予防原則〔Precautionary Principle〕とは、化学物質や遺伝子組換えなどの新技術などに対して、生命体の健康・生命、環境に重大かつ不可逆的な影響を及ぼす仮説上の恐れがある場合、科学的に因果関係が十分には証明されない段階でも、規制措置を可能にする制度や考え方のこと

予防原則〔Precautionary Principle〕とは、環境問題の用語で、化学物質や遺伝子組換えなどの新技術などに対して、生命体の健康・生命、環境に重大かつ不可逆的な影響を及ぼす仮説上の恐れがある場合、科学的に因果関係が十分には証明されない段階でも、規制措置を可能にする制度や考え方のことである。

以下の用語は同じ内容を指し示している。

  • 予防原則〔Precautionary Principle〕
  • 予防措置原則〔Precautionary Measures Principle〕
  • 予防措置 〔Precautionary Measures〕
  • 予防的アプローチ 〔Precautionary Approach〕

新しい技術についてはそのリスクが必ず伴う。 したがって、基本的には、予防原則に基づいて、ヤバそうなものは、いちおうストップをかけるのが原則である。

インフルエンザウイルスは、感染した細胞内で遺伝子を複製し、増殖・放出することで他の細胞に感染を拡大します。現在、治療に用いられている ノイラミニダーゼ阻害剤は、その放出を阻害して感染の拡大を防ぐものですが、「アビガン」は、ウイルスの細胞内での遺伝子複製を阻害することで増殖を防ぐという新しいメカニズムを有する薬剤(RNAポリメラーゼ阻害剤)です。本剤のこのような特徴から、鳥インフルエンザウイルスA(H5N1)及びA(H7N9)等に対する 抗ウイルス作用が期待されており、実験動物レベルでは既に効果が確認されています。

引用元: 抗インフルエンザウイルス薬「アビガン®錠200mg」の日本国内での製造販売承認取得のお知らせ : 報道関係者向けのニュースリリース | 富士フイルム富山化学株式会社


厚生労働省は[アビガン〔ファビピラビル〕には副反応がある]とか[有効性を明確に判断できない]とか口実をつくっては、アビガン〔ファビピラビル〕を新型コロナウイルス治療薬を対策に使う承認をなかなか出さない。

感染症ムラの村人たちは、新型コロナウイルスワクチンの会社からおカネをいっぱいもらうらしく、新型コロナウイルスワクチンが接種される前に、アビガン〔ファビピラビル〕が大活躍してしまうと、困るらしいんだわ。

アビガン〔ファビピラビル〕も、たしかに危険な側面をもつ薬なんだよね。 新型コロナウイルスのスパイクタンパク質を細胞内にぶち込むのが、新型コロナウイルスワクチンなんだから。

予防原則の観点から、厚生労働省がアビガン〔ファビピラビル〕に待ったをかけることは理解した。

アビガン〔ファビピラビル〕を承認しないのだったら、新型コロナウイルスワクチンも承認しないのが、厚生労働省が通すべき筋ってもんだよ。

アビガン〔ファビピラビル〕で、新型コロナウイルス感染症の対策が進んでしまっては、困るのか? 

結局、パンデミーというのも、巨大なウソだろうと思う。 新型コロナウイルス感染症は、たしかに存在するのだろうけれども、日本ではパンデミーは発生していない。

それを日本でパンデミーが発生しているかのような演出をして、新型コロナウイルスワクチン接種に持ち込みたいだけだろ?  カネか?  カネに魂を売ったのか?  カネは死んだら持って行けないぞ? 

新型コロナウイルスワクチンの副反応で、重大な健康被害が出たときには、新型コロナウイルスワクチンの会社が補償するのではなく、日本政府が肩代わりして補償するんだ。 [日本政府が肩代わりして補償する]とは、国民が負担するのだということ。 おかしいだろ? 

副反応による健康被害が起きた場合の補償はどうなっていますか。|新型コロナワクチンQ&A|厚生労働省

[新型コロナウイルスワクチンの会社][厚生労働省][医師たち][学者たち]など、関係している人々は、[新型コロナウイルスワクチンの会社]に餌付けされているように見えるだろ? 

この人たちは、国民の健康と生命を犠牲にして、[新型コロナウイルスワクチンの会社]の[闇][魔]の行ないに加担しているだろ? 

それが感染症ムラの人々の実際の姿なんだ。

彼らは国民を使った人体実験をしているともいえる。