[愛に基づき生きる]ことを実践する際、何を[これからはしない行為]とするかが、とても大切である

[非暴力を根本とする]という強い決意が必要。

新型コロナワクチン接種の強要・強制は、明らかに国家的暴力であり、[非暴力を根本とする]という基本的な方針にそぐわない。

医療関係者は、[法律が狂っている可能性]をも考慮に入れるべきである。 [そういう決まりになっている][法律でそう決まっている]といっても、[決まり・法律]が良心〔conscienceコンシャンス〕に照らして間違っていると思えば、そういう[決まり・法律]は破る必要がある。 それが、[愛に基づいて生きる]ことの1つの形態であろうと思う。

法律は、[闇][魔]に都合よくつくられた、単なる文章である。

自分の心の底からの愛に基づいて考えたとき、[ウソをついて人をおびえさせてまで接種を迫る]という菅総理大臣・河野担当大臣らの異様さを、医療関係者であるあなたは、どう感じるのか? 

[人を騙してまで接種させる]という狂った政府や大臣によって強行される新型コロナワクチン接種の強要・強制に加担している医療関係者であるあなたは、心が痛まないのか? 

国家的暴力、権力側による暴力に対しては、改革を徹底する必要がある。

その前に、1人1人が、[闇][魔]に都合よくつくられた法令を、果たして遵守する必要があるのかどうかを、よく考えるべきだ。 [人道に悖る法令]というものが、あるんだよ。 法治主義には限界があるんだ。 愛に基づき、法治主義を超えなさい! 

洗脳解除教程|人道にもとる行為・行動を捨て去る決意をする|愛に照らして考えたとき、あなたの行動は恥ずかしくないか?

コロナワクチン接種の事実上の強制・強要にまつわり、人権侵害行為が行なわれているケースを学びの材料にしていこう

  • コロナワクチンは治験中であり、特例承認という脱法行為を厚労省が行なうという、国家的犯罪行為を行なっている。
  • コロナをまき散らしたのも、ワクチンで儲けようとしているのも、同系統の[闇][魔]に支配された集団である。 彼ら[闇][魔]を呼び寄せている私たちの周波数こそが、問題の原因の核心部分である。 私たちが周波数を上げて、[闇][魔]と関わりのない周波数帯域にシフトできれば、[闇][魔]との関係性を断ち切ることができるであろう。
  • おカネをもらって、カンタンに国民を売る政府も、マスコミも、医療関係者も、[闇][魔]にあやつられているだけだ。 彼らそのものを敵視してはならない。
  • 当然、中国共産党〔CCP〕≒リゲルも、この件に関係しているであろうけれども、彼らは[闇][魔]における下部組織にすぎない。 [闇][魔]の大本は、全宇宙の外側にある。 それをも含めて、私たち日本人がひっくり返す。 そのために、私たち日本人は、長い魂の旅路を経験してきたのだ。
  • 私たちは、2021年の壁を乗り越えられなくて、[アセンションへの再挑戦]を数回繰り返しているようだ。 今度こそは、アセンションに成功する必要がある。
  • そのためには、[罪をにくんで人をにくまず]の精神で、全体を最適化する、全体を調和させるために、感情を度外視することも大切だろうと思う。 怒り、憎しみ、悲しみなどにとらわれず、淡々と世の中を整理していこう。

