目醒めへのパスポート 本当のあなたを憶い出す、5つの統合ワーク (アネモネBOOKS) | 並木良和|4865880321

私たちが現在経験している周波数上昇は、地球(ガイア)の急激な周波数上昇に、私たちが必死で追いついていくかたちでおこなわれます。

これまで地球(ガイア)は、私たちの遅さに合わせてくれていました。

しかし、このままでは間に合わないので、地球(ガイア)は先を急ぐことを決定しました。

周波数上昇のペースは地球(ガイア)が決めます。

【公開チャネリング】地球と共に生きる「女神ガイア」からのメッセージ 〜地球を最大限に愛すること〜(2019年4月3日)より|並木良和 · ゆきんこの勉強法 | 自修人

あとは私たちが地球(ガイア)の周波数上昇のペースに必死で食らいついていくしかありません。

そのためには、グラウンディングと「統合」が大事になるようです。

『目醒めへのパスポート』のp.136~p.140に「新生地球」にふさわしい、新しいグラウンディングの方法が掲載されています。

ひがしちわ|グラウンディング

グラウンディングの方法(自分を地につける) - YouTube

Chiho’s Room (Pilot ver. digest)

Chiho’s Room (Pilot ver. digest) - YouTube

並木良和|グラウンディング|grounding

Chiho’s Room (Pilot ver. digest) - YouTube

(1)肩幅に脚を開く。

(2)「左脚に重心を移す」「右脚に重心を移す」というふうに、左右に揺れながら、足裏で地面を体感する。

(3)両手のひらを「おなか」に重ねて置く。

ただし、男女で場所がちがう。

グラウンディングのエネルギーのポイント
性別 名称 場所
女性
※子宮を切除した女性も臍奥
がエネルギーのポイント
臍奥〔さいおう〕 おヘソの奥
男性 丹田〔たんでん〕 おヘソから人差し指の
長さ分だけ下の部分の奥

男女で場所がちがうのは、臓器が異なるから。

女性が両手のひらを重ねて置く場所|臍奥〔さいおう〕の上の体表面

女性が両手のひらを重ねて置く場所 女性には子宮があるので、臍奥〔さいおう〕つまり「おヘソの奥」がエネルギーのポイントになる。
そして、ここでは女性は臍奥に対応する身体の表面に両手のひらを重ねて置く。
子宮を切除した女性も、臍奥がエネルギーのポイントになることに変わりはない。

男性が両手のひらを重ねて置く場所|丹田〔たんでん〕の上の体表面

男性が両手のひらを重ねて置く場所 男性には子宮がないので、丹田〔たんでん〕つまり「おヘソから人差し指の長さ分だけ下の部分の奥」がエネルギーのポイントになる。
そして、ここでは男性は丹田に対応する身体の表面に両手のひらを重ねて置く。

(4)「意識をぜんぶエネルギーのポイント(男女で異なる)に入れる」とイメージし意図し「重力のこと」を考える。

女性

「意識をぜんぶエネルギーのポイント(女性なので臍奥〔さいおう〕)に入れる」とイメージし意図し「重力のこと」を考える。 そうするとグラウンディングされる。

いいかえれば、「自分の意識をエネルギーのポイント(女性なので臍奥〔さいおう〕)に100%集中させる」とイメージし意図し「重力のこと」を考える。 そうするとグラウンディングされる。

●「重力」という言葉を使う、または、「重力のこと」を思う、考える。 そのどちらでもグラウンディングされる。

男性

「意識をぜんぶエネルギーのポイント(男性なので丹田)に入れる」とイメージし意図し「重力のこと」を考える。 そうするとグラウンディングされる。

いいかえれば、「自分の意識をエネルギーのポイント(男性なので丹田)に100%集中させる」とイメージし意図し「重力のこと」を考える。 そうするとグラウンディングされる。

●「重力」という言葉を使う、または、「重力のこと」を思う、考える。 そのどちらでもグラウンディングされる。

(5)「左脚に重心を移す」「右脚に重心を移す」というふうに、左右に揺れながら、足裏で地面を体感する。

(6)最後に深呼吸をして終了。

グラウンディングを「毎日の朝晩の習慣」にする

朝起きたときもグラウンディングをします。

夜寝る前もグラウンディングをします。

そうすると、よるよく眠れるようになるし、朝、スッキリ目覚めることができるようになります。

自分がワークで高めた波動を、ちゃんと安定化して維持することができます。

グラウンディングをしていないと、安定していないので、エネルギー・ワークや「統合」をしても波動が上がっては下がり、上がっては下がりの繰り返しで、疲れて苦しいし、イヤになる。

そうするとエネルギー・ワークや「統合」への意欲が失われることになる。

引き上げていったエネルギーをグラウンディングしてカチッ(と固定し)、引き上げていったエネルギーをグラウンディングしてカチッ(と固定する)。 そうすることによって、どんどんどんどん先に先に行ける。

グラウンディングをしていないと、エネルギー・ワークや「統合」をしても、波動の乱高下を繰り返すだけで、実質的な上がり幅がちょびっとになってしまう。 そうすると、進んでないように感じ、「私、やってるのに、ぜんぜん進歩を感じない」ということになる。

そりゃそうです。 進歩してないんだもん。

その通りですとしかいえません。

あなたがちゃんと、高めていったエネルギーをグラウンディング、高めていったエネルギーをグラウンディングってやっていくと、着々と進歩する。

「私、進んでる気がする」「ちゃんといけてる気がする」と感じることができる。

だからグラウンディングを「日常」にしてください。

気分が落ち着かなくなってきた、集中力が欠けてきた、物忘れが激しくなってきた。 このときもグラウンディングが足りていません。

だからグラウンディングを「日常」にしてください。

【CWJ】グラウンディングについて

【CWJ】グラウンディングについて

CWJ グラウンディングについて

CWJ グラウンディングについて

 
comments powered by Disqus