[コロナワクチンの接種によってつくられた抗体]が[変異したコロナウイルス]に触れると、[コロナワクチンの接種によってつくられた抗体]が人体に重大な被害を与える

ワクチン神話を疑え!SARSで17年ワクチンができないわけ【新型コロナと闘う 児玉龍彦×金子勝】20200624

抗体依存性増強=ADE〔Antibodyアンタイボディ Dependentディペンデント Enhancementエンハンスメント

抗体依存性免疫増強とは?~ワクチン接種による副作用について~ | やさしいLPS

児玉龍彦さん(東大先端研がん代謝PT)と金子勝さん(立教大特任教授)にうかがう最新の新型コロナ情報。今回は、「ワクチンができれば解決する」「年末にはワクチンができる」という夢のような解決策の落とし穴。中途半端な抗体でワクチンを作ると、今度はそれが自分の細胞を攻撃し、ワクチンを接種した人がかかると免疫暴走によって逆に犠牲者が増えるという危険があります。だから、SARSも未だにワクチンはできず、今回のワクチンもほんとうの専門家は何年もかかると慎重です。経済の再開を優先し、オリンピックに固執して、「ワクチンできるできる詐欺」があちらでもこちらでも・・。その危険を直視し、開発を待ちながらその間に私たちができることはないか、考えます。

引用元: ◉ワクチン神話を疑え!SARSで17年ワクチンができないわけ【新型コロナと闘う 児玉龍彦×金子勝】2020/06/24 - 飛騨の山猿マーベリック新聞・小沢一郎と共産党アレルギーを捨て野党共闘し自公維から政権奪取しよう♪

そもそも抗体とは、免疫グロブリンというタンパク質のことで、身体の中に侵入したウイルスや細菌などの病原体を攻撃するために体内で作られる免疫物質を指します。
一度作られた抗体は身体の中に記憶されるため、次に同じ病原体に感染した時には素早く機能することができます。このような免疫反応を獲得免疫と言います。一度麻疹にかかると二度とかからないことや、ワクチンを接種すると感染症を予防・軽症化できるのは、このような獲得免疫の機能が働いているからです。
しかし、ワクチンの接種によって、副作用として抗体依存性免疫増強が起こることもあります。これは、デングウイルスやSARS、MARSのコロナウイルスなどの感染症でも見られる現象です。

引用元: 抗体依存性免疫増強とは?~ワクチン接種による副作用について~ | やさしいLPS

抗体依存性免疫増強の発生は、抗体に結合したウイルスが、抗体を利用してマクロファージなど食作用を持つ免疫細胞に感染するからだと考えられています。食細胞がウイルスに感染すると、症状を悪化させる因子を大量に放出するため、病気を重症化させてしまうのです。
このような現象は、ワクチンの中途半端な働きによって、病原体への結合力が低い抗体が存在したり、抗体の量が十分に作られなかったりした場合に発生しやすいと考えられていますが、どういった条件で起きるのかは、はっきりとは明らかになっていません。

引用元: 抗体依存性免疫増強とは?~ワクチン接種による副作用について~ | やさしいLPS

[抗体ができること]が、すなわち[免疫力が高まること]ではない。 コロナワクチンの接種によってつくられた抗体が、[免疫における誤作動]を起こすような中途半端な抗体である場合、コロナワクチンの接種こそが、かえって感染者の命取りになりかねない場合があるわけです。

コロナワクチンの接種によって抗体ができても、抗体が変異株に対抗するときの挙動として、[身体をむしろ害する動き]をする。 このため、[デングウイルスやSARS、MARSのコロナウイルスなどの感染症に対してのワクチンが長年つくれないでいる]という現実があるようです。

[鍵と鍵穴という古い概念]に基づいて、[抗体さえできればいいんだろ?]という、遅れた発想をする研究者が急ごしらえした危険なコロナワクチンを接種すると、それによってつくられた中途半端な抗体が、変異株に感染したときに、いわば暴走する。 これが抗体依存性増強〔ADE〕なのですね。