JAL コロナ マスク強制は違法ではないか? マスクしないと搭乗拒否 お願いという強制 約束しないと乗せない 強制なら事前通知するべき 機長権

  • マスクの着用によってコロナを防ぐ効果がある、というエビデンスはない。
  • JALがマスクの着用の強制を行なった件。 これは、個人の尊厳を重んずる。その件について、みんなで考える、よい機会となる。
  • これは、ツーブロック禁止などの違法校則などとも通底する問題だ。
  • これは[メンタリストDaiGo]氏と母校[高輪学園]との確執事案に似ている。
  • 徹底的に調べて、膿を完全に出し切るのがよい。
  • [愛に基づいて]
    • [合いに基づいて]=[上から押さえつけるのではなく]とは[お互いに話の水準を合わせる]ということ。 また[立場の上下をつくらない、evenイーヴンな関係において、話し合う]ということである。 上から押さえつけるのではなく、相互に考えをすり合わせ、学び合うことで、落としどころを探る。
    • あいに基づいて]=[相互性〔mutualityミューチュアリティー〕に基づいて]=[お互いさまの思想]=[お互いに同じ立場ではないかのしそう]
  • 搭乗拒否の問題は、公共交通機関の職員が、上から目線で[正しくない]というジャッジを行ない、強圧的に従わせたことが、個人の尊厳を侵害するまでに至った、という点で問題なのである。
  • [お互いさま][あいみたがいに]といったイーヴンな関係・イーヴンな思考がわかる人と、わからない人で、格差ができてしまっている。 イーヴンな関係・イーヴンな思考がわからない段階の人、うお座時代の時代性が抜けきっていない人は、みずがめ座の時代、あるいは、新しい地球に適応できないのかもしれない。

JAL コロナ マスク強制は違法ではないか? マスクしないと搭乗拒否 お願いという強制 約束しないと乗せない 強制なら事前通知するべき 機長権限で安全な運行を阻害する場合は搭乗拒否できる LCC 新潟
マスク拒否で国内初の臨時着陸 そもそも「お願い」とは [新型コロナウイルス][ニュース4U]:朝日新聞デジタル
飛行機でのマスク着用について | 小林裕彦法律事務所コラム
ピーチ機で乗客がマスク拒否、騒いで飛行機降ろされる [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル
企業情報 | JALスカイエアポート沖縄株式会社
JALフィロソフィ |企業理念・会社案内|JAL企業サイト
開示請求書(郵送又は窓口で請求される場合の様式のダウンロード) - 国土交通省

[メンタリストDaiGo]氏と母校[高輪学園]との確執事案|校長・元担任・くだんの体育教師は教育者をやめて自己の成長に集中したほうがいい|安易に教育する側に回ると成長が停止する|成長の止まった人は教師を降りなさい

正負の反転|ネガティブをポジティブに転換|闇を光に転換 · ゆきんこの勉強法 | 自修人

理由はわからないけれども、[ごめんなさい][ありがとう]で、[マイナスエネルギーを、プラスエネルギーに転換できる]らしい。 この状況を変えていくためには、とにかく、各部分、各メンバーに対して、[ごめんなさい][ありがとう]というエネルギーを注ぎ込む必要があるらしい。 自然の正常化、人間の心の正常化、人間の思考の正常化、地球の正常化、宇宙の正常化、それらには[ごめんなさい][ありがとう]というエネルギーを注ぎ込む必要があるらしい。


[本当に苦しかったね][私が未熟だったので、あなたの苦しみに気がつかなくてごめんね][あなたに気づかされて、私は1つ学びましたよ。ありがとう]と言えば済むのです。 [相手の現状]をしっかりと認め、自分の未熟さを認め、心からの謝罪をし、気づき・学びと、勇気ある申し出とそこから生まれた智慧の増大に感謝する。 [ごめんなさい]と[ありがとう]の基本で、全体を正常化するだけのことです。 たったこれだけのことを、サクッと終えられないなんて、どこまで心が曲がっているのでしょうか? 

