イーロン・マスク氏が率いる米宇宙企業SpaceX社〔Space Exploration Technologies Corp.〕が打ち上げた通信衛星であるスターリンク〔Starlink〕衛星は[光側の衛星]か[闇側の衛星]かわからない|[闇側が出している情報]と[光側が出している情報]とをうまく見分けていく練習を積んでいくしかない

洗脳解除教程|[Starlink対応]になるのは[iPhone 13]から?|iPhoneなら[iPhone 13]以降を購入しなければ[Starlinkへの接続]ができない?|[Starlink非対応]のスマホは[旧型扱い]なのか?|[iPhone等のスマホ]や[セルラーモデルのiPadシリーズ等]の購入は[Starlink対応・非対応]の詳細情報を待ってから判断する必要があるのか? · ゆきんこの勉強法 | 自修人
よろずやマルシェの[A5判コピー用紙]を[6穴A5リフィル][20穴A5リフィル]にすれば勉強がはかどる · ゆきんこの勉強法 | 自修人

[現在、盛んにスターリンク衛星が現在打ち上げられている]というのはフェイクニュースであり、[スターリンク衛星の打ち上げ]は過去に完了している。 夜空で見られる閃光〔神の杖(紫色などの稲光)が高い上空で見られるもの?〕は、イスラエルのモサドが所有する衛星146,206機、旧型衛星566機を処理しているために光っている現象である。

イーロン・マスク氏が闇側だとすると、提携先の[au by KDDI]も闇側だということになる。

KDDIとスペースXが宇宙通信で提携、au基地局のバックホールに
堀越 功
日経クロステック
2021.09.13

全2341文字
PR

 KDDIは2021年9月13日、起業家のElon Musk(イーロン・マスク)氏が進める米Space X(スペースX)の衛星ブロードバンド事業「Starlink(スターリンク)」と業務提携すると発表した。まずはスターリンクの持つ100Mビット/秒クラスの高速通信を生かし、山間部や島しょ地域(離島)などのau基地局のバックホール回線として活用する。将来的にはIoTや法人用途への回線提供も検討する。地上からではカバーしにくい地域を、宇宙から一気にカバーしようという取り組みはソフトバンクや楽天グループ、NTTグループも進めている。4社それぞれの提携先やアプローチが見えてきた。
[画像のクリックで拡大表示]
米スペースXの衛星ブロードバンド「スターリンク」との提携を発表するKDDI社長の髙橋誠氏
(出所:KDDI)

 「実は私は(衛星電話サービスの)イリジウムの立ち上げメンバーの一人だった。2年ほど前にスペースXとの電話会議でお話をもらい、このようなプロジェクトには、ぜひ参画したいと返事をした」。KDDI社長の髙橋誠氏は、今回のスペースXとの提携の経緯について、このように打ち明けた。

 スペースXのスターリンクは、参入が相次ぐ高度160k〜2000kmの低軌道(Low Earth Orbit:LEO)を周回する人工衛星を使った通信サービスにおいて、世界の先頭を走る存在だ。

スターリングなど宇宙通信の最新動向

イーロン・マスクやソフトバンクら参入、宇宙通信「10の疑問」

 ここに来て宇宙旅行に加え、人工衛星などを使って地球の隅々までに通信網を行き渡らせる「宇宙通信」も動きが激しくなっている。起業家のイーロン・マスク氏が率いる米SpaceX(スペースX)の巨大通信衛星網...

