洗脳解除教程|私の場合、[【引き寄せの法則でおカネが儲かる】ことを主張しているスピリチュアリスト][頭上にハイヤーセルフを思い描く統合ワークを教えているスピリチュアリスト]は、バシャール〔全宇宙の闇の支配者〕につながっていると思うので、すべて即刻、断ち切りました

私が思うに、YKくんだって、[バシャールを断ち切って、本当の自分に戻る]のか、それとも、[有名スピリチュアリストという立場を維持するために、YKくんの信者たちをバシャールに献納することで、悪魔の流れに本格的に入っていく]のか、お試しを受けているんだよ。 YKくんの信者たちは、すでにYKくんに依存してしまって、彼を神格化してしまっている、依存してしまっている、という点で、[そこまでの段階]に留まっているのだと思います。 YKくんの信者たちは、バシャールの餌食になるのだと、私自身は思っています。 YKくんの矛盾や嘘を見抜いて離れていった人たちこそ、本物だと思います。 例えば、自分のハイヤーセルフは、ハートセンターから入った奥にあるようで、頭上にはないのだそうです。そこからして嘘でしょ? バシャール系の統合ワークは。 自分のハイヤーセルフを頭上に思い描かせるのは、魂を乗っ取るためだそうです。


YKくんとて、自分の矛盾や嘘を見抜いて離れていく優秀な人たちの踏み台になるという、ある種の利他的行為をなしているわけですので、1つの存在を善だ悪だと断定しないことが大切です。 しかし、たくさんの魂をバシャールに献納するほどに、バシャールの世界では地位が上がっていく、そのシステムにYKくんなど、バシャール系のスピリチュアリストが乗っかっていることは確かなようです。 ところが、最終的には、地位を上げても、最後はバシャールのエネルギー源として使い尽くされるだけで終わるのです。 これが悪魔に帰依した場合の道筋であり、このすごろくのゴールは、[悪魔に利用されて破滅]になります。 それは、悪魔は基本的にドロボウであり、必ず盗む対象を必要としているパラサイトなので宿主しゅくしゅを必ず必要とするから、そして、悪魔は絶対に他者から支配されたくないため、自分より優れた存在をけっして許さず、自分より優れた存在は、必ず滅亡させるからです。


[成功や力を求めるために、人の上に立とうとする人]は、[蛇の道][邪の道][悪魔の道]を選び、


バシャールというとわかりづらいですけれども、中国共産党〔CCP〕≒リゲル≒バシャールですので、中国共産党〔CCP〕の工作員の動きを見たら、悪魔の動きがわかります。 中国共産党〔CCP〕の管轄下にある中国企業は産業スパイから、例えば、日本の工業技術を盗み取ります。 日本の有名企業には、中国共産党〔CCP〕≒リゲル≒バシャールの工作員がいて、中国共産党〔CCP〕の管轄下にある中国企業へと、日本のテクノロジーの情報を流している。 産業スパイですね。 そして、中国共産党〔CCP〕はその日本のテクノロジーの情報を軍事転用しますので、安全保障上、政府がしっかり取り締まる必要があるのですけれども、官僚の上層部も中国共産党〔CCP〕の工作員だらけですので、取り締まりが甘いわけです。 それぐらい、日本は中国共産党〔CCP〕や在日や草加せんべいに浸食されている、末期状態にあるわけです。 中国共産党〔CCP〕の工作員は、アメリカに入って民主党を乗っ取り、クリントン政権、オバマ政権を樹立し、主要な政府機関を中国共産党〔CCP〕の工作員だらけにしました。 トランプのチームつまり虎Qが中国共産党〔CCP〕を殲滅しつつあるのは、中国共産党〔CCP〕≒リゲル≒バシャールこそが、地球支配の諸悪の根源だからです。 草加せんべいも、元を辿れば、バシャールにつながるでしょう。 もともとバシャールということではなく、宗教団体はバシャールに乗っ取られやすいわけです。 いいかえれば、集団化したら狙われるから、独立個人として自立して生きていくのがよいわけです。 独立個人どうしがミッションごとにアドホックのチームを組み、ミッションが終了すればチームは解散となる。 そういう感じが、悪魔に乗っ取られにくいチームなのです。 そして日米は引き渡し協定を結んでいますので、二階をはじめとする中国共産党〔CCP〕の工作員をアメリカに引き渡し、処刑してもらうわけです。 二階とその影武者らは横須賀で処理されたとされます。 [親中派の国会銀][中国共産党〔CCP〕の工作員][草加せんべい員][[チャイニーズ、コリアンを問わず、在日工作員]]など、中国共産党〔CCP〕≒リゲル≒バシャールに関連する勢力は、グアンタナモ湾の収容所で処刑という確率が高いと私は見ています。


