ゆきんこの勉強法 | 自修人

unchain yourselves

07 Sep 2020

いかなる問題も、それを作り出したときと同じ意識によって解決することはできない|アルベルト・アインシュタイン

【ニコちゃんの場所=中立点】に自分の位置を定め続けることを【中立点定位】と呼ぶことにします

[統合]では[球体を転がす]こと以上に[光の磁場]の【ニコちゃんの場所=中立点】に[自分の意識の置き所という振り子]の位置を定め続けること、つまり【中立点定位】の状態を維持することが大切です。

いかなる問題も、それを作り出したときと同じ意識によって解決することはできない|アルベルト・アインシュタイン

いかなる問題も、それを作り出したときと同じ意識によって解決することはできない。|アルベルト・アインシュタイン - Google 検索

[それを作り出したときと同じ意識]がつくり出した[方法][ルール][観念][概念][発想]などには、[ある範囲の枠の中]という[制限]が、属性 ぞくせいattributionアトリビューション〕として必ず付随ふずいします。

[方法][ルール][観念][概念][発想]などをつくり出した[意識]がもつ[周波数帯域〔frequencyフリークェンスィ bandバンド〕]こそが大切な情報です。

[意識]がもつ[周波数帯域]は、[意識]がもつ[制限の幅]を意味します。

[いかなる問題も、それを作り出したときと同じ意識によって解決することはできない]とは、たぶん、こういうことでしょう。

  • [現在の問題が発生している磁場の周波数帯域]よりも、[私たちの意識の周波数帯域を高い領域にずらす〔shiftシフトさせる〕]という条件を整えなければ、問題は消え去りません。

  • [問題を解決する]という[発想]そのものが、[現在の問題が発生している磁場の周波数帯域の内側]から出ている。 いいかえれば、その[発想]は[制限]をともなっているので、その[発想]によって問題が消え去ることは<ないであろう>と予想できます。

  • 話をロジカルに詰めて検討する必要はありません。 [現在の問題が発生している磁場の周波数帯域の内側での発想]なのか?  それとも、[現在の問題が発生している磁場の周波数帯域よりも高い周波数帯域での発想]なのか?  周波数帯域の位置で、その[発想]が問題を消し去るぐらい、じゅうぶんにパワフルなのか? あるいは、問題を消し去るには力不足なのか? が、おおよそわかるのだと思います。

  • 例えば、「[抗生物質]を使いすぎて[耐性菌]の出現を許し、もとより悪い状況へと人類を追い込んでしまった」というのが人類の失敗の歴史です。 [抗生物質]は、人類として、[やらかした]ケースだと思います。 [抗生物質]は、細菌性の急性の下痢などには抜群に効くこともわかります。 その場しのぎに[抗生物質]は、とても有効です。 しかし[抗生物質]を使うと、[耐性菌の出現]というかちで、大きなツケが回ってきます。 [蒔いた種を自分で刈り取る]という、じつに面倒なことになるわけです。 [そこから生えたものを刈り取っているときに、こぼれ種が地面に落ちて、そこから生えたものを刈り取っているときに、こぼれ種が地面に落ちて……]と、終わりがありません。

  • [菌に抵抗する]という意識の使い方が、[菌からのリベンジ]を受ける土台になっているので、[抵抗][アンチ]という[発想]を手放す必要があります。 [抵抗][アンチ]という[発想]で物事を進めると、[蒔いた種を自分で刈り取る]という、じつに面倒なことになるわけです。 [そこから生えたものを刈り取っているときに、こぼれ種が地面に落ちて、そこから生えたものを刈り取っているときに、こぼれ種が地面に落ちて……]と、終わりがありません。

  • 例えば、[ウイルス]に[抵抗]する[ワクチン]を開発しても、[ウイルス]はすでに[変異している]ので、[ワクチン]は<機能しません>。 [ワクチン]を接種しても、[ワクチン]に含有される水銀系保存剤で、免疫系・神経系がズタズタにされるばかりです。

  • [抗生物質][ワクチン]は、投影された[現実]の中身をいじりにいっています。 この時点で、[この発想は、眠った人の発想だ]とわかります。

  • 結局、[意識の周波数帯域]を[高い方向]へ[シフト]させることが、問題を消し去る〔問題が雪のように融けて消失する状態にする〕ために有効な手段なのです。

  • [現実]を変えようとしないで、私たちが[意識の周波数帯域]を[高い方向]へ[シフト]させるだけで、すべてがうまくいくのです。

  • [夫さえ変わってくれれば][妻さえ変わってくれれば]と、他人軸の世界で、問題を複雑にして、エクスタシーを感じている。 [自分が変わる]のではなく[相手を変えようとしている]のが、他人軸の人の特徴なのです。 [自転車でスーパーへ買い物をしに行く]だけで済むのに、[地球が動いてスーパーがこっちに移動してきてくれるのを待っている]のが、他人軸の人なのです。 [出口を忘れるぐらい入り込んじゃってるから、出たくても出られない]のか、[それを承知で、あえてその世界へ没入してエクスタシーを感じ続けている]のか、わかりません。 しかし、[そこから出られなくて困っている]のだとしたら、自分を冷めた目で上から観察してみてください。 ビデオカメラで撮影してもいいですよ。

