重曹を購入したら直後にビニール袋に小分けにする|重曹は空気中の水分を吸って[砂岩化]する|ただし[砂岩化]といっても手で簡単にほぐすことができる[柔らかい砂岩]である

  • 重曹25kgは、[クラフト紙袋〔外装〕][分厚いビニール袋〔内装〕]という二重の袋になっている。
  • 重曹25kgを購入したら、直後にビニール袋に小分けにする必要がある。重曹は空気中の水分を吸って[砂岩化]するからである。
  • ただし[砂岩化]といっても手で簡単にほぐすことができる[柔らかい砂岩]である。
  • 利便性だけを考えた場合、使う都度、水に溶かすより、ビンなどに重曹の飽和水溶液をつくっておき、上澄みを希釈して使うとラク。 ただし、衛生面を重視する場合、その都度、重曹を水に溶かしたほうがよい。

尿道炎・膀胱炎・カンジダ膣炎に抗生剤を使うと耐性菌を生んで何度でも再発するので重曹水をカテーテルで尿道口から膀胱へ注入して排尿するセルフケアを繰り返すことで完治させる

重曹じゅうそう水]に[クエン酸]または[クエン酸を基調とするレモン果汁〔ジュースのもと〕]を入れると、炭酸水ができる。 この炭酸水が身体を整えるのによいと評判で、トランプ大統領〔実際にはトランプが大統領|バイデンは偽物〕が毎日飲んでいる。

[重曹水]に[クエン酸]を混ぜた炭酸水を毎日飲んで身体を整えましょう。

ケーキがふわふわにふくらんでいるのは、重曹とクエン酸が合わさって中和するときに出る炭酸ガスのおかげ。 重曹とクエン酸は、ケーキをふくらませるときに利用されています。

つまり、重曹とクエン酸は、飲食しても、まったく問題はなく、身体にほとんど害を与えません。

ただし、重曹を買うときは、必ず[食品添加物][食品グレード]など[食品]を意味する単語が入った規格の重曹を買う必要があります。

[重曹水]はアルカリ性、[クエン酸]は酸性であり、どちらかに偏ると、お腹がゴロゴロする場合があります。 そういうときは、[重曹水][クエン酸]の双方の絶対量を減らして、薄い水溶液から慣らしていきます。


もしも[膀胱ぼうこうに痛み・違和感]があったり[頻尿ひんにょう〔おしっこが近い〕]であったりした場合、尿道・膀胱がカンジダにおかされている可能性がある。

【話題作】「イタリア人医師が発見したガンの新しい治療法」を世界一わかりやすく要約してみた【本要約】

以上のリンク先である[本の要約動画]にもあるように、赤ちゃんが母乳を飲むとき、お母さんの乳首からカンジダをもらって、赤ちゃんの喉がカンジダに冒されることがある。 このとき、赤ちゃんに繰り返し重曹水うがいをさせると、カンジダは簡単に治る。

[がん][尿道炎・膀胱炎・カンジダ膣炎][いんきんたむし]などは、すべてカンジダ感染症なので、対処法としては、[一定時間、患部を重曹水にさらし続ける]ことによって[カンジダを退縮させる][カンジダに冒された組織を重曹水に溶かす]ということを繰り返すだけである。

  • 患部が口腔・咽頭なら、重曹水でうがいをする。
  • 患部が食道・胃なら、重曹水で胃洗浄をする。
  • 患部が直腸なら、重曹水で浣腸をする。
  • 患部が膣なら、重曹水で膣浣腸をする。
  • 患部が尿道・膀胱なら、重曹水を尿道口経由で膀胱に注入してから排尿する。
  • 以上をすべての患部に応用する。

赤ちゃんの肛門周辺、性器周辺の赤み・かぶれは、カンジダ感染症である可能性があるので、重曹水の沐浴もくよくを習慣化すると治るかもしれない。

  • 赤ちゃんのチンカス〔鬼頭と包皮との間に堆積する垢と油脂の混合物(白・黄色)〕、マンカス〔クリトリスと包皮との間ほか、女性器全体に堆積する垢と油脂の混合物(白・黄色)〕について。 赤ちゃんは皮膚がとても弱いので、重曹水の沐浴のときに、重曹水の水中で軽く叩く〔タッピングする〕ことで落とすとよいかもしれない。
  • これは赤ちゃん以外も同様である。

介護においても、介護される人の肛門周辺、性器周辺のかぶれは、カンジダである可能性があるので、重曹水の沐浴を習慣化すると治るかもしれない。

お母さんの乳首にもカンジダがいて、母乳を飲んでいる赤ちゃんの喉がカンジダに感染することからわかるように、皮膚にも、常在菌としてカンジダが存在する。 [尿道・膀胱][膣]にも、常在菌としてカンジダが存在する。 体力が低下し、免疫力が弱まると、カンジダに負けて、いろいろなトラブルが発生する。

[尿道・膀胱][膣]には、重曹水をカテーテルで注入してカンジダを弱らせ、カンジダを溶かすことを繰り返すと、[膀胱に痛み・違和感]があったり[頻尿〔おしっこが近い〕]であったりしても治る可能性が高い。