さて、このようにして物質世界・現実面で虎Qが一所懸命に中国共産党〔CCP〕≒リゲル≒バシャールに関連する勢力を掃討してくれているのに、YKくん、AYKちゃん、KBYSくんなど、バシャールから派遣された工作員、いいかえれば、バシャール工作員については、野放しでしょ?  それは私たち庶民が見抜いて、干すべきものは干すしかないわけです。 結局、干すといっても攻撃する必要などなく、[その場を立ち去り、エネルギーの線をカットし、もう二度と悪魔に帰依しませんと強い意志で宣言する]といった感じのことを[内なる宇宙]において確実に行なうだけです。 [静かにそこを立ち去る]という人々が増えれば、バシャール系のスピリチュアリストも商売あがったりになるでしょう。 バシャールに帰依している時点で[眠っている]のですから、霊力の有無など目に見えるスピリチュアルな能力で、[目覚め][眠り]を推し量ることはできません。 スピリチュアルなパワーはあっても、[愛]という視点からして残念だったら、[眠っている]のだと思いますよ、私は。


波動が上がってくれば、スピリチュアルな能力、霊力というものは、ある程度、使えるようになるようです。 ですので、チャネリングなど、霊力を見てスピリチュアリストの質を判断しているあなたは、騙されていますよ。 私も騙されましたから、わかります。


いま[地球に対するE・Tの支配からの解放]にまつわり、何が問題になっているのかというと、バシャールなのですよ。 バシャールという、[全宇宙の闇の支配者]がいて、これが全宇宙の悪魔の総元締めをやっています。 [全宇宙の外側にある世界]で、地球の所有者であるのが、アヌンナキです。


[トランプ軍=虎Q=アライアンス]が戦っている相手は[中国共産党〔CCP〕≒リゲル]ですけれども、[中国共産党〔CCP〕≒リゲル]≒[バシャール]なのですよ。 すべての[闇]はバシャールに通じています。 そして、[闇]による不正支配・不正コントロールは、玲奈さん[内なる宇宙]、Kojiroさんの[内なる宇宙]では、すでに大筋において解消されています。 ですので、玲奈さん[内なる宇宙]、Kojiroさんの[内なる宇宙]を、私たちの[内なる宇宙]に連動させる、共振させることによって、解放状態を複写することが可能であるようです。 そのために、玲奈さん/Kojiroさんの動画シリーズ〔闇による支配の実態を明かした、解放と魂の統合を助ける動画〕があるわけです。


