洗脳解除教程|【熊本大学の闇】製薬・医療の世界では[酸化グラフェンがコロナに効く]という[嘘の共有]が行なわれている|王様が裸だと言った熊本大学の女性研究者が首を絞められて殺された

mRNAを包み込む脂質カプセルには酸化グラフェンが使われており、酸化グラフェンは細胞毒性、遺伝子毒性、磁気毒性がある
コロナウイルス コロナワクチン
Twitter
Facebook
はてブ
Pocket
LINE
コピー
2021.09.12

mRNAを包み込む脂質カプセルには酸化グラフェンが使われており、酸化グラフェンは細胞毒性、遺伝子毒性、磁気毒性がある ~ロバート・ヤング博士「(ワクチンを接種すると)ナノ粒子が血液脳関門や空気血液関門を通過してしまうので危険です」

目次

竹下雅敏氏からの情報
米国の科学者がコビット注射で有毒な酸化グラフェンなどを確認
マイコメント

竹下雅敏氏からの情報
 9月3日の記事で、ロバート・ヤング博士のPDFの中に、“ファイザー社のワクチンに寄生虫「Trypanosoma cruzi(クルーズトリパノソーマ)」が含まれていた”ことと、ファイザー社のワクチンだけではなく、アストラゼネカ社のワクチンでも「アフリカ・トリパノソーマ症(アフリカ睡眠病)」を発症した事例が報告されていたことをお伝えしました。

 ただ、眠り病とも呼ばれる「アフリカ・トリパノソーマ症」の病原体は、ツェツェバエが媒介するブルーストリパノソーマ (Trypanosoma brucei) という原虫であり、クルーズトリパノソーマとは性状にかなりの差があるという事でした。

 ロバート・ヤング博士のPDFの日本語訳はこちらをご覧ください。ロバート・ヤング博士とそのチームが分析したワクチンの内容物が一覧表になっている記事がありました。ツイートは一覧表に日本語を付けたものです。

 記事の引用元には、mRNAを包み込む脂質カプセルには酸化グラフェンが使われており、酸化グラフェンは細胞毒性、遺伝子毒性、磁気毒性があるとのことです。ロバート・ヤング博士はワクチンを接種すると、「ナノ粒子が血液脳関門や空気血液関門を通過してしまうので危険です」と言っています。 

 mRNAを包み込む脂質カプセルが血液脳関門を通過すると、脳でスパイクタンパクが作られます。6月6日の記事で紹介しましたが、スパイクタンパクには受容体の結合部位にプリオンのような領域があり、COVID-19よるものと思われる「未知の致死性脳疾患患者」が、“カナダ南東部で次々に確認されている”という事でした。ワクチンは中長期的な副作用が怖く、将来的に「未知の致死性脳疾患」が問題になるのではないでしょうか。

 “続きはこちらから”は、今の段階で起きている事柄です。これまで労働安全衛生局(OSHA)は、ワクチンによる深刻な副反応を被った労働者の記録を保持するよう雇用主に求めていましたが、バイデン政権によって6月に突然ガイダンスが変更され、「コロナワクチン接種による副反応の記録を雇用主に求めることを連邦の記録要件としない」という事になったようです。

 米国のウエストバージニア州の知事は、「ワクチンを2回接種した人の死者が25%増加している。これは全体の数が25%増加したということではない。ワクチンを2回接種した人の死者が25%増加しているのだ。」と言っています。

 今の事態は「狂っている」としか表現できないのですが、メディアに深く洗脳されている人にはその事が分かりません。一方、「新型コロナウイルスは、存在しない」とか、「新型コロナは、病原体確認の鉄則コッホの4原則を満たしていない」と言うような事を、未だに信じている「陰謀脳」の人たちもいます。

 「コロナ騒ぎ」を仕掛けた連中にとって都合の悪い動画は、すぐに削除されるのに、こうした動画が削除されないのは何故なのかを、少し考えた方がよいのではないですか?