2021/07/20

 スターリンクは、地表からの高度560kmの周回軌道上に最終的に約1万2000基の人工衛星を打ち上げ、世界全体をカバーする通信網をつくる計画だ。「衛星コンステレーション」と呼ぶ人工衛星を互いに連携させる方式を活用する。既に約1500基の人工衛星を打ち上げ済みであり、21年2月からはベータ試験サービスを開始。現時点で約10万人が利用しているという。

 スターリンクは、低軌道衛星を使うことで、高度3万6000kmの静止軌道(Geostationary Orbit:GEO)人工衛星の通信サービスと比較し、遅延を抑えられ高速通信が可能になる点が特徴だ。スターリンクの通信速度は100Mビット/秒クラスといわれている。スターリンクは、スマートフォンのような一般的な端末ではなく、専用の送受信機を利用する。

 KDDIはスペースXとの提携で、まずは2022年をめどに、山間部や島しょ地域約1200カ所の基地局バックホール回線としてスターリンクを採用する計画だ。「山間部や島しょ地域の基地局のバックホール回線は、コストの問題から太い回線を用意できなかった。スターリンクの高速回線を使うことで、日本中どこでも高速通信を届けられる環境にしたい」と髙橋氏は続ける。

 人工衛星を使った通信サービスに必要な地上局(ゲートウエイ局)の準備についても、KDDIがスペースXに協力する。「KDDIは長く衛星通信に携わっており知見がある」(髙橋氏)。総務省から受けた実験試験局免許を活用し、既にKDDI山口衛星通信所にスターリンクの地上局を構築。両社で技術検証を進めるという。

 スターリンクは、一般消費者向け衛星ブロードバンドサービスも提供する計画。髙橋氏は「スターリンクはIoTや法人向けにも大きく活用できるコンセプトだ。あくまでサービス主体はスペースXになるが、日本市場についてはKDDIがよく分かっているので、両社で話を進めながら市場を広げていきたい」とした。

引用元: KDDIとスペースXが宇宙通信で提携、au基地局のバックホールに | 日経クロステック(xTECH)

KDDIとスペースXが宇宙通信で提携、au基地局のバックホールに
堀越 功
日経クロステック
2021.09.13

全2341文字
PR

4社4様の宇宙通信戦略

 今回、KDDIがスペースXとの提携を発表したことで、国内通信4社の宇宙通信戦略の違いも見えてきた。
KDDI ソフトバンク 楽天グループ NTTグループ
提携先 米Space X(Starlink) HAPSモバイル(子会社) 英OneWeb 米Skylo Technologies 米AST & Science スカパーJSATホールディングス
電波の発信元 低軌道衛星(高度約560km) 無人航空機(高度約20km) 低軌道衛星(高度約1200km) 静止軌道衛星(高度約3万6000km) 低軌道衛星(高度約730km) 低軌道衛星や静止軌道衛星、HAPSなど
目的 au基地局のバックホール回線(専用端末) スマホ向けモバイル通信など 船舶向けブロードバンド通信など(専用端末) IoT向けデータ収集など(専用端末) スマホ向けモバイル通信など 宇宙データセンター事業など
概要 21年からベータ試験開始 23〜25年にベータ試験開始。26年にプレ商用予定 21年末から一部地域でサービス開始予定 22年中にも国内でサービス開始予定 22年末から赤道付近でサービス開始予定 26年から宇宙データセンター事業を開始予定

 ソフトバンクは「三種の神器」と同社が呼ぶ、3種類の非地上系(Non-Terrestrial Network)を活用して、地上局ではカバーできないエリアに対してサービスを提供する計画だ。スペースXと同じ低軌道を利用した通信サービスでは、英OneWeb(ワンウェブ)と提携。スペースXよりも若干高い、高度約1200kmに約2000基の人工衛星を周回させ、船舶向けなどを対象にブロードバンド通信の提供を狙う。このほか子会社を通じて、高度約20kmの成層圏に無人航空機を飛ばし、空から携帯電話のエリアをつくるHAPS(成層圏通信プラットフォーム)の実証実験にも成功している。

ソフトバンクの「三種の神器」戦略

ソフトバンク、宇宙通信で狙う数兆円 「三種の神器」武器に

 ソフトバンクが人工衛星や無人航空機を活用した非地上系ネットワークの構築を急いでいる。空から地球を覆うネットワークを生み出すことにより、今まで通信環境が整えられていなかった場所までインターネットが利用...

