ゆきんこの勉強法 | 自修人

unchain yourselves

25 Sep 2020

[心配の種を完全になくさなければ安心できない]というネガティブな目標設定そのものが[心配の種]という[現実]を引き寄せている

[心配の種を完全になくさなければ安心できない]という人は[喜びに生きる人]を見て[脳天気だな]と思っている

  • [喜びに生きる人]を見て[脳天気だな]と思っている時点で、その人は[幸せを受け容れるつもりなし]と宇宙から判定されて、[心配の種]という[現実]を引き寄せ続けることになる。
  • [喜びに生きる人]は、実際には[楽観的]なだけなので、実際に[楽観したとおりの現実]を映し出して、[喜びに生きる]傾向に拍車がかかる。
  • [心配の種の取り除きに生きる人]は、その[悲観的]な【周波数】を発しているがゆえに、実際に[悲観したとおりの現実]を映し出して、[心配の取り除きに生きる]傾向に拍車がかかる。
  • [喜びに生きる人]と[心配の種の取り除きに生きる人]は、異なる【周波数帯域】に位置することになる。
  • [心配の種の取り除きに生きる人]とは、[心配の種をの目たかの目で探し回っている人]であり、発している【周波数】はネガティブである。

[しつけの好きな親御さんの子供ほど不良になる確率が高い]というのは[現実投影]の仕組みからして自然なこと

  • [しつけ]の好きな親御さんは、[心配の種の取り除きに生きる人]であり、こういう親御さんは[子供がグレるのではないか]と過剰に心配をして[しつけ]をしたせいで、実際に[心配したとおりの現実]=[子供がグレるという現実]=[子供が犯罪者になるという現実]を映し出して、[心配の取り除きに生きる]傾向に拍車がかかる。
  • [悲観的な【周波数】をもつ人間]が、思った通りの[現実]を映し出して、悲観的な世界を楽しんでいる構図。
  • バイクの実技試験の一本橋では、視線を向けるべき目標物は、一本橋を渡りきったはるか向こうの無限遠の空間だ。 つまり[一本橋を渡りきった・走りきった]という結果を先に視線を使って予約し、その予約した[現実]を受け取る構図だ。
  • [現実創造]は、こうでなければならない。

[警察官が多い街ほど犯罪が多い]というのは[現実投影]の仕組みからして自然なこと

「警察官が多い街ほど犯罪が多い」…統計に騙されない考え方 | 富裕層向け資産防衛メディア | 幻冬舎ゴールドオンライン

以上の記事は眠った人の記事ですから、私の真実とは違うことも書いてあります。

  • 警察官の[集合意識]が[犯罪者はいないか?]という【周波数】を出して、[犯罪者の出現]という[現実]を映し出す。
  • [犯罪者が増えた]という[現実]が映し出されたので、警察官を増員して、さらに警察官の[集合意識]が[犯罪者はいないか?]という【周波数】を出して、[犯罪者の出現]という[現実]を映し出す。
  • それがループしていく。[ニワトリが先か、タマゴが先か][原因と結果はループする]という回路ができあがる。
  • [類は友を呼ぶ]の法則で、似たような【周波数】をもつ人たちが、[犯罪の街]に吸い寄せられて、やってくる。
  • [犯罪の街]で[共振・共鳴・同期・同調]が発生し、大きな磁場へと成長していく。
  • そして[共振・共鳴・同期・同調]によって、長年、警察官や刑務官をやっていると、犯罪者と同じ【周波数】を身につけてしまうことになる。
  • そして[共振・共鳴・同期・同調]によって、長年、[警鐘けいしょうを鳴らし注意を喚起かんきするために闇の勢力の情報を広報する活動]を展開していると、陰謀論・闇の勢力と同じ【周波数】を身につけてしまうことになる。
  • [心配の種の取り除きに生きる人]とは、[心配の種をの目たかの目で探し回っている人]であり、発している【周波数】はネガティブである。

[大衆が陰謀論を知れば知るほど闇の勢力が元気になる]というのは[現実投影]の仕組みからして自然なこと

【ワクチンを打たない】【スマホを耳に付けて通話しない】という2点ぐらいに気をつけていれば陰謀論など知らなくても大丈夫|いまは[望む未来]にだけ全神経を集中すべきタイミング - ゆきんこの勉強法 | 自修人

