洗脳解除教程|インフルエンザの大流行が、なぜ事前にわかるのか?|自分たちで散布するからだよ|インフルの流行とワクチンビジネスって、マッチポンプなのよ|このワクチン利権が徳川家の利権|インフルエンザワクチンの中に、何を入れると思う?|[酸化グラフェン][スマートダスト〔日立のミューチップ〕][トリパノソーマ][ヒドラ系の未知の生物]といった寄生虫

インフルエンザウイルスの散布は、航空機については[民間航空機][自衛隊機][米軍機]のラインは、すでに自衛隊が掃討している。 しかし、自動車等を使って、地上から噴霧する方式については、防ぎようがない部分がある。

インフルエンザウイルスが散布され得る重点地域は、当然、首都圏だろ?  首都圏を事前に離れておくことが、[インフルエンザのパンデミー]にかこつけた[ロックダウン]などで困らないようにするための自衛手段ということになってくる。

[コイツらだったらやるだろう]という[やりそうなことメニュー]を考えておくなど、ある程度の見通しを立てて対策しておくと、ラクに戦えると思う。

  • ワクチン、医薬品への毒物・病原体の混入:
  • 飲食物への毒物・病原体の混入:ネスレの飲料はアウト、市販のボトルウォーター、炭酸水、ジュース、コーヒー、紅茶などは、すべてアウトだと思ったほうがよい。 食品メーカーも闇側だと思うよ。 そして、カゴメ、デルモンテのトマトも危険だという噂が流れている。 レタスやバナナも危険だという噂が流れている。 とにかく、顔の見えない人からの飲食物はすべて疑ってかかる。
  • 水道水への毒物・病原体の混入:
  • 空中への毒物・病原体の散布:

インフルエンザ「今季は大流行の恐れ」…学会がワクチン接種呼び掛け

10/7(木) 11:56配信
3511

この記事についてツイート
この記事についてシェア

読売新聞オンライン

 日本感染症学会が、冬に備え、インフルエンザワクチンを積極的に接種するよう呼びかけている。昨季はコロナ禍でマスク着用や手洗いなどの対策が徹底され、インフルエンザ患者が激減した。海外との往来制限が緩和され、ウイルスが持ち込まれれば、今季は大流行の恐れがあるという。

 昨季は新型コロナとの同時流行も懸念されたが、全国のインフルエンザ患者数は推計1・4万人で、現在の調査手法になった1999年以降で最も少なかった。同学会はウェブサイトに見解を公表、「患者が極めて少なかったため、社会全体の集団免疫が形成されていない」とした。ワクチン接種で患者を減らせれば、医療現場の負担軽減にもつながる。秋以降の新型コロナ患者の急増への備えとしても重要だとした。

 見解の作成に携わったけいゆう病院(横浜市)の菅谷憲夫医師は「今季は例年以上の大規模な流行を起こす恐れもある。多くの人たちにワクチンを接種してほしい」と話している。

引用元: インフルエンザ「今季は大流行の恐れ」…学会がワクチン接種呼び掛け(読売新聞オンライン) - Yahoo!ニュース