トランプチームが日本で掃討作戦を展開している|対象は主として、子供の人身売買に関わった人たち

トランプ特殊部隊が創価学会本部に突入か!創価信濃町本部、護送用大型バスバス2台突入!7月9日!動 | 日々物語/楽笑楽園
関口祐加 Yuka SekiguchiさんはTwitterを使っています 「@yy197210 @jouji48 コレ?? https://t.co/uZ4zn9pKij」 / Twitter

オリンピック直前の東京都内は、たぶん[ステルスなかたちでの戒厳令下]にあり、[イスラエルの警備関連共同企業体マグナBSP社が指揮をとり、地上では警察が動いている]のだと思います。 先日の豪雨と集中的な落雷は、東京・埼玉・神奈川等の地下施設・トンネルに対する掃討作戦の一環とされます。 それぞれの地下施設・トンネルは、長いトンネルで接続されており、相互に行き来が可能だったようです。 地下施設・トンネルでの掃討作戦では、特殊部隊〔米軍の宇宙軍・自衛隊など〕がその任務にあたっていた(る)ようです。 そして、多くのアドレノクロム〔[白いウサギ]と呼ばれる〕使用者、悪魔崇拝者が掃討されたようです。 もちろん、誘拐された子供たちが解放された様子です。 今回の掃討作戦で保護された子供たちは、メドベッドで治療を受け、欠損した身体を取り戻したり、精神のケアを受けたりしているようです。 ただし、特殊部隊側も、被害を受けたのであろうと推定されます。 国立競技場では、大規模な葬儀が行なわれていたようです。 浦安ディズニーランドの地下にも要塞があり、そこも掃討されたようです。

浦安ディズニーランド、横浜市青葉区のこどもの国などでは、子供が誘拐され、地下要塞に監禁されていたようです。 その子供たちから濃度の高い純粋なアドレノクロムを抽出するために、おぞましい仕打ちを子供に加えていたようです。 要は、人食いを行なっていた人々〔中身は爬虫類系?〕が、日本の中枢部には、大勢いたようです。 [いた]ということは、すでに彼らは処分されたということです。 だから国立競技場で大規模なお葬式を行なったのだと思います。 亡くなった子供たちの肉体のうち、[彼らが必要としている成分を含む上等な部位]以外の部位は、マクドナルドのハンバーガーに混入されて、売られていたようです。 一時期、マクドナルドのハンバーガーに、髪の毛、歯や歯科治療の金属などが含まれていたことが大きな社会問題になりました。 それはマクドナルドのハンバーガーの原料に、子供たちの人肉が使われているからだとされます。

コロナワクチン接種を推進している人たちも、以上のような[愛の通じない存在たち]なのです。 コロナワクチンが、まともな医療製品だと思ったら大間違いです。 コロナワクチンは生物兵器です。

芸能界はアドレノクロムや麻薬に汚染されているようです。 芸能界では、すでに大量逮捕が行なわれた様子であり、テレビに出ているのは[替え玉/ゴム人間]とされます。 芸能界などの有名人で、[闇][魔]に目を付けられると、アドレノクロムの使用、小児性愛など悪の道に入らされる、あるいは、殺されるという二者択一を迫られるようです。 要は、転落するか、殺されるかの二者択一ですね。 芸能界はおぞましい世界なのです。

オリンピックに合わせて、官界・政界・財界などの大掃除が行なわれるようです。 大掃除が行なわれて、浄化されることは、すでに確定しているようですので、あとは自分の心の浄化、心の成長・進化に集中することが大切だと思います。 誰が逮捕されたって、一時金100万円の小切手が手に入ったって、ベーシック・インカムが導入されたって、[外側のこと]ですからね、所詮。 心が成熟していなければ、おカネや霊的パワーが手に入ったとき、カンタンに[闇][魔]に侵入されますからね。 私は、そういうものが手に入ると、絶対に調子こくと思うので、徐々に、ゆっくり慣れていきます。

洗脳解除教程|2021年人身売買報告書:日本|米国政府の正式文書を機械翻訳しています

2021年人身売買報告書:日本
人身売買を監視し、闘うための事務所
このセクションで /
人身売買のプロフィール
日本:Tier 2
日本政府は人身売買撲滅のための最低基準を完全には満たしていませんが、そうするために多大な努力を払っています。 政府は、COVID-19のパンデミックが人身売買防止能力に与える影響を考慮して、前回の報告期間と比較して全体的に増加する取り組みを示しました。 したがって、日本は引き続きTier 2に留まりました。これらの取り組みには、一部の人身売買業者の調査、起訴、有罪判決が含まれていました。 人身売買の被害者を特定する。 市民意識向上キャンペーンの実施を継続します。 しかし、政府はいくつかの重要な分野で最低基準を満たしていませんでした。 当局は、ほとんどすべての場合、より少ない罰則を課し、投獄の代わりに執行猶予付きの判決を下す法律の下で人身売買業者を起訴し、有罪判決を下し続けたが、一部の人身売買業者は罰金のみを受け取った。 有罪判決を受けた人身売買業者に対するこれらの判決は、犯罪を抑止するのに十分なほど厳格ではありませんでした。 大多数の人身売買業者に懲役刑を宣告しなかったことは、抑止力を著しく弱め、人身売買業者に責任を負わせる努力を弱め、犯罪の性質に適切に対処しなかった。 法執行機関を含む政府当局者は、児童の性的人身売買犯罪に体系的に対処しなかったため、人身売買業者は免責されて活動することができました。 外国を拠点とする人身売買業者と国内の人身売買業者は、外国人労働者を搾取するために政府が運営する技能実習制度(TITP)を悪用し続けました。 日本で働いている労働移民の強制労働の報告が続いているにもかかわらず、当局は再び、TITP〔技能実習制度〕で単一の人身売買事件または被害者を積極的に特定しなかった。 TITP〔技能実習制度〕内では、派遣国との協力に関する政府の覚書は、外国を拠点とする労働者採用機関がTITP〔技能実習制度〕参加者間の債務に基づく強制の主要な推進力である過剰な料金を請求することを防ぐのに効果がなく、政府は採用担当者と雇用者に責任を負わせなかった虐待的な労働慣行と強制労働犯罪。 省庁間の利害関係者は、あらゆる形態の人身売買を網羅していなかった、異種の効果のない身元確認および紹介手続きに依拠し続け、それにより当局が脆弱な集団を人身売買について適切にスクリーニングし、あらゆる形態の人身売買の犠牲者を保護することを妨げた。 法執行機関は、ほとんどの場合、人身売買の被害者として正式に指定することなく、商業的性風俗産業で搾取された何百人もの子供を特定し続け、保護サービスや司法手段へのアクセスを妨げました。 不十分な被害者特定慣行に加えて、政府はあらゆる形態の人身売買の被害者に捧げられた特定のサービスを提供しなかった。 あらゆる形態の人身売買犯罪に対処し、人身売買の被害者、特に強制労働と子供および成人の性的人身売買の被害者を特定して保護するという政治的意思の継続的な欠如が、政府の全体的な進展の欠如の一因となった。
優先推奨事項:
性と労働の人身売買事件を精力的に調査して起訴し、有罪判決を受けた人身売買業者に強い判決を下すことによって責任を負わせます。 •人身売買防止法を改正して、懲役の代わりに罰金を科す判決条項を削除し、人身売買犯罪に対する罰則を最大4年以上の懲役にまで引き上げます。 •TITP〔技能実習制度〕やその他のビザ授与ステータスの支援を受けている日本を含む移民労働者の強制労働の犠牲者を特定し、保護サービスを紹介するための標準的な省庁間手順を開発、体系化、および実施します。移民拘禁中。 •被害者のスクリーニングを強化して、第三者の支援なしに商業的セックスで搾取された子供、TITP〔技能実習制度〕に基づく移民労働者、および特定の熟練労働者ビザを含む新しい制度の下で日本に入る移民労働者を含む被害者を適切に特定し、サービスに紹介します。そして、不法行為のために拘留されたり強制送還されたりすることはなく、入国者は彼らに強制的に犯させました。 •性的人身売買と強制労働の男性の犠牲者を特定するための取り組みを強化する。 •人身売買被害者のための指定された避難所を含む、人身売買被害者に専門的なケアと支援を提供するためのリソースを増やし、これらのサービスが外国人と男性の両方の被害者にも利用できるようにします。 •TITP〔技能実習制度〕改革法の監視および施行措置の実施を増やす。これには、技能実習実習機構(OTIT)の職員および入国管理官の被害者の特定に関するトレーニング、NGOとのOTITの調整の改善、TITP〔技能実習制度〕作業計画の承認前のすべての契約の確認、増加雇用主の検査、および過剰な労働者負担の手数料または料金を請求する外国の採用機関との契約の終了。 •必要に応じて、すべての外国人労働者が雇用と産業を変更できるようにする正式なチャネルを確立します。 •雇用主がすべての外国人労働者のパスポートまたはその他の個人文書を保持することを禁止する法律を制定します。 •関連するポリシーを修正して、労働者が支払うすべての採用およびサービス料金の賦課を排除することにより、債務に基づく強制に対する移民労働者の脆弱性を軽減します。 •強制労働に寄与する組織や雇用主による「罰」協定、パスポートの源泉徴収、およびその他の慣行の禁止の施行を強化する。 •海外で児童買春ツアーに従事する日本人を積極的に調査、起訴、有罪判決、処罰する。
検察
政府は不十分な法執行努力を維持した。 日本には、国際法に沿った定義を含む包括的な人身売買防止法がありませんでした。 それは、成人と子供の売春、児童福祉、移民、および雇用基準に関連する異なる刑法法を通じて、性的人身売買および労働者の人身売買犯罪を犯罪とみなしました。 売春防止法第7条は、他人を売春に誘うことを犯罪とし、詐欺的または強制的な手段が使用された場合、最高3年の懲役、または最高100,000円(970ドル)の罰金、および最高3年の懲役および強制または脅迫が使用された場合、最高100,000円(970ドル)の罰金が科せられます。 同法第8条は、被告が第7条に基づいて犯した犯罪を受け取った、受け取る契約を結んだ、または補償を要求した場合、最高5年の懲役および最高200,000円(1,940ドル)の罰金に罰金を引き上げた。児童の売春とポルノグラフィーおよび児童の保護に関連する活動の規制と処罰に関する法律」は、児童の商業的性的搾取に従事し、その仲介者として行動し、勧誘し、最高5年の懲役の罰金を科した。罰金、またはその両方。 この法律はまた、売春または児童ポルノの作成を通じて子供を搾取する目的で子供を購入または売却することを犯罪とし、最大10年の懲役を規定しました。 政府はまた、児童福祉法を使用して人身売買関連の犯罪を起訴しました。児童福祉法は、子供にわいせつまたは有害な行為をさせ、最大10年の懲役または罰金を科す目的で、子供を輸送または収容することを広く犯罪としています。 300万円(29,100ドル)、またはその両方。 雇用保障法(ESA)と労働基準法(LSA)はどちらも、強制労働を犯罪とし、最高10年の懲役または300万円(29,100ドル)以下の罰金を科しました。 