地球をも浄化する

『目醒めへのパスポート』のp.101~p.102にセント・ジャーメインのバイオレットフレーム(紫色の炎)の使い方が掲載されている。

ワークの要旨|この囲いの情報だけでバイオレット・フレームは使いこなせます ■「私はバイオレット・フレームである」=「私はむらさきの炎である」と心の中で宣言し、燃えさかるバイオレット・フレームに包まれながら、浄化が確実に起こっていることを完全に信頼して、バイオレット・フレームを呼吸し続ける。
■自分が浄化したいと強く望んでいる「感情パターン」「思考パターン」が、バイオレット・フレームによって燃やし尽くされ、その灰が光へと転換されていく場面をイメージする(光への変容)。
■バイオレット・フレームの使い方に慣れてきたら、自分がいる部屋、地域、国、地球といったように、「バイオレット・フレームが包み込み浄化する範囲をどんどん拡大する」ことによって奉仕をする。
■私たちは、セント・ジャーメインから、「あなた方がバイオレット・フレームを使うことによって地球を浄化してほしい」と要請されている。

セント・ジャーメインの第7光線(バイオレット・フレーム)

セント・ジャーメインは、「第7光線(バイオレット・フレーム)をソースから託されて、これを司り守護するアセンデッド・マスター。

いま地球(ガイア)自身も、抜本的な浄化(否定性の解放)の過程にある。

いま地球で暮らす、すべての生きとし生けるものも、抜本的な浄化(否定性の解放)の過程にある。

波動上昇/覚醒シフト/アセンションを果たすためには、「低い」「重たい」「否定的な」周波数を取り外す必要がある。

「低い」「重たい」「否定的な」周波数を取り外すための、きわめてパワフルな「浄化ツール」がセント・ジャーメインが司り守護するバイオレット・フレームである。

バイオレット・フレームは、希望者なら誰でも使うことができる。

バイオレット・フレームは、熱い炎ではなく、「むらさき色の冷たい炎」=「むらさき色の光線」である。

「セント・ジャーメインに心の中で浄化を依頼する」または「私はバイオレット・フレームであると心の中で宣言する」

バイオレット・フレームを使用する方法が2つある。 どちらを使ってもよい。

(1)「セント・ジャーメインに心の中で浄化を依頼する」

「セント・ジャーメインに心の中で浄化を依頼する」とは、「セント・ジャーメインよ、私をバイオレット・フレームで包み浄化してください」と心の中で願い祈ること。

高次の存在たちは、呼んだ瞬間に来てくれる。

(2)「私はバイオレット・フレームであると心の中で宣言する」

「私はバイオレット・フレームである」と心の中で宣言することで「バイオレット・フレームそのもの」と一体化する。

むらさき色に激しく燃え上がる炎に包まれるのをイメージしながら、そのむらさき色の炎を呼吸する

燃えさかるバイオレット・フレームに全身が包まれる場面を想像しながら、同時に、バイオレット・フレームを呼吸する。

自分が浄化したいと強く望んでいる「感情パターン」「思考パターン」が、バイオレット・フレームによって燃やし尽くされ、その灰が光へと転換されていく場面をイメージする(光への変容)。

奉仕|バイオレット・フレームが包み込み浄化する範囲をどんどん拡大する

バイオレット・フレームの使い方に慣れてきたら、自分がいる部屋、地域、国、地球といったように、「バイオレット・フレームが包み込み浄化する範囲をどんどん拡大する」ことによって奉仕をする。

バイオレット・フレームを地球の浄化に使うことは、いまこの瞬間にできる、地球に対するパワフルな奉仕となる。

セント・ジャーメインは、「バイオレット・フレームを、地球の浄化のためにも使ってもらいたい」と私たちに要請している。

信頼|バイオレット・フレームを使うことによって、必要な浄化がおこなわれることを信頼する

バイオレット・フレームを使うことによって、必要な浄化がおこなわれることを信頼しながら、バイオレット・フレームを呼吸する。

バイオレット・フレームによって、自分自身の浄化が進むとともに、自分の目醒めのプロセスが加速される。

バイオレット・フレーム 紫色の浄化の炎 | ~ディバイン◆ソウルフル~

◆バイオレット・フレーム◆

アセンデッド・マスターの
セント・ジャーメインが司る創造の第7光線
「紫色の浄化の炎」を使う方法です。

バイオレット・フレームは
慈悲と許し、聖なる変容を促す
高い周波数の浄化の炎です。

☆使い方☆

・ネガティブな感情が湧き上がってきたら
「セント・ジャーメイン
私を神聖なる神の紫の炎で浄化して下さい。」
と宣言し依頼します。

・紫色の炎をイメージして
自分の足元から紫色の炎が燃え立ち上がり
全身をすっぽり包むのをイメージします。
(これは冷たい炎です)