  • [自分が周波数シフトして、選び取る並行現実を変えればいい]だけなのです。

  • 氷に頭をぶつけると負傷しますけれども、水に頭をぶつけても負傷しません。 氷よりも、水のほうが[振動数が高い]ので、[やわらかい]からです。 [振動数を高くする]=[周波数を高くする]こと。 いいかえれば、[意識の周波数帯域]を[高い方向]へ[シフト]させることが、問題を融かして、問題をやわらかくさせるのです。

  • higherハイヤー frequencyフリークェンシー bandバンドへのshiftシフト]=[高い周波数帯域へのずらし]によって、[融解ゆうかい][ゆるむ][ゆるめる][ゆるませる][ゆるす]といった[ゆ]の響きが働きます。 溶鉱炉で[鉄の融けたもの]を[]といいます。 [パタンゴロンの鉄球は、常温ではガシッと硬い]のですけれども、温度を上げると[ゆるんで][]になります。

  • [高い周波数帯域へのずらし]は、カラオケマシーンの[キーを上げる]という機能に相当するのだと思います。 [高い周波数帯域へのずらし]は、[アナログのテープレコーダーでいう速回し]に相当します。 [どうぶつの森]のキャラは、高い声で早口で話します。 彼らは声がシフトしています。

  • また[現実]は量子論に基づく幻想にすぎません。 [現実]を投影する原因である[意識の周波数帯域]を[高い方向]へ[シフト]させることでしか、投影される[現実]を好ましいものに変化させることはできない、ということでも説明できます。

  • みんなが[統合]をして[意識の周波数帯域]を[高い方向]へ[シフト]させることで、問題は融けてなくなります。 ですので、世の中のことから意識のフォーカスをいったん外して、自分が必要としなくなった周波数を[統合]することが大切になってきます。

  • [心をゆるす]=[心をひらく]=[手をひらく]=[手放す]ということです。 ネガティブな経験でも、[その経験を認めない、受け容れないようにして心を閉ざしている]と、癒やしが起こりづらいものです。 [心をゆるす]=[心をひらく]=[その経験の存在そのものを認める。受け容れる]ことによって、むしろ[手をひらく]=[手放す]ための道が大きく開けてくるわけです。 [認めてしまう]=[それも“良し”とする]ことが、[手をひらく]=[手放す]ということにつながり、最終的には、自分が癒やされるのです。


  • 人や事柄を[ゆるす]ためには[あたたかい心になる]=[心の温度を高くする]ことが必要です。

  • [ゆるす]からこそ、[磁場がやわらかくなる]ので[ゆらぎ][ゆるみ]が起こって、対象となる周波数を手放すことができるわけです。

  • 【バシャールの「針の目」】を上手に通っていく5つのステップのうち、最初の2つが[ゆるし]に関係します。

バシャール:新型コロナのバシャールの見解と重要メッセージ!(1)全て人を許す
バシャール:新型コロナのバシャールの見解と重要メッセージ!(2)自分自身を許す
バシャール:新型コロナのバシャールの見解と重要メッセージ!(3)過去のリンクを外す
バシャール:新型コロナのバシャールの見解と重要メッセージ!(4)未来の自分にリンクする
バシャール:新型コロナのバシャールの見解と重要メッセージ!(5)(1)~(4)を全部やって今ここを生きる

※以上の動画は、ネガティブな表現が多いので、以上の動画を見ない選択をすることもできます。

※関野あやこさんによって[たくさんの統合を短時間でおこなう方法]が提示されました。 こちらが自分にマッチすると思う人は、こちらを選択することもできます。

関野あやこ☆あたらしい地球の生きかた☆2020年夏のスペシャル配信☆&録画映像 | Peatix

  • (1)(2)(3)は、[過去を手放し統合せよ]ということなので、(1)(2)(3)は[統合]の中に含まれています。

  • また[統合]のプロセスで、[私はもう、3次元地球での古い生き方を手放し、自分ほんらいの光の高い意識に戻って、ワクワクで生きます]などと、[統合]の結果として行き着く先を言葉に出し、[体感]や[イメージ]を使って[宇宙意識の心地よさを予感する]ことをおこなっていますので、(4)も[統合]の中に含まれています。 そして毎瞬まいしゅん毎瞬まいしゅん、【ニコちゃんの場所=中立点】からズレていないかを点検し続けることは、毎瞬まいしゅん毎瞬まいしゅん[いまここ]をワクワクで生きる、つまり(5)ということでもあると思います。 ですので、[統合]の中に、【バシャールの「針の目」】への対策はすべて含まれています。

  • ここでのポイントとなる[過去を切り離す]エネルギーをもつ大天使は、[大天使ザドキエル][大天使アズラエル][大天使ラジエル]であるようです。

  • あん摩マッサージ指圧師の先生は、[筋肉の緊張をほぐす]=[体をゆるめる]ことがおもな仕事です。

  • 温泉は、[体を物理的に温める]ことを通じて[筋肉の緊張をほぐす]=[体をゆるめる]ことがおもな機能です。 もちろん、温泉の有効成分の働きも大きいですけれども、[身体の温度を上げること]が疲労回復・健康維持に必要なことなのです。