しかし、厚生労働省(MHLW)は、LSAに基づく「強制労働」の定義は、国際法に基づく人身売買の定義よりも狭く、実際には、 LSAは人身売買犯罪として扱われませんでした。 国際法の下での人身売買の定義と矛盾して、LSAは犯罪の本質的な要素として搾取を含んでいませんでした。 前回の報告期間と同様に、多くの検察官は、比較的高い罰則が上訴プロセスを引き起こし、全体的な有罪判決率を低下させ、職業上の地位に悪影響を与える可能性が高いとの認識から、ESAおよびLSAの使用を避けたと報告されています。 性的人身売買の懲役の代わりに罰金が科せられた場合、レイプなどの他の重大な犯罪に対して規定された罰則に見合ったものではありませんでした。 市民社会組織は、これらの重複する法令への依存が、特に心理的強制の要素を伴う強制労働を伴う場合に、人身売買犯罪を特定して起訴する政府の能力を引き続き妨げていると報告した。 政府には、パスポートまたは居住者の身分証明書の没収が禁止されているTITP〔技能実習制度〕参加者を除いて、雇用主、採用担当者、または労働者が日本人または外国人の労働者のパスポート、旅行、またはその他の身分証明書を没収することを禁止する法律はありませんでした。 しかし、政府は、この法律を施行したか、報告期間中にTITP〔技能実習制度〕参加者の文書を差し控えたことで雇用主または機関に罰則を科したかどうかを報告しませんでした。 2017年に制定された日本の法律には、証人の賄賂を犯罪とする条項が含まれていました。これにより、当局は一部の人身売買業者に対する司法妨害を追求することができます。 しかし、政府は3年連続で、人身売買事件に対してこれをどの程度実施したかを報告しなかった。
2020年1月から2020年12月まで、政府は48人の加害者容疑者が関与する40件の性的人身売買と10人の加害者容疑者が関与する15件の人身売買を調査した。 合計58人の容疑者のうち、警察は57人を逮捕し、残りの容疑者(子供)を家庭裁判所で取り扱われる検察官に紹介しました。 これは、2019年に政府が人身売買の容疑者39人を調査して逮捕したことと比較されます。2020年に、裁判所は合計50人の人身売買容疑者、42人が性的人身売買、8人が人身売買の起訴を開始しました。 50人の加害者のうち、15人は報告期間の終わりに裁判を保留しており、2人は家庭裁判所に送られました。 政府は、以前の報告期間に開始された事件を含め、報告期間中に50人の加害者を有罪とした。 有罪判決を受けた50人のうち、裁判所は36人の密売人に8か月から13年の禁固刑を言い渡した。 しかし、裁判所はこれらの判決のうち26件を完全に停止したため、人身売買業者は懲役刑に服しませんでした。 10人の人身売買業者が懲役刑を言い渡されました。 裁判所は、50人の密売人のうち14人に、50,000円(485ドル)から800,000円(7,760ドル)の罰金を科しました。 50人の加害者は、児童福祉法および関連する法律の規制と処罰に関する法律を含むがこれらに限定されない、成人と子供の売春、児童福祉、移民、および雇用基準に関連するさまざまな法律の下で有罪判決を受けました。児童買春と児童ポルノおよび児童の保護。 対照的に、2019年に、裁判所は32人の人身売買容疑者を起訴し、さまざまな法律の下で22人の有罪判決を下し、有罪判決を受けた者のうち10か月から2年半の懲役刑に服したのは3人だけでした。 政府は、人身売買犯罪に加担した公務員の調査、起訴、または有罪判決を報告しなかった。
TITP〔技能実習制度〕プログラム内での強制労働指標の有病率が知られているにもかかわらず、政府はTITP〔技能実習制度〕参加者の強制労働への関与について個人を調査、起訴、または有罪判決を下しませんでした。 このプログラム内で人身売買の疑いのある人を特定することに政府が消極的であったため、搾取的な雇用主は免責されて活動することができました。 厚生労働省の労働基準局は、2020年にTITP〔技能実習制度〕職場の8,124件の検査(2019年には9,454件の検査)を実施し、労働基準法および規制の違反についてTITP〔技能実習制度〕参加者の5,766人の雇用者を調査したと暫定的に報告した。 その結果、労働基準局は、2019年に調査のために紹介された33件に対して、2020年に調査のために検察官に36件の事件を紹介した。しかし、政府は、紹介のいずれかが人身売買犯罪に関するものであったかどうかを報告しなかった。 サービス提供NGOは、TITP〔技能実習制度〕職場内で発生している強制労働の特定の申し立てに注意を引くための繰り返しの試みを報告したが、政府は潜在的な人身売買犯罪についてこれらの申し立ての大部分を積極的に調査せず、プログラム内の強制労働の事例を特定しなかった。 政府は、TITP〔技能実習制度〕参加者に対する虐待または暴行の申し立てに対する行政処分として、未知の数の実施組織からのTITP〔技能実習制度〕計画を取り消したと報告した。 しかし、政府はこれらの人身売買疑惑の事件の犯罪捜査を開始しなかった。 TITP〔技能実習制度〕参加者のパスポートと渡航文書の没収を禁止している日本の法律にもかかわらず、政府はこの法律に違反したとされる雇用主の調査を開始しませんでした。 NGOの報告によると、裁判所は、心理的強制を裏付ける証拠の代わりに虐待の物理的指標に過度に依存することを含め、外国人被害者が関与する強制労働事件に対して法外に高い証拠基準を設定し、それによって適切な法執行措置を妨害した。
政府は、実際には、第三者が商業的性行為を助長しない限り、当局が商業的性的搾取の子供を性的人身売買の犠牲者として正式に特定しなかったため、人身売買法に基づく児童の商業的性的搾取を含む事件を調査または起訴しなかったと報告した。 政府は、500人以上の加害者が関与する600件以上の「児童買春」の事例を報告しましたが、政府は、第三者のファシリテーターが関与したかどうかを含め、潜在的な人身売買犯罪についてこれらの事件を調査しませんでした。 379人の子供たちの大多数が人身売買の犠牲者としてこれらの事件に関与しました。 過去数年間、当局はまた、人身売買犯罪として正式に特定することなく、商業的性的搾取に子供が関与する数百のそのような事件を処理した(2019年に784件、2018年に700件以上、2017年に956件)。 専門家は、児童の性的人身売買事件を適切に処理するための法執行機関による努力の欠如は、犯罪の継続的な委託を許容し、永続させたと述べた。 犯罪の蔓延を最小限に抑え続けました。 その結果、人身売買業者に説明責任を負わせ、被害者を保護するための取り組みが弱くなりました。
3年連続のために、政府が中に子どもの人身売買に対して取ら法執行措置報告しませんでした ジョシ 厚生 や未成年者の女子高生-と強要ポルノオペレーションのある大人の男性を結ぶ「JK」の事業-出会い系サービスを。 主要8都道府県は、「JK」事業を禁止する条例、18歳未満の少女が「援助交際サービス」で働くことを禁止する条例、または「JK」事業主に地方公安委員会への従業員名簿の登録を義務付ける条例を維持した。 前回の報告期間と同様に、当局は、条例の条件に違反したために特定または閉鎖したそのような作戦の数を報告しなかった(2019年に報告されていない、137が特定され、2018年に閉鎖されなかった)。 「JK」ビジネスを取り巻く犯罪活動に従事している(2019年に報告されていない、2018年に69人が逮捕された)。 伝えられるところによると、一部の当局は犯罪に気付いていないか、それを起訴する方法がわからず、しばしば法外に高い証拠基準を引用している。
2020年4月、警察庁(NPA)は、全国の県警察に人身売買事件を特定し、他の関連機関と調整するよう指示する通達を発行しました。 しかし、回覧は、警察がそのような事件を特定するのを助ける追加のガイダンスや手順を提供していませんでした。 報告期間中、政府はOTITや外務省(MOFA)を含むさまざまな省庁に人身売買防止訓練を提供した。 政府は、国際機関による訓練を含むいくつかの訓練を延期またはキャンセルした。 連絡先は、主要な法執行官と司法関係者の間の認識の欠如に対処するための追加のトレーニングの緊急の必要性を報告し続けました。
保護
政府は、TITP〔技能実習制度〕内および商業的性的搾取の子供たちの間で人身売買の被害者を正式に特定することに一貫して失敗することを含め、被害者を保護するための不十分な努力を維持した。 標準化されたガイドラインの欠如、省庁間の不十分な調整、およびすべての関連機関間の性と人身売買犯罪の誤解は、犠牲者を特定して保護するための政府の不十分な努力に貢献しました。 政府は、犯罪を自ら報告した被害者であっても、当局が被害者を特定するための全国的な標準的な運用手順やガイドラインを持っていなかったため、彼らのケアへのアクセスが妨げられた。 省庁間の利害関係者は、すべての形態の人身売買、特に児童の性的人身売買と移民労働者の労働者の人身売買を組み込んでいない、異種の不十分な被害者特定手順に従った。 MHLW、入国管理局、NPAなど、いくつかの省庁は人身売買の可能性のある事件を特定できるホットラインを運営し続けましたが、これらのホットラインはいずれも報告期間中に被害者を特定しませんでした。 商業的セックスを禁止する法律の範囲が限られているため、都市の娯楽施設で合法化されているがほとんど規制されていない「配達医療サービス」の商業的セックス行為の範囲内で、子供と大人の広範な被害が発生しました。
2020年に、当局は25人の性的人身売買の犠牲者と13人の労働者の人身売買の犠牲者を特定した。 これには、バーで「ホステス」として働くことを余儀なくされ、政府が人身売買の犠牲者として特定した7人のフィリピン人犠牲者が含まれていました。 これは、「ホステス」として働くことを余儀なくされた12人の女性と少女を含む2019年に特定された47人の人身売買被害者と比較して減少を表しています。 政府は、人身売買の指標の実質的な証拠にもかかわらず、2017年の発足以来、または1993年に設立された前身の組織の在任期間中、TITP〔技能実習制度〕内で強制労働の犠牲者を特定したことはありません。 政府は、2020年に8,000人のTITP〔技能実習制度〕参加者が職を失ったと報告し、そのうちの何人かは搾取的または虐待的な状況のために逃げた可能性があり、身元不明の人身売買の犠牲者であった可能性が高い。 当局は、契約機関で強制労働やその他の虐待的な状況から逃れたTITP〔技能実習制度〕参加者を逮捕し、国外追放し続けた。 一部の労働契約では、日本での勤務中に妊娠または病気にかかったインターンに対して違法な自動帰国条項が定められていました。 報告期間中、一部のTITP〔技能実習制度〕参加者は、パンデミック関連の事業閉鎖のために職を失い、その結果、派遣組織への未払いの債務を返済するための新しい雇用主を見つけることになりました。 しかし、当局は、人身売買のスクリーニングを行わずに不法に転職したとして、一部のTITIP参加者を逮捕しました。 法律は被害者を日本からの強制送還から表面上保護しましたが、当局による脆弱なグループの不適切なスクリーニングは、入国管理違反または人身売買業者が犯すことを強制したその他の違法行為のために一部の被害者の逮捕と拘留につながりました。 政府は2020年の強制強制送還に関する全国統計を報告しておらず、前年と同様に、契約終了前に出国したTITP〔技能実習制度〕参加者に対して入国管理局が実施したスクリーニング面接の数に関するデータも提供していなかった。不当な雇用主が開始した国外追放への成功した介入の数。 さらに、市民社会グループは、政府には、TITP〔技能実習制度〕参加者を含む外国人を人身売買の可能性のある指標について入国管理でスクリーニングする手順がなかったと述べた。
