ハイヤーセルフともっと繋がる本: ハイヤーセルフともっと繋がりを強める方法ーーー 弱める方法 eBook: ゆうき&光の存在達, ゆうき|B07K8SZ3RK

■『 ハイヤーセルフともっと繋がる本: ハイヤーセルフともっと繋がりを強める方法ーーー 弱める方法 eBook: ゆうき&光の存在達, ゆうき

ほら 起きて!目醒まし時計が鳴ってるよ | 並木 良和 | Kindleストア | Amazon|B00ZR072FY

■『 ほら 起きて!目醒まし時計が鳴ってるよ | 並木 良和 | Kindleストア | Amazon

並木良和さんの本のリンクを張るJavaScriptを使うと、「ほら 起きて!目醒まし時計が鳴ってるよ | 並木 良和 | 宗教入門 | Kindleストア | Amazon」というように「宗教入門」という文字が入ります。 しかし宗教ではありません。

宗教というものは、地球上の人たちがマインドで考え出した「つくりものの情報」であり、宗教の中には洗脳情報が含まれている状態です。

私たちが「統合」すべき過去の契約(contract)、誓い(pledge)、同意(consent)、決断(decision)などが、宗教活動の中で、私たちに植え付けられています。

それら「私たちの罪悪感に火を付ける、あるいは、私たちに制限を加え、私たちのを束縛する要素」は、今生だけでなく、過去世においても。私たちの中に埋め込まれています。

過去の契約(contract)、誓い(pledge)、同意(consent)、決断(decision)などを無効にするができます。

『ハイヤーセルフともっと繋がる本: ハイヤーセルフともっと繋がりを強める方法』の「過去の契約・決断・合意を手放す―――過去の契約・決断・合意の影響下で生き続ける」という部分に書いてあります。

一言でいえば、自分のハイヤーセルフ、大天使ミカエル、自分を守護してくれている高次の存在たちにお願いすれば、過去の契約(contract)、誓い(pledge)、同意(consent)、決断(decision)などを無効にすることは可能です。

同意をはきする - YouTube

宗教というものは、波動/周波数の低い情報ですので、私はカットしています。

寒い、冷たい、暗い、重たい、遅い、粘着的、まがまたしい、おどろおどろしいなどは、たぶん波動/周波数が低いのです。

そういう感じの宗教的な情報は、完全に遮断して、「見ざる、言わざる、聞かざる」で通すのが、私として心地よいです。

宗教と、その宗教の聖者とされる人々とは、直接関係がありません。

例えば、空海が素晴らしいからといって、仏教まで素晴らしいとは、私は思いません。

あくまでも、空海個人が素晴らしいのだと思っています。

そして、特定の個人、特定の聖者を祭り上げ、崇拝することは依存であり、たいへん危険です。

あなた自身を根本としてください。

自分軸で判断してください。

自分のハイヤーセルフを信頼してください。

あくまでも個人プレイヤーとして、自分の足で立って生きることが大事だと私は確信しています。

「独立個人がてんでんこに生きる状態」をキープしながら、惹かれるものには素直に惹かれる。 この自然な状態に、マインドで考えた制約を加えないで、手を加えないで、そっとしておいてください。

なぜかというと、「特定の個人、特定の聖者を祭り上げ、崇拝する」ことにより、極ができる。 極ができると対極が必ず生まれます。 いわば、「信者」と「アンチ」が生じるのです。 この二項対立、二元性は、もうさんざんやったから、おしまいにする必要がある。 もう飽き飽きしている。

それと「特定の個人、特定の聖者を祭り上げ、崇拝する」ことにより、取り巻き連中が虎の威を借る狐になる。 この「権威者にすり寄る取り巻き連中」が、そこへネガティブな存在が付け入る「ゲート」に必ずなります。

ソフトウェアの「脆弱性」に匹敵するものが、「ネガティブなものが入るゲート」です。

「取り巻きの人たちが闇に影響される」というのが、ありがちなパターンで、結果として、そのグループが割れて崩壊していく。 宗教団体を立ち上げた聖者が逝去すると、取り巻きたちの争いが始まり、その宗教団体は崩壊したり、分裂したり、原形をとどめないほど様変わりしたりします。 これが闇のネガティブなエネルギーの作用がもたらす典型的なパターンです。

「仲間意識は仲間割れの始まり」「支配・被支配の関係性はいつか破綻する」という傾向があります。 「取り巻き」が偉そうにして「新入り」を支配したがる。 それは「支配・被支配の関係性」そのものである。 そんな感じで、「グループを組む、集団をつくる」という時点で、崩壊が予見できるんですよ。 これまで、あらゆるパターンで試みて、うまくいっていないのです、団体をつくるというやり方では。

