ゆきんこの勉強法 | 自修人

unchain yourselves

22 Sep 2020

感情の発生するがままにまかせ、感情をいっさい非難せず放置しておくと、感情による痛みが少なくて済む理由|身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ〔どんなときも無為自然でおねしゃす〕

無為むい自然で〔自分らしく〕あることを歌った曲

槇原敬之 - どんなときも。
Hi-Posi - 僕でありたい
Billy Joel - Just the Way You Are (Official Audio)

ボクを試したり喜ばせたりするために、変わっていく〔or いつも違う洋服を着てくるような〕道に走らないで。キミがボクを落胆させたことなんか、一度もない。キミに飽きたから、もうキミには会わない。そんなこと想像しないで。困ったときも、キミを見捨てたりはしない。もしもそうでなきゃ、ここまで二人がやってこられたハズなんかないだろ? これまで素晴らしい時期だった。これから苦しい時期が来ても、ボクはそれを受け容れる。まったくのありのままのキミをボクは受け容れる。最新のファッションとやらに身を包んでみる、そんな道に走らないで。髪の毛の色を変えないで。言葉にできない情熱を、いつもボクはキミに感じてるんだ。そこまで気にかけてるようには見えないかもしれないけどね。小器用な会話なんてしたくない。(会話なんかで)そこまで頑張るつもりはない。ボクの話し相手になってくれる誰かが欲しいだけ。まったくのありのままのキミでいてくれ。キミがいつも、ボクが昔から知っていたのと同じキミであり続けてくれるのか、それをボクは知る必要がある。ボクがキミを信じてる感じに、キミがボクを信じてくれるためには、どんなことが必要なんだい? ボクは言った。ボクはキミを愛してる。そして、それは永遠だ。そして、このことを心から約束する。これ以上は愛せないくらい、ボクはキミを愛してる。まったくのありのままのキミを愛してる。小器用な会話なんてしたくない。(会話なんかで)そこまで頑張るつもりはない。ボクの話し相手になってくれる誰かが欲しいだけ。まったくのありのままのキミでいてくれ。

  • ビリージョエルの歌詞では逆説の接続副詞が抜けています。 省略なしに書くと、 [I would not leave you in times of trouble. (Otherwise) We never could have come this far.] のようになるでしょう。 「ボクが何か困ったことがあったらキミを捨てるような男だったら、キミとここまでやってこれなかったはずだ」 ということです。 つまり、「以前に困ったときでも、キミを捨てなかっただろ?」という含意があるのだと思います。

「【ZERO POINT集中維持】で生きる」とは、[無為むい自然で生きること]であり、それは[自分らしさの本質部分]=[個性]=[宇宙にたった1つしかない、その人だけの特徴]と一体化して生きるということです。 そうやって、[宇宙にたった1つしかない、その人だけの角度]を維持し、それを体現しながら[意識の成長・進化]していくことが、宇宙からあなたに与えられたミッションなのです。 [宇宙からあなたに与えられたミッション]とは、[宇宙の交響曲]において、[あなた専用の演奏パート]を、宇宙と完全に[共振・共鳴・同期・同調]しながら演奏し続けることなのです。 [あなたらしく生きていない]ということは、宇宙との契約違反です。 契約違反の状態だと、いろいろな【揺らし・揺るがせ】として、[さらなるパンデミック][自然災害・食糧危機・渇水][大惨事][企業・経済活動の停滞]などを[自分のハイヤーセルフ]を含む[ハイヤーセルフ組合連合会]が発生させてくることでしょう。

【ワクチンを打たない】【スマホを耳に付けて通話しない】という2点ぐらいに気をつけていれば陰謀論など知らなくても大丈夫|いまは[望む未来]にだけ全神経を集中すべきタイミング - ゆきんこの勉強法 | 自修人

無為自然 - Google 検索

基本は[システムに外力を加えるな!]です

システムに外力を加えるな!]を遵守じゅんしゅしているのが、[ソクラテスの産婆術][シュタイナー教育][モンテッソーリ教育]といった、[あなたはすでに知っている]という[宇宙の仕組みを理解している前提で展開される教育]です。