一言で言えば、ファイザー、モデルナ、アストラゼネカといった、[鍵と鍵穴という古い概念]に基づいて、[抗体さえできればいいんだろ?]という、遅れた発想でつくられた[不良コロナワクチン]であれば、むしろ接種しないほうが安全なのだということです。

ファイザー、モデルナ、アストラゼネカは、抗体依存性増強〔ADE〕という大きな問題があることを秘匿ひとく隠蔽いんぺいしたまま、[鍵と鍵穴という古い概念]に基づいてワクチンをつくっているだけの[技術力の低い会社]です。

ファイザー、モデルナ、アストラゼネカの[不良コロナワクチン]を接種した人が変異株に感染すると症状が重篤化する危険性が高い。 [不良コロナワクチン]は、禁止するのが通常なのに、WHOも、日本の厚生労働省も、禁止していない。 これは、世界的な保健機関や防疫当局が、まともな判断力に基づいて正常に機能しているわけではないのだということです。

信じられない人には、信じられないでしょうけれども、ワクチンの主目的は人間をAI化する仕組みを体内に注入することです。 人間がAI化されると、[闇][魔]の命令で動く人造人間みたいなものになってしまうわけです。

[闇][魔]にしてみれば、コロナワクチンなど効かなくてモトモトだし、人間をAI化する仕組みさえ注入できればOKなんだから、気楽なものだと思いますよ。

WHOも、日本の厚生労働省も、おカネで動かされているのか、暴力で脅されているのか、人間としてAI化されているのかわかりませんけれども、彼らは世界人口を減らす方向で動いています。


●●●【児玉】■政府が信じられなくても~自粛の出口は地域から進めるワクチンと検査【児玉×金子 新型コロナと闘う】20210602
●●●【児玉】■最新情報!早期発見 早期治療で重症化は防げる! 児玉龍彦×金子勝【新型コロナと闘うその先の世界へ】20210501
●●●【児玉】■コロナ変異型がやってきた 宣言解除出口はこっちだ  児玉龍彦×金子勝【新型コロナと闘う その先の世界へ】20210124
●●●【児玉】■【コロナのトリセツ】児玉龍彦・徳田安春・保坂展人のデモタイ厳選4本ご紹介
●●●【児玉】■コロナオーバーシュートに立ち向かう! 児玉龍彦×金子勝【新型コロナと闘う その先の世界へ】20210107
●●●【児玉】■コロナ氷河期と闘う~感染急拡大と世界【児玉龍彦×金子勝×PWJ 新型コロナと闘う】20201214
●●●【児玉】■第3波急拡大 コロナ最新知見とこの冬を乗り切る戦略【児玉龍彦×金子勝 新型コロナと闘う】20201118
●●●【児玉】■ウィズアウトコロナへ 〜経済を動かし日常を取り戻すために【児玉龍彦×金子勝 新型コロナと闘う】20201013
●●●【児玉】■地域別コロナと闘う処方箋~100のやらない理由より踏み出す一歩の大切さ【新型コロナと闘う 児玉龍彦×金子勝】20200820
●●●【児玉】■緊急提言・エピセンター新宿を制圧せよ~まずは30万人PCR検査から【新型コロナと闘う 児玉龍彦×金子勝】20200717
●●●【児玉】■ワクチン神話を疑え!SARSで17年ワクチンができないわけ【新型コロナと闘う 児玉龍彦×金子勝】20200624
●●●【児玉】■全員検査でコロナ克服・検査と治療のシステム構築~前をむいて進むとき【新型コロナと闘う 児玉龍彦×金子勝】200602
●●●【児玉】■コロナと闘う戦略図~抗体検査で見えたこと 日本人には類似の「免疫」?【新型コロナと闘う 児玉龍彦×金子勝】20200516
●●●【児玉】■致死ウイルスに向き合う~恐怖の出口にしないために【新型コロナと闘う 児玉龍彦×金子勝】20200508
●●●【児玉】■新型コロナの真実~長期戦を闘うために【新型コロナと闘う 児玉龍彦×金子勝】20200428
●●●【児玉】■東京を止めなければ日本が滅びる~コロナが迫る思考の転換【新型コロナと闘う 児玉龍彦×金子勝】20200420
●●●【児玉】■自粛で東京は救えるか~ウイルスは変異した!PCRと抗体検査【新型コロナと闘う 児玉龍彦×金子勝】20200412
●●●【児玉】■【金子勝の言いたい放題】No9 検査、検査、検査そして隔離 日本で検査を阻むものは コロナ対策の影と光(児玉龍彦さんと)20200317