[中国共産党〔CCP〕≒リゲル]≒[バシャール]によって世界が支配されてきた。 この状態を[トランプ軍=虎Q=アライアンス]が封じ込めつつあるわけです。 それで[トランプ軍=虎Q=アライアンス]が掃討作戦の対象としているのは、(1)信濃町に本部がある[草加せんべい]≒[中国共産党〔CCP〕≒リゲル]≒[バシャール]、(2)[在日外国人]だと思われます。 [在日外国人]とは、[ZNKRAN]や[在日偽装中国人]〔背乗はいのりを通じて日本人になりすましている中国人〕だと考えればいいと思います。 すべての[ZNKRAN][ZNCGJ]が悪いとはいえません。 [ZNKRAN]や[ZNCGJ]にも、それぞれ[光]と[闇]と[影]といった区別ができるのだと思います。 ただし、大筋において、[草加せんべい]≒[中国共産党〔CCP〕≒リゲル]≒[バシャール]、あるいは、[在日外国人]は、日本をぶっ潰すために活動しており、これらに対処しなければ、大和共和国の建国に支障が出ると思います。 というのも、政界・官界・財界・マスコミ・法曹界・公務員の世界など、日本の権力の中枢部が、[草加せんべい]≒[中国共産党〔CCP〕≒リゲル]≒[バシャール]あるいは、[在日外国人]に浸食されているわけです。


深田萌絵氏が[在日偽装中国人]〔背乗はいのりを通じて日本人になりすましている中国人〕の証拠を集めて告発しても、逆に東京地検から厳しい取調を受けている。 つまり、権力の中枢部が[草加せんべい]≒[中国共産党〔CCP〕≒リゲル]≒[バシャール]、あるいは、[在日外国人]によって、乗っ取られているわけです。 さらには、[草加せんべい]≒[中国共産党〔CCP〕≒リゲル]≒[バシャール]、あるいは、[在日外国人]は行政機関の内部にまで入り込み、[生活保護利権][同和利権]など特定の人々を特権的に優遇する制度を悪用して、日本に寄生している状態です。 例えば、公営住宅などへの入居の可否について、あるいは、家賃について、特定の人々を特権的に優遇されています。 これは、その人たちをズルいと批判するよりは、国民全員が、そういうふうに特権的に優遇されることが理想です。 UBI〔ユニバーサル・ベーシック・インカム〕こそが、それを実現するための実際的な手段です。


もちろん、行政である警察権力の中にも、さらには司法の中にも、[草加せんべい]≒[中国共産党〔CCP〕≒リゲル]≒[バシャール]、あるいは、[在日外国人]が入り込んでいるようであり、やりたい放題です。 さらには、み●ほ銀行には[草加せんべい]≒[中国共産党〔CCP〕≒リゲル]≒[バシャール]の信者が数多く在籍しており、み●ほ銀行の度重なるシステム障害は、休眠口座の預金を[草加せんべい]員である中の人が、[草加せんべい]に不正送金していたせいで、発生していたのだということらしいです。 そして、[草加せんべい]≒[中国共産党〔CCP〕≒リゲル]≒[バシャール]という集合。 それから、[在日外国人]という集合は、大きな交わりの領域をもっている〔重複している部分がある〕ようです。


要は、私たちが解放されるべきなのは、[草加せんべい]≒[中国共産党〔CCP〕≒リゲル]≒[バシャール]からである、ということです。 [草加せんべい]≒[中国共産党〔CCP〕≒リゲル]≒[バシャール]による不正支配・不正コントロールを解除し、[草加せんべい]≒[中国共産党〔CCP〕≒リゲル]≒[バシャール]を解体することが、私たちが解放される要件なのです。 具体的には、レプティリアンでも、ドラコニアンでも、昆虫型でもない、ヒューマノイド型地球人である[一般DS]と呼ばれる人々を、これから不買運動、投票行動、司法の場などを通じて、解体していくプロセスに入ります。 戦う主体は、私たち市民であり、相手方は[一般DS]です。 つまり、生協●●新聞を解約するとともに、あなたの町の[草加せんべい][こんぺいとう]に浸食された選挙地盤をぶっ壊す!  衆議院議員選挙では、既存政党に投票しない。


