α6400|SONYの実験機だと思う

α6400はボディ内手ブレ補正ナシなので、見送ったほうがいいと私は判断する。

α6700〔SONY〕またはα7000〔SONY〕という「α6500〔SONY〕の後継機」を待ったほうがいいと私は考えている。

α6400〔SONY〕はたぶん、α6500〔SONY〕の後継機であるα6700〔SONY〕またはα7000〔SONY〕のバグを出すための「販売形式の実験機」だと思います。

というのも、「セルフィ(自撮り)」と「ボディ内手ブレ補正ナシ」というのが、いかにもマッチしないから。

α6400は自撮りをするために、背面モニター液晶が180度反転して、レンズ側からも撮影画角が視覚的に確認できる仕様になっているのである。

α6400は地鶏用。

自撮りするとは、手持ち撮影で自撮りをするわけである。 それならば「ボディ内手ブレ補正アリ」とするのがふつう。

ところがα6400は「ボディ内手ブレ補正ナシ」であり矛盾する。

「ボディ内手ブレ補正ナシ」にした、というのは、α7000やα6700との差異をつけるためのマーケティング由来の強引なデグレードであろうと思われる。

そして「α6400を何十万台と売って、そこで出たバグや不具合をフィードバックして、α7000やα6700に生かそう」というのが狙いなのだろうと思われる。

4K動画撮影時のクロップファクターがレンズ選びの足を引っ張る

4Kカメラ購入前に必ずチェックすべきクロップファクター SONYとGH5はやっぱりすごかった

重要情報デジカメ・ビデオカメラの4K動画時の焦点距離をまとめてみる
Canon EOS R 相変わらずのクロップ4k | きまぐれブログ
「EOS 70D」の「デュアルピクセルCMOS AF」を理解し、試す (1/2) - ITmedia NEWS
「EOS 70D」の「デュアルピクセルCMOS AF」を理解し、試す (2/2) - ITmedia NEWS

Canonは、動画用カメラでは、オーバーサンプリング方式を採用しています。

オーバーサンプリング CINEMA EOS SYSTEM - Google 検索
オーバーサンプリング XC10 - Google 検索
オーバーサンプリング XC15 - Google 検索

他方Canonは、写真用カメラであるEOSシリーズでは、ドットバイドットという方式で動画を収録しており、オーバーサンプリング方式を採用していないようです。

Canon EOS(スチル機)で撮った動画は、SONY、Panasonic、FUJIFILM、OLYMPUSで撮った動画と比べて、映像のディテールがつぶれているって気づいていますか?  EOSの動画では、いわゆるカリカリの(crispな、crispyな)解像感がないのです。

いちばんカリカリなのは、OLYMPUS機にM.ZUIKO Proを取り付けた状態、あるいは、GH5やGH5Sにパナライカを取り付けた状態です。 マイクロフォーサーズは被写界深度が深くなりがちなので、その意味もあって、クッキリした映像に感じます。

それに匹敵するカリカリ映像なのは、α6500〔SONY〕に「ZEISS仕様の単焦点」や「SIGMAの単焦点」を取り付けた状態だと思います。

さらに、SONYのフルサイズでも、α7R II/α7R IIIという「R」のやつは、高画素なだけあって、かなりの解像感です。 「R」に「ZEISS仕様の単焦点」や「SIGMAの単焦点」を取り付けると、細部までしっかり改造した写真・動画になり、クロップしてもまだ解像感が高い。 バケモノ画質ですよ。

しかも、OLYMPUS機にM.ZUIKO Proを取り付けた状態の場合、クッキリ感を際立たせるエフェクトをきかせているようですけれども、 α7R II/α7R IIIという「R」のやつは、そういうわざとらしいことをしなくても、素のまま、ものすごい解像感です。

FUJIFILMは、解像感はOLYMPUS、SONY、Panasonicほどではありません。 しかしFUJIFILMは、発色がとてもよく、現像いらずです。 現像なんて時間の無駄だと思う人は、FUJIFILMのフィルムシミュレーションがいいです。 しかもFUJIFILMは、高感度ノイズが目立たないという特徴をもちます。

ところが、Canon EOS(スチル機)で撮った動画は、色彩は美しいけれども、解像感が低く、やっぱりオーバーサンプリングしていない動画は、画がダルい感じだな、と思ってしまいます。