・紫色の炎に包まれながら
その炎を呼吸と共に全身に取り込みます。

・全身が紫の炎に包まれながら次第に浄化され
自分が内側から眩く白光する炎(または光)に
変わっていくのをイメージします。

・完全に浄化され
自分が白光する炎(または光)に変わり
もうOKだなと思ったら、

数回、深呼吸して
その高い周波数のエネルギーを自分に馴染ませ
セント・ジャーメインに感謝を伝え
終わります。

この紫色の炎を扱うのに慣れてきたら
セント・ジャーメインへの呼びかけは
しなくても大丈夫です。

バイオレット・フレームは、
それ単体で意志を持っています。
紫色の炎を使う意図をして
イメージすれば呼び出せます。

引用元: バイオレット・フレーム 紫色の浄化の炎 | ~ディバイン◆ソウルフル~

バイオレットフレームとアメジストの活用

「クリスタルの浄化」と「クリスタルのリチャージ」

K.Angel’s 水晶や鉱物、石の浄化とリチャージの方法

「クリスタルの浄化」とは、そのクリスタルが記憶している「ネガティブな記憶」「ネガティブなエネルギー」を取り除いて、クリスタルがマザーアースから受け取っている、本来のピュアでクリアでパワフルで元気なエネルギーを、そのクリスタルに取り戻すこと。

クォーツ類={クリアクォーツ、スモーキークォーツ、ローズクォーツ、シトリン、アメジスト……}

クォーツ類は、流水(水道など)に30秒~60秒さらして、浄化されているというイマジネーションをおこないながら浄化する。

水にさらしてはいけない鉱物={例:セレナイト、フローライト、エンジェライト……}

水にさらして浄化するだけでなく、太陽光にさらすことで鉱物にリチャージする必要がある。

クォーツ類={クリアクォーツ、スモーキークォーツ、ローズクォーツ、シトリン、アメジスト……}は、長時間でなければ、直射日光によるリチャージも可能。

ただしアメジストやローズクォーツなどを太陽光に当てると、色があせてしまう場合があるので注意する。

アメジストやローズクォーツなどのリチャージは、「朝~午前中の太陽光に30分~1時間を目安として当てる」ことでおこなう。

「窓際でガラス越しに太陽光に当てる」ことでもリチャージはできる。

「水による浄化」「太陽によるリチャージ」ができない場合、鉱物を両手に持ち、目を閉じて、愛のエネルギー、感謝のエネルギーを鉱物に対して送る。 心の中で愛と感謝の気持ちを思っても、言葉にして愛と感謝の気持ちを述べてもよい。 鉱物に褒め言葉をかける。

ほかに「鉱物を月光浴させる浄化法」「White Sage Smudge Stick(ホワイトセージ スマジスティック)で燻蒸する浄化法」「土中5cm~10cmに埋めて浄化+リチャージする方法」などを1カ月に1度程度おこなう。

Amazon.co.jp: スマッジスティック: ホワイトセージ

塩水、塩の結晶による浄化はオススメしない。

アメジストの説明

K.Angel’s アメジスト水晶🔮のエネルギー

水晶のプログラミング

K.Angel’s 水晶のプログラミング Programming your crystals

セント・ジャーメインのバイオレットフレーム|英語のマントラ

How to Use the Violet Flame Daily - Saint Germain’s Mantra

Saint Germain’s Violet Flame Mantra|I AM a being of violet fire. I AM the purity God desires.

