【日本赤十字社】や【厚生労働省】は「[コロナワクチン接種]を受けた人の血液は汚染されている」と主張しているように見える

新型コロナウイルスのワクチンを接種された方の献血の受入基準につきましては、国において検討中の段階であることから、基準が示されるまでの間、献血はご遠慮いただくこととしておりますので、ご理解を賜りますようお願いいたします。

引用元: 新型コロナウイルスのワクチン接種に関する献血の受入れについて|トピックス|血液事業全般について|献血について|日本赤十字社

献血された血液は、血液製剤やアドレノクロムの原材料にしてボロ儲けをしたり、ニセ天ぷらなどネガティブな爬虫類型E・Tが地球人の生き血をすすったりするために使われてきた

ここまで皇室と表裏一体となっている民間組織は他にない。

皇族が組織の長を占める理由がどこにあるのか? 理解不能だ。戦前に回帰したかのようだ。



その異様なアナクロニズム。日赤の表の顔は博愛だ。


しかし、裏の顔は実に奇怪だ。

さらに、その血液ビジネスは、醜悪を極める。

かつて、「愛の献血が売られている」と告発されたこともある。

しかし、売られるどころか、それが日赤の暴利を支えているのだ。

日赤は、『献血、輸血こそが人々を救っている』と、大衆を騙して、医猟産業に暴利をもたらす〝医療奴隷〟をつくり続けてきた。

ウソにもう騙されてはいけない。


輸血は人間を〝医療奴隷〟にするために仕組まれた生物兵器剤の罠なのだ。

他人の血液は入れられた人にとって、大変な異物、毒物であり、体中に負担をかけ、病気を作り出す猛毒。


医薬品の本当の正体が『病気をつくりだす』発病剤であるのと同様に、輸血も騙されている。


さらに輸血は猛烈な発ガン物質である。


告発された日赤の裏の顔は、まさに、悪の顔。そして、表は愛の顔……。


その落差に、目まいを覚えるだろう。

引用元: 赤十字とはなにか | 闇の正体は 偽ユダヤ (グローバリズム)