この記事は、以下の藤川 徳美先生の記事を焼き直したものです

藤川 徳美 - RNAウイルスにはワクチンは効かない DNAウイルス… | Facebook

【DNAウイルスとは】遺伝情報〔生命の設計図〕を[DNA〔Deoxyribonucleicディオクスィライボニュークレイク Acidアスィド〕=デオキシリボ核酸]に記憶させているウイルスのこと

  • 【DNAウイルスの例】:ヘルペスウイルス〔単純ヘルペスウイルス、水痘・帯状疱疹ウイルス、EBウイルスなど〕、アデノウイルス、HBV、HPV、天然痘ウイルスなどが含まれる。

【RNAウイルスとは】遺伝情報〔生命の設計図〕を[RNA〔Ribonucleicライボニュークレイク Acidアスィド〕=リボ核酸]に記憶させているウイルスのこと

互いの鎖のバックアップ情報を持つDNA遺伝子と突然変異による進化のテンポが速いRNA遺伝子、DNAとRNAの違いとは?② | TANTANの雑学と哲学の小部屋

  • 【RNAウイルスの例】:コロナウイルス、ロタウイルス、ノロウイルス、RSウイルス、インフルエンザウイルス、麻疹ウイルス、ヒト免疫不全ウイルス〔HIV〕、HCVなどが含まれる。また、RNAウイルスはDNAウイルスに比べて突然変異を起こしやすいのも特徴の1つ。
  • DNAは二本鎖構造をもち、この二本鎖が相互にバックアップの情報を持ち合っているので、複写時にエラーコレクション〔誤謬の訂正〕ができるため、細胞分裂において情報を複写するときの正確性の意味で安定であるといえる。
  • RNAは一本鎖構造をもち、バックアップの情報をもたないので、細胞分裂において情報を複写するときの正確性の意味で不安定だ。 バックアップの情報をもたないので、複写時にエラーコレクション〔誤謬の訂正〕ができないからである。 それはRNAが[変異を起こしやすい][突然変異も多い]ということを意味する。
  • RNAは、DNAに比べて構造が単純で、情報が正確であることについては、より不安定な性質をもつ。
  • ただし、RNAの構造の単純さ、情報の正確性における不安定さは、RNAウイルスがもつ、[その遺伝的性質を絶えず変化させ続けていく]という際立った特徴の原因になっている。
  • [構造の単純さ][情報の正確性における不安定さ][短期間で変異しやすいありさま]というRNAウイルスがもつ際立った性質を考えた場合、特定のワクチンを製造しても、変異する前のRNA情報に合わせた、[すでに情報として古いRNA情報をもつワクチン]しか開発できない、という本源的な弱点があることは自明だと思う。
  • 単純化して言えば、[RNAウイルスはごく短期間で変異するので、RNAウイルスにワクチン開発で対処できるわけがない]のだということである。
  • 前橋レポート
  • インフルエンザは、RANウイルスである。 前橋レポートでは、インフルエンザワクチンの集団接種には、インフルエンザの流行を食い止める効果がないことを統計的に証明している。
  • RNAウイルスに対しては、ワクチン接種をしても、しなくても、罹患する・しないにおける差異は生じない。 だってRNAウイルスは、ワクチン開発や治験をしている間にも、変異してしまうのだから、追いつくわけないじゃん?  ちったぁ頭使えよ!  ワクチンの内容は、すでに過去のものとなった古いRNA情報にすぎないので、コロナウイルス、インフルエンザなどのRNAウイルスに対して、ワクチン接種が有効性を発揮することはない。 ワクチンはRNAウイルスに対しては効かない。 コロナワクチン接種はバカバカしい。
  • ファイザー、モデルナ、アストラゼネカなどは、そんなことは最初からわかっている。 それでは、なぜコロナワクチン接種を推進するの?  人口を削減したいとか、コロナワクチン接種によって人間を弱らせて、思うがままに支配したいとか、悪魔特有のちっぽけな欲望を抱えているからだよ。 コロナワクチンには、おもに[循環器系を傷害する因子][免疫系を障害する因子][その他の疾病を誘発する因子]が混入されている。 コロナワクチンは、ハッキリ言って毒であり、生物か化学兵器〔BC兵器〕なんだよ。 武漢周辺の研究所、製薬会社は、731部隊と同様に、BC兵器の開発拠点であり、ここでコロナウイルス、および、コロナワクチンが両方とも開発されたんだ。 Qが武漢周辺の掃討作戦を行なっていると思う。
  • アヌンナキをはじめとする、悪魔とされる存在は、ほとほとスケールが小さい。 愛なきところには、広がりが生じないからだよ。
  • アヌンナキをはじめとする、悪魔は、【陰】〔ちぢむ〕という性質をもつエネルギーだから広がりが生じない。 だって、悪魔は私たちを狭いところへ閉じ込めて、私たちが成長・進化していくのを阻止しているでしょ?  それが【陰】〔ちぢむ〕の性質なの。 他方、愛は【陽】〔ひろがる〕という性質をもつ。 つまり成長・進化の背景には、【陽】〔ひろがる〕のエネルギー、愛のエネルギーが必要なのよ、たぶん。 今のところ、私はそう解釈している。