よく解像している動画にブラーをかけるのはカンタンですけれども、最初からブラーのかかったようなCanon EOS(スチル機)の動画では、トランスコード〔再エンコード〕していくうちに、どんどん映像がきたなくなっていきます。

Canonのレンズ自体は、Lレンズ以上だとよく解像しますので、Canon EOSというボディで4K動画を撮るということ自体が間違いなのです。 ボディに原因があるのです。

Canonがスチル用カメラではドットバイドットを採用し、オーバーサンプリングを採用しないという姿勢は徹底されているようです。

ですので、スチル用EOSで4K動画を撮ろうとは思わないほうがいいでしょう。

Canon EOSのようにオーバーサンプリング方式を採用しないでいると、4K動画撮影時のクロップファクターが大きくなる。 つまり4Kモードで録画すると、意図せずにズームアップされた画角になってしまう。

ということは、その分を割り引いて、より焦点距離の短い(広角側の)レンズを用意しないと、自撮りにおいて、顔面のどアップになってしまう。

いいかえれば、Canon EOSのように4K動画撮影時のクロップファクターが大きいカメラでは、広角側が使えなくされてしまい、撮影の自由度が大きく損なわれる。

「ワイドコンバージョンレンズ」(ワイコン)を取り付ければいいのだけれども、画面の四隅にケラレが発生することも多いので、ワイコンは邪道だと考えたほうがいい。

レンズの値段を見るとわかるように、焦点距離の短いレンズ(広角レンズ)は、値段がものすごく高い。

苦労して広い画角が得られるレンズを購入したのに、その努力を無にしてしまうのが、4K動画撮影時のクロップファクターが大きくなってしまう状態。

高額な広角レンズを買っても、すべて無駄になってしまう。

したがって、4K動画を撮影する目的なら、スチル用EOSシリーズは、まず避けたほうがいい。

動画用の一眼カメラなら、SONYか、Panasonicか、FUJIFILMか、OLYMPUSからの4者択一である。

Canonとしては、「動画用カメラは別で買わせよう」というマーケティングらしい。

けれども、多くの写真家やビデオグラファーは、「1台のカメラで写真も動画も」という考え方になっている。

Canonの写真用EOSでは、4K動画のクロップファクターが大きめだという点が、きわめてビミョーなので、「4K動画ベースでは、1台のカメラで写真も動画も」という願いが叶えにくい。

ミラーレス一眼市場で、SONYが大きく躍進しているのは、「1台のカメラで写真も動画も」が叶えられるから。

しかもMC-11〔SIGMA〕というマウントコンバーターによって、SONYのEマウント〔SONY〕ボディで、CanonのEFマウント〔Canon〕のレンズが使える。

マウントコンバーター | アクセサリー | SIGMA GLOBAL VISION

これを考えると、「ボディはSONY、レンズはCanonまたはSONY」というのが、1つの有力な方針ということになるだろうと思う。

Canonがおそらくは打つ手を間違えていることに気づいていないため、CanonからSONYへの顧客流出は、今後とも激烈な勢いで続くと思われる。

Canon、SONY、Nikonが三大カメラメーカーになるのだろうなぁ。

そして、α6400とα6700(α7000)によって、EOS MやEOS Kiss M(ミラーレス機)、あるいは、EOS Kiss(一眼レフ機)といったエントリーモデルは、大いに削り込まれてしまうだろうと思う。

とくにEOS Kiss Mは、α6400によって、大きく削り込まれるだろうと思う。 動画性能は、EOS Kiss Mより、α6400のほうが大きくリードしているので、Canonは尻に火が付いていると思う。

さらにα6700(α7000)が登場すると、「EOS Kiss(APS-C)」や「EOSのAPS-Cモデル」は、かなり低迷すると思う。

前身であるα6500〔SONY〕の高性能ぶりからして、α6700(α7000)は、動画性能としては抜群であろうから、

むろん、写真がメインという人であれば、Canonのカメラでも構わない。 しかし動画(とりわけ4K動画も)という話になると、Canonのスチルカメラ(つまりEOSと名の付くもの)はまったくオススメできない。

