洗脳解除教程|ネスレの炭酸飲料[サンペレグリノ]などネスレの飲料などに酸化グラフェンが混入されている|市販の飲料を飲むな!

ネスレ サンペレグリノ - Google 検索

ネスレの炭酸飲料「サンペレグリノ」を電気分解したら、酸化グラフェンが大量に出てきた - カイブログ2

洗脳解除教程|ネスレの飲料などに酸化グラフェンが混入されている|市販の飲料を飲むな!

緊急:ネスレ、サンペレグリノの酸化グラフェン。 (ビデオテスト)

サンペレグリノでこの実物大のテストをご覧ください。

ネスレグループのすべての製品に が含まれている可能性がありますが 酸化グラフェン 、なぜネスレは絶対にボイコットしたのですか?

それらは、とりわけ、水に固有の多くの問題の原因です。

とりわけネスレウォーターズのあるヴォージュでよく知られているもの: 「 ネスレウォーターズが認可を受ける前にヴォージュから水を汲むとき 」 。
スイスの巨人ネスレが毎年何十億ドルも稼ぎ、 私たちに…無料の水を売っています。
ベルンでのネスレ裁判 粉ミルクは第三世界の子供たちを殺しますか?
する内部文書に揺さぶられたネスレ 製品の60%が不健康であると主張

2021年8月27日に投稿
食品業界。 ほとんどのネスレ製品は不健康です

投稿日:2021年5月31日
スイスのヴヴェイにあるネスレの本社には、多国籍企業のロゴが表示されています(2020年11月上)。 FABRICE COFFRINI / AFPスイスのヴヴェイにあるネスレの本社には、多国籍企業のロゴが表示されています(2020年11月上)。 FABRICE COFFRINI / AFP

社内文書によると、食品業界で世界一の企業は、製品が良好な栄養価のしきい値に達した場合、売上高の37%しか達成していないことを認めています。

不健康。 世界をリードする食品会社が販売する製品の大部分は なく 「健康的」では 、 「その製品と範囲の一部は、 決して ものではありません 、 「あなたにとって良い」 」と それらを改善するための努力にもかかわらず ネスレはアクセスした内部文書で認めています。 フィナンシャルタイムズ。

「今年の初めに上級幹部に行われたプレゼンテーションに ているのは 37 よると、ネスレが販売した食品および飲料製品のうち、動物飼料と を除いた売上高は わずか %です 栄養補助食品 3.5を超え 」 、オーストラリアの栄養品質スケールで 。 国際機関の基準となるニュートリスコアに近いこのシステムは、食品を0.5から5のスケールで分類し、英国の経済日報を指定します。 ネスレは、3.5が栄養価の閾値であると推定しています。
アイスクリームとキャンディーの99%

農業食品大手ことを認識し 、「60以上の [...ネスカフェ、Nestea、マギー、ブイトーニ]消費者のブランドの下で販売されてその飲み物や食品の% として修飾することはできません 『実績のある基準に健康応じ』 」 。 詳細には、食品の70%、飲み物(コーヒーを除く)の96%、アイスクリームと菓子の99%がこのしきい値に達していません。 水とミルクのレベルを上げ、水の82%と乳製品の60%を3.5のしきい値に到達させます。

プレゼンテーションは次のように述べています。

私たちのポートフォリオは、規制圧力と消費者の需要が急増している状況で、健康基準を引き続き下回っています。」

マーク・シュナイダー、スイスの多国籍の最高経営責任者(CEO)は、拒否した とのインタビューで ブルームバーグ 月中 と主張する人たちとの側に、 「ネスレや他の多国籍企業によって生産されたものを含む加工食品は、あなたのために良いことない傾向がある」 が、持っていましたより健康的な食事に対する消費者の願望を認めた。

オレンジフレーバーのサンペレグリノによって得られたEに関して、ニュートリスコアの最悪のスコア(100mlあたり7.1g以上の砂糖が含まれています)について、ネスレの文書は次のように疑問に思ってい ます。

スイスの巨人ネスレが毎年何十億ドルも稼ぎ、私たちに…無料の水を売っています。

ヴォージュでは、多国籍のネスレウォーターズが、 ブランドで瓶詰めするミネラルウォーターの一部を ます ヴィッテル、コントレックス、またはヘパーの 引き出し 。 ..承認を受けていない。 これは、2020年5月13日に見られた調査中に「展示物」のジャーナリストが発見したものです。

毎年、10億本以上のVittel、Contrex、またはHéparがNestléWatersVosgesサイトからリリースされています。 ブルーゴールドは、1990年以来それらを保持している多国籍企業の大きな利益の代名詞です。国の支援を受けて、スイスの会社は手に負えないと感じますか? ヴォージュでは、彼女はこの水の一部を引きます...許可を得る前でさえ。 これは、2020年5月13日を見るために、DelphineLopezが「展示物」の調査中に発見したものです。

ジャーナリストをこの軌道に乗せたのは、環境保護のための活動家でした。 ウォーターボトルのパレットが旅行者に取って代わったヴィッテル駅では、Delphine Lopezは、稼働中のすべての試錐孔を見つけることができるアプリケーションを使用しています。 川の近くの線路沿いにネスレのものがあると言われています。
コントレクセビル周辺の5つのネスレウォーターズの試錐孔が整頓されていない