抗生剤では[カンジダの暴走]が食い止められたにすぎず、抗生剤を[学習]した菌は、耐性菌である常在菌として、身体に残り続けている。

[抗生剤を使用した結果として一時的に治った状態を得る]=[耐性菌を常在菌として抱え込んだ]ということになる。

つまり[尿道・膀胱][膣]に常在菌として残っているカンジダは、耐性菌になっている。

耐性菌には、以前と同じ抗生剤は、あまり効かなくなる。 そして、より強い別の抗生剤を使うと、その抗生剤を[学習]した菌は、耐性菌となる。 その繰り返しだ。

したがって、尿道炎・膀胱炎・カンジダ膣炎のどれかを経験し、そのとき抗生剤で対処した場合、耐性菌を抱え込んでいる可能性が高い。

この耐性菌を除去する、あるいは、耐性菌を減らすために、重曹水で定期的にクリーニングするのも、1つの健康法である。

重曹を25kg買うと、相当ぜいたくに使えるので、重曹を入れたお風呂で半身浴をして、下腹部をクリーニングすると、尿道炎・膀胱炎・カンジダ膣炎の改善、防止につながるだろうと思う。

カテーテルによる膀胱への重曹水の注入は、尿道を傷つける、あるいは、尿道を緩ませる面もあるので、特に必要を感じた場合だけにする。 尿道が緩むと、尿漏れにつながりやすくなる。

例えば、出産後の数ヶ月は、[くしゃみ・せきをする][びっくりする][重たい物を持ち上げる][飛び降りる][走る]などの動作・反応を行なうと尿漏れする状態が続くことがあるけれども、身体の構造が[懐妊状態]から[通常状態]に徐々に戻ること、さらにそのプロセスで適切な筋力トレーニングを行なうことによって、尿漏れは克服することができる。

重曹は、耐性菌を生まない。 重曹には、余計なタンパク質を溶かす作用があり、重曹水は[カンジダを弱体化させる][カンジダに浸食された皮膚表面を溶かしていく]といった作用をもつ。 この[カンジダに浸食された皮膚表面を溶かしていく]という作業を、根気よく繰り返すことで、がんでも治るわけである。 がんが治るぐらいだから、軽症のカンジダ感染症も治る。

お風呂で重曹水のお湯につかり、重曹水のお湯を頭皮にかけると[頭のかゆみがなくなる]など、常在菌の繁殖による不具合が解消される。 かゆみは、カンジダに由来することも多いから、一週間に一度程度は、重曹水のお湯につかるのもいい。

重曹25kgを一袋も買うと、入浴時に惜しみなくバンバン使える。 重曹水による半身浴は、いろいろといい。 重曹入浴、マジでいいから。

パンを食うから、カンジダが増える、というのがある。 イースト菌はカンジダの一種で、パンを食うと腸がカンジダに感染しやすくなる。 パンというのは、身体に悪い面がある。 そもそも、小麦粉そのものが、身体に悪い面がある。 砂糖と小麦粉をやめたら、ものすごく健康になる。

それで、大便はいくら念入りに拭いても肛門に残り、肛門の大便〔カンジダ配合〕が下着を通じて性器の穴から入り、これが尿道炎・膀胱炎・カンジダ膣炎などを引き起こす。 このメカニズムで、尿道・膀胱の違和感、頻尿などが起こる場合がある。

したがって、ウォシュレットは、善し悪しなんだよ。 ウォシュレットは、肛門についた大便を水で洗い飛ばすわけだけれども、当然、うんこ水が飛び散り、それが性器付近にも付着するわけさ。 というより、肛門と膣は近いので、うんこ水を膣に押し入れることになるため、女性はウォシュレットを使わないほうがいい。

トイレットペーパーで、慎重に拭き取ったほうが安全、という側面があるのだと思う。 またトイレットペーパーは、小便・大便ともに、押し当て法によって吸着させ、けっしてこすらないことだ。 傷をつくると菌が入り込みやすくなる。

おトイレをしたら、重曹水を股間にスプレーして〔アトマイザー〕清潔さを保つと、カンジダに由来するトラブルは未然に防げる可能性が高いと私は思っている。

Happy Birthday Amy

【驚愕】重曹で癌が治る!?癌の正体はカビだった!

【話題作】「イタリア人医師が発見したガンの新しい治療法」を世界一わかりやすく要約してみた【本要約】

ゾンビと呼ばれた赤ちゃん

二度と膀胱炎にかからない

自己導尿カテーテル使用方法

[綿球にポビドンヨード液を含浸させたセット]は高くつくので、イソジン〔ポビドンヨード液〕を使ってもいいと思う。 ただし、ミント系のオイルが入っているので、敏感な部分に使うと刺激があるかもしれない。 ポビドンヨード液は、だいたい何でも消毒殺菌できる。 あとは、キッチンハイターのたぐい〔塩素系漂白剤〕もよく消毒殺菌できる。