2000年の国連TIP議定書に基づく定義基準に反して、当局は、第三者が商業的性行為を仲介し、何百人もの子供が正式に指定されないようにしない限り、子供を性的人身売買の犠牲者として特定しませんでした。 政府はまた、2000年のUN TIP議定書に基づく定義基準に反して、加害者が「被害者を管理する」ことを要求したため、商業的性別の子どもの事件を子どもの性的人身売買事件として扱っていないと報告した。 一部の州の法執行当局は、前回の報告期間に、日本の同意年齢が異常に低い13、商業的セックスで搾取された子供を人身売買の犠牲者として正式に特定するためのさらに複雑な取り組みを指摘した。 政府は、2020年に警察によって報告された600件を超える「児童買春」(性的人身売買の一種)に関与した379人の子供のうち18人の人身売買被害者のみを特定した。政府は、児童ポルノの男性被害者の約200件の事件を報告した。 「児童買春」は、男性の児童性的人身売買の被害者を特定できなかった。 したがって、政府は、報告期間中に何百もの児童の性的および商業的性的搾取の事件に関与した子供たちに本質的な被害者保護サービスを提供せず、また彼らをNGOに支援を求めなかった。 警察は、LGBTQI +の子供を含む一部の潜在的な児童性的人身売買被害者を非行者として扱い続け、人身売買のスクリーニング、事件の調査、または専門サービスへの紹介の代わりに、彼らの行動についてカウンセリングを行った。
政府は、2020会計年度に人身売買被害者の保護に350万円(約33,950ドル)以上を割り当てました。これは2019会計年度に割り当てられた金額と同じです。この資金提供にもかかわらず、政府は次のような適切な保護サービスを提供できませんでした。国内外の人身売買被害者を含む人身売買被害者への人身売買専用の避難所、心理社会的ケア、および法的援助。 他の犯罪の被害者に焦点を当てた政府が運営する保護オプション、および関連するスタッフは、あらゆる形態の人身売買の被害者に対応するために必要な特定のサービスを提供するための設備が整っていませんでした。 被害者に提供できる政府運営のサービスの利用可能性と質は、人身売買事件に関する県レベルの役人の臨時の経験によって大きく異なりました。 政府は、ある種の性的人身売買を含む性的虐待の被害者のために各県で「ワンストップ支援センター」を運営し続けたが、報告期間中に人身売買被害者がこれらのセンターでサービスを受けたかどうかは報告しなかった。 政府はまた、家庭内暴力やその他の犯罪の被害者と並んで人身売買の被害者に避​​難所を提供できる女性相談所(WCO)と児童指導センターへの資金提供を続けた。 WCOシェルターは、COVID-19予防フェイスマスクや消毒剤などの食料やその他の基本的なニーズに心理的ケアを提供し、WCO職員が同伴すれば施設を自由に離れることができた犠牲者に医療費を負担しました。 しかし、一部のNGOは、これらの施設の体調やサービスが貧弱で、過度に制限されており、人身売買の被害者に必要な専門的なケアを提供するには不十分であると主張し続けた。 当局は、2020年に8人の人身売買被害者がWCOシェルターで支援を受け、2019年の11人と2018年の16人から徐々に減少したと報告した。保護サービスへのこれらの犠牲者。 公務員は、人身売買の被害者が医療提供者に支援を求めた場合、政府が被害者を正式に特定するまで被害者を支援できず、被害者に提供される基本的なサービスが大幅に遅れたと報告しました。 さらに、国際機関とNGOは、ほとんどの外国人身売買被害者は、合法的な居住者被害者が恩恵を受けることができる他の政府提供の社会サービスへのアクセスが制限されているか、まったくないことを報告した。 たとえば、入国管理局は2020年に1人の外国人身売買被害者に在留資格を与え、7人の外国人被害者に「日本に留まる特別許可」を与えたが、これらの被害者に本質的なケアを提供または紹介したかどうかは報告しなかった。 政府は、日本で搾取された国民に保護サービスを提供することを外国大使館に依存し、期待していた。 NGOはまた、外国の犠牲者を保護するための特別な課題として、政府が提供する言語通訳サービスの欠如を強調した。 出身国への帰国の影響を恐れた外国人被害者は、一時的、長期的、永住権の給付を受けることができたが、政府は、報告期間中にこれらの給付を受けた被害者の数を報告しなかった。 政府は、人身売買被害者にカウンセリング、一時的避難、社会復帰、および本国送還サービスを提供するための国際機関を通じてプログラムに資金を提供し続けた。 このプログラムに対する政府の予算は11,000,000円(106,715ドル)で、前の報告期間の15,000,000円(145,520ドル)から減少しました。 このプログラムを通じて、5人の外国人被害者が本国送還の支援を受けました(2019年に14人、2018年に5人、2017年に7人)。
被害者は人身売買業者に補償を求めるために民事訴訟を起こす権利を持っていたが、政府は報告期間中に被害者がそうした事例を報告しなかった。 さらに、TITP〔技能実習制度〕参加者を雇用している虐待的な監督組織および子会社の所有者は、民事または刑事責任から身を守るために破産または偽造された行政変更を頻繁に申請し、強制労働を免責でプログラム全体で継続できるようにしました。 一部の雇用主は、TITP〔技能実習制度〕参加者に、彼らに対して犯された労働虐待の補償を求める機会を減らすために労働組合を去るように圧力をかけた。 したがって、報酬の受領は実際にはほとんど不可能でした。 当局は、3年連続で、報告期間中に被害者に対する裁判所命令による賠償の事例を報告しなかった。 過去数年間、市民社会組織は、強制ポルノの被害者の中には、人身売買業者に対する訴訟に参加しないことを選択したと報告しました。
防止
政府は、非常に脆弱な移民労働者集団の間で適切にそうする政治的意思の欠如を示し続けることを含め、人身売買を防ぐための不十分な努力を維持した。 政府は全国レベルの省庁間調整機関を維持していたが、中央集権化されたリーダーシップの欠如は、人身売買と闘うための関連省庁間の非効率的な調整の一因となった。 政府は引き続き、人身売買防止の取り組みを、時代遅れの2014年の国家人身売買防止行動計画(NAP)に基づいています。 NAPに従い、政府は2020年に市民社会組織と2回会合し、人身売買と闘うための政府の措置を検討したが、これらの会合から具体的な結果が得られたかどうかは報告されなかった。 人身売買と闘うための政府の行動に関する6回目の年次報告書を作成し、2014年のNAPの定められた目標に対する対策を追跡しました。 当局は、NPAの公開ウェブサイトを含むオンラインで、ラジオ番組、ポスター、パンフレット、NGO、入国管理局、労働局に配布されたリーフレット、国内外の外交使節団を通じて情報を広めることにより、人身売買に関する意識を高め続けました。 。 日本でのベトナム人労働者の増加に対応して、報告期間中、NPAは人身売買防止リーフレットにベトナム語の情報を含めた。 NPAはまた、2020年12月に放送された航空業界向けのオンライン人身売買防止プレゼンテーションを作成しました。NPAは、外国政府および国際機関と協力して、空港でポスターを配布し、児童の商業的性的搾取を含む性的搾取についての意識を高めました。児童ポルノの制作。 政府は商業的性行為の需要を減らすために多大な努力を払わず、「JK」ビジネスに関する政府の意識向上コンテンツの多くは、需要源ではなく被害者を対象としていました。 政府は、海外で児童の性的搾取に従事した日本人を起訴する域外管轄権を持っていたが、前の報告期間とは異なり、2020年にこの管轄下での児童買春ツアーの事件を調査または起訴したことは報告しなかった。
政府は、2016年の技能実習制度の適切な訓練と技能実習生の保護に関する法律(TITP〔技能実習制度〕改革法)の実施を継続しました。 TITP〔技能実習制度〕改革法は、厚生労働省が、TITP〔技能実習制度〕参加者とその雇用主によって共同で開発された生活条件、労働時間、およびその他の要因を概説する作業計画を承認することを義務付けました。 2020年11月から2021年1月中旬まで、政府は55,754人のTITP〔技能実習制度〕参加者の参加を許可しました。 しかし、当局は、送受信組織の契約間、またはこれらの契約と参加者の作業計画の間の統一を確保するための監視手順を完全に実施しなかったため、多くの参加者が強制労働を含む労働虐待に対して脆弱になりました。 政府の暫定データによると、2020年にOTITは、15,318のTITP〔技能実習制度〕実施組織と2,983の監督組織の立入検査を実施したと報告した。 当局は、2018年の8回の取消と比較して、2019年に厚生労働省が承認した労働違反の作業計画を取り消すことを報告しなかった。 一部のオブザーバーは、少数の検査官に比べてTITP〔技能実習制度〕の雇用者と参加者の数が多いため、これらの作業計画には強制力が欠けていると述べた。 2021年2月、厚生労働省は各地域の労働基準検査事務所に、人身売買の可能性のある事件を報告してさらに検討するよう指示を出しました。 報告期間の終了時点で、そのようなケースを報告した事務所があるかどうかは報告されていません。 市民社会グループは、特に参加者の数が増え続けているため、OTITの人員が不足しているため、強制労働を含む虐待の申し立てを適切に調査できないという懸念を表明し続けました。 一部の参加者は、雇用主が契約を突然変更または終了したときに、OTITと厚生労働省が調停の要求に応答しなかったと報告しました。 入国管理局は、TITP〔技能実習制度〕に参加するすべての参加者に、ホットラインと連絡先情報を記載したオリエンテーションパンフレットを発行しました。