気象予報士の依田司氏が新型コロナ感染 テレ朝「グッド!モーニング」など当面休演
スポニチアネックス / 2021年6月29日 17時26分
 テレビ朝日「グッド!モーニング」(月~金曜前4・55)などでおなじみの気象予報士・依田司氏(55)が29日、自身のインスタグラムを更新。新型コロナウイルスに感染したと報告した。出演番組「グッド!モーニング」「サタデーステーション」(土曜後8・54)は当面休演する。ワクチンの副反応と思われた「私に出ていた症状は新型コロナウイルスによるものです」と訂正、謝罪した。
 27日には新型コロナウイルスのワクチンの副反応が重いと報告していたが「解熱剤で昨日(28日)朝には、平熱~微熱程度まで落ち着きました。しかし、ピーク時には一般に副反応として挙げられていない激しい咳、痰、肺の違和感があったため、救急病院にて診察とPCR検査を実施してきました。そして今朝、検査結果が届き、L―452R変異株(インド株)陽性とのことでした。保健所との聞き取り調査では、濃厚接触者なしとのご判断で、感染経路不明とのことです」と明かした。
 「緊急事態宣誓、蔓防にかかわらず、感染症対策は常に怠らず、外食も一切しませんし、仕事場ではスタッフとも隔離されますし、仕事と家の往復を貫いてきました。『グッド!モーニング』と『サタデーステーション』の仕事以外(雑誌等インタビュー、撮影、講演会、イベント司会等)はすべてお断りしてきました。そこまでしても、感染する時はしてしまうのだと虚無感に襲われています。よって、当面の間、『グッド!モーニング』と『サタデーステーション』をお休みすることになります。私はおりませんが、変わらず番組へのご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。ちなみに、現在は平熱。味覚嗅覚あり。若干のダルさがある程度です」
 「この度、新型コロナウイルスワクチンの第1回目の接種をご報告したことから、どんな副反応が出るのか、その後の経過観察をお伝えするのが責務と考えていました。しかしながら、ワクチン接種後にすぐ本来の新型コロナの症状が出てしまったため、まったく役に立たない情報になってしまいました。私に出ていた症状は新型コロナウイルスによるものです。副反応ではありません。これからワクチン接種をされる皆様に、大いなる不安と恐怖を与えてしまったものと想像しております。本当に申し訳ございませんでした」と謝罪。
 「また、保健所の方から救急車を呼びなさいとアドバイスされた時に勝手な判断で従わなかった自分がなんと愚かなんだと今更ながら呆れ返ります。この先、保健所の方に足を向けて寝ることはないでしょう。2度目のワクチン、もちろん受けます。今回みたいなつらい思いはしたくありませんし、誰かにうつしてつらい思いをさせたくありませんから。いま私の体内にいるコロナウイルスを死滅させ、完全なる抗体が出来上がれば、その必要はないのかもしれませんが、お医者さんと相談しながら進めたいと思います。この度は、こんな私のために本当に多くの皆さまに無用なご心配をさせてしまい、誠に申し訳ない気持ちでいっぱいです。皆さまも健康には十分に留意され、私が復帰する時には、お茶の間で元気なお姿を見せて下さいね」とした。

引用元: 気象予報士の依田司氏が新型コロナ感染 テレ朝「グッド!モーニング」など当面休演 - 記事詳細|Infoseekニュース