するようなやり方]なので、真実から大きく離れているんだよ、きっと。
  • 悪気はなくても、ひとさまに間違った案内をして、ひとさまを遭難させることがある。 それが山の厳しさ、海や川の厳しさ、自然の厳しさなのだと思う。
  • スピリチュアルな案内は、そういう自然の厳しさに似ている部分をもっているということを、この頃、痛感する。
  • 例えば、殺人を犯した人を、誰もが忌み嫌い、差別して暮らす村があったとします。 その村は[ポジティブ村]と呼ばれています。
  • [ポジティブ村]では、少しのネガティブも許さない構えのピリピリした人たちが、村の中心をなしています。 [ポジティブ村]は密告社会で、ネガティブなことを少しでも見つけると、【ジャッジ】して皆で情報を共有し、特定の人を責め立てます。 村人の大半が[ポジティブ警察]なのです。 いま世の中に[マスク警察][自粛警察]が蔓延していますよね? 
  • [ポジティブ村]は、[愛]に満ちている村でしょうか? 
  • [ポジティブ]を徹底すれば[愛]の世界が実現するのでしょうか? 
  • [ポジティブ]とは、自分の中の[ネガティブ]を[自分のものではない]ものとして切り離し、ゴロゴロと転がして捨て去る態度なのでしょうか? 
  • [ポジティブ]とは、[ネガティブさ]を排斥することなのでしょうか? 
  • [ポジティブ警察]がうろついている[ポジティブ村]では、[罪を犯した人]は、二度と立ち上がれません。 そこが[許し]と[愛]に満ちている村だといえるでしょうか? 
  • 他方、[許し]と[愛]の国では、罪人を皆で癒やし、罪人を許すことでしょう。 私は[ポジティブ村]ではなく、[許し]と[愛]の国を選びます。
  • どうして鶴と亀を統べる必要があるのでしょうか? 
  • どうして[排斥する]のではなく[抱き参らせる]必要があるのでしょうか? 
  • [がん細胞を切除する]かのようにして[闇]を排除するイメージで生きていくと、それが「[許し]と[愛]に満ちあふれた世界」になるのでしょうか? 
  • ポジティブな列車に乗って、どうか[ポジティブ村]を目指してください。
  • [ポジティブ村]が[天国]か[地獄]かは、あなたご自身が判断なさってください。
  • 私としては、[ポジティブ村]には[許し]と[愛]などないと思いますけどね。 でもそれは、私の現在の見解にすぎません。 見解は変化しますし、[ポジティブ村]には[許し]と[愛]などないという見方は、ねじれているのかもしれません。
  • [宇宙は完全である][自分は完全である]というところからすると、[宇宙は不完全である][自分は不完全である]という幻想を払拭し、目の曇りを取ることが、【統合】そのものであるような気がします。
  • [がん細胞を切除する]かのようにして[闇]を排除するイメージで生きていくことが、[宇宙は不完全である][自分は不完全である]という幻想に基づいて生きていくことそのものであるような気がします。

私たちが目指すのは、日常生活の中でゾーンに入ることです。 トップアスリートたちが、大きな大会において、実力を存分に発揮するメンタルづくりをしています。 彼らから学ぶべき点が、大いにあると感じています。

吉田沙保里に学ぶ!超集中状態"ゾーン"に入る方法
【常時募集】タニラダーパーソナル【マンツーマンでスピードアップを徹底サポート】
“ゾーンの入り口"フローに入るための4ツール
本田圭佑も陥っている!?ポジティブ思考の落とし穴
入ろうとするほど遠のくゾーンの秘密とは!?

心をフロー化させる - Google 検索