「セント・ジャーメインのバイオレットフレーム」の「英語のマントラ」は、「I AM a being of violet fire. I AM the purity God desires.」=「【読み方】:アイアム・ア・ビーング・オヴ・ヴァイオレット・ファイヤー。アイアム・ザ・ピュリティ・ガッド・ディザイアーズ」という2つのセンテンスからなる短いものだ。

この英語のマントラの意味を日本語(文語)に直すと、「我はむらさきの炎なり。我は神に望まれたる純粋さなり」となる。

英語圏では「ソース」のことを「ソース(source)」といったりする。

英語圏では、「ソース」の人格的な側面を、「the Great I AM Presence」「the Great I AM」「Great I AM」「I AM」というらしい。

それなので、英語のマントラ、あるいは、英語の祈りの言葉では、「I AM」という表現が特別な意味をもつ。

そのため、「I AM」を読み上げるとき、そこを強調的にピッチ(音の高さ)を高めて読むことがある。


神道では「ソース」つまり「宇宙創造神」のことを、造化三神(ぞうかさんしん)={アメノミナカヌシ、タカミムスビ、カミムスビ}と呼ぶらしい。

I AM a being of violet fire.

「バイオレット」=「ヴァイオレット」。
「フレーム」=「フレイム」。
「ファイア」=「ファイアー」=「ファイヤー」。

flame(フレイム)もfire(ファイヤー)も、「火」「炎」「火炎」という同じ意味をもつ単語である。 バイオレット・フレームの別名が2つほどある(下記)。 バイオレット・フレームは、実際には、うすむらさき色の光線であり、高温ではないから燃えはしない。

バイオレット・フレーム(violet flame|むらさきの炎)
= バイオレット・ファイヤー(violet fire|むらさきの炎)
= バイオレット・レイ(violet ray|むらさきの光線)

「a being of」はマントラとして唱えやすくするために「4拍のリズム」をつくる目的で挿入された「とくに意味をもたないフレーズ」と推定されます。 ですから、「a being of」はとくに訳出する必要はないと考えられます。 具体的には「私はむらさきの炎の存在だ」と訳すのはクドいということです。

I AM a being of violet fire.

アイアム・ア・ビーング・オヴ・ヴァイオレット・ファイヤー。

【和訳・現代語】:私はむらさきの炎だ。
【和訳・現代語】:私はむらさき色の炎だ。
【和訳・現代語】:私はバイオレット・フレームだ。

【和訳・文語】:我はむらさきの炎なり。
【和訳・文語】:我はむらさき色の炎なり。
【和訳・文語】:我はバイオレット・フレームなり。

【気持ち】:全身が冷たい紫色の炎におおわれた結果、「ほんらいの自分でない要素」が急速かつ強烈に浄化されているところをイメージする。 紫色の炎におおわれた結果、汚れが粉々に粉砕されて、光へと還元されてゆく場面をイメージしてもよいと思う。 パイプの詰まりが、紫色の炎によって洗い流されてゆく場面をイメージしてもよいと思う。

I AM the purity God desires.

「God desires」の「desires」は、「4拍のリズム」を保ちながら「violet fire」の「fire」と韻を揃えているだけ(押韻)で、「とくに意味をもたないフレーズ」と推定されます。 このマントラ全体としての意味の重点は、「バイオレット・フレームによって私はピュアになっていく(純化されていく)」という点にあるのだと思います。

I AM the purity God desires.

アイアム・ザ・ピュリティ・ガッド・ディザイアーズ

私は神が望む純粋さそのものだ。

【和訳・現代語】:私は神に望まれているしょうじょうさだ。
【和訳・現代語】:私は神に望まれている純粋さだ。

【和訳・文語】:我は神に望まれたるしょうじょうさなり。
【和訳・文語】:我は神に望まれたる純粋さなり。

【気持ち】:我欲や汚れがなく、清らかで、無垢な自分を想像する。

セント・ジャーメインのバイオレットフレーム|ガンコな汚れに! バイオレットフレーム

以下の動画では「セント・ジャーメインのバイオレットフレームはスゲェ」ということが語られている。

Violet Flame Invocation

何を手放しているのかわからなくてもいい「統合」|セント・ジャーメインのバイオレットフレームの「統合」

チヒロ☆なう2019 ⑦

https://youtu.be/Wj4WpprHsh8?t=20m45s

「セドナメソッド」も、「並木先生の統合」も、効果は同じ。

「手放す」=「統合する」

「手放す」と、自分の高いエッセンスになって戻ってくる。

https://youtu.be/Wj4WpprHsh8?t=22m11s

「セドナメソッド」も、「並木先生の統合」も、「セント・ジャーメインのバイオレットフレーム」も、効果は同じ。 「セント・ジャーメインのバイオレットフレーム」は、何を手放しているのかわからなくてもいい。