政府は、バングラデシュ、ブータン、ビルマ、カンボジア、インド、インドネシア、ラオス、モンゴル、パキスタン、フィリピン、スリランカ、タイ、ウズベキスタン、ベトナムをTITP〔技能実習制度〕参加国として、TITP〔技能実習制度〕に関する協力覚書(MOC)を維持した。 MOCは、日本政府が採用慣行を規制するための主要なツールであり続けたが、政府が派遣国政府に、採用者および派遣組織による虐待的労働慣行および強制労働犯罪の責任を負わせなかったため、ほとんど効果がなかった。 MOCは、政府がTITP〔技能実習制度〕研修生を、労働者に高額の債務を負わせることが知られている「過剰な料金」を参加者に請求しない州承認組織からのみ受け入れることを確認した。 ただし、これらの国の一部の送信組織は、料金制限を回避し、料金の代わりに高い「手数料」を請求することにより、それぞれの政府の承認を確保しました。 したがって、これらの国からの研修生は、日本で一度は借金による束縛のリスクにさらされたままでした。 これは、TITP〔技能実習制度〕研修生の割合が最も高いベトナムの参加者に特に当てはまりました。 一部の日本のTITP〔技能実習制度〕雇用主は、欠勤を防ぎ、労働力を維持する手段として、参加者に給与の一部を強制貯蓄口座に送金することを強制しました。 法務省(MOJ)、厚生労働省、および厚生労働省は、送り出し国に採用手数料違反の申し立てを調査するよう要求することができますが、その慣行に対して送り出し組織に罰則を科すか禁止するかの決定は、送り出し国当局の裁量に委ねられました。 厚生労働省、厚生労働省、厚生労働省は、報告期間中に調査のために79の送信組織による送信国への不正行為を報告した。
政府は、2018年に設立された「特別熟練労働者」ビザプログラムを引き続き実施し、2020年に15,663人の外国人労働者が日本に入国し、建設、造船、介護、およびその他10のセクターで5人以上の労働力不足が確認されました。 -年の期間。 2020年にこのシステム内で強制労働の事例は報告されなかったが、オブザーバーは、TITP〔技能実習制度〕に固有のものと同様に、強制労働を含む労働虐待に対して同じ脆弱性を引き起こすこと、および政府の監視措置が同様に欠如していることへの懸念を表明し続けた。 。 伝えられるところによると、このプログラムでは、すでにTITP〔技能実習制度〕に参加している資格のある個人が、ビザを新しく作成されたカテゴリに切り替えて、日本での滞在を延長し、同じセクター内で転職することができました。 日本の法律はまた、営利目的の雇用機関と個人が、ライセンス要件なしで「登録された支援組織」になり、有償で労働者募集仲介業者と雇用者の間で連絡を取ることを可能にしました。 オブザーバーは、これらのサービス料金が、政権の支援の下に入る移民労働者の間で債務に基づく強制の追加のリスクを生み出す可能性があると報告した。 このプログラムの下で、政府は、悪意のあるブローカーや採用担当者を排除するための情報共有のフレームワークを提供する13の政府とMOCを維持しました。
人身売買のプロフィール
過去5年間に報告されたように、人身売買業者は日本人と外国人の男性と女性を強制労働と性的人身売買にさらし、日本人の子供を性的人身売買にさらしている。 人身売買業者はまた、東アジアや北アメリカなどの目的地で被害者を搾取する前に、日本を経由してこの地域の他の場所から被害者を輸送します。 人身売買業者は、主にアジアからの男性と女性の移民労働者を、TITP〔技能実習制度〕などの日本政府が運営するプログラムに参加している企業を含む強制労働の条件にさらしている。 政府は2020年に5人の日本人男性犠牲者を特定した。ある事例では、人身売買業者は、日常的に犠牲者を物理的に攻撃した後、男性犠牲者を低賃金で長時間レストランで働かせた。 日本の急成長している留学生の人口はまた、虐待的でしばしば欺瞞的な労働研究契約条項のために、未熟練労働部門で人身売買の危険にさらされています。 北東アジア、東南アジア、南アジア、ラテンアメリカ、アフリカの男性、女性、子供たちは、雇用や詐欺結婚のために日本に旅行し、性的人身売買の対象となっています。 人身売買業者は、外国人女性と日本人男性の間の不正な結婚を利用して、バー、クラブ、売春宿、マッサージパーラーでの性的人身売買のために女性が日本に入るのを容易にします。 人身売買業者は、債務に基づく強制、暴力または国外追放の脅迫、恐喝、パスポートやその他の文書の没収、およびその他の心理的に強制的な方法を使用して、犠牲者を強制労働または強制商業的セックスに留めています。 雇用主は多くの移民労働者に生活費、医療、その他の必需品の料金を支払うことを要求しており、債務に基づく強制に対して脆弱なままになっています。 売春宿の運営者は、不正行為の疑いで被害者に恣意的に「罰金」を課すことがあり、それによって強制措置として彼らの債務を拡大します。
人身売買業者はまた、日本人や外国人、特に家出をしている10代の少女や少年を性的人身売買の対象にします。 Enjo 湖西 または「補償されたデート」サービスと「JK」事業の変異体、しばしば組織犯罪との結びつきで、日本人の男の子と女の子の性的人身売買を促進し続けます。 伝えられるところによると、中国、韓国、ラオス、フィリピン、シンガポール、ベトナムの未成年の若者もこれらの施設で搾取されています。 このパンデミックは失業と家庭内暴力の急増を引き起こし、一部の日本人女性と少女、特に家出の子供たちが「援助交際」に入るリスクを高めました。 NGOは、人身売買業者がこの目的のために女性と少女に連絡するためにソーシャルメディアサイトをますます使用していると報告しました。 「JK」バーの所有者は、LGBTQI +の若者を含む一部の未成年の少年と少女を、ホステスやクラブのプロモーターとして強制労働にさらす可能性があります。 高度に組織化された商業的セックスネットワークは、地下鉄、人気のある若者のたまり場、学校、オンラインなどの公共の場で、脆弱な日本の女性と少女(多くの場合、貧困や認知障害のある人々)を対象とし、商業的セックス施設での性的人身売買の対象となります。 、小さな音楽パフォーマンス会場、小売スペース、および反射学センター、多くの場合、債務ベースの強制による。 モデルや俳優の配置機関を装った一部のグループは、不正な求人手法を使用して、日本人の男性、女性、少年、少女に漠然とした契約に署名させ、法的措置や妥協した写真の公開を脅かして、ポルノ映画への参加を強制しています。 一部のトランスジェンダーの若者は、性別を確認するケアに資金を提供する手段として、規制されていない都会の歓楽街での雇用を求め、その後、商業的セックスや強制労働に利用されます。 日本の民間移民ブローカーは、日系フィリピン人の子供とそのフィリピン人の母親が日本に移住し、多額の手数料で市民権を取得するのを支援します。 到着すると、これらの女性とその子供たちの何人かは、借金を返済するために性的人身売買の対象となります。 移民ブローカーを装った組織犯罪シンジケートも、これらの家族を欺瞞的な求人で日本に誘い込み、ナイトライフ業界で女性を強制労働と性的人身売買にさらします。 日本人男性は、アジアの他の国々で児童買春ツアーの需要の源であり続けています。
強制労働の事例は、もともと外国人労働者の基本的な技術スキルを育成するために設計された政府運営のプログラムであるTITP〔技能実習制度〕内で継続しており、事実上ゲストワーカープログラムになっています。 バングラデシュ、ブータン、ビルマ、カンボジア、中国、インド、インドネシア、ラオス、モンゴル、パキスタン、フィリピン、タイ、トルクメニスタン、ウズベキスタン、ベトナムからのTITP〔技能実習制度〕参加者は、自国の派遣組織に数千ドルの過剰な労働者負担料金を支払っています。漁業、食品加工、甲殻類栽培、造船、建設、繊維生産、電子部品、自動車、およびその他の大型機械。 TITP〔技能実習制度〕の雇用主は、プログラムの表明された意図に反して、技術的スキルを教えたり開発したりしない仕事に多くの参加者を配置します。 他の人は、彼らが事前に合意した義務と一致しない仕事に参加者を配置します。 これらの労働者の一部は、移動とコミュニケーションの制限された自由、パスポートやその他の個人的および法的文書の没収、国外追放または家族への危害の脅威、身体的暴力、劣悪な生活条件、賃金の飾り付け、および強制労働を示すその他の条件を経験します。 一部の派遣組織は、参加者が労働契約を遵守しなかった場合、数千ドルの罰金を課す「罰則」に署名することを参加者に要求しています。 契約したTITP〔技能実習制度〕の仕事を辞めた参加者は、移民の地位を失い、その後、性的人身売買や強制労働にさらされる人もいると伝えられています。 元TITP〔技能実習制度〕参加者を含む、特定の熟練労働者ビザプログラム内の一部の外国人労働者は、人身売買のリスクにさらされている可能性があります。 NGOは、このビザ制度の支援を受けている日本の移民労働者の90%以上が、2019年以前は脆弱なセクターの元TITP〔技能実習制度〕インターンであったと述べました。

引用元: 日本-米国国務省

2021 Trafficking in Persons Report: Japan
Office to Monitor and Combat Trafficking in Persons
In this section /
JAPAN: Tier 2
JAPAN: Tier 2
The Government of Japan does not fully meet the minimum standards for the elimination of trafficking but is making significant efforts to do so. The government demonstrated overall increasing efforts compared to the previous reporting period, considering the impact of the COVID-19 pandemic on its anti-trafficking capacity; therefore Japan remained on Tier 2. These efforts included investigating, prosecuting, and convicting some traffickers; identifying some trafficking victims; and continuing to implement public awareness campaigns. However, the government did not meet the minimum standards in several key areas. Authorities continued to prosecute and convict traffickers under laws carrying lesser penalties and delivering suspended sentences in lieu of incarceration in nearly all cases, while some