洗脳解除教程|世界的な半導体不足はQ-Phones〔QFS(量子金融システム)用スマホ〕を急ピッチで製造しているから、という噂もある

Q-phone製造中;地上すべての人々に配布される | Emeru

Nokiaのスマホが中国サーバーにデータ送信をしていたことが判明 | telektlist

アップルがイベント「Unleashed」を日本時間10月19日午前2時開催、新MacやAirPods登場の噂

引用元: アップルがイベント「Unleashed」を日本時間10月19日午前2時開催、新MacやAirPods登場の噂 | TechCrunch Japan

iPhone以外は、大半が中華スマホです。 Nokiaのスマホも、中国と関連しているようです。 スマホは、iPhoneを選ぶしかないような状況だけれども、iPhoneはライトニング端子であり、やがてUSB Type-Cに切り替えざるを得ないのは目に見えています。 いいかえれば、ライトニング端子仕様のiPhoneは、現時点ですでに不便なデバイス、産業廃棄物予備軍なわけです。 そのためiPhone 13シリーズを積極的に買う人は少数派です。 つまりiPhoneは売れていない。 そもそもが、フェイスIDが嫌われているのに、タッチIDであるiPhone SE〔第二世代〕を除き、すべてのiPhoneがフェイスIDです。 これでは、フェイスIDとタッチIDの両方ができるAndroid機に顧客が流れるのも当然です。 またM1チップのMacBookシリーズ、iMacは、グラフィックスの処理能力が極度に低いため不評であり、いよいよAppleは追い込まれてきています。 そもそもが、PCの需要の大きな部分を占めているゲーミング用途に、macOS端末がまったく対応していない。 この時点で売り上げが上がるわけがない。


iPod touchも、音楽用途ではなく、ゲーム用途が主目的でしょ?  だから現在のA10では演算能力が不足している。 同価格帯のAndroidスマホ/タブレットと比べると、iPod touchはA13ないしはA14ぐらいまで演算能力を上げないと、コスパ的に対抗できないと思う。 しかしiPod touchの薄型ボディでは、A13ないしはA14だと、電池がもたなくなる。 いよいよ、iPod touchがディスコンになるかどうか、という瀬戸際だと思う。
つまり、買うスマホがない状況なのです。 したがって、私はQ-Phones〔QFS用スマホ〕を待つことにしました。 iPhone SE〔第二世代〕を白ロムで買おうと思ったけど、画面が小さすぎるのでやめました。 それでNEC〔中身はレノボ〕のタブレットを買いました。
10月18日にAppleのイベントがあるようですけれども、iPod touchの新型も発表されるのでしょうか?  有線接続のポータブルアンプを使うためには、プレイヤー側にφ3.5mmのイヤホン端子が必要なのですけれども、新型iPod touchにイヤホン端子がなかったら、買う価値がありません。

量子金融システム〔QFS〕が始まったら個人端末[QPHONE]が配布される?|だったらiPhoneは必要ないからiPadかiPad miniでいいじゃん|新型iPad mini〔第6世代/8.3″/64GB or 256GB/A15 Bionic/セルラーモデルあり/スペースグレイ or シルバー/Apple Pencil第2世代〕は[Lightning端子/イヤホン端子/ホームボタンの廃止]〔電源ボタンでタッチID|フェイスID非搭載〕|iPhone13シリーズ全機種が[Lightning端子搭載]でApple信者も不満爆発!

iPad - モデルを比較する - Apple(日本)

[セルラーモデルをテザリングの親機に使う]というプランでは、バッテリーがもたなければダメだ。 [iPadやiPad miniのセルラーモデル]は、電池がヘタったら使い捨てとなる〔バッテリー交換修理に出すぐらいなら新型を買う〕。 [デュアルSIM]も[Bluetoothテザリング〔30時間使える〕]もこなす[NEC Aterm MR05LN]は、電池パックが外せるので、電池がヘタったら交換できる。 冷静に考えると、[iPadやiPad miniのセルラーモデル]よりも[NEC Aterm MR05LN]を選択するのが賢明だろう。 つまりは、[iPadやiPad miniのセルラーモデル]ではなく、[iPadやiPad miniのWi-Fiモデル]の購入を検討するのが順当だろう。