[読み書きそろばん]などのリテラシーを除けば、先生が教える必要はありません。

[本や画集や写真集がそこにある]といった、環境を整えておくだけで、あとは個人の興味の流れに任せます。

けっして押し付けないことです。

システムに外力を加えるな!]を守ってください。

システムに外力を加えるな!]というのは、[Let it be.][Let it go.]であり、[ゆるし]なのです。

[ゆるす][ゆるめる][手放す]「[握りしめ]を解除する」というのは、抵抗せずに、現象を起こるがままにしておく〔[無為むい自然の状態を維持する]=[自然体でいる]〕ということです。

無為自然 - Google 検索


宇宙には、[求められない以上、手出ししてはならない]という、[自由意志の法則]というか、[他者不干渉の法則]というものがあります。 [求めよ、さらば与えられん]というのは、きっと、このことを意味するのでしょう。 そして、これも[システムに外力を加えるな!]の実例の1つです。

求めよ、さらば与えられん - Google 検索

ですので、大天使・天使・アセンデッドマスター・スターピープル・神々など、いろいろな存在がありますけれども、[求められない以上、手出ししてはならない]という制約の中にいます。 したがって、[祈り]や[アチューンメント]があるわけです。

[感情の躍動]は【自分の意識の置き所という振り子を最下点にピタリと戻】すための[キャリブレーションをとる自動機能]にすぎない

  • 傷つきやすい人は、[恐怖〔恐れ〕・不安・心配]を[不快]だと定義づける【信念体系・プログラミング】が意識に書き込まれています。
  • 挑戦し続けないと退屈で死にそうになる人は、[恐怖〔恐れ〕・不安・心配]を[快]だと定義づける【信念体系・プログラミング】が意識に書き込まれています。

私たちが[統合]するのは、結局のところ、【信念体系・プログラミング】です。 【信念体系・プログラミング】が物事を偏見で見るためのフィルターなのです。

傷つきやすい人は、その[不快]さゆえに[恐怖〔恐れ〕・不安・心配]を受容〔acceptアクセプト〕せずに、 抵抗する〔resistリジスト〕姿勢を示します。

[恐怖〔恐れ〕・不安・心配]を「感じていないフリをする」「感じて震えている自分を、たしなめ、しかりつける」「感じないために[必要な行動]とりわけ[挑戦する行為]を避けて、逃避的な人生を送る」などをおこないます。 それらの行為は[恐怖〔恐れ〕・不安・心配]という[感情を抑圧よくあつする]結果になります。

[感情の躍動]は【自分の意識の置き所という振り子を最下点にピタリと戻】すための[キャリブレーションをとる自動機能]にすぎないのです。

[感情を抑圧よくあつする]とは、【自分の意識の置き所という振り子を最下点にピタリと戻】すための[キャリブレーションをとる自動機能]に外力を加えて干渉することを意味します。 [キャリブレーションをとる自動機能]は、干渉されると、より元気になって、何度でも再発動されます。

  1. [キャリブレーションをとる自動機能]は、[感情の躍動]を起こして、【自分の意識の置き所という振り子を最下点にピタリと戻】すことができたか否かを判定します。

  2. まだ不十分だと判断した[キャリブレーションをとる自動機能]は、もっと強く[感情の躍動]を起こして、【自分の意識の置き所という振り子を最下点にピタリと戻】すことができたか否かを判定します。

  3. まだまだ不十分だと判断した[キャリブレーションをとる自動機能]は、もっともっと強く[感情の躍動]を起こして、【自分の意識の置き所という振り子を最下点にピタリと戻】すことができたか否かを判定します。

  4. まだまだまだ不十分だと判断した[キャリブレーションをとる自動機能]は、もっともっともっと強く[感情の躍動]を起こして、【自分の意識の置き所という振り子を最下点にピタリと戻】すことができたか否かを判定します。

以上のように、[感情を抑圧よくあつする]ことを繰り返していると、[抑圧よくあつした感情が、より元気になって、何度でも生き返ってくる]という気味の悪いことになります。 そのゴールは【自分の意識の置き所という振り子を最下点にピタリと戻】す点にあります。