traffickers received only fines. These sentences for convicted traffickers were not sufficiently stringent to deter the crime. The failure to sentence the large majority of traffickers to terms of imprisonment significantly weakened deterrence, undercut efforts to hold traffickers accountable, and did not adequately address the nature of the crime. Government officials, including law enforcement, did not systematically address child sex trafficking crimes, allowing traffickers to operate with impunity. Foreign-based and domestic traffickers continued to abuse the government-operated Technical Intern Training Program (TITP) to exploit foreign workers. Despite persistent reports of forced labor among labor migrants working in Japan under its auspices, authorities again did not proactively identify a single trafficking case or victim in the TITP. Within TITP, the government’s memoranda of cooperation with sending countries have been ineffective in preventing foreign-based labor recruitment agencies from charging excessive fees, a key driver of debt-based coercion among TITP participants, and the government did not hold recruiters and employers accountable for abusive labor practices and forced labor crimes. Interagency stakeholders continued to rely on disparate, ineffective identification and referral procedures, which did not cover all forms of trafficking, thereby preventing authorities from properly screening vulnerable populations for trafficking and protecting victims of all forms of trafficking. Law enforcement bodies continued to identify hundreds of children exploited in the commercial sex industry without formally designating them as victims of trafficking in most cases, hindering their access to protection services and judicial recourse. In addition to insufficient victim identification practices, the government did not provide specific services dedicated to victims of all forms of trafficking. Continued lack of political will to address all forms of trafficking crimes and identify and protect trafficking victims, especially victims of forced labor and child and adult sex trafficking, contributed to the government’s overall lack of progress.
PRIORITIZED RECOMMENDATIONS:
Vigorously investigate and prosecute sex and labor trafficking cases, and hold convicted traffickers accountable by imposing strong sentences. • Amend anti-trafficking laws to remove sentencing provisions that allow fines in lieu of imprisonment and increase the penalties for trafficking crimes to include a maximum of no less than four years’ imprisonment. • Develop, systematize, and implement standard interagency procedures for the identification of, and referral to protective services for, victims of forced labor among migrant workers, including those in Japan under the auspices of the TITP and other visa-conferring statuses, and among those in immigration detention. • Enhance victim screening to ensure victims—including children exploited in commercial sex without third party facilitation, migrant workers under the TITP, and migrant workers entering Japan under the new regimes, including the Specified Skilled Worker Visa—are properly identified and referred to services, and not detained or forcibly deported for unlawful acts traffickers compelled them to commit. • Increase efforts to identify male victims of sex trafficking and forced labor. • Increase resources to provide specialized care and assistance to trafficking victims, including designated shelters for trafficking victims, and ensure these services are also available to both foreign and male victims. • Increase implementation of the TITP reform law’s oversight and enforcement measures, including by training Organization for Technical Intern Training (OTIT) personnel and immigration officials on victim identification, improving OTIT coordination with NGOs, reviewing all contracts prior to approval of TITP work plans, increasing employer inspections, and terminating contracts with foreign recruitment agencies charging excessive worker-paid commissions or fees. • Establish formal channels allowing all foreign workers to change employment and industries if desired. • Enact legislation banning employers from retaining all foreign workers’ passports or other personal documents. • Reduce migrant workers’ vulnerability to debt-based coercion by amending relevant policies to eliminate the imposition of all worker-paid recruitment and service fees. • Increase enforcement of bans on “punishment” agreements, passport withholding, and other practices by organizations and employers that contribute to forced labor. • Aggressively investigate, prosecute, convict, and punish Japanese citizens who engage in child sex tourism overseas.