紫色の炎|バイオレットフレーム|アトランティスからのスピリチュアル・ヒーリング – スピリチュアルBOX

エクササイズ:銀色と紫色の炎
瞑想として、あるいは散歩やガーデニングをしているときに行うことができるが、車や機械を運転しているときに行ってはいけない。
非常に高いスピリチュアルなエネルギーで、人を開かれた状態にする力があるため、大天使ミカエルにそのダークブルーの守護のマントで包んでくれるように頼み、自分の体が包まれている様子を思い描くこと。
1 銀色と紫色の炎を心の中で呼び出す。
リラ色、ラヴェンダー色、薄紫色、すみれ色と銀色の炎に自分が取り囲まれている様子を思い描く。
2 銀色と紫色の炎が燃え上がり、ネガティブなエネルギーを溶かし、燃やしつくしている様子を想像する。
・銀色と紫色の炎が自分の前に燃え上がり、あなたが出会うどんな暗黒のエネルギーも、それを溶かしている様子を想像する。
・炎を病人たちに送る。病人を取り囲んでいるネガティブな要素がすべてやきつくされるのを見守る。
・自分の怒り、恐れ、傷、ネガティブな要素を炎にくべて溶かす。
・調和を乱す人が炎の中にいる様子を思い描く。
・戦争や破滅のエネルギーを清めるために、炎がまわっていく様子を思い描くか、炎をもたらすように天使たちに頼む。
・体に痛みや凝りがある場合は、銀色と紫色の炎がその部位にふれるままにする。
・電話線、あるいはインターネットに炎を送り込み、ウェブを清める。
3.最後に、体の前と後ろで十字架を切るなど守護の象徴を描き、チャクラを閉じる。
この『銀色と紫色の炎による浄化』はセント・ジャーメインのバイオレットフレームに関連しているものの様ですね。
セント・ジャーメインとザドキエル、そしてガブリエルを召喚して浄化する『コズミック・ダイヤモンド・バイオレットフレーム』も とても強力で効果絶大です。