私の知らぬ間に、Appleでは、次のような再編がなされていた。 [iPhoneシリーズ・iPod touchにはiOSが搭載されている][iPadシリーズにはiPadOSが搭載されている]という完全なる区分けがなされていた。
●[iPhoneシリーズ・iPod touchには[A13][A14][A15]といった非力で省電力なCPUが組み合わされている]。
●[iPadシリーズの低位・中位グレードには[A13][A14][A15]といった非力で省電力なCPUが組み合わされている]。
●[iPadシリーズの上位グレードにはARMアーキテクチャのライセンスを受けてつくられた、[M1]という、電力を多く使うパワフルなCPUが組み合わされている]。
ただし[M1]はグラフィックス処理が意外に弱いので、本格的なアート系用途なら[AMDやIntelのPC用のCPU]と[NVIDIAのグラフィックボード]を搭載したノートPC〔クリエイティブ仕様/ゲーミング仕様〕に、ワコムの板タブを組み合わせたほうが無難だろうと思う。 フォトグラファーからmacOS機やiPadが人気なのは、単に[Windows OSでは色彩制御がイイカゲンだから][Windows用のモニターの大半が色彩に無頓着で、EIZOの上位モデルぐらいしか、しっかりした色味が出せるモニターが残っていないから]というWindowsのだらしなさに原因があるだけで、Apple製品がとくに色彩において優れているわけではない。 EIZO〔ナナオ〕とともに三菱電機のモニターは色がきれいだったけれども、三菱電機は液晶事業から撤退する。 液晶ペンタブは、最初こそとっつきやすいけれども、毎日長時間使うと、姿勢が前屈みになって猫背が定着し、目をやられる。 モニターに正対した、背筋を伸ばした姿勢で、板タブによって[写真編集][イラスト]などを取り扱ったほうが、健康を害さない。 そういう意味で、[iPadOS機をアートに使う]というのは、本業の人が選択する道ではないと思う。 本業なら板タブと、ふつうの大画面モニターだと思う。
ヘビーユーザー以外は、最高でもiPad Airで十分なのではないか、と思う。 よっぽどのことがないかぎり、iPad Proというのは、[それだったらM1搭載のMacBookシリーズにしておいたほうがいいだろう]という判断になると思う。 もちろん、[Apple Pencilを多用することによって、操作性を高める]など、目的意識がハッキリとしており、M1でないと処理が追いつかないといった、必然性があれば、iPad Proを選択するのが正解だと思う。 それにしても、iPad Proは高いよ。
結局、一眼カメラを遠隔で端末から制御するアプリが、iPadOS専用アプリらしいので、一眼カメラとともに使うとしたら、iPhoneではなくiPadにせざるを得ない。 [写真・動画を映し出すアプリは画面が大きいほうが有利]となると、無標iPad〔10.2″〕でも小さいぐらいであるため、iPad mini〔8.3″〕は不利。 ただし、電子書籍用の端末と見た場合、iPad miniぐらい軽量でないと腕がもたないのも事実。 バッテリーが重たいので、[軽くて大画面]というタブレットの開発は難しい。 そして[Apple Pencil Ⅱ型]を多用しながらiPadを学習用にバンバン使うとしたら、高価だけれどもiPad Air〔10.9″〕やiPad Pro〔11″/ 12.9″〕が適しているし、携帯性を重視すればiPad mini〔8.3″〕も有力。
M1が旧型になり、M2が出れば、A15などの非力なチップではなく、M1が搭載された無標iPadが出る時代が来るかもしれない。 そう考えると、5年もの長期スパンで捉えるより、3年もてば上々という感じが最適なのかもしれない。 そうなると、あまりにも高価なモデルを購入しても意味がないし、何しろiPadは電池パックが封入式であるため、電池がヘタったら有線電源を使わざるを得ず、そうなると場所が固定される端末なので、サブモニターとして余命を過ごすことになる。 無標iPadのWi-Fiモデル64GBという、最低ランクのiPadが、最適解なのだろうと思う。