PROSECUTION
The government maintained inadequate law enforcement efforts. Japan did not have a comprehensive anti-trafficking statute that included definitions in line with international law. It criminalized sex trafficking and labor trafficking offenses through disparate penal code laws pertaining to prostitution of adults and children, child welfare, immigration, and employment standards. Article 7 of the Prostitution Prevention Law criminalized inducing others into prostitution and prescribed penalties of up to three years’ imprisonment or a fine of up to 100,000 Japanese yen ($970) if fraudulent or coercive means were used, and up to three years’ imprisonment and a fine of up to 100,000 yen ($970) if force or threats were used. Article 8 of the same law increased penalties to up to five years’ imprisonment and a fine of up to 200,000 yen ($1,940) if the defendant received, entered into a contract to receive, or demanded compensation for crimes committed under Article 7. The “Act on Regulation and Punishment of Activities Relating to Child Prostitution and Pornography and the Protection of Children” criminalized engaging in, acting as an intermediary for, and soliciting the commercial sexual exploitation of a child and prescribed penalties of up to five years’ imprisonment, a fine, or both. The act also criminalized the purchase or sale of children for the purpose of exploiting them through prostitution or the production of child pornography, and it prescribed a maximum penalty of 10 years’ imprisonment. The government also prosecuted trafficking-related offenses using the Child Welfare Act, which broadly criminalized transporting or harboring children for the purpose of causing them to commit an obscene or harmful act and prescribed penalties of up to 10 years’ imprisonment, or a fine of up to 3 million yen ($29,100), or both. The Employment Security Act (ESA) and the Labor Standards Act (LSA) both criminalized forced labor and prescribed penalties of up to 10 years’ imprisonment or a fine not exceeding 3 million yen ($29,100). However, the Ministry of Health, Labor and Welfare (MHLW) reported the definition of “forced labor” under the LSA was narrower than the definition of human trafficking under international law and—in practice—rare cases charged as “forced labor” under the LSA were not treated as human trafficking crimes. Inconsistent with the definition of trafficking under international law, the LSA did not include exploitation as an essential element of the crime. As in the previous reporting period, many prosecutors reportedly avoided using the ESA and LSA due to a perception that the relatively high penalties were more likely to trigger appellate processes that would decrease their overall conviction rates and negatively affect their professional standing. When penalties allowed for fines in lieu of imprisonment for sex trafficking, they were not commensurate with penalties prescribed for other serious crimes, such as rape. Civil society organizations reported that reliance on these overlapping statutes continued to hinder the government’s ability to identify and prosecute trafficking crimes, especially for cases involving forced labor with elements of psychological coercion. The government did not have any laws that prohibited employers, recruiters, or labor agents from confiscating either Japanese or foreign workers’ passports, travel, or other identity documents, except for TITP participants, for whom passport or residential identification confiscation was prohibited. However, the government did not report if it enforced this law or penalized any employers or agencies for withholding TITP participants’ documents during the reporting period. Japanese law—enacted in 2017—contained a provision that criminalized bribery of witnesses, which would allow authorities additional grounds to pursue obstruction of justice charges against some traffickers. However, for the third consecutive year, the government did not report to what extent it implemented this for trafficking cases.
From January 2020 to December 2020, the government investigated 40 cases of sex trafficking involving 48 suspected perpetrators and 15 cases of labor trafficking involving 10 suspected perpetrators; of the 58 total suspects, the police arrested 57 and referred the remaining suspect—a child—to a prosecutor to be handled in family court. This compared with the government’s investigation and arrest of 39 suspected perpetrators of trafficking in 2019. In 2020, courts initiated the prosecution of a total of 50 alleged traffickers, 42 for sex trafficking and eight for labor trafficking. Of the 50 perpetrators, 15 were pending trial at the end of the reporting period, and two were sent to family court. The government convicted 50 perpetrators during the reporting period, including cases that were initiated in previous reporting periods. Out of the 50 convicted, courts sentenced 36 traffickers to prison terms of eight months’ to 13 years’; however, courts fully suspended 26 of these sentences, resulting in the traffickers serving no prison time. Ten traffickers received a sentence to serve imprisonment; courts sentenced 14 of the 50 traffickers to financial penalties only, with fines ranging from 50,000 yen ($485) to 800,000 yen ($7,760). The 50 perpetrators were convicted under a range of laws pertaining to the prostitution of adults and children, child welfare, immigration, and employment standards, including—but not limited to—the Child Welfare Act and the Act on Regulation and Punishment of Acts Relating to Child Prostitution and Child Pornography and the Protection of Children. In comparison, in 2019, courts prosecuted 32 alleged traffickers and secured 22 convictions under various laws, with only three of those convicted serving prison time that ranged from 10 months’ to two and a half years’. The government did not report any investigations, prosecutions, or convictions of government employees complicit in human trafficking crimes.
Despite the known prevalence of forced labor indicators within the TITP program, the government did not investigate, prosecute, or convict any individuals for involvement in the forced labor of TITP participants; the government’s reluctance to identify suspected traffickers within this program allowed exploitative employers to operate with impunity. The Labour Standard Bureau within MHLW provisionally reported conducting 8,124 inspections of TITP workplaces in 2020 (9,454 inspections in 2019) and investigating 5,766 employers of TITP participants for violations of labor standards laws and regulations. As a result, the Labour Standard Bureau referred 36 cases to prosecutors for investigation in 2020, compared with 33 referred for investigation in 2019. However, the government did not report whether any of the referrals were for labor trafficking crimes. Service provision NGOs reported repeated attempts to draw attention to specific allegations of forced labor occurring within TITP worksites, but the government did not proactively investigate the majority of these allegations for potential trafficking crimes and did not identify any cases of forced labor within the program. The government reported it revoked TITP plans from an unknown number of implementing organizations as an administrative penalty for allegations of abuse or assault against TITP participants; the government, however, did not initiate criminal investigations of these incidences of alleged trafficking. Despite Japanese law prohibiting the confiscation of passports and travel documents of TITP participants, the government did not initiate any investigations of employers that allegedly violated this law. NGOs reported courts set prohibitively high evidentiary standards for forced labor cases involving foreign victims, including overreliance on physical indicators of abuse in lieu of evidence supporting psychological coercion, thereby stymying appropriate law enforcement action.
The government reported it did not investigate or prosecute cases involving child commercial sexual exploitation under trafficking statutes because, in practice, authorities did not formally identify children in commercial sexual exploitation as sex trafficking victims unless a third-party facilitated the commercial sex acts. The government reported more than 600 instances of “child prostitution” involving more than 500 perpetrators, but the government did not investigate these cases for potential trafficking crimes—including whether or not they involved a third-party facilitator—and it failed to identify the vast majority of the 379 children involved in these cases as trafficking victims. In previous years, authorities also processed hundreds of such cases involving children in commercial sexual exploitation without formally identifying them as trafficking crimes (784 cases in 2019; more than 700 cases in 2018; 956 cases in 2017). Experts noted the lack of efforts by law enforcement to treat child sex trafficking cases appropriately was permissive of and perpetuated the continued commission of the crime; it continued to minimize the prevalence of the crime; and it resulted in weak—if any—efforts to hold traffickers accountable and protect victims.
For the third consecutive year, the government did not report law enforcement action taken against child sex trafficking in Joshi kosei or “JK” businesses—dating services connecting adult men with underage high school girls—and in coerced pornography operations. Eight major prefectures maintained ordinances banning “JK” businesses, prohibiting girls younger than 18 from working in “compensated dating services,” or requiring “JK” business owners to register their employee rosters with local public safety commissions. Like the previous reporting period, authorities did not report how many such operations they identified or shuttered for violating the terms of the ordinances (unreported in 2019; 137 identified and none closed in 2018), nor did they report arresting any individuals alleged to have been engaged in criminal activities surrounding the “JK” business (unreported in 2019; 69 arrested in 2018). Some authorities were reportedly unaware of the crime or unsure how to prosecute it, often citing prohibitively high evidentiary standards.
In April 2020, the National Police Agency (NPA) issued a circular to prefectural police nationwide which directed them to identify trafficking cases and coordinate with other relevant agencies; however, the circular did not provide additional guidance or procedures that would assist police in identifying such cases. During the reporting period, the government provided anti-trafficking trainings to various ministries, including OTIT and Ministry of Foreign Affairs (MOFA); the government postponed or canceled some trainings, including those conducted by an international organization. Contacts continued to report an acute need for additional training to address the lack of awareness among key law enforcement officials and judicial stakeholders.
