[闇]の受け容れ

自分の[闇]から目をそらさずに自分の[闇]と向き合い自分の[闇]をあるがままに受け容れることが【ZERO POINT定位】=[to have a non-judgmental attitude]=[分け隔てのない中立的な態度を保つこと]

[統合]の発生要件|[闇]を[現に存在するもの]として認め、受容する [対象を非難的に捉える原因となる【信念体系・プログラミング】【観念】]がある。 [対象を非難的に捉えること]から[ネガティブ感情]が発生する。 対象に対して、何らの【信念体系・プログラミング】【観念】をもたず、対象を