南海トラフ地震の被害を軽減する方法

CWJ クリスタル大忘年会~森田真文、並木良和から冬至についてと2018年を締めくくるメッセージ - YouTube

●2020年の8月にゲートが閉まってしまうので、それ以降、次元上昇しようと思っても、無理になってしまう。
●2019年~2020年4月ぐらいまでしか時間がない。この間に「統合」「浄化」を終えておく必要がある。

現在の南海トラフ地震のエネルギーからすると、南海トラフ地震は2019年・2020年に起こる勢いである

2020年の東京五輪開催は宇宙の意思|大調和のエネルギーを日本から世界へ伝えるミッションが果たせなくなる

南海トラフ地震を先延ばしにすることしかできない|南海トラフ地震を止めることができない

南海トラフ地震は最大で2023年までに先延ばしできる

2018年・2019年・2020年の3月~4月までに「統合」「ほんらいの自分に一致させていくために整えること」が大事

CWJ クリスタル大忘年会~森田真文、並木良和から冬至についてと2018年を締めくくるメッセージ - YouTube

2020年8月(五輪開催月)にゲートが閉まる|それ以降は移行できなくなる|2020年の3月~4月までが勝負

震度7のものを震度5にできる|震度6のものを震度4にできる

日本の役割を果たせずにシフトするとその後は過酷になる(変動が大きくなり災害規模が大きくなる)

地震を分散させることが可能|意識の進化・意識の目覚めを早める

災害が起こると優先順位の意識が変わる

目覚める人が増えて災害が軽減されることが宇宙の意思でもある

2021年~2023年に南海トラフ地震が発生する可能性が高い

2019年が勝負の年

 
comments powered by Disqus