抑圧よくあつした感情が、より元気になって、何度でも生き返ってくる]ことを擬人化ぎじんかして、[インナーチャイルド]という名称を与えたのでしょう、たぶん。

抑圧よくあつした感情が、より元気になって、何度でも生き返ってくる]のと同じような現象が、[さらなるパンデミック][自然災害・食糧危機・渇水][大惨事][企業・経済活動の停滞]などにおいても起こります。

それらはたぶん[自分のハイヤーセルフ]を含む[ハイヤーセルフ組合連合会]が、大衆レベルで[感情の躍動]を発生させることを目的としています。

つまり[集合意識]レベルで【自分の意識の置き所という振り子を最下点にピタリと戻】すということをゴールとして、そういう[さらなるパンデミック][自然災害・食糧危機・渇水][大惨事][企業・経済活動の停滞]などが起こされている。 私はそのように感じています。

ですので、[光の勢力]に属する[トランプ大統領の再選を邪魔する]ために[闇の勢力]がテロを起こした。 そういうことが、万が一起こったとしても、そのときに私たちがとるべき姿勢は、[感情を抑圧よくあつする]ことなく、感情の発生するがままにまかせ、感情をいっさい非難せず放置しておくことを通じて、【自分の意識の置き所という振り子を最下点にピタリと戻】すことなのです。

抵抗せずに、現象を起こるがままにしておく〔[無為むい自然の状態を維持する]=[自然体でいる]〕ということが大切なのです。 [ゆるす][ゆるめる][手放す]「[握りしめ]を解除する」という姿勢をとりましょう。

そして[抑圧よくあつした感情が、より元気になって、何度でも生き返ってくる]というループを過剰に繰り返した結果として、意識に重症を負ったのだと本人が感じている状態を[トラウマ]を抱えていると名付けたのでしょう。

[インナーチャイルド/トラウマ]は、そもそも本人の心理的な傾向として、[記憶の反芻癖はんすうへき]があり、[感情の抑圧癖よくあつへき]があるからこそ、発生するのだと私は思います。

ですので、[宗教家/スピリチュアリスト/ヒーラー/心理カウンセラーなど]がクライアントを遠回りさせずに、最初から抜本的な解決へと向かわせる意図があるのとしたら、 [宗教家/スピリチュアリスト/ヒーラー/心理カウンセラーなど]はクライアントに [記憶の反芻癖はんすうへき]があるかどうか、 [感情の抑圧癖よくあつへき]があるかどうかを問うて、 そこから[抑圧よくあつした感情が、より元気になって、何度でも生き返ってくる]というループが発生する機序メカニズムを説き明かすことでしょう。

機序メカニズムがわかり、[そんなことにこだわる必要などないこと]がに落ちると、[問題が雪のようにとけてなくなる状態]=[問題消滅]が導き出されると思います。

さきほどまでは、糸が相当にもつれていた。 しかし、機序メカニズムがわかった瞬間に、魔法のように糸がほどける。 そうして、「[そんなことにこだわる必要などないこと]がに落ちる」ことによって[問題が雪のようにとけてなくなる状態]=[問題消滅]が導き出される。 これが[解放]の1つの形態だと思いますよ。

したがって、ネタを小出しにしないで、結論を述べるまでに話題を引っ張らないで、早く[解放]というゴールへ到達させてあげてください。

最短距離で[解放]へと至らしめること。 これが高く評価されるのです。

根治を目指すためには、[記憶の反芻癖はんすうへき]や[感情の抑圧癖よくあつへき] といった、より原初的な部分に最初からメスを入れて、短期間で[ヒーリング/心理カウンセリングなど]を終了させる計画を立てる必要があるのだと思います。

塾・予備校でも、病院・治療院でも、[ヒーリング/心理カウンセリングなど]でも、クライアントが根治に至るタイミングを遅らせた〔=遠回りさせた〕ほうがお金が儲かる、という誘惑があります。 多くの人々が、ここで[闇]と[共振・共鳴・同期・同調]を起こし、ダークサイドへと転落していくようです。