母校から動画(コメント)を消せと抗議が来たので、すべてお話します。
動画コメント削除を求めてきた母校から、回答書が来たので読み上げます。
高輪中学校・高輪高等学校 掲示板 - 学校の評判はインターエデュ
みずほ銀行、相次いだシステム障害 脆弱性を直視しない体質が課題  (1/2ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ):自分を磨く経済情報サイト

警察官の違法職務質問|法務省関連が[闇][魔]のエネルギーに乗っ取られている

強大な権力の行使者である警察官になる階層は、頭脳明晰で善良でなければならない。 実際には、その正反対である。 強大な権力の行使者にふさわしい頭脳をもたない、頭脳をもたないがゆえに、悪辣な警察にすぐに染まってしまう、か弱い魂が警察官になりがちだと思う。

[警察のない地球を実現する]ためには、[市民が警察に力で対抗する]のではない。 それだと、警察と同じ、低い周波数に下がってしまう。

要は、[警察のない地球を実現する]ためには、[警察と同じ周波数を使いたがる魂]を、別枠にするしかない。 現状の私もまた、[警察と同じ周波数を使いたがる魂]の1人なのかもしれない。

よく観察してみるとよい。 警察が異常な職務質問をするのは、東京都内が多い。 要は、警視庁が[闇][魔]のエネルギーに乗っ取られているのであろう。

[都会を離れる]ことが、アセンションと関係しているのかもしれない。

【職務質問をボッコボコに叩く15歳の高校生(一休さん)】持ち物を見せるとも見せないとも言わない曖昧な表現が、警察官に持ち物検査を断念させるコツ【「とんち」で、持ち物検査の拒否に成功】
職務質問断固拒否!これが俺流交渉術、方法だ

出入国在留管理庁|外国人に対する不法人権蹂躙行為|法務省関連が[闇][魔]のエネルギーに乗っ取られている

 名古屋出入国在留管理局(名古屋市)で3月に亡くなったスリランカ人女性、ウィシュマ・サンダマリさん(当時33歳)の死亡直前の様子を記録した監視カメラの映像を遺族らに開示し、同種事件の再発防止の徹底を求める署名活動が7日始まった。全国の学生、市民らがつくる支援団体が厚生労働省で記者会見し発表した。会見に同席したウィシュマさんの妹で次女のワユミさん(28)は「姉がどのように亡くなったのか、映像を自分の目で見て真実を確かめたい」と述べ、支援を訴えた。【和田浩明/デジタル報道センター】
 署名活動を呼びかけているのは「ウィシュマさん死亡事件の真相究明を求める学生・市民の会」。ウィシュマさんとの面会を続けていた名古屋市の支援団体「START」や、外国人労働者や難民らを支援して関東地方で活動する「BOND」、関西地方を拠点とする「TRY」などが関わっている。
 BONDの鎌田和俊事務局長は「遺族や支援者が願っているのはこれ以上犠牲者を出さないことだ。遺族や議員に(監視カメラ映像を記録した)ビデオを開示し真相究明、再発防止徹底を図るべきだ」と、開示などを求める署名活動の理由を説明した。
 ウィシュマさんは2020年8月にビザのオーバーステイで名古屋入管に収容。21年1月中旬ごろから吐き気や体のしびれなどを訴えるようになったため、1月末に「容態観察」で単独室に移された。面会を続けていた支援者らは体調悪化が続いているとして治療のための点滴や入院を求めたが実施されなかった。ウィシュマさんは3月6日に緊急搬送先の病院で死亡が確認された。
 遺族らは上川陽子法相や佐々木聖子出入国在留管理庁長官にも面会して単独室の監視カメラ映像開示を要請したが、「保安上の理由」などから拒否された。
 ワユミさんは会見で、日本でのさまざまな支援に感謝しつつ「ビデオを自分の目で見て、(スリランカで待つ)母親にも真実を伝えたい。入管が出した(姉の死の経緯に関する)中間報告書、これから出す最終報告書は信用できない」と通訳を介して語った。また「入管で姉は殺されたと思う。ビデオを開示しないのは責任を隠すためではないかと強く思っている」と話した。
 生前のウィシュマさんと2回面会したことがあるというSTARTのメンバーで愛知県立大3年の千種(ちくさ)朋恵さん(20)は「2月に面会した時はすでに食事ができず歩けない状態で、このままでは死んでしまうと思った」と発言。名古屋入管の他の収容者の中にも「次は自分ではないかと恐怖に苦しんでいる人がいる」と話し、「事件の真相解明と再発防止を追求したい」と強調した。
 会見には小説家の星野智幸さん、ラジオパーソナリティーのキニマンス塚本ニキさんらも参加した。星野さんは「ウィシュマさんが健康を損ねたのは入管収容がきっかけ。いつから入管は人が生きてよいかを決める組織になったのか。入管は日本社会全体から信用されていない。正直になる以外、組織として立ち直る道はないと思う」と批判した。
 ニキさんはかつて国際人権擁護団体アムネスティ・インターナショナルで難民支援に関わっていた経験に触れ「当時ガーナ人男性が入管職員に制圧された後に死亡する事件があった。今も状況は変わらず悪くなっているのでは。若い人たちの支援、啓発活動が増え入管問題に注目が集まるのはうれしいが、ウィシュマさんのように誰かが犠牲にならなければ構造的人種差別、人権侵害が議論されない現状に強く憤る。市民が声を上げ変化を求めるため圧力を与えなければ」と話した。
 署名活動にはお笑い芸人のせやろがいおじさん、エッセイストの小島慶子さん、小説家の中島京子さん、温又柔さん、俳優の東ちづるさんもコメントを寄せ支持を示した。