とにかく、広角側を大切にした動画撮影ならば、4K動画撮影時のクロップファクターの小さいカメラがいい。 そうでないと、広角レンズが無駄になってしまうから。

4K動画撮影時のクロップファクターの小さいカメラは、オーバーサンプリングした、そのカテゴリーのハイエンド機周辺である。

動画用の一眼カメラなら、SONYか、Panasonicか、FUJIFILMか、OLYMPUSからの4者択一である。 これらのメーカーの上位機種を選ぶのが、4K動画を大事にする視点からのカメラ選びということになると思う。

AWS

クラウドならアマゾン ウェブ サービス 【AWS 公式】

AWS 英語読み上げ

【Amazon Polly】(人工知能を活用したテキスト読み上げサービス)| AWS

【Amazon Polly】料金(人工知能を活用したテキスト読み上げサービス) | AWS

AWS 英語翻訳

Amazon Translate – ニューラル機械翻訳 – AWS

Amazon Translate の料金 – アマゾン ウェブ サービス (AWS)

ボイスロイド

VOICEROID+ EXシリーズ - 入力文字読み上げソフト|AHS(AH-Software)

VOICEROID|製品情報|AHS(AH-Software)

製品を探す|製品情報|AHS(AH-Software)

VOICEROID 個人向け商用ライセンス|製品情報|AHS(AH-Software)

VOICEROID+ 琴葉 茜・葵

VOICEROID+ 琴葉 茜・葵|製品情報|AHS(AH-Software)

VOICEROID+ 琴葉 茜・葵〔パッケージ版〕|4560298408859

VOICEROID+ 琴葉 茜・葵〔ダウンロード版〕|4560298408866

VOICEROID+ 琴葉 茜・葵|製品情報|AHS(AH-Software)

VOICEROID+ 月読アイ EX|疑問文での語尾の抑揚上げなし

VOICEROID+ 月読アイ EX|製品情報|AHS(AH-Software)

VOICEROID+ 月読アイ EX〔パッケージ版〕|4560298409252

VOICEROID+ 月読アイ EX〔ダウンロード版〕|4560298409368

VOICEROID+ 月読アイ EX|製品情報|AHS(AH-Software)

VOICEROID+ 月読ショウタ EX|疑問文での語尾の抑揚上げなし

VOICEROID+ 月読ショウタ EX|製品情報|AHS(AH-Software)

VOICEROID+ 月読ショウタ EX〔パッケージ版〕|4560298409276

VOICEROID+ 月読ショウタ EX〔ダウンロード版〕|4560298409375

VOICEROID+ 月読ショウタ EX|製品情報|AHS(AH-Software)

VOICEROID+ 民安ともえ EX

VOICEROID+ 民安ともえ EX|製品情報|AHS(AH-Software)

VOICEROID+ 民安ともえ EX〔パッケージ版〕|4560298409290

VOICEROID+ 民安ともえ EX〔ダウンロード版〕|4560298409382

VOICEROID+ 民安ともえ EX|製品情報|AHS(AH-Software)

VOIDEROID+ 結月ゆかり EX

VOICEROID+ 結月ゆかり EX|製品情報|AHS(AH-Software)

VOIDEROID+ 結月ゆかり EX〔パッケージ版〕|4560298409337

VOIDEROID+ 結月ゆかり EX〔ダウンロード版〕|4560298409405

VOICEROID+ 結月ゆかり EX|製品情報|AHS(AH-Software)

VOICEROID+ 水奈瀬コウ EX

VOICEROID+ 水奈瀬コウ EX|製品情報|AHS(AH-Software)

VOICEROID+ 水奈瀬コウ EX〔パッケージ版〕|4560298409856

VOICEROID+ 水奈瀬コウ EX〔ダウンロード版〕|4560298409863

VOICEROID+ 水奈瀬コウ EX|製品情報|AHS(AH-Software)

VOICEROID+ 東北きりたん EX

VOICEROID+ 東北きりたん EX|製品情報|AHS(AH-Software)

VOICEROID+ 東北きりたん EX〔パッケージ版〕|4560298400112

VOICEROID+ 東北きりたん EX〔ダウンロード版〕|4560298400129

VOICEROID+ 東北きりたん EX|製品情報|AHS(AH-Software)

メグッポイド

文章読み上げソフトウェア|Megpoid Talk|株式会社インターネット

Megpoid(メグッポイド)|株式会社インターネット

 
Where Am I?
comments powered by Disqus