[情に走って騙される愚]と[理知に走って騙される愚]を超えて[無によって感じ取り判断する智慧]を獲得する

  • 情に走れば[情に走って騙される愚]におちいる。
  • 理知に走れば[理知に走って騙される愚]におちいる。
  • [片方の存在だけが何かよきものを得て、片方の存在だけが何かよきものを失う]というかたよった結論は、調和のとれた結論ではない。
  • [無によって感じ取り判断する智慧]を獲得すれば、みんながそれぞれによくなる結論が導き出される。

【愚者の結論(1)】:コロナへの恐怖に駆られてコロナワクチン接種に走る臆病者が命を落とす

  • 不安、恐怖、怒り、悲しみなど、ネガティブとされる感情を否定してはならないけれども、それらの感情に呑み込まれてもいけない。
  • 不安、恐怖、怒り、悲しみなど、ネガティブとされる感情が実在することをしっかりと意識し、それを受け容れるとともに、それらの感情を制御可能な状態にしておくことが、本当の調和である。
  • [日本人よ立ち上がれ!]と称して、怒りを基調として、[闇][魔]を排斥はいせきするような動きを励起する言説は、[闇][魔]に冒されている。
  • [勇ましい姿]を誇示するような言説は、ハッキリ言って、バカのはなたれ小僧の戯言であり、早期に息が切れるであろうと思う。
  • 戦いは長く厳しいであろう。 本当の情熱は、[勇ましい姿]を誇示するような肉食系の情熱ではなく、深く静かに蓮の花を思い続けるような、そういう情熱である。

【愚者の結論(2)】:ワクチンの有効性というもっともらしい理に騙されコロナワクチン接種に走る臆病者が命を落とす

大阪大学が解明したADEのメカニズム
ファイザーワクチンブースター接種申請へ
ワクチン接種先進国の現状


厚生労働省、記者会見、若者へのワクチンリスク、要望書提出【黒川あつひこ、朝市議会議員、外山まき、根本りょうすけ、大樹町立国民健康保険病院、藤岡洋介、日本保守党、石濱哲信、ジェイエピセンター】
【DHC】2021/6/25(金) 武田邦彦×須田慎一郎×居島一平【虎ノ門ニュース】
Inoue Methods Mentor :「結核既感染 vs. COVID-19仮説」Seminar 1