だからこそ「独立個人がてんでんこに生きる状態」をキープしながら、すべてをおこなう必要があるわけです。

スピリチュアルにある程度目醒めると、自分の「理想」を実現するために、参加者を「脇役」にしたがる人が多いです。

すでに「仲間意識は仲間割れの始まり」「支配・被支配の関係性はいつか破綻する」ということから考えると、このスピリチュアルな人は、たぶん大コケします。 それって、もうパターンだから、最初からコケるのがわかる。

「独立個人がてんでんこに生きる状態」をキープする。 これが、とても大事です。

そして距離感が大事です。

エハン・デラヴィさんのいう「独立個人」というのは「ハイヤーセルフとつながった自分」だと思います。

自分のハイヤーセルフから指令が来るから、団体のリーダーの指令なんて受けてらんないんですね。

だから独立個人をキープするしかないのです。

それでも調和するように、ハイヤーセルフが手配してくれています。

ですので、ハイヤーセルフからの指令に身を委ねるのが、これからの生き方になるようです。

それが、こひしたふわよ〔こ=心地よい、ひ=ひかれる、し=しっくりする、た=楽しい、ふ=腑に落ちる、わ=ワクワクする、よ=喜びを感じる〕に従って生きるということです。

バシャールのいう「ワクワク」です。

それは、自分のハイヤーセルフからの「GOサイン」です。


例えば、並木良和さんに心酔し、並木さんを祭り上げた途端に、すでにトラップにハマっています。 それは「外側に意識を向けること」です。 それは「他人軸の始まり」です。

自分とハイヤーセルフとの導通(電気が流れるありさま)を回復することだけに専念しましょう。 そのための教師として、並木良和さんがいるだけです。 そして並木さんは象徴にすぎず、道具として活用する対象です。 並木さん個人を崇拝しないようにしましょう。

時空を超えて生きる―潜象界と現象界をつなぐ eBook: kan.|B06ZY7Z4SB

■『 時空を超えて生きる―潜象界と現象界をつなぐ eBook: kan.

明かされた秘密 eBook: ゴッドフリー・レイ・キング, 八重樫克彦, 八重樫由貴子|B079PTG4V9

■『 明かされた秘密 eBook: ゴッドフリー・レイ・キング, 八重樫克彦, 八重樫由貴子

宇宙時計―図形が語る宇宙創造の物語― eBook: 辻麻里子|B076TZXGTV

■『 宇宙時計―図形が語る宇宙創造の物語― eBook: 辻麻里子

宇宙の羅針盤<上>ー22を超えてゆけ 3ー eBook: 辻麻里子|B076HKJRQ5

■『 宇宙の羅針盤<上>ー22を超えてゆけ 3ー eBook: 辻麻里子

宇宙の羅針盤<下>ー22を超えてゆけ 3ー eBook: 辻麻里子|B076HKDWD1

■『 宇宙の羅針盤<下>ー22を超えてゆけ 3ー eBook: 辻麻里子

6と7の架け橋 ー22を超えてゆけ 2(太陽の国へVer2)ー eBook: 辻麻里子|B0763NVVYS

■『 6と7の架け橋 ー22を超えてゆけ 2(太陽の国へVer2)ー eBook: 辻麻里子

22を超えてゆけ―宇宙図書館(アカシック・レコード)をめぐる大冒険 eBook: 辻麻里子|B075YSGJFQ

■『 22を超えてゆけ―宇宙図書館(アカシック・レコード)をめぐる大冒険 eBook: 辻麻里子

バーソロミュー: 大いなる叡智が語る愛と覚醒のメッセージ(覚醒ブックス) eBook: バーソロミュー, メアリーマーガレット・ムーア, ヒューイ陽子|B01NH0BI9F

■『 バーソロミュー: 大いなる叡智が語る愛と覚醒のメッセージ(覚醒ブックス) eBook: バーソロミュー, メアリーマーガレット・ムーア, ヒューイ陽子

バーソロミュー2 ― 夢から目覚める(覚醒ブックス) eBook: バーソロミュー, メアリーマーガレット・ムーア チャネル, ヒューイ陽子|B071RB8C3P

■『 バーソロミュー2 ― 夢から目覚める(覚醒ブックス) eBook: バーソロミュー, メアリーマーガレット・ムーア チャネル, ヒューイ陽子

 
comments powered by Disqus