(竹下雅敏)

米国の科学者がコビット注射で有毒な酸化グラフェンなどを確認
引用元)
THE EXPOSE 21/8/30 Rhoda Wilson
www.DeepL.com/Translator (無料版)で翻訳
(前略)
ロバート・ヤング博士とそのチームは、ファイザー、モデナ、アストラゼネカ、ジョンソン・エンド・ジョンソンのコヴィッド注射剤に含まれる特定の成分を特定するための調査を行いました。 8月20日、その結果を発表しました。

(中略)

ヤング博士の論文によると、これらのコビット注射は「ワクチンではなく、遺伝子治療として働くナノテクノロジーの薬である…これらのいわゆる“ワクチン”はすべて特許を取得しているため、その実際の内容は購入者にも秘密にされている。つまり、消費者(納税者)は、接種によって自分の体に何が入っているのか、何も知らされていないのです。」



ヤング博士が発表した科学論文から抜粋した未発表成分の概要
(中略)

「ワクチン」に含まれるスパイク・プロテインの遺伝子コードはコンピュータで生成されたものであり、「人工物」であり、簡単に変更することができます。 そして、脳、結合組織、潜在的には筋肉などの体の組織に含まれる酸化グラフェンは、5G範囲内のパルス周波数と相互作用するとヤング博士は言い、これが10月に予測されている次の「波」の原因になるという。

ヤング博士は、体に毒を入れるのはやめようと言っている。

「この(コヴィッドの)予防接種は、ナノ粒子が血液脳関門や空気血液関門を通過してしまうので危険です。 だからこそ、この予防接種は危険なのです。 微粒子は、保護されている血液脳関門、空気血液関門、そして精巣や卵巣の血液関門を通過するからです。 微粒子はすぐに入ってしまうのです」。

(以下略)

日本語を追記したものです。

ティーンエージャーの男子は、コロナで入院するよりも、ワク接種後に心臓疾患(たぶん心筋炎)を発症する確率が6倍になることが分かった。

若年層(の特に男)はワク接種の方がリスクが高いことが改めて判明と。https://t.co/dIaloDfqej
— 鈴木敏仁 (@bingsuzuki) September 10, 2021

マイコメント

酸化グラフェンはどの製薬会社のワクチンにも入っています。

なぜ彼らがワクチンに酸化グラフェンを入れるのかを考えてみる必要があります。
細胞毒性があるのは知られていますが、やはり本質は伝導体であることだと思います。

以前の記事で紹介したように酸化グラフェンは流動体で電磁力が作用するとその形を
自在に変化させます。これが何を意味するかというと身体の周囲に電磁フィールドが
存在すると身体の中で酸化グラフェンが移動を始めるということです。

私たちの身体は細胞膜で隔てられていて、細胞膜を防壁として互いの細胞の形を保ち
干渉し合わないようになっています。血管もそうです。
しかし、酸化グラフェンは電磁力が働くと自由にその形を変え細胞膜を突き破り
移動します。そのため細胞損傷が激しくなるでしょう。

また、脳内にも移動できることから脳内における電磁パルスの変化が脳内の信号を
送る働きに影響を与えるので、思考を阻害されることになります。

現実には5Gの実用化がまだ進んでいませんので、この先どう云う形で影響が現れて
くるのかは不明ですが、少なくとも良いことではないでしょう

引用元: mRNAを包み込む脂質カプセルには酸化グラフェンが使われており、酸化グラフェンは細胞毒性、遺伝子毒性、磁気毒性がある | 新時代の夜明け前に2、アセンション旅立ちの日

洗脳解除教程|【熊本大学の闇】[熊本大学の酸化グラフェンの研究内容]がでっち上げであることを発表した女性研究者が暗殺されたのかもしれない

【謎の死】「酸化グラフェンが567に効く」と発表した熊本大学の研究室の女性に起きた事件とは
熊本大学 コロナウイルス
Twitter
Facebook
はてブ
Pocket
LINE
コピー
2021.07.15