2021/07/16

 楽天グループは、米国の新興衛星通信事業者AST & Science(AST)と提携。高度約730kmの低軌道衛星を使って、スマートフォンなど一般的な端末に直接通信サービスを提供することを狙う。

楽天の「スペースモバイル」計画

楽天「常識外れ」なスペースモバイル計画、衛星とスマホ直接通信

 「常識外れ」な挑戦によって携帯電話業界に新風を巻き起こしている楽天グループ(以下、楽天)。その楽天の次なる「非常識」は、米国の新興衛星通信事業者AST & Scienceとの協業で乗り出す「スペース...

2021/08/06

 NTTグループはスカパーJSATホールディングスと組む。低軌道衛星から静止軌道衛星、HAPSなども活用し、「宇宙統合コンピューティング・ネットワーク」の構築を計画する。通信サービスだけでなく、人工衛星上に「宇宙データセンター」構築を目指している点も特徴だ。

NTT、スカパーJSATの「宇宙データセンター」

NTT「宇宙データセンター」の勝算、人類史上初 IOWN強みに

 NTTが人類史上初という「宇宙データセンター」の実現に向けて動きだした。スカパーJSATホールディングスと組み、2026年にも人工衛星上でコンピューティング・ネットワーク機能を提供開始する。これまで...

2021/06/24

引用元: KDDIとスペースXが宇宙通信で提携、au基地局のバックホールに(2ページ目) | 日経クロステック(xTECH)


SpaceXが世界中にインターネットを届けるStarlink(スターリンク)とは!? 通信速度や市場規模まで徹底解説 | 宙畑

  • Starlinkスターリンク Systemシステムと呼ばれる、非静止画衛星を使ったインターネットが、これから始まるようです。
  • 動画も音声も、[スターリンク・システムを通じてインターネット経由で視聴する形態]に一本化されるようで、少なくとも地上波テレビ局は廃止され、停波されると思います。
  • NHK、民放各局など、既存の放送局は、スターリンクシステムに加入できませんので、加入できないことをもって必然的に早晩、解散となるでしょう。 NHKは国有化されるのかもしれません。 ですので、マスコミを非難したり、揶揄したりするのは、時間・体力のムダです。 もっと建設的な方面に意識をフォーカスするのが得策です。
  • GAFAM〔Google、Amazon、Facebook、Apple、Microsoft〕等のビッグテックと呼ばれる企業は、スターリンク・システムに参加できません。 DSが私たちを洗脳するシステムの核心部分が崩壊します。
    • そうなってくると、[Googleアドセンス等を使った広告収入モデル]は無効化されると思います。 つまりYouTubeを収入源としてきた人は、その収入源が途絶えることとなるでしょう。 しかし、新しい金融システム、新しい経済制度が立ち上がり、今後は誰もがベーシックインカムとして、1人月額20万円台〔新500円玉の直径から26.5万円との噂もある〕のおカネがもらえるので、無理に働く必要はない。 そんなかたちに切り替わるようです。

現在テレビを所有している人は別にして、これから新たに[地上波チューナーを装備する機器類]つまり[テレビ][テレビチューナー付き録画機]を購入するのは愚かしいことだ。 現在、PCの[マザーボード]または[グラフィックボード]と[モニター]を接続する方法として[VGA〔D-Sub15ピン〕][DVI][HDMI][DislplayPort][USB Type-C]があり、新旧が乱立している。 [USB Type-C]という[電源・映像・音声]が一括して伝送される方法が理想であり、[マザーボード]または[グラフィックボード]と[ディスプレイ]の両方が[USB Type-C]に対応している必要がある。 そうしたディスプレイの中で[10bitの色深度を表示できるPC用4Kモニター]かつ[リフレッシュレートが比較的速いもの]となると、まだ高いようである。 今後はワイヤレス電源が主流になるので、[デスクトップPCに巨大なトランスをもつ電源ユニットを搭載する]という方式も、短期間で終わるであろう。 それ以前に、AppleやMicrosoftが解散になると思うので、Linuxベースの世界共通OSが主流になるかもしれない。