Appleは意地の悪いことに、128GBを設定していないけれども、それならば、64GBを買ってDropboxを多用することで補うしかない。 このあたりの意地悪さは、Canonとそっくりだね。 顧客をイビるほどに、競合他社へと顧客が流れているのにも気づかず、グイグイやっていたのがCanonだった。 それで、CanonからSONYへ、現在でも顧客が流れている。 だってEOS 5Rを使っても、Canonでは、30分制限があるから、まともに動画が撮れないじゃんよ。 Appleも同様に、顧客を締め上げているので、iPhoneからAndroidへの顧客流出に拍車がかかっている。 とくにiPhone 13では、徹底敵に嫌われているフェイスIDとLightning端子を残したことで、Apple信者をも絶望させているんだよ。 以上のようにして、Apple離れが深く静かに発生しているというのに、中長期的な視点をもつことができないAppleのマーケティング部門は、アレだよね。 冷静に考えて、Androidの世界にiPadと同等のタブレットがあれば、AndroidタブレットにSDカードを入れてストレージを拡張すればいい。 ただし、中華タブレットは避けたいので、国産Androidタブレットの世界を検討するとして、そうなると、NECの低スペックの型遅れみたいなAndroidタブレットしかない。 そうなると無標iPad Wi-Fiモデルの64GBという最廉価モデルしか選択肢がないかな、というところが結論となる。 無標iPad Wi-Fiモデルの64GBは、マジでコスパ最強だと思う。 無標iPadは、従来までの[最低容量が32GB]ではなく[最低容量が64GB]なので、大きなアプリ、大きなデータを本体に保存しないかぎり、[64GB]で十分なんだろうな。
iPadなどタブレットの電池がヘタって、有線電源による固定位置でしかタブレットが使えない状態になる。 その状態においても、何らかのサブ的な使い道を見いだしたい。 このときspacedeskをiPadにインストールして、iPadをWindows機のサブモニターにする。 現在、超古いiPadをそれで接続しているけれども、iPadのCPUが遅すぎてリフレッシュレートが秒間数回ぐらいなので、まったく使い物にならない。 A13の無標iPadだったら、ふだんはWindows機のサブモニターに使える。 したがって、Windows機のサブモニターを兼用するタブレットとして、無標iPad64GBWi-Fiモデルを3万円台で購入して使う。 それを、たまにネット銀行の認証端末としても使う。 このラインが私に最も合っているのかもしれない。 私はタッチUIにまったく不慣れで、キーボードがない端末はまったく使いこなせない。 [説明が書かれていない状態のアプリ]の端っことか、どこかをタップすると、こうなる。 そういう、明示的でない、隠されたUIが苦痛で仕方がない。 マウスやトラックパッドでマウスカーソルを動かして、マウスカーソルでメニューの該当位置をクリックして操作する、というUIでないと直感的に操作できない。 あるいは、ショートカットキーで、明示的にキーボードから操作するやり方にしか適応できない。 [目で見てタップして]という動作を、何度も繰り返させられる、その手の動きがウザい。 こういう古い人間なので、Windows機以外は操作できない。 だからiPadも、iPod touchも使いこなしていない。 Let's noteからBluetoothで飛ばした音声を、ウォークマンで受信してイヤホンで聞く。 そういう使い方をしているので、iPod touchは必要ない。 YouTubeを寝転がって見るのには、Let's noteを使っている。 胸の上にノートPCを載せて画面を見ると、腕の力を使わないで画面を見ていられる。 iPadだと、モニターアームのようなものを使わなければ、それができない。 手でiPadをずっと支えてYouTubeを見るなんて、疲れるよね?  だからiPadは必要ないんだね。 そして、携帯電話もガラケーで十分であり、iPhoneとか欲しくないんだよ。 キーボードのあるBlackBerryとかなら使いこなせそうだけど、iPhoneは使いこなせないことは、最初からわかっている。 Chrome BookのAndroid機能で、ネット銀行の認証アプリが使えるのかどうか。 でも、Chrome Bookが高いんだよね。 機能が制限されているのに10万円もするChrome Bookを買うぐらいだったら、WindowsのノートPCを買うよ。 ゆうちょ銀行とソニー銀行は、[6桁の認証番号を発生させるトークン]が使えるのに、かのネット銀行は、どうしてネット銀行の認証アプリの使用を、半ば強制してくるんだろう?  iOSアプリ、Androidアプリを使わなければ何事も進まないように仕組まれている、この世の中を、私が終わらせてやる。 とくに[QPHONE]の普及にともない、Apple〔iOS〕帝国、Google〔Android〕帝国が崩壊するのだとしたら、あんまり高い端末を買っても、損をするよね?  無標iPadのWi-Fiモデルでいいかも。
spacedesk | Multi Monitor App | Virtual Display Screen | Software Video Wall
家に放置されているタブレットにspacedeskアプリを入れてパソコンの拡張モニターとして有効活用したら快適だったった | homedify