これからは【周波数】が上がっていきます。 すべてバレますよ。

高次元の存在が近しい状態になります。 すべて見られていますよ。 すべてチェックされていますよ。 すべて大天使が帳面につけていますよ。


[感情を抑圧よくあつする]とは、[【ZERO POINT集中維持】というゴール達成に【抵抗のエネルギー】で干渉/邪魔すること]です。 [抑圧よくあつした感情が、より元気になって、何度でも生き返ってくる]=[抑圧よくあつ感情がゾンビ化する]という現象は、あなたが宇宙に降伏こうふくsurrenderサレンダー〕するまで、ずっと続きます。 それは宇宙の愛です。 あなたに、【ZERO POINT=ニコちゃんの場所】に戻ってほしいから、何度も【揺らし・揺るがせ】を発動してくれているのが、宇宙の愛なのだということです。

結局、「感情を起こるがままにせよ!」ということです。

[統合]するとラクになるのも、【自分の意識の置き所という振り子が最下点でピタリと定位】するからです。 その状態を維持して生きる生き方が、【ZERO POINT集中維持】の生き方であり、それが上昇アセンションへ向けてスタートする必要条件なのだというだけのことなのです。

[統合]の結論は、「【ZERO POINT=ニコちゃんの場所】にピタリと定位せよ」ということだけです。

[傷つく][インナーチャイルドができあがる][トラウマを抱える]などは、すべて【自分の意識の置き所という振り子が最下点でピタリと定位】していないだけなのです。

感情解放というのも、【自分の意識の置き所という振り子を最下点にピタリと戻】すための手段にすぎません。

その出来事が終わってずいぶんたってから感情解放が必要になるのも、「感情を起こるがままにせよ!」という原則を守らなかったから。 ただそれだけです。

私たちは何世紀も生きてきたので、1つ1つの感情解放に取り組んでいたのでは時間的に間に合いませんので、一括して[統合]する方法が、以下のリンク先の[3回シリーズのうち第1回目]で紹介されています。

関野 あやこ☆ あたらしい地球の生きかた☆ 2020年 夏のスペシャル配信☆ 録画映像 | Peatix


抵抗せずに、[恐怖〔恐れ〕・不安・心配]を起こるがままにしておく〔[無為むい自然の状態を維持する]=[自然体でいる]〕。

そのように、[感情が解放されるに任せる]という態度でいると、【自分の意識の置き所という振り子が最下点でピタリと定位】します。

【自分の意識の置き所という振り子を最下点でピタリと定位させ続け】るために、[システムに外力を加えるな!]を守ってください。

そうしなければ、たぶん[自分のハイヤーセルフ]がおこなっているのだと思いますけれども、[感情の躍動]が【自分の意識の置き所という振り子を最下点にピタリと戻】すための[キャリブレーションをとる自動機能]を、[強化して再発動させる]という行動に出ます。

システムが何を意図して、その現実を発生させているのか]を注意深い観察によって読み取ることが必要です。 実際には、おトイレにいるとき、[統合]しているときなど、【ZERO POINT=ニコちゃんの場所】に定位しているタイミングで、心の声が教えてくれるので、メモっておいて、記事のネタにしているだけですよ。 カンニングしているのですよ、私は。 ですので、ペンとメモ帳がとても大切なのです。

[さらなるパンデミック][自然災害・食糧危機・渇水][大惨事][企業・経済活動の停滞]などが、 もしも発生するようなことがあったとしても、それは、「メトロノームにとっての[動く土台]」を発生させるためのネタなのだと思って、[真に受けない]ことです。 [真に受けない]ことによって、自分で自分を傷つけるエネルギーを出さずに済ませることができるからです。

メトロノーム同期(100個)

[さらなるパンデミック][自然災害・食糧危機・渇水][大惨事][企業・経済活動の停滞]などが起こるとしたら、 その[趣旨=狙い]は、[上昇アセンションする予定人数]が[メトロノームが同じリズムを刻むようになること]、いいかえれば、「上昇アセンションの予定人数が[共振・共鳴・同期・同調]が完了すること」なのです。

[メトロノームが同じリズムを刻むようになること]は、いいかえれば、[上昇アセンションする予定で生まれ変わっている人たち]が、予定通り、【自分の意識の置き所という振り子が最下点でピタリと定位】した状態で生きていくことです。

いいかえれば、[メトロノームが同じリズムを刻むようになること]は、「【ZERO POINT集中維持】で生きている状態の人数」が予定数に達したら、[さらなるパンデミック][自然災害・食糧危機・渇水][大惨事][企業・経済活動の停滞]などは起こらなくなります。