[陰謀論・闇の勢力の広報係]をやっている人に共通しているのは、[寂しい]という【周波数】だと思う。

[陰謀論・闇の勢力の情報]という[危機情報]をエサにして自分に注目してもらいたいんだね。

[陰謀論・闇の勢力の情報]を拡散すればするほど、[陰謀論・闇の勢力]という[現実]を映し出す結果となる。

いいかえれば、[警鐘けいしょうを鳴らし注意を喚起かんきするために闇の勢力の情報を広報する活動]を展開している人たちは、実際には[闇の勢力の一員]になってしまっている。

どうしてそうなるのか?  「すべてはエネルギー、すべては波動であり、[共振・共鳴・同期・同調]が起こるから」だよ。 [しゅまじわれば赤くなる]という単純な原理だね。

「マル暴刑事が、暴力団と[共振・共鳴・同期・同調]を起こす」という現象をよく観察してみる。 そうすると、[警鐘けいしょうを鳴らし注意を喚起かんきするために闇の勢力の情報を広報する活動]を展開している人たちが[闇の勢力]と[共振・共鳴・同期・同調]を起こしていることが、よくわかるよね? 

マル暴刑事の服装の趣味が暴力団員風になる理由 (2018年10月9日) - エキサイトニュース

  • 対象が好ましくないと思ったら、相手にするな。【対象から【意識のフォーカス】を外して《見ざる聞かざる言わざるせざる》の状態を維持する】。それは[共振・共鳴・同期・同調]を起こさないためだ。
  • この磁場では、【毒素を除去または拡散するモデル】ではゴールに到達できません。【共振・共鳴・同期・同調を抑制または促進するモデル】で事に当たる必要があるのです。
  • そうすると、暗く沈んでいる人に同情したら[共振・共鳴・同期・同調]が発生して、自分も暗く沈むから、結局、自分としては【ZERO POINT集中維持】を維持して、自分の[音]を出し続ける以外に手立てがないことがわかるよ。
  • [喜びに生きる人]は、実際には[楽観的]なだけなので、実際に[楽観したとおりの現実]を映し出して、[喜びに生きる]傾向に拍車がかかる。
  • そうだとしたら、陰謀論に意識をフォーカスするよりも、例えば、近い将来、自分が住みたい街を想像してみてはどうだろうか? 
  • 私は横浜市保土ケ谷区で生まれたので、桜木町や伊勢佐木町の記憶があり、水の都が好きである。 [横浜の桜木町〔大岡側〕や伊勢佐木町〔吉田川〕周辺][東京の神田川や隅田川周辺][大阪の淀川下流域]で、水質がよくなり、 イルカやマナティなど水の動物が行き来する[大道芸の盛んな水の都]を構想している。
  • チャラン・ポ・ランタンも、ときどき登場するよ。
  • モンパルナス、カルチェラタン、モンサンミッシェルと江ノ島。

モンパルナス - Google 検索
カルチェラタン - Google 検索
モンサンミッシェルと江ノ島 - Google 検索

saku2 13 04 29 2 とんでもない奴らがやってきた  初登場 チャラン ポ ランタン登場
saku2 13 04 30 2 GO! GO! STICK TAKEUMA 逸材チャラン ポ ランタン登場
saku2 13 05 01 2 sakusaku至上最高のやさぐれ人 チャラン ポ ランタン登場
saku2 13 05 02 2 明朗会計です 明朗会計ですよ  逸材 チャラン ポ ランタン登場
saku2 13 05 03 2 多少覚悟して見てください  逸材チャラン ポ登場 ランタン
sakusaku 13 10 28 2またまた登場、やさぐれ、チャラン ポ ランタン
sakusaku 13 10 29 2 老けた! 老けた! 老けたのか? チャラン ポ ランタン登場
sakusaku 13 10 30 2イクラちゃんのモノマネとか チャラン ポ ランタン登場
sakusaku 13 10 31 2 ハ〜イ♡ 腰痛万々歳 チャラン ポ ランタン登場
sakusaku 13 11 01 2 危ない小春ネーサンが大好きでございますチャラン ポ ランタン登場
sakusaku 14 12 08 白羽くんでボロ儲け トンデモ姉妹 チャランポランタン登場
sakusaku 14 12 9 「カワイイは作れる」でパッツン前髪 チャランポランタン登場
sakusaku 14 12 10 モモちゃんの特殊能力でイヌ3匹 チャランポランタン登場
sakusaku 14 12 11 同級生ってわかって...やってらんないっすね チャランポランタン登場
sakusaku14 12 12 まつながあきさんとムスタファ チャランポランタン登場