[Starlink対応]になるのは[iPhone 13]から?|だったら[iPhone 13]の発売まで待ったほうがいい?|iPhone SE〔第2世代〕を買おうかと思っていたけれども地雷を踏むところだったのかもしれない

「iPhone 13」、低軌道衛星通信に対応か--著名アナリストのクオ氏予想
Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年08月30日 08時45分

ツイート
一覧
notenote

印刷
メール
保存
クリップ

 Appleに詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏のメモによると、「iPhone 13」は衛星通信接続機能を搭載し、セルラー通信エリア外でも通話やテキスト送信が可能になるかもしれない。
The iPhone 13 will reportedly have hardware that will allow it to tap satellite communications.
提供:James Martin/CNET

 近く発表予定とみられるiPhone 13には、低軌道(LEO)衛星の利用を可能にするハードウェアが搭載され、4Gや5Gの通信エリア外でも接続を維持できるようになる可能性があるという。Kuo氏が投資家に伝えたメモの内容をMacRumorsが確認した。MacRumorsによると、iPhone 13には、カスタマイズされたQualcommの「X60」ベースバンドチップが搭載されるとみられる。

 Elon Musk氏の宇宙ベンチャー企業SpaceXは、衛星インターネットサービス「Starlink」で注目を集めている。世界中のあらゆる地域に新しいブロードバンドサービスを提供することが期待されるサービスだ。

 Kuo氏は、「技術とサービス範囲に関して、Appleに協力する可能性が最も高い」LEO衛星通信サービスプロバイダーとしてGlobalstarを挙げている。

 米CNETの取材に対し、Appleから返答はない。

引用元: 「iPhone 13」、低軌道衛星通信に対応か--著名アナリストのクオ氏予想 - CNET Japan

[Starlink衛星]を数多く打ち上げているのは事実である

SpaceX、「Starlink」端末の出荷台数が10万台を突破--イーロン・マスクCEO
Ry Crist (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年08月25日 09時36分

ツイート
一覧
notenote

印刷
メール
保存
クリップ

 SpaceXの創設者で最高経営責任者(CEO)のElon Musk氏は米国時間8月23日、衛星インターネットサービス「Starlink」の端末出荷台数が、14カ国で10万台に達したことを一連のツイートで明らかにした。ますます規模を拡大するこの地球低軌道衛星ネットワークのサービスは、米国、カナダ、英国、フランス、ドイツ、オーストリア、オランダ、アイルランド、ベルギー、スイス、デンマーク、ポルトガル、オーストラリア、ニュージーランドで提供されているという。

100k terminals shipped!https://t.co/Q1VvqVmJ2i
— Elon Musk (@elonmusk) August 23, 2021

 Starlinkは、2020年10月に一部の地域でベータサービスとして提供開始された後、2021年は着実に成長を遂げている。Musk氏は2月、ユーザー数が1万人を超えたことを明らかにした。その半年後には、ユーザー数が9万人に急増し、それ以外にも数十万人がStarlinkのウェイトリストに登録していると、CNBCが報じた。2021年の何度かにわたる衛星打ち上げを経て、Starlinkのコンステレーションを構成する衛星の数は約1800基となっている(また、同社が米連邦通信委員会に提出した書類によると、今後数年間でコンステレーションの衛生数を4万2000基に拡大する計画だという)。
Starlinkのアンテナ
カリフォルニア州のディアブロ山に設置されたStarlinkのアンテナ
提供:John Kim/CNET

 Starlinkは、100Mbpsを超えるダウンロード速度と従来の衛星接続よりも低い遅延を実現して、ユーザーをウェブに接続することを約束している。衛星接続は、データの伝送距離が長くなるために、通常はやや遅く感じられる。米CNETの初めてのハンズオン実験でJohn Kim記者は、Starlinkの速度が日によって異なり、平均でダウンロード速度は約78Mbps、遅延は36msだったと報告していた。既に衛星インターネット接続としては非常に良い数値が得られている。

引用元: SpaceX、「Starlink」端末の出荷台数が10万台を突破--イーロン・マスクCEO - CNET Japan