引用元: ダイアナクーパー|銀色と紫色の炎による浄化|アトランティスからのスピリチュアル・ヒーリング – スピリチュアルBOX

聖なる変容の炎 バイオレットフレームとは何か
by metaphysicstsushin · 2016年10月3日
バイオレットフレームとは
バイオレットフレーム(紫の炎)とは、バイオレットファイア、バイオレットレイ(紫の光線)とも呼ばれる神の光であり、慈悲と許し、変容をもたらすスピリチュアルなツールです。誰もが使えるよう、アセンデッドマスター、セントジャーメインによって地球にもたらされました。それは高次に存在する聖なる火であり、多次元的な視覚を持つ人なら一度は見たことがあるでしょう。肉眼で見えないときでも、カメラがキャプチャーすることがあります。バイオレットフレームは実在し、それを使うことで多大なメリットがあります。
・・・・・・・・・・
バイオレットフレームの効果
バイオレットフレームの目的は、人類を神聖な存在に高めることです。重たい感情や行動、カルマなどを、高次のバイブレーションに変容させ、アセンションの準備を整えます。アセンションとは、人類が、キリスト的ともいえる神聖な存在になることであり、そのレベルは誰もが到達することが出来ます。特定の価値観や信条、宗教に限定されません。
・・・・・・
アチューンメントについて
バイオレットフレームを使えるようになるために、祈りの言葉やアファメーションを用意し、それを唱えることでアチューンメントを教える人たちもいますが、セントジャーメインは言葉はそれほど重要ではないと、いつも私に言っていました。バイオレットフレームを使うに当たって、本当に大事なのは、ハートの感覚、それからあなたの願いと誠実さです。あなたの心に一番響く言葉を使ってください。
・・・・・・
バイオレットフレームを呼ぶ
バイオレットフレームの使い方は、限りなくあります。ここにご紹介するのは、30年以上も前にセントジャーメインから聞いた方法で、彼はバイオレットフレームの基礎ワークを人々に教えたいと願っていました。
ステップ1: バイオレットフレームを体に呼び込む
ハイヤーセルフ、マスター、ガイドや天使にお願いして、バイオレットフレームを呼ぶサポートしてもらいましょう。もしくは単に、バイオレットフレームに現れてくださいとお願いするだけでも大丈夫です。どちらでもやりやすい方を選びましょう。実際に見える見えないに関わらず、視覚的にイメージすることが大切です。まずバイオレットフレームがあなたの頭上にあるところを想像しましょう。それからその光のボールをあなたの体全体に下します。
ステップ2: バイオレットフレームを感じる
頭頂から体に入ったバイオレットフレームが、ハートチャクラから抜け、あなたの体の周りを囲みんで、ぐるぐる回るところをイメージしてください。あなたの感情、メンタル、エネルギーボディもすべて包まれます。
ステップ3: 変容させてもらうようお願いする
人生で変えたい、または消去したいと思うこと何でも、バイオレットフレームにお願いしましょう。ショッピングリストのようにたくさんあるかも知れません。カルマ、ネガティブな感情、貧困、ストレス、悲しみ、病気など、なんでもOKです。お願いするときの言葉は、あなたの心から出てくる言葉で構いません。一例を挙げると、「私のアセンションの道のりにおいて、全ての次元、全てのレベル、全ての時間と空間にある障害を変容させてください」などです。
ステップ4: ネガティブさを神聖な光に変え、体を満たす
ネガティブさのもつエネルギー自体は決して失われず、減ったりもしません。ただそれが、高次のバイブレーションに変容するのです。ですからバイオレットフレームにもそうお願いするのが大切です。変えたいエネルギーを選んだら、それが新しいエネルギーとなって、あなたの体とオーラに入るのを感じてください。ここでもう一度、お願いしても構いません。「全てを愛と平和、豊かさ、幸せに変えてください。」バイオレットフレームは、すべてをキリスト意識のゴールデンプラチナの光に変えます。
最後はお礼を言って終わりにします。
・・・・・・・・
バイオレットフレームの祈り
言葉が思いつかない人は、下書きを用意しましたから参考にしてください。
全能なる神、天国の父よ、私の中に表れ、聖なるバイオレットフレームの変容をもたらしてください。全ての細胞、原子にいたるまで、バイオレットフレームで私の体を完全に満たしてください。
バイオレットフレームよ、私のハートに入り、私と私のエネルギーボディを取り囲んでください。私の存在のすべてを、聖なる愛と慈悲、許しで包んでください。
私がこれまでに、あらゆる次元とあらゆる時空、過去現在未来で作り出した全てのカルマ、ネガティブな思考、行動、エネルギーを変容させてください。私のアセンションの道を阻むものを、全て変質させてください。
バイオレットフレームよ、私の存在の全てをキリスト意識のゴールデンプラチナの光に変えてください。
このゴールデンプラチナの光を私に送ってください。私のすべてを満たし、神と共鳴させてください。バイブレーションを今の私に可能な限り上昇させてください。
全ては神の御名のもとに。アーメン。
BASIC INVOCATION OF THE VIOLET FLAME FOR TRANSFORMATION
・・・・・
バイオレットな人生を生きる
バイオレットフレームの力を借りたいときは、いつ呼び出しても構わないのですが、朝晩それぞれにやると大変に効果的です。
またバイオレットフレームのエネルギーを生活に生かすには、以下のような方法もあります。
バイオレット色の服や小物を持つ
バイオレットや紫、ピンク色の花を飾る
アメジストの入ったアクセサリーをつける
自分と他人を許すことを日ごろから行い、古い傷や痛み、怒りを手放すことで、愛と喜びに変容させる
Spiritual Encyclopedia
バイオレットフレームは、基本的にアセンデッドマスターが好きな人とか、天使や神様が好きな人が好んで使います。エネルギーシグネチャーとしては、とにかく優しい感じで、アメジストに近いですかね。フレームと言っても、燃えるような感じではなく、ベールみたいな感じです。ファンが多いのも頷けます。瞑想すれば割とすぐ見えますよ。
自分でよくわからんって人は、アチューンメントもやってみたらいいと思います。

引用元: 聖なる変容の炎 バイオレットフレームとは何か | メタフィジックス通信

USING THE VIOLET FLAME FOR TRANSFORMATION by Troika Saint Germain



Google 翻訳)より引用

 
Where Am I?
comments powered by Disqus