[現在の自分の意識状態/波動が近未来を決める]という宇宙の基本を考えたとき、DS〔ディープステート〕の悪行を糾弾きゅうだんモードに溺れてしまうと、波動を下げてアセンションに失敗する方向へ引っ張られてしまうだろう

[現在私たちがどのような立ち位置に追い込まれているのか]という[見当識けんとうしき]を獲得するために、DS〔ディープステート〕の悪行を解説した情報に少しだけ触れることには、一定の意味がある。 そのことは、けっして否定しない。

ただし、DS〔ディープステート〕の悪行を解説した情報を発信する人たちの一部に、[浮き足立っている][調子こいている危険な感じ]を強く受けることがある。

何事にも光と闇がある。

DS〔ディープステート〕の行ないにも、光と闇がある。

例えば、赤十字が献血で集めた血液から、アドレノクロムその他の血液製剤がつくられている。 赤十字には、たしかに闇の部分もあるけれども、光の部分もある。 戦後しばらくは売血があったらしいけれども、売血が禁じられ、献血となった。 一面では、血液を無償提供させて血液製剤の原料とし、それを高値で売りさばいている赤十字という見方もあり得る。 ただし、赤十字の血液製剤で、実際に医療が行なわれ、命が助かっているのも事実である。 そして、売血となれば、医療費は高騰するであろう。

あらゆる存在には、光と闇が両方あり、それらのバランスによって成り立っている。 それは、地球の半分が昼で、残りの半分が夜であることを考えればわかる。

高次存在たちが私たちに知らしめようとしているのは、ある対象を闇だと断定したり、光だと断定したりする愚を脱しなさい、ということであろう。 いや、もっと深読みすれば、もっといろいろなメッセージが含まれているであろう。 それこそ、含蓄の深い現実だということなのである。

高次存在たちが私たちに見せてくれている現実は、[逆転][反転]という共通テーマをもつ。 それは、ある対象を闇だと断定したり、光だと断定したりする愚を脱しなさい、ということであろう、ということである。

[ルックバック|藤本タツキ]|Don’t Look Back In Anger〔Oasis〕

DS〔ディープステート〕の悪行は【終わった過去】として[許し・感謝・謝罪]といった丁重な扱いで切り離していく対象にすぎない。

すべてはエネルギーであり、すべては波動であり、すべては情報である。

[その情報に対して感情を乗っける]など、情報に対して、自分がつながりをもつ端緒を与えないこと、完全に終わりにして、手放すことこそが私たちに本質的に求められている精神作業だと思う。

記憶がトラウマになるのは、[過去の情報/思い出に対して感情を乗っける]ことを反復・反芻はんすうした結果であろうと思う。

[終わったこと]として、それこそ水に流す必要がある。 水は記憶媒体であり、私の記憶を水に転写して、流し去る。 実際、風呂に入ったり、海水浴したりすると、何かが洗い流されて、記憶が浄化されていく気がする。

20.【スピリット】日本人とは ~愛なる日本人へのメッセージ ~ 愛の宇宙へ覆す 宇宙を作った魂達が秘めた可能性 目覚めなくてはいけない理由 2021年を最高のタイムラインで超える

ある情報/記憶にまつわり、未練、思い残しなど、いろいろな感情をもたず、情報/記憶を終わりにして、完全に後腐れなく処置する。 これがアセンションへの早道であろうと思う。

[すべて終わったことなのだ]という深い納得をすることが、私たちの課題である。

風呂に入ったり、海水浴したりすると、何かが洗い流されて、記憶が浄化されていく気がする。

植物の茂る中に入ると、植物たちが、あるいは、植物を育てる霊的存在たちが、癒やしてくれる気がする。

そして、土の中の微生物がちが、私たちを助けてくれる気がする。

自然の中に解決策がある。

したがって、私たちは、怒りをもちながら過去を振り返らないことが何より大切だろう。

DS〔ディープステート〕の悪行について、[終わったことだ]というかたちで、感情の波立ちを終息させる文脈で取り扱っているのは、玲奈さんとKojiroさんのチームぐらいだろうと思う。 やはり玲奈さんとKojiroさんのチームは、視点のレベルが数段上だと思う。

申し訳ないけど、DS〔ディープステート〕の悪行を責めさいなむ系の情報には、汚らしいものを感じてしまう。

ルックバック - 藤本タツキ | 少年ジャンプ+
【雑談】藤本タツキ「ルックバック」の私的感想|あの日は僕らにとっての「9.11」だったのかもしれない…
〝Don’t Look Back In Anger〟oasis LIVE 和訳付き with Lyrics
京アニ - Google 検索
oasis『Don’t Look Back In Anger』歌詞の本当の意味
怒りをこめてふり返れとは - コトバンク