大阪大学が発見した[ワクチンは逆効果かもしれない件]|ワクチンを打つと[悪玉抗体]ができて抗体依存性感染増強/抗体依存性免疫増強〔ADE:Antibody-Dependent Enhancement〕が発生し、類似のウイルスに感染した場合、症状が重篤化することがある

ワクチンを打つと[悪玉抗体]が細胞内にできて、同じウイルス、類似のウイルスに感染したとき、ADEという現象により、症状が重篤化することがある。 ヘタにワクチンを打つと、たいへん危険である。 そのことを大阪大学が発見した。

新型コロナウイルスに対するワクチン開発の懸念として挙げられるのが、抗体依存性免疫増強(Antibody-Dependent Enhancement:ADE)という副作用リスクの存在です。ADEは、ワクチンや過去の感染によって獲得した抗体がワクチンの対象となったウイルスに感染した時、もしくは過去のウイルスに似たようなウイルスに感染したときに、その抗体が生体にとって悪い作用を及ぼし、感染・炎症が重篤化してしまい、重症化をひきおこす現象のことです。ワクチンは、病原体の曝露を受ける前に、獲得免疫を成立させておくことが目的ですが、この獲得免疫が生体に有害な作用を及ぼすため、テレビなどでは悪玉抗体などとも呼ばれています。

引用元: nakagawa222.pdf

大阪大学が解明したADEのメカニズム
新型コロナウイルスの感染を増強する抗体を発見―COVID-19の重症化に関与する可能性― | 国立研究開発法人日本医療研究開発機構
抗体依存​性感染増強 - Google 検索

霊的な文脈からすると、ウイルスの蔓延は[変化せよ]という宇宙からのサインであるから、素直に変化していくことが大切だ

結局、[これまでの当たり前の生活]を見直して、捨てるべきものを捨て、拾うべきものを拾い、しっかりと整理し直す必要があるのだろうと思う。

私たちの中には、光と闇の両方が必ず含まれている。

このため、私たちが[闇の要素をもった対象]に接することにより、そこで共振が発生する。

この共振がスイッチとなり、自分の中の闇を目覚めさせることになる。

さらに、[自分の中の闇を目覚めさせた人々によって構成された組織・集団]が発生すると、その組織・集団が丸ごと、闇の存在たちからの不正支配・不正コントロールを受けることになる。

これは、[音叉を弦に近づけると共振する]ような話なので、じつにカンタンに自分が闇化してしまうのだということを意味する。

メトロノーム同期(100個)

強い意志をもって、[闇の要素をもった対象]を自分の生活圏から遠ざける必要がある。

いまの現実社会そのものが、[闇の要素をもった対象]が[闇が仕掛けたワナ]として、あらゆる場所に仕掛けられている。

闇の共振を止めるのに必死だというのに、進んで[闇の要素をもった対象]に接しようとするのは、たいへん危険で愚かなことである。