ゆきんこの勉強法 | 自修人

unchain yourselves

05 Jun 2020

シフトへのヒント:[頑固力]と[素直力]を[宇宙のため]を意識して使い分ける

[頑固力]:stubbornnessスタボーンネス

[頑固力]とは[ブレないしぶとさ]のことでstubbornnessスタボーンネスといいます。

[これが宇宙にとってプラスになる]と思えば、[頑固力]=[ブレないしぶとさ]を発揮するのが適切です。

宇宙の性質は、[生々流転・千変万化・常時循環・無常][愛と許しと感謝][他者の尊厳を尊重する][自立心・独立心][自由意志][気づき・学び・成長][英知]などなどです。

[素直力]:acceptingnessアクセプティングネス

[素直力]とは[変化するべきときに機敏に変化する柔軟さ]のことでacceptingnessアクセプティングネスといいます。

[これが宇宙にとってマイナスになる]と思えば、[素直力]=[変化するべきときに機敏に変化する柔軟さ]を発揮するのが適切です。

宇宙の性質は、[生々流転・千変万化・常時循環・無常][愛と許しと感謝][他者の尊厳を尊重する][自立心・独立心][自由意志][気づき・学び・成長][英知]などなどです。

同じ人がずっと首相や副首相や財務大臣を続けるのは?

[生々流転・千変万化・常時循環・無常]に反しています。

宇宙の自然さからは遠い状態です。

過去に自分がされたイジメや意地悪を何十年も執念深く覚えているのは?

[生々流転・千変万化・常時循環・無常][愛と許しと感謝]に反しています。

宇宙の自然さからは遠い状態です。

[許し]が重要なのは、それが[生々流転・千変万化・常時循環・無常]という宇宙の性質に見合っているからです。

執念深く恨み続けて何十年の人は、その意識の状態が宇宙の性質に反しているため、宇宙からの良き影響が受けられなくなるので、やめてください。

例えば、[自分の妻を殺害した殺人犯]と[自分]は、過去世で親子だったのかもしれません。

つまり[私の人生劇場]において[重要な役割を演じてくれる役者]は、私と縁の深い人である可能性があるのです。

現実というのは芝居であって、ガチで起こっていることではありません。

すべての現実は、ガチではなく、フォトンを使ったホログラムです。

[気づき・学び・成長][英知]などを獲得する目的で、殺人事件という幻想を経験して、そこで自分がどう[気づき・学び・成長]するか、どのような[英知]を獲得するかという、学校なのです、地球は。

それは結局、[自分の妻を殺害した殺人犯]を[愛と許しと感謝]で包み込みなさい、という意味で経験させられていることなのかもしれないのです。

経験から何を学び取るかは、人それぞれに違うと思います。