不正選挙でバイデンニセ大統領を誕生させたのも[中国共産党〔CCP〕≒リゲル]≒[バシャール]です。 つまり、[中国共産党〔CCP〕≒リゲル]≒[バシャール]というのは、他国に潜入して、人員を送り込み、国家を転覆させる狙いをもっているのです。 その[中国共産党〔CCP〕≒リゲル]≒[バシャール]を殲滅する軍事オペレーション〔作戦〕を展開しているのが虎Qなのだということです。 その軍事オペレーション〔作戦〕の最たるものが、疑似的な第三次世界大戦、あるいは、それに合わせて行なわれる三峡ダムの地下にある施設の破壊と水没、あるいは、世界各国の有名建造物の地下施設の破壊と水没というオペレーションです。


虎Qは、[中国共産党〔CCP〕≒リゲル]≒[バシャール]を追い詰めて、殲滅する作戦を展開しています。 和歌山の二階俊博議員は中国共産党〔CCP〕の工作員であり、白浜にあるアドベンチャーワールドにパンダを呼び込んだのが二階俊博議員です。 日本が中国からパンダを借り受けていると、中国共産党〔CCP〕に日本が資金提供することになるわけです。 パンダを見に行くことが、[中国共産党〔CCP〕≒リゲル]≒[バシャール]を助けることになる。 パンダは中国にお返しして、大きく日本を整理する必要があります。 日本にとっては、[草加せんべい]≒[中国共産党〔CCP〕≒リゲル]≒[バシャール]、あるいは、[在日外国人]をデトックスする必要が、どうしてもあるわけです。


[草加せんべい]≒[中国共産党〔CCP〕≒リゲル]≒[バシャール]、あるいは、[在日外国人]は、あるいは、二階俊博議員ら売国政治家らは、バイデンニセ大統領を当選させた[アメリカのDS]経由で支援されていたようです。 詳しいことは、後に発表されるでしょう。 したがって、虎Qが[アメリカのDS]に対して掃討作戦を展開していくに連れて、日本の[草加せんべい]≒[中国共産党〔CCP〕≒リゲル]≒[バシャール]、あるいは、[在日外国人]も、弱まっていったようです。 その背景になっているのが、8月から施行されているQFS〔量子金融システム〕であり、QFSの施行によって、[草加せんべい]≒[中国共産党〔CCP〕≒リゲル]≒[バシャール]、あるいは、[在日外国人]の資金源が枯渇していったのでしょう。 そして、日本の反社・ヤクザは[在日外国人]であり、QFSの施行によって、反社・ヤクザの資金源も枯渇していったわけです。 今後は、私たち一般庶民が、これまで私たちを食い物にしてきた人々を、不買運動、投票行動、司法の場などを通じて、解体していくプロセスに入ります。 これは必要なデトックスであり、妥協してはなりません。 やるときは徹底してやる必要があります。 つまり、[草加せんべい]≒[中国共産党〔CCP〕≒リゲル]≒[バシャール]、あるいは、[在日外国人]に対しては、あるいは、[ネガティブなE・Tとのハイブリッド種である人類]〔地球を支配したい欲望が強い可能性がある〕、あるいは、[純然たるヒューマノイド型の地球人だけれどもDSの手下として働いてきた人々]などに対しては、愛をもって厳しく対応する必要があります。 彼らも私たちと同じ、大本からの分け御霊ですので、自力で気づき、学び、成長・進化を獲得していく力を有しています。 [気づき、学び、成長・進化]において不十分なのに、許すこと。 これは妥協であり、慈悲や[愛]ではありません。 [愛]とは、[相手にも私と同じ潜在能力がある]と信じる心でもあると思います。 そうだとすれば、人類の支配、あるいは、人類の殲滅に手を貸した人々が、改心したかどうかわからぬままに、彼らを許すことは、彼らの自力で気づき、学び、成長・進化を獲得していく力を信じていないことになり、それは[愛]ではありません。 したがって、バッサリいくときは、バッサリいくしかありません。 これは、憎しみから行なう行為ではなく、[他者に寄生してしか生きられない者]を、寄生できない状態に留め置くことで、自立を誘発する狙いから、そうするのです。