このボアホールは「グレートソース」と呼ばれています。 ネスレウォーターズの文書によると、コントレックスのミネラルウォーターを生産するために利用されています。 同社は、10年間で汲み上げられた量、平均して年間85,000立方メートルも供給しています。 しかし、別の文書では、今回は都道府県から、この古い試錐孔の揚水許可がないことに気づきました。 したがって、彼は秩序がないでしょう。 そしてこれは、町とその周辺にある5つの試錐孔の場合であり、ネスレウォーターズはそこから許可なく引き出されます。

ネスレの経営陣は何と言っていますか? 何度もリマインダーを送り、4か月待った後、ジャーナリストはついにコントレクセビル工場のディレクター、ロナン・ル・ファニックに迎えられました。 恥ずかしい、彼はことを認め 、「いくつかの文書が欠落していた」、 および 「できるだけ早くこのすべてを定例化したいと考えています」。 彼によると、この事件は都道府県のサービスによって調査中であり、問​​題はすぐに解決されるはずです。

見るべき文書「私たちの天然資源を手に入れる:多国籍企業に対する市民」からの抜粋 「展示会」 2020年5月13日の で 。

ソース 1

ソース 2

引用元: 緊急:ネスレ、サンペレグリノの酸化グラフェン。 (ビデオテスト)-インフォーマー。

飲み物にも酸化グラフェンが入っていた(9/12追記)

2021年09月08日

テーマ:
食べ物

先日のブログ「食べ物にも酸化グラフェンが入っていた」にて、ケロッグ、肉などに酸化グラフェンが入っていることをお伝えしましたが、今回は、酸化グラフェンが含まれている飲み物についてお知らせします。





1.NESTRE(ネスレ)サンペレグリーノ

   ネスレから販売されている炭酸飲料であるサンペレグリーノの中には、酸化グラフェンが溶け込んでいます。酸化グラフェンは水溶性なので、通常は透明で目に見えません。



   サンペレグリーノを電気分解すると、磁性体物質が出てきます。

①下記動画の右側がサンペレグリーノです。(画像にリンク)

ネスレ1

②続きの動画です。

ネスレ2



  ニュースソースは、下記になります。
URGENT : Nestlé, de l’oxyde de graphène dans le San Pellegrino. (test en vidéo)Voyez ce test réel grandeur nature dans le San Pellegrino. Tous les produits du groupe Nestlé peuvent contenir de l’oxyde de graphène, Nestlé a boycotté absolument pourquoi ? Ils s…リンクqactus.fr



  また、記事によると、ネスレウォーターズ社は、フランスのヴォージュ地方でヴィッテル、コントレックス、エパールのブランドで瓶詰めしたミネラルウォーターの一部を、許可を得ずに汲み取っているとも書かれています。



2.スマートウォーター

  マンチェスター大学では、ネイチャーに報告されているように、水のろ過膜を酸化グラフェンで構成することにより、水の流れを電気的に制御できるようにしたとの記事がありました。



  従来は、コックをひねって水流の量を調節していたが、電気制御により水流の量を増やしたり、減らしたり、止めたりしようとするものです。



  このスマートウォータとミネラルウォータとを電気分解した動画が次の通りです。スマートウォータの方には磁性体が含まれているのが分かります。



3.水道の民営化について

  宮城県水道事業の民営化が議決されたとの記事がでています。地方議員によって、日本国内の資産が外資に切り売りされようとしています。今後、上下水道の民営化が全国に広がっている可能性があります。
日本初の水道事業民営化。運営会社の議決権株式はヴェオリア・ジェネッツ社が51%保有(橋本淳司) - 個人 - Yahoo!ニュース宮城県議会は、上下水道と工業用水の20年間の運営権を民間企業に一括売却する「みやぎ型管理運営方式」の運営権設定議案を可決。しかしながら運営会社の議決権株式の保有者が明らかになると宮城県議会は揺れた。リンクnews.yahoo.co.jp



  民営化すると、当然安価な設備や運営方法を考えるでしょう。そうすると、酸化グラフェンを用いたろ過装置が採用される可能性もでてきます。

  

  このように、民営化されると、安全よりコストが優先となり、日本の安全な水が汚染されてくることが心配されます。



4.水道水への農薬混入率の規制緩和(9/12追記)


 厚生労働省から、 水道水への農薬規制緩和のための案が出ています。 水道水に毒性の強い殺虫剤、除草剤、農薬の規制緩和して基準値をあげようとしています。

規制緩和の化学物質
①ホスチアゼート:有機リン系殺虫剤
②イプフェンカルバゾン:非ホルモン系吸収移行型除草剤
③オキソン体:有機リン系農薬(毒性が強い)


9/17までパブリックコメントを受け付けています。

「水道水の農薬類の目標値等の改正案」に関する意見の募集について



なぜ、国は、このような改悪案を推し進めようとするのでしょうか。飲み水からも人々を弱らせようとしているようにしか思えません。
#ミネラルウォーター#ワクチン#健康#ワクチン接種#病気#飲み物#炭酸水#ジュース#水道水#酸化グラフェン

引用元: 飲み物にも酸化グラフェンが入っていた(9/12追記) | これ信じてみないか