【謎の死】「酸化グラフェンが567に効く」と発表した熊本大学の研究室の女性に起きた事件とは

目次

酸化グラフェンを広げるために発表した嘘がバレた?
産学連携で製品化目指す

酸化グラフェンを広げるために発表した嘘がバレた?
新型コロナウィルスは酸化グラフェンでほぼ撃退することができる!?
産学連携で製品化目指す

【熊本】熊本大学産業ナノマテリアル研究所は、新型コロナウイルスを酸化グラフェンでほぼ完全に除去できることを確認した。酸化グラフェンナノシートと呼ぶ微細な材料を分散させた溶剤を使った実験で同ウイルスをほぼ完全に除去した。

実験は厚さ1ナノ―数ナノメートル(ナノは10億分の1)、大きさ0・1マイクロメートル(マイクロは100万分の1)四方のシート状の酸化グラフェン材料を分散させた溶剤を用いた。溶剤を新型コロナウイルスの培地にのせる実験では約1時間でウイルスをほぼ完全に除去できた。実験は熊本大ヒトレトロウイルス学共同研究センターにある、新型コロナウイルスを取り扱える安全性レベルを持った実験室で行った。

産業ナノマテリアル研究所は、酸化グラフェンなどさまざまな材料の高機能性ナノシート物質材料について、学内の生命・医学などとの融合研究を進めている。今回の研究は、同大大学院先端科学研究部の速水真也教授と同大ヒトレトロウイルス学共同研究センターの池田輝政准教授を代表とする共同研究グループによるもの。

酸化グラフェン自体はグラファイトを酸化処理した材料で安価に製造でき、ヒトへの細胞毒性がないことも確認済み。「再現性も取れている」(速水教授)という。酸化グラフェンナノシートの分散溶液はポリエチレン製不織布などに混ぜ込める。速水教授は「産業界と連携して不織布を用いたマスクやエアコン用フィルターなどの製品化を検討している」と話し、研究論文は英国の科学雑誌に投稿予定という。


日刊工業新聞2020年11月13日




新型コロナウィルスは酸化グラフェンでほぼ撃退することができる!?|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社こちらは、新型コロナウィルスは酸化グラフェンでほぼ撃退することができる!?のページです。日刊工業新聞社のニュースをはじめとするコンテンツを、もっと新鮮に、親しみやすくお届けするサイトです。リンクnewswitch.jp





熊本大の女性研究員殺害、死体遺棄容疑で67歳男を逮捕
熊本市中央区の側溝で、熊本大学の特定事業研究員楢原知里さん(35)が殺害されているのが見つかった事件で、熊本県警は13日、死体遺棄容疑で同市中央区本荘3丁目、無職熊谷和洋容疑者(67)を逮捕した。「死体を捨てた」と容疑を認めており、今後、殺人容疑も視野に捜査を続ける。

発表によると、熊谷容疑者は6日午後、同市中央区本荘3丁目のビル北側側溝に、楢原さんの遺体を遺棄した疑いがある。7日午前8時半ごろ、通りかかった男性が遺体を見つけ、県警は殺人・死体遺棄事件として捜査本部を8日に設置。似顔絵を公表して身元に関する情報を募った。楢原さんの母親から連絡が寄せられ、県警は9日、身元は近くに住む楢原さんと発表した。県警によると、司法解剖の結果、遺体は首を絞められたことによる窒息死。熊本大学本荘キャンパス内では、現金入りの財布やノートパソコンなどが入った楢原さんのリュックが見つかっている。

 県警によると、熊谷容疑者は楢原さんが住んでいたマンションの元清掃員で、面識があったという。捜査員が12日夕、熊本県北部で熊谷容疑者を見つけ、事情を聴いていた。

 熊本大学によると、楢原さんは今年4月から、同大ヒトレトロウイルス学共同研究センター(同区本荘2丁目)の分子ウイルス・遺伝学分野の研究室に在籍していた。


熊本大の女性研究員殺害、死体遺棄容疑で67歳男を逮捕:朝日新聞デジタル 熊本市中央区の側溝で、熊本大学の特定事業研究員楢原知里さん(35)が殺害されているのが見つかった事件で、熊本県警は13日、死体遺棄容疑で同市中央区本荘3丁目、無職熊谷和洋容疑者(67)を逮捕した。「…リンクwww.asahi.com


