ゆきんこの勉強法 | 自修人

unchain yourselves

06 May 2020

成長は現状の是認から導き出される

3次元意識からの脱却は1つ1つ点検しながら速攻で手放す

私たちの一挙手一投足が、「4次元の常識したら非常識」であることを認めよう。

自分が物心ついた頃の意識に戻り、いいかえれば、ぜんぶクリアにして、ゼロから人格を立て直したほうが早いと思う。

子供の視点から見て「おかしな常識」を3次元意識として、たくさん身につけてしまった自分を、「その通りだ」と認めよう。

自分は3次元意識に冒された「病気の人」である。

まずはそこからスタートだ。

「3次元意識を自分が使っていること」という現状を承認しなければ成長は始まらない

新常識に切り替えるためには、「自分の現状の意識が異常である件」を是認しなければならない。

3次元意識に「依存心」を抱いているようではいいけない。

自分の本体は、まったくけがれのない完全体である光の玉のようなものらしい。

だから自分の本体が否定されたと思ってはならない。

とにかく、「自分を書き換える」ことが大切だ。

今すぐ始めよう。

言い訳をしない|指摘した相手を責めても「下がる」だけ

指摘されて、「オマエだって人のこと言えた義理か」という典型的な反論があるけれども、これを言ったらアセンションできない。

他者は関係ない。

「指摘される」という現実をつくる波動を放ったのは自分でしかない。

自分の波動に責任をもとう。

また「成長のため」にならないことは、捨て去ろう。

言い訳して成長が促進されるだろうか? 

Noであれば、サクッと意識の方向を変えよう。

価値がないものにフォーカスしても無駄であるどころか、危険ですらある。

一分一秒を惜しんで、3次元意識のクリアリングを続けよう。

成長が早い人は「ああ、そういうところがたしかに私にはある」「今すぐ改める努力を始めよう」と即開始する

ウダウダ言い訳をしているヒマはない。

素直に認めて、速攻で自分の書き換えを始めよう。

新型コロナウイルス騒動が続いているうちに、すべての書き換えが終わるように、今こそ集中するべきときだと思う。


「スピリチュアルなクリアリングの対象(手放しの対象)リスト」「ゆるす人リスト」を作成して、1つ1つ声に出して「縁を切ります」「ゆるします」と宣言していこう。

そのとき、宇宙の愛の根源さまからの「愛と癒しの光」をたっぷりと注いでいこう。

ごまかさないで1つ1つ丁寧に、しかも手早くやっていこう。

「強さ」を発揮する場面は、こういう部分だと思う。

ごまかさないで1つ1つやる。

すべての対象に宇宙の愛の根源さまからの「愛と癒しの光」をたっぷりと注ぐまで根気づよくやる。