PROTECTION
The government maintained insufficient efforts to protect victims, including by consistently failing to formally identify victims of trafficking within the TITP and among children in commercial sexual exploitation. Lack of standardized guidelines, poor coordination among ministries, and misunderstanding of sex and labor trafficking crimes among all relevant agencies contributed to the government’s inadequate efforts to identify and protect victims. The government did not have nationwide standard operating procedures or guidelines for officials to identify victims, even for victims that reported a crime themselves, which thereby impeded their access to care. Interagency stakeholders followed disparate, insufficient victim identification procedures, which did not incorporate all forms of trafficking, especially child sex trafficking and labor trafficking of migrant workers. Several ministries continued to operate hotlines that could identify potential trafficking cases, including MHLW, the immigration bureau, and NPA, but none of these hotlines identified any victims during the reporting period. Due to the limited scope of laws prohibiting commercial sex, widespread victimization of children and adults took place within a legalized but largely unregulated range of “delivery health service” commercial sex acts in urban entertainment centers.
In 2020, authorities identified 25 sex trafficking victims and 13 labor trafficking victims; this included seven Filipina victims who were forced to work as “hostesses” at bars and whom the government identified as victims of labor trafficking. This represented a decrease compared with 47 total trafficking victims identified in 2019, which included 12 women and girls forced to work as “hostesses.” The government has never identified a forced labor victim within the TITP since its inception in 2017 nor during the tenure of its predecessor organization founded in 1993, despite substantial evidence of trafficking indicators. The government reported 8,000 TITP participants disappeared from their jobs in 2020, some of whom likely fled because of exploitative or abusive conditions and were likely unidentified trafficking victims. Authorities continued to arrest and deport TITP participants who escaped forced labor and other abusive conditions in their contracted agencies; some labor contracts featured illegal automatic repatriation clauses for interns who became pregnant or contracted illnesses while working in Japan. During the reporting period, some TITP participants lost their jobs because of pandemic-related business closures, which caused them to find a new employer to pay off their outstanding debts to the sending organization; however, authorities arrested some TITIP participants for illegally changing jobs without screening them for trafficking. Although the law ostensibly protected victims from deportation from Japan, authorities’ inadequate screening of vulnerable groups led to the arrest and detention of some victims due to immigration violations or other unlawful acts traffickers compelled them to commit. The government did not report national statistics on forcible TITP deportations in 2020, and—like in the previous year—it did not provide data on the number of screening interviews immigration authorities conducted of TITP participants departing Japan prior to the end of their contracts nor on the number of successful interventions in unjust employer-initiated deportations. Furthermore, civil society groups noted the government did not have a procedure for screening foreign nationals—including TITP participants—in immigration detention for possible trafficking indicators.
Contrary to definitional standards under the 2000 UN TIP Protocol, authorities did not identify children as victims of sex trafficking unless a third party mediated the commercial sex acts, preventing hundreds of children from formal designation. The government also reported it did not treat cases of children in commercial sex as child sex trafficking cases because—contrary to definitional standards under the 2000 UN TIP Protocol—it required the perpetrator to exercise “control over the victim.” Some provincial law enforcement officials noted in the previous reporting period that Japan’s unusually low age of consent, 13, further complicated efforts to formally identify children exploited in commercial sex as trafficking victims. The government identified only 18 trafficking victims among the 379 children involved in the more than 600 cases of “child prostitution”—a form of sex trafficking—reported by the police in 2020. The government reported approximately 200 incidents of male victims of child pornography and “child prostitution” yet failed to identify any male child sex trafficking victims. Therefore, the government did not provide essential victim protection services to any of the children involved in the hundreds of incidents of child sexual and commercial sexual exploitation during the reporting period, nor did it refer them to NGOs for assistance. Police continued to treat some potential child sex trafficking victims, including LGBTQI+ children, as delinquents and counseled them on their behavior instead of screening them for trafficking, investigating their cases, or referring them to specialized services.
The government allocated more than 3.5 million yen (approximately $33,950) for sheltering trafficking victims in fiscal year 2020, the same amount allocated in fiscal year 2019. Despite this funding—as in prior years—the government failed to provide adequate protection services, such as trafficking-specific shelters, psycho-social care, and legal aid, to trafficking victims including Japanese and foreign trafficking victims. Government-run protection options focused on victims of other crimes, and relevant staff were not equipped to provide the specific services required to accommodate victims of all forms of trafficking. The availability and quality of government-run services that could be provided to victims varied widely according to prefecture-level officials’ ad-hoc experience with trafficking cases. The government continued to operate “one-stop assistance centers” in each prefecture for victims of sexual abuse, including some forms of sex trafficking, but the government did not report if any trafficking victims received services at these centers during the reporting period. The government also continued to fund Women’s Consultation Offices (WCOs) and Child Guidance Centers, both of which could provide shelter for trafficking victims alongside victims of domestic violence and other crimes. WCO shelters provided food and other basic needs—including COVID-19 preventive face masks and disinfectant—psychological care, and coverage of medical expenses to victims, who were free to leave the facilities if accompanied by WCO personnel. However, some NGOs continued to allege the physical conditions and services in these facilities were poor, overly restrictive, and insufficient to provide the specialized care required for trafficking victims. Authorities reported eight trafficking victims received assistance in WCO shelters in 2020, a gradual decrease from 11 in 2019 and 16 in 2018. The government reported 18 victims “self-identified” to authorities during the reporting period, but it did not report providing or referring these victims to protection services. Civil service providers reported that if a trafficking victim sought assistance from a provider, it could not assist a victim until the government formally identified the victim as such, which significantly delayed essential services given to victims. In addition, international organizations and NGOs reported most foreign trafficking victims had limited or no access to other government-provided social services from which legal resident victims could benefit. For example, while Immigration Services Agency granted resident status to one foreign trafficking victim and “special permission to remain in Japan” to seven foreign victims in 2020, it did not report if it provided or referred these victims to essential care. The government relied on and expected foreign embassies to provide protection services to their nationals who were exploited in Japan. NGOs also highlighted a lack of government-provided language interpretation services as a particular challenge to the protection of foreign victims. Temporary, long-term, and permanent residence benefits were available to foreign victims who feared the repercussions of returning to their countries of origin, but the government did not report how many—if any—victims received these benefits during the reporting period. The government continued to fund a program through an international organization to provide counseling, temporary refuge, social reintegration, and repatriation services to trafficking victims; the government’s budget for this program was 11,000,000 yen ($106,715), a decrease from 15,000,000 yen ($145,520) in the previous reporting period. Through this program, five foreign victims received repatriation assistance (14 in 2019; five in 2018; seven in 2017).
Victims had the right to file civil suits to seek compensation from their traffickers, but the government did not report cases in which victims did so during the reporting period. Moreover, the owners of abusive supervising organizations and subsidiary businesses employing TITP participants frequently filed for bankruptcy or falsified administrative changes in order to shield themselves from civil or criminal liability, enabling forced labor to continue throughout the program with impunity. Some employers pressured TITP participants to leave their labor unions to reduce their chances of seeking recompense for labor abuses committed against them. Receipt of compensation awards was therefore nearly impossible in practice. For the third consecutive year, authorities did not report any instances of court-ordered restitution for victims during the reporting period. In previous years, civil society organizations reported some victims of coerced pornography chose not to participate in court proceedings against their traffickers due to fear that doing so would create stigma-based challenges to their reintegration.
PREVENTION
The government maintained insufficient efforts to prevent trafficking, including by continuing to demonstrate a lack of political will to adequately do so among highly vulnerable migrant worker populations. Although the government maintained a national-level interagency coordinating body, the lack of centralized leadership contributed to ineffective coordination among relevant ministries to combat trafficking. The government continued to base its anti-trafficking efforts on an outdated 2014 national anti-trafficking action plan (NAP). In accordance with the NAP, the government met twice in 2020 with civil society organizations to review the government’s measures to combat trafficking, but it did not report if any tangible results came from these meetings. It produced its sixth annual report on government actions to combat trafficking and tracked measures against the stated goals of its 2014 NAP. Authorities continued to raise awareness on trafficking by disseminating information online—including on the NPA’s public website—and through radio programs, posters, and brochures, as well as through leaflets distributed to NGOs, immigration and labor offices, and diplomatic missions in Japan and abroad. In response to an increase in Vietnamese workers in Japan, during the reporting period, NPA included information in Vietnamese in its anti-trafficking leaflets. NPA also produced an online anti-trafficking presentation for the airline industry that aired in December 2020. The NPA—in cooperation with a foreign government and international organizations—distributed posters in airports to raise awareness about sexual exploitation, including commercial sexual exploitation of children and the production of child pornography. The government did not make significant efforts to reduce the demand for commercial sex acts, and many of its awareness-raising content on the “JK” business was targeted toward victims, rather than the demand source. The government had extraterritorial jurisdiction to prosecute Japanese nationals who engaged in child sexual exploitation abroad, but—unlike in the previous reporting period—it did not report investigating or prosecuting any cases of child sex tourism under this jurisdiction in 2020.