[在日外国人]の皆さんには、本国にお帰り頂くのが最良でしょう。 これは、憎しみから行なう行為ではなく、[他者に寄生してしか生きられない者]を、寄生できない状態に留め置くことで、自立を誘発する狙いから、そうするのです。 そして、日本の良さを本国にお伝えください。 そういうお役目で[在日外国人]になられたのだと思いますよ。


国際基督教大学で出会った2人の結婚問題は、女性も在日、男性も在日工作員です。 ニセK族は解散されると思いますので、アメリカで幸せに暮らしていかれたらいいと思います。 それとも、在日工作員は逮捕されるのでしょうか。 わかりませんけれども、すべては運命だと思って受け入れるしかありません。


一世を風靡したスピリチュアリストは、[悪魔との契約を結んでいる]ので、一時的におカネが儲かったり、人気が出たりしているだけですよ。 UBI〔ユニバーサル・ベーシック・インカム〕が1年もしないうちに開始されると私は見ています。 [おカネを儲けたい]という意識を外して、本当に自分がやりたいこと、いいかえれば、宇宙に対して自分が最も貢献できる、内的なやり甲斐を感じる、自分にとって最も魅力ある[仕事][営み]を開始してください。 [おカネを儲けたい]という思いを強めて、現実を動かす?  そういうことをやっていると、[悪魔との契約を結ぶ結果]を招いてしまいますよ。 私たちは、[ただただ自然と共振していきていくのが楽しい][自然から学び取ることが、知る喜びとして、日々の心の栄養になっている]といったような生活を取り戻す必要があります。 [未熟なスピリチュアリストに騙される段階]を卒業する必要があるでしょう。 彼ら[未熟なスピリチュアリスト]は、多くの魂を騙して、バシャールの宇宙船に連れて行けば、さらに霊力が強まり、成功と名声が約束される、といった流れに入ってしまっているように、私には見えます。


[GDPを高めるために、生産性を高めて、やりたくない忙しい仕事を、思考を停止させて続ける]といった、エコノミックアニマル〔1970年代あたりに日本人がそのように揶揄されていた〕の状態を脱却する必要があります。 勤勉さは必要だけれども、[電通のように若手を激務とパワハラで自殺に追い込む]ような企業のあり方は、どうかと思います。


私は、[おカネが儲かる系のスピリチュアリスト]とは、私は完全に縁を切りました。 また[バシャール]を信奉しているスピリチュアリストとも、私は完全に縁を切りました。 私は何にでも魅力を感じて、すぐに信じてしまうので、悪魔のトラップに引っかかります。 そういう弱い自分であることを常に意識して、自分自身を見張っています。 私は[自分自身]と[自分のハイヤーセルフ]以外は、よくよく吟味して信じることにしました。


本当に本物のスピリチュアリストだけとご縁を結ぶことができれば満足です。 インターネット上のアカウントを、いますべて洗い直して、パスワード/暗証番号の再設定、カードの再発行、必要のないインターネットアカウントの退会・解約を推進しつつあります。 必要最小限の状態にまで、大掃除をしています。 やがてUBIが振り込まれる金融機関を行政に申請することになるのかもしれません。


私はYouTuberのシバターさんがシステム障害を乱発したみ●ほ銀行を解約したという動画を出しているのを見て、また他行宛振込無料枠について、2020年3月に大幅改悪したので、自分もみ●ほ銀行を解約したのが2020年、去年です。 早く解約しておいてよかったと思います。 み●ほ銀行の場合、草加せんべい、いいかえれば、中国共産党〔CCP〕≒リゲルに対して、不正に送金していた[悪の権化]のような銀行であるらしく、み●ほ銀行を既得権益としている[影]の皆さんもUBIに抵抗なさっているのかもしれません。 いずれにしても、メガバンクの中でみ●ほ銀行はビリ、ドベですので、生き残るのは困難と思われ、廃業するかもしれないと思います。