引用元: 入管でスリランカ女性死亡 死亡直前のビデオ開示求める署名開始(毎日新聞) - Yahoo!ニュース

精神病院における不法人権蹂躙行為

14歳のときに精神科に入院し、77日間にわたり身体拘束されたAさん。いまもフラッシュバックに苦しむ(記者撮影)
精神疾患により医療機関にかかっている患者数は日本中で400万人を超えている。そして精神病床への入院患者数は約28万人、精神病床は約34万床あり、世界の5分の1を占めるとされる(数字は2017年時点)。人口当たりで見ても世界でダントツに多いことを背景として、現場では長期入院や身体拘束など人権上の問題が山積している。日本の精神医療の抱える現実をレポートする連載の第11回。
「かゆいときも自分ではかけず、寝返りもいっさい打てません。一度大嫌いなクモが天井から降りてきた事があり、動かせない顔の数センチ横に落ちましたが、どうにもできませんでした。身体拘束された77日間で、『死』よりも『いつ地獄が終わるのかわからない生』のほうが、とてつもなく恐ろしいと知りました」
14歳の時に摂食障害(拒食症)で都内の総合病院の精神科に入院し、77日間にわたり身体拘束された女性Aさん(27歳)は当時の経験をそう振り返る。
「思ったより体重あるんだね」の一言をきっかけに
Aさんは中学2年の冬からダイエットを始めた。「始めたきっかけは単純で、学校の友達に『思ったより体重あるんだね』と言われたという、ささいなことでした」
この連載の一覧はこちら
完璧主義者だったAさんは、ほんの少しでも体重が増えると摂取カロリーを過度に抑えるような食事制限を自らに課していた。生理がなくなったりふらついたりする状態を心配した両親とともに、中学3年の春となる2008年5月にこの病院を受診し、入院した。
「医学知識はありませんでしたが、拒食症という病気であるならば治さなければならないと思い、また開放病棟での任意入院と聞き安心し、入院にも納得していました」
受診後、入院するまでの数日間、Aさんはどこかで入院生活を楽しみにしている自分もいたと話す。「今まで病気らしい病気になったことがなかった自分に病名がつき、皆が自分の体を心配してくれることがうれしくすらありました。入院中、友達に手紙を書きたいし、家族の面会も楽しみ、同じ病室・病棟の子と仲良くできたらいいな、などと考えていました」
ところが入院当日、そうした浮かれた考えは一気に打ち砕かれた。案内されたのは病棟の奥にある、ベッドとポータブルトイレだけがある、無機質な独房のような個室だった。鉄格子のついた窓の外はつねに日陰で、その日の天気もわからなかった。

引用元: 14歳の少女が精神病院で体験した「極限の地獄」 | 精神医療を問う | 東洋経済オンライン | 社会をよくする経済ニュース