The government continued to implement the 2016 Act on Proper Technical Intern Training and Protection of Technical Intern Trainees (TITP reform law). The TITP reform law mandated the MHLW approve work plans outlining living conditions, working hours, and other factors developed jointly by incoming TITP participants and their employers; from November 2020 through mid-January 2021, the government allowed the entry of 55,754 TITP participants. However, authorities did not fully implement oversight procedures to ensure unity among sending and receiving organizations’ contracts nor among these contracts and the participants’ work plans, resulting in discrepant language that left many participants vulnerable to labor abuses, including forced labor. According to the government’s provisional data, in 2020, OTIT reported conducting on-site inspections of 15,318 TITP implementing organizations and 2,983 supervising organizations. Authorities did not report revoking any MHLW-approved work plans for labor violations in 2019, compared with eight revocations in 2018; some observers expressed these work plans lacked enforceability due to the high number of TITP employers and participants relative to the small number of inspectors. In February 2021, MHLW issued instructions to each regional labor standards inspection office to report potential trafficking cases to MHLW for further review; as of the end of the reporting period, it did not report if any offices reported such cases. Civil society groups continued to express concern the OTIT was too understaffed to adequately investigate allegations of abuse, including forced labor, within such a large program—particularly as the number of participants continued to grow. Some participants reported the OTIT and the MHLW were unresponsive to their request for mediation when their employers suddenly changed or terminated their contracts. Immigration officials issued orientation pamphlets with hotlines and contact information to all incoming TITP participants.
The government maintained memoranda of cooperation (MOC) pertaining to the TITP with Bangladesh, Bhutan, Burma, Cambodia, India, Indonesia, Laos, Mongolia, Pakistan, Philippines, Sri Lanka, Thailand, Uzbekistan, and Vietnam as sending countries of TITP participants. MOCs remained the Japanese government’s primary tool to regulate recruitment practices, but they remained largely ineffective because the government failed to hold the governments of the sending countries accountable for abusive labor practices and forced labor crimes by recruiters and sending organizations. The MOCs affirmed the government would accept TITP trainees only from state-approved organizations that would not charge participants “excessive fees” known to place workers in high debt. However, some sending organizations in these countries circumvented the fee restrictions and secured their respective governments’ approval by charging high “commissions” in lieu of fees; trainees from these countries therefore remained at risk for debt bondage once in Japan. This was especially true for Vietnamese participants, who constituted the highest proportion of TITP trainees. Some Japanese TITP employers forced participants to remit portions of their salaries into mandatory savings accounts as a means to prevent their abscondment and retain their labor. The Ministry of Justice (MOJ), MOFA, and MHLW could request that sending countries investigate allegations of recruitment fee violations, but the decision to penalize or ban sending organizations for the practice was at the discretion of sending country authorities. MOJ, MOFA, and MHLW reported to sending countries misconduct by 79 sending organizations for investigation during the reporting period.
The government continued to implement its “Special Skilled Worker” visa program—established in 2018—that allowed 15,663 foreign workers to enter Japan in 2020 and fill positions in construction, shipbuilding, nursing care, and 10 other sectors with known labor shortages over a five-year period. Although there were no reported cases of forced labor within this system in 2020, observers continued to express concern that it would engender the same vulnerabilities to labor abuses, including forced labor, as those inherent to the TITP and that the government’s oversight measures were similarly lacking. The program reportedly permitted qualifying individuals already participating in the TITP to switch their visas to the newly created categories, allowing them to extend their stay in Japan and change jobs within the same sector. Japanese law also enabled for-profit employment agencies and individuals to become “registered support organizations”—with no licensing requirements—to liaise between labor recruitment brokerages and employers for a fee. Observers reported these service fees could create additional risks for debt-based coercion among migrant workers entering under the auspices of the regime. Under this program, the government maintained MOCs with 13 governments that provided a framework for information-sharing to eliminate malicious brokers and recruitment agencies.
TRAFFICKING PROFILE
As reported over the past five years, human traffickers subject Japanese and foreign men and women to forced labor and sex trafficking, and they subject Japanese children to sex trafficking. Traffickers also transport victims from elsewhere in the region through Japan before exploiting them in onward destinations, including East Asia and North America. Traffickers subject male and female migrant workers, mainly from Asia, to conditions of forced labor, including at companies participating in Japanese government-run programs, such as TITP. The government identified five Japanese male victims in 2020. In one of the instances, traffickers forced a male victim to work at a restaurant at a low wage for long hours after physically assaulting the victim on a daily basis. Japan’s fast-growing foreign student population is also at risk for trafficking in the unskilled labor sector due to abusive and often deceptive work-study contract provisions. Men, women, and children from Northeast Asia, Southeast Asia, South Asia, Latin America, and Africa travel to Japan for employment or fraudulent marriage and are subjected to sex trafficking. Traffickers use fraudulent marriages between foreign women and Japanese men to facilitate the entry of women into Japan for sex trafficking in bars, clubs, brothels, and massage parlors. Traffickers keep victims in forced labor or forced commercial sex using debt-based coercion, threats of violence or deportation, blackmail, confiscation of passports and other documents, and other psychologically coercive methods. Employers require many migrant workers to pay fees for living expenses, medical care, and other necessities, leaving them vulnerable to debt-based coercion. Brothel operators sometimes arbitrarily impose “fines” on victims for alleged misbehavior, thereby extending their indebtedness as a coercive measure.
Traffickers also subject Japanese citizens and foreign nationals—particularly runaway teenage girls and boys—to sex trafficking. Enjo kosai or “compensated dating” services and variants of the “JK” business, often with ties to organized crime, continue to facilitate the sex trafficking of Japanese boys and girls; underage youth from China, South Korea, Laos, the Philippines, Singapore, and Vietnam are also reportedly exploited in these establishments. The pandemic caused a surge in unemployment and domestic violence, which increased the risk of some Japanese women and girls—especially runaway children—to enter into “compensated dating;” NGOs reported that traffickers increasingly use social media sites to contact women and girls for this purpose. “JK” bar owners may subject some underage boys and girls, including LGBTQI+ youth, to forced labor as hostesses and club promoters. Highly organized commercial sex networks target vulnerable Japanese women and girls—in many instances those living in poverty or with cognitive disabilities—in public spaces such as subways, popular youth hangouts, schools, and online, and subject them to sex trafficking in commercial sex establishments, small musical performance venues, retail spaces, and reflexology centers, often through debt-based coercion. Some groups posing as model and actor placement agencies use fraudulent recruitment techniques to coerce Japanese men, women, boys, and girls into signing vague contracts and then threaten them with legal action or the release of compromising photographs to force them to participate in pornographic films. Some transgender youth seek employment in unregulated urban entertainment districts as a means of financing their gender-affirming care and are subsequently exploited in commercial sex and possibly forced labor. Private Japanese immigration brokers help Japanese-Filipino children and their Filipina mothers move to Japan and acquire citizenship for a significant fee, which the mothers often incur large debts to pay; upon arrival, some of these women and their children are subjected to sex trafficking to pay off the debts. Organized crime syndicates posing as immigration brokers also lure these families to Japan with deceptive job offers, and then subject the women to forced labor and sex trafficking in the nightlife industry. Japanese men remain a source of demand for child sex tourism in other countries in Asia.
Cases of forced labor continue within the TITP, a government-run program originally designed to foster basic technical skills among foreign workers that has effectively become a guest-worker program. TITP participants from Bangladesh, Bhutan, Burma, Cambodia, China, India, Indonesia, Laos, Mongolia, Pakistan, Philippines, Thailand, Turkmenistan, Uzbekistan, and Vietnam pay sending organizations in their home countries thousands of dollars in excessive worker-paid fees, deposits, or vague “commissions”—despite bilateral agreements between sending countries and Japan aimed at curbing the practice—to secure jobs in fishing, food processing, shellfish cultivation, ship building, construction, textile production, and manufacturing of electronic components, automobiles, and other large machinery. TITP employers place many participants in jobs that do not teach or develop technical skills, contrary to the program’s stated intent; others place participants in jobs that do not match the duties they agreed upon beforehand. Some of these workers experience restricted freedom of movement and communication, confiscation of passports and other personal and legal documentation, threats of deportation or harm to their families, physical violence, poor living conditions, wage garnishing, and other conditions indicative of forced labor. Some sending organizations require participants to sign “punishment agreements” charging thousands of dollars in penalties if they fail to comply with their labor contracts. Participants who leave their contracted TITP jobs fall out of immigration status, after which some are reportedly subjected to sex trafficking and forced labor. Some foreign workers within the Specified Skilled Worker visa program—including former TITP participants—may be at risk for trafficking. An NGO noted more than 90 percent of the migrant workers in Japan under the auspices of this visa regime were former TITP interns in vulnerable sectors prior to 2019.

引用元: Japan - United States Department of State