[現実]が幻想だということは知られています。 そして、[現実]が幻想と心底から理解し、それを信頼していると、幻想が自分の物理次元に影響を与えないふうに制御できるので、ひどいことが起こったように見えて、無傷であったりするのです。

[このパンデミック]も、[さらなるパンデミック]も、「メトロノームにとっての[動く土台]」を発生させるためのネタなのだと思って、[真に受けない]ことです。 [真に受けない]ことによって、自分にとっては無害になります。

そして、[真に受けない]でいられる意識の状態は、【自分の意識の置き所という振り子を最下点でピタリと定位させ続け】ている状態なのです。 これを[心頭滅却すれば火もまた涼し]といいます。

心頭滅却すれば火もまた涼し - Google 検索
森高千里 『心頭滅却すれば火もまた涼し』 【セルフカヴァー】

なんで、こんな理不尽なことが起こるの?  それは[現実]が量子論的なホログラムにすぎないからなのです。 量子論的なホログラムを[真に受けない]状態になることを[目覚める]と呼んでいるだけなのです。

志村けんさんも、岡江久美子さんも、ちゃんとあの世で生きていますから、心配ありません。 私たちがしかるべき【周波数】に達したとき、あの世の人たちとも、テレパシーや、通信デバイスを使って、通信できるようになります。

したがって私たちは、【自分の意識の置き所という振り子を最下点でピタリと定位させ続け】る、つまり【ZERO POINT集中維持】の状態を維持する。 そんな毎日を送ることが、今後のたった1つの課題なのですね。


いろいろな【揺らし・揺るがせ】として、[さらなるパンデミック][自然災害・食糧危機・渇水][大惨事][企業・経済活動の停滞]などを[自分のハイヤーセルフ]を含む[ハイヤーセルフ組合連合会]が発生させてくることでしょう。

メトロノーム同期(100個)

いろいろな【揺らし・揺るがせ】は、意地悪のため?  違いますよね? 

[ハイヤーセルフ組合連合会]は、上昇アセンションする予定で生まれ変わっている人たちが、「【ZERO POINT集中維持】で生きている」という状態になることにおいて、[共振・共鳴・同期・同調]を起こすことを求めているのです。

私たちが[ハイヤーセルフ組合連合会]の意図をしっかりと把握して、[メトロノームが同じリズムを刻むようになること]を各自がしっかりと達成すれば、[さらなるパンデミック][自然災害・食糧危機・渇水][大惨事][企業・経済活動の停滞]などの【揺らし・揺るがせ】を経験することなく、つまり、それらをスキップして、飛び級で4次元地球の本格領域にジャンプできると思いますよ。

とっさに iPhoneで映した編集なしの貴重映像です🛸🌟2020.5.10🎉YouTube ライブ🌟💫世界中がつながって手放す不安や恐怖🌟統合ワークがフルに映っています🌟💫
★(2)失業・失財産・離婚・・・に対する恐怖、自分にとって大事な事とは? ピンチをチャンスに変える? /《コロナは調和への誘いか?》(Saarahat, 彩乃木崇之, Fotto.TV /
(1)コロナの宇宙的意味、死と霊的記憶、地球のメタモルフォーゼ、感染のポイントは恐怖 / 新型コロナウイルスーサアラに緊急ZOOM
(4)新型コロナで世界が一体化する? 感染の媒体は不安と恐怖、生きる意味を再考しよう! / 新型コロナウイルスーサアラに緊急ZOOM
The infinite possibilities existing beyond fear…☆恐怖の向こう側には 無限の可能性が。。( 2017.1 宇宙のOpenクラスより)
The infinite possibilities existing beyond fear…☆恐怖の向こう側には 無限の可能性が。。( 2017.1 宇宙のOpenクラスより)
(2)恐怖心とETの来訪、ハーベストとコロナウイルス、宇宙で起こったパンデミックの意味、エゴと魂 / 《Open the Gate》Message from Saarahat, a wisdom ke
■(4)”進化” への活動、恐怖・萎縮・パニックで感染する、惑星自体の生命エネルギーと交流、私達=小宇宙、経済行為と創造行為 / コロナ 新局面・創造活動と人類の進化ーサアラに緊急ZOOM