アメリカではすでに立ち上がっている[TDA〔TreasuryDirect Account:トレジャリーダイレクト口座≒財務省直接口座〕]

TreasuryDirect Login

智子@第444代目さんのTwitterより

智子@第444代目
@UF_dynasty
人から聞いた、アレが発動された際の事務手続きです。アメリカ版ですが、日本も似たような流れになりそうなので、お話いたします。
TDA(財務省直接口座)
Nが発動されたら、財務省から本人のみ有効の“個人債券書”が送られて来ます。まずはそれを役所に持って行って、公承認する必要があります。
午後1:23 · 2021年9月6日·Twitter Web App
227
件のリツイート
14
件の引用ツイート
1,090
件のいいね
智子@第444代目
@UF_dynasty
·
2時間
返信先:
@UF_dynasty
さん
そして、この公承認された“個人債券書”を自分が開設している銀行に持って行けば、財務省から自分の口座に振り込まれている最初のベーシックインカムを引き出す事が可能になります。
智子@第444代目
@UF_dynasty
·
2時間
この公承認された“個人債券書”を銀行に持って行かないと、最初のベーシックインカムは引き出せません。これは非常に大事な書類ですので、失くしたり間違って捨てたりしないように注意しなければいけません。
智子@第444代目
@UF_dynasty
·
2時間
この地球に住んでいる全員が、1人・11年間・毎月10万ドル(約1000万円)の信託金を、開設された口座の中に入れられます。但し、本人はこの信託金に触る事はできません。(※続きがありますから、がっかりしないでください)
智子@第444代目
@UF_dynasty
·
2時間
TDA口座を持っている人は、国から信託金の利子7%が毎年支払われます。7%と言うと約$84,000で、今のレートだと約900万円です。この金額がUBIとして毎年その本人のTDA口座に入金されます。
智子
少しややこしいですが、莫大な信託金は地球の運営に使われ、その利子がUBIになります。
智子@第444代目
@UF_dynasty
·
2時間
個人のTDA口座に信託金が毎月1000万円振り込まれて、年間1億2000万円ずつ貯まります。その1.2億円に個人は手を付けられませんが、国から毎年7パーセントの利子(約900万円)が口座開設者に支払われるので、それを生活費などに充ててくださいという事ですね。

引用元: 智子@第444代目さんはTwitterを使っています 「人から聞いた、アレが発動された際の事務手続きです。アメリカ版ですが、日本も似たような流れになりそうなので、お話いたします。 TDA(財務省直接口座) Nが発動されたら、財務省から本人のみ有効の“個人債券書”が送られて来ます。まずはそれを役所に持って行って、公承認する必要があります。」 / Twitter

智子@第444代目
@UF_dynasty
TDA(財務省直接口座)
これはTREASURY DIRECT ACCOUNTの略で、財務省から直接個人と繋がり、専用端末などで残高を見られる自分だけの口座ということです。自分以外は誰もアクセスが出来ず、警察や政府がアクセス出来るのは、その人が犯罪を犯した場合のみだそうです。
午後6:39 · 2021年9月6日·Twitter Web App
295
件のリツイート
6
件の引用ツイート
1,836
件のいいね
智子@第444代目
@UF_dynasty
·
6時間
返信先:
@UF_dynasty
さん
そのため、新しいATMは、本人確認を暗証番号ではなく、指紋などの生体認証にするようです。個人が犯罪を犯した場合は、その人のTDA口座にロックがかかるそうです。そして裏金融会社の人間が、違法な事をすればQFSにより直ぐに発覚して、刑務所行きになるそうです。セキュリティーは強力です。

引用元: 智子@第444代目さんはTwitterを使っています 「TDA(財務省直接口座) これはTREASURY DIRECT ACCOUNTの略で、財務省から直接個人と繋がり、専用端末などで残高を見られる自分だけの口座ということです。自分以外は誰もアクセスが出来ず、警察や政府がアクセス出来るのは、その人が犯罪を犯した場合のみだそうです。」 / Twitter

アレが発動された際の事務手続き(1)|アメリカの場合|財務省から本人宛に郵送された「本人のみ有効の『個人債券書』」を役所に持ち込み公承認を受ける|『個人債券書』は大切な書類なので厳重に取り扱う

アレが発動された際の事務手続き(2)|アメリカの場合|役所で公承認を受けた『個人債券書』を自分が口座を開設している銀行に持ち込んで手続きを行なえば、財務省から自分の口座に振り込まれている最初のベーシックインカムを引き出せる

アレの内容(1)|アメリカの場合|1人・11年間・毎月10万ドル〔約1000万円〕の信託金が、開設された口座に振り込まれる|信託金を個人がいじることはできない

アレの内容(2)|アメリカの場合|毎月10万ドル〔約1000万円〕の利子である7%分〔約70万円/月〕、年額にして約840万円が個人の資産として個人の銀行口座から引き出せる?

1人・11年間・毎月10万ドル〔約1000万円〕なので、10万ドルをドル円レートに基づいて換算する必要がある。

メドベッドで若返るなら、大人も大学に再入学するなどして、勉強をやり直すことができる時代だ。

もしもこれが、[消費しても残存する通貨][流通することができる公的通貨]だったら、これだけマネーサプライを増やしたら、ハイパーインフレ、物価上昇・狂乱物価になり、経済が破綻すると思うけれども、そのあたりの仕組みは、どうなっているのか?  また他国通貨に両替できるのか? そのときの手数料は? 

[消費の時点で消滅する、流通することのできない個人通貨]ということなのか?  そうなると、環境再生事業、学校運営など、大きな事業を展開する場合、[クラウド・ファウンディングする]など[事業に投資/融資する]という場合に、この資金は使えないのか?