「うそがばれて口論に」 熊大研究員殺害で地検、容疑者を起訴

熊本日日新聞 | 10月24日 08:00



 熊本大の女性研究員(35)=熊本市中央区本荘4丁目=が殺害された事件で、県警捜査本部は23日、殺人と死体遺棄の疑いで逮捕された無職熊谷和洋容疑者(67)=同区本荘3丁目=が、「うそがばれて女性と口論になり、黙らせるためにひもで首を絞めた」という趣旨の供述をしていることを明らかにした。

 熊谷容疑者は、女性に、自ら寄付するマスクのデザインの手伝いを持ち掛けて接近したという。

 熊本地検は同日、熊谷容疑者を殺人と死体遺棄の罪で起訴した。地検は認否を明らかにしていないが、県警の調べには容疑を認めているという。

 起訴状などによると、熊谷被告は9月6日午後4時20分から同6時7分までの間に、自宅マンションの北側出入り口付近で、女性の首を背後からひも状のもので絞めて窒息死させ、両足を引っ張るなどして、出入り口近くの堀に遺棄した疑い。

 捜査本部によると、熊谷被告は凶器について「近くに偶然あったひもを使った。ひもは捨てた」と供述。凶器の特定には至っておらず、女性の携帯電話も見つかっていない。熊谷被告の腕には傷があり、女性に「抵抗されたため」と供述しているという。

 熊谷被告は女性のマンションの元清掃員で、昨年9月から働き始め、今年4月中に「一身上の都合」で辞めている。女性の入居は4月からで、女性とは約1カ月の間に知り合ったとみられる。熊谷被告は5月から8月中旬までに、女性の携帯電話に7回発信。手紙も送っていたという。




「うそがばれて口論に」 熊大研究員殺害で地検、容疑者を起訴 | 熊本日日新聞社リンクkumanichi.com
女性研究員、遺体に抵抗の傷なし 構内でリュック発見
 熊本市中央区の側溝で、熊本大学の特定事業研究員楢原知里さん(35)が殺害されているのが見つかった事件で、遺体には抵抗した際にできる傷がないことが捜査関係者への取材でわかった。熊本県警は、楢原さんが抵抗することもできないまま殺害された可能性もあるとみて調べている。


司法解剖で、死因は首を絞められたことによる窒息死と判明している。捜査関係者によると、首には抵抗した際に自身の爪でできるひっかき傷がなく、他にも傷は確認されていない。首には絞められたような痕があったが、ひも状の凶器が使われた場合と異なり、はっきりした痕ではないという。

 また県警は10日、楢原さんのリュックが現場そばの熊本大本荘キャンパス(熊本市中央区)内で見つかったと発表した。同キャンパスには楢原さんが勤務していたヒトレトロウイルス学共同研究センターや熊本大学病院などがある。

 リュックは布製で、現金入りの…


女性研究員、遺体に抵抗の傷なし 構内でリュック発見:朝日新聞デジタル 熊本市中央区の側溝で、熊本大学の特定事業研究員楢原知里さん(35)が殺害されているのが見つかった事件で、遺体には抵抗した際にできる傷がないことが捜査関係者への取材でわかった。熊本県警は、楢原さんが抵…リンクwww.asahi.com



まさに、酸化グラフェンを体に取り込んだ時の症状ですね。↓

感染はウイルスではなくサンカグラフェンが原因であると言っているようなものである。www↓
コロナワクチンを注射された「酸化グラフェンのスプレッダー」によってまき散らされた結果でしょう。www

引用元: 【謎の死】「酸化グラフェンが567に効く」と発表した熊本大学の研究室の女性に起きた事件とは | 新時代の夜明け前に2、アセンション旅立ちの日