ワクチン接種後の無理は禁物 「トイレでの力みすぎ」には注意を - トピックス|Infoseekニュース
洗脳解除教程|コロナ治療には、松葉茶に含まれる[スラミン]、抗寄生虫薬[イベルメクチン]、抗マラリア薬[ヒドロキシクロロキン]、[亜鉛]と[ビタミンD3]がいいらしい · ゆきんこの勉強法 | 自修人
  • コロナに感染するのは人間だけではない。 動物もコロナに感染する。
  • 人間がコロナワクチン接種をすることでコロナの変異株/耐性ウイルスを生み出す。 コロナの変異株/耐性ウイルスは、一般に、もともとの株/ウイルスよりも対応しづらくなり強毒化する。
  • コロナの変異株/耐性ウイルスが、動物を経由して、人間界を襲ったとき、ワクチンも薬剤も効かなくなることが考えられる。 -自然界、あるいは、全宇宙という、巨大な循環の中に私たちは生きている。 この巨大な循環において、自分が投げた特大ブーメランが第三の目にヒットして死亡する。 これが最もアホなパターン。
  • 感染力が強く強毒性の変異株/耐性ウイルスは、アストラゼネカの遺伝子組換コロナワクチンの治験が行なわれた国・地域で発生しているように見える部分がある。
  • ワクチンメーカーの研究員は、この巨大な循環において、自分が投げた特大ブーメランが第三の目にヒットして死亡するための準備を着々としている。 それが、ワクチン開発である。 ワクチンメーカーの研究員は、巨大な循環を意識していないのだろうか?  実際、バクテリアの世界では、病院が耐性菌を生み出す温床になっており、病院で耐性菌に感染して、何名もの患者、医師、看護師が死亡することがある。 ワクチン、薬剤の開発は、コロナの変異株/耐性ウイルスを生み出す原因となる。
  • [除菌しすぎ]が[免疫力を弱める]その理屈が、コロナの流行とその防疫施策にも、そのまま当てはまる。 [除菌しすぎ]が[耐性菌を生む]その理屈が、コロナの流行とその防疫施策にも、そのまま当てはまる。 コロナワクチン接種が変異株/耐性ウイルス発生の原因であり、ワクチン接種の進捗しんちょく度が高まるほど変異株/耐性ウイルスは強毒化する。 防疫施策は、すべて逆効果で、取り返しの付かない結果を招くであろう。 [コロナと戦わない]で[個々人が免疫力を高める]ことで乗り切る方法に切り換えるべきタイミングだと思う。 運動量が増えると、細胞を保護する細胞内分泌物質である[抗酸化物質グルタチオン]が増えるので、むしろ普通に日常生活を送ることが、結果的に最も効果の高い防疫施策となる。 若い世代が、ロックイベント/夏フェスに参加することは、集団免疫獲得の好機と捉えることもできる。 発想を逆転させよ!  コロナウイルスが存在する時空では、[感染は止められない]のだという事実を真正面から素直に受け止める必要がある。 感染しても重症化しなければ、それは免疫を獲得するプロセスなのであるから、自然感染そのものを、むしろ歓迎する姿勢が必要。
  • 若い世代において細胞を保護する細胞内分泌物質である[抗酸化物質グルタチオン]の分泌が盛んであり、若い世代はCOVID-19に罹患しても無症状・軽症であることが大半なのであるから、若い世代は社会生活を通常どおり行なえばいい。 それによって、もしも65歳以上の高齢者層がCOVID-19に感染し、たとえ死亡したとしても、それは社会全体が甘受するべき痛みであろうと思う。 船が沈むとき、誰を優先的に救助すべきか?  [子供]と[子供を産む力をもっている女性]と[若者]を優先的に救助するのが、種の保存という観点から必要な実行内容であろう。 それは、生き残り戦略として当然のことである。
  • (1)子供や若者、激しく運動する人は、細胞を保護する細胞内分泌物質である[抗酸化物質グルタチオン]の分泌が盛んであるため、COVID-19に感染しにくい/感染しても軽症であるとも言われる。
    (2)[結核に感染した経歴をもつ人]≒[高齢者層]は、COVID-19に感染しにくい/感染しても軽症であるとも言われる。
    (3)結核そのものではなく、BCGワクチンの接種を受けた人も、COVID-19に感染しにくい/感染しても軽症であるとも言われる。
    日本では、かつて結核が大流行し、BCGワクチンの接種を受けた人も多い。 以上を総合すると、日本では、新型コロナワクチン接種を行なう必要はない。 新型コロナワクチン接種を行なうと、変異株/耐性ウイルスという強毒化したコロナを生む原因となる。 したがって、戦略的に[何もしないでふつうに社会生活を送る]という決断をするのが妥当である。
  • 私たちの免疫力を鍛える。 栄養豊富な食事をして、十分な睡眠をとり、日に当たって運動をしたり、自然に触れたりする。 そのような、身体訓練を習慣化し、まずは基本的な免疫力を高めていく。 それによって、コロナは自然に終息する。
  • [コロナと和する]というのは、西洋的な思想・哲学では、理解できないのだと思う。 だったら、勝手にやってろよ。 日本は日本のやり方でいくぜ。
  • イギリスでは、ワクチン接種を済ませた人々の割合が高いにもかかわらず、さらなる感染者数増大の波が訪れている。 生半可なコロナワクチンで中途半端な抗体が体内にできると、変異株/耐性ウイルスに感染したとき、症状が重篤化する傾向がある〔抗体依存性感染増強(ADE:Antibody-Dependent Enhancement)〕。

BCGは結核を予防するワクチンの通称であり、このワクチンを開発したフランスのパスツール研究所の研究者の名前を冠した菌:Bacille Calmette-Guerin(カルメットとゲランの菌)の頭文字をとったものです。

引用元: 結核とBCGワクチンに関するQ&A|厚生労働省

英国は世界で最もワクチン接種が進んでいる国の1つだが、新たな感染拡大にも直面している。そこでジョンソン氏は、人々の活動を止める代わりにウイルスとの共生を目指すという「賭け」に出た。これは、感染力の強いインド由来の変異株(デルタ株)からワクチンが人々をどれぐらい守れるかを探る世界初の試みでもある。
ジョンソン氏は、デルタ株の急速な浸透で何千人も死者が増える恐れがあると警告した後、行動規制をほぼ全て撤廃するいわゆる「自由の日」を既に4週間先送りし、ワクチン接種率を高める努力をしてきた。そして、足元では成人人口の86%超が1回目の接種を終え、2回とも完了した割合も3分の2近くに達したため、19日を行動制限の最終日に定めたのだ。
ただ、インペリアル・カレッジ・ロンドンの伝染病学者アン・コリ氏は、ロイターに対し、英国が増加を続ける感染者とともに日常を過ごせると宣言するのは早過ぎると警告。規制解除を再び遅らせるのが有益だろうとの見方を示した。コリ氏がかかわっている統計モデルは、ジョンソン氏が「自由の日」をいったん延期する決定を下した際の判断要素の1つになった。
コリ氏は「規制解除延期は時間稼ぎになると思う。われわれにはウイルスの感染力を低下させる介入手段がある」と述べ、追加接種やまだ、英政府が実施を決めていない子どもへの接種などに言及している。

引用元: アングル:コロナ感染増でも規制全面解除、英首相の「賭け」 | ロイター

真実を知りたい

それぞれの動画の概要欄まで、くまなく見てください。

WellBeingチャンネル