CPUが向上して〔といっても2世代前のA13〕お値段据え置きの[新型無標iPad]の64GBがコスパ的に最強。 ただし[無標iPad]は[Apple Pencil第1世代][Lightning端子]かつ[イヤホン端子なし]であるから、3年後にはゴミになってしまうのか?  5Gが電磁波兵器であることが証明されれば、5G対応の基地局は停波されるであろうから、5G対応のスマホを買ってもムダだと思う。 ネット銀行の認証端末として家庭内だけで使用するのだったら、[無標iPad]でいいかも〔5年ぐらい使う〕。 外出時のテザリングの根拠端末だったら[無標iPad]のセルラーモデルもよい選択。 [iPad mini]より[無標iPad]のほうが電池が大きい。 Bluetoothテザリングで、[無標iPad]をモバイルWi-Fiルーター代わりにしてiPod touchをiPhoneもどきとして使うのが、けっこういいかもしれない。 それに特化した[無標iPad]だったら64GBで十分かも。
iPhoneの大画面モデルと比較して、iPad miniは[携帯性が低い]割に[画面が小さいため見づらい]ので、[それだったらiPhoneの大画面モデルのほうがいい]という判断があり得る。 ただし新型iPad miniはタッチIDでUSB Type-Cなので、iPhoneに求められている機能が搭載されている。 ただしiPad miniが、通話可能か? ポケットに入るか? FeliCa対応か? といったら、そうではない。 しかし、量子金融システム〔QFS〕が動き始めたら、世の中の決済方法も一新され、FeliCaを利用した少額決済システムである[Suica等の交通系][iD、nanaco、waonなどの買物系]などの区別は、なくなる可能性がある。 クレジットカードやデビットカードも廃止される可能性すらある。 つまり[QPHONE]があれば、すべての決済が可能になるのだろうと思う。 [QPHONE]が世界市民全員に配布されるのだったら、iPad miniにしておいてもいいじゃん、ということになるだろう。
隙間時間のチョコッと勉強に使うのだとしたら、大判のスマホ、あるいは、iPad miniになる。 iPhoneにはApple Pencilが使えないので、iPhoneを学習用端末として利用しても、かなり制限がある。 iOSは[Apple Pencilが使えてナンボ]という面があるから、Apple Pencilが使える最小端末としてのiPad miniには、存在価値がある。 ただし、文字が小さくて不満になる可能性も高いので、だったらiPad Airにしておいたほうがいいだろうとも思う。 iPad AirのApple純正リファービッシュ品を買う?  それもいい考えだ。
iPhoneは[Lightning端子]なので、給電・充電機器など、周辺機器との接続において時代遅れ。 ドローンの操縦端末でもあるiPhoneは[Lightning端子]から抜け出せないのか?  電子書籍読書用端末としてiPad miniは、かなりいいかも。 しかし、画面を凝視する用途では、E Inkのバックライトなしの画面でないと、目が痛くなると思う。 読書用ならKindleなどE Ink端末でないと目がやられる。
[イラストなど本格的なアート用][軽快に使いたい学習用端末]だったらM1チップ搭載のiPad Proでないといけない。 [ふつうに使いたい学習用端末]だったiPad Airが最適解かも。 そのiPad Airがの画面縮小版が新型iPad miniであるらしい。 新型iPad miniを買うぐらいなら、画面の大きいiPad Airを買ったほうがいいかも。
銀行の認証用アプリを入れるだけの端末なら、iPod touch〔第7世代|A10〕でよいか?  しかしA10という古すぎるプロセッサゆえに、短期間でiOSがA10に対応しなくなるだろう。
そうなってくるとA13を搭載した[iPhone SE]または[新型無標iPad]がよいかも。 入手できるうちなら、値下げされたiPhone 12〔A14〕か? 

Apple、iPhone 12 miniとiPhone 12を値下げ iPhone 13発表で

9/15(水) 7:28配信
89

この記事についてツイート
この記事についてシェア

ITmedia NEWS

iPhone 12

 iPhone 13ファミリーを発表したAppleは、iPhone 12 mini、iPhone 12を値下げした。

iPhone 12 mini

 A14 Bionicチップを搭載し、Super Retina XDRディスプレイ、5G対応、MagSafeサポートなどの仕様だ。

・iPhone 12/256GB 10万4800円(旧11万1980円)
・iPhone 12/128GB 9万2800円(旧9万9880円)
・iPhone 12/64GB 8万6800円(旧9万4380円)
・iPhone 12 mini/256GB 8万7800円(旧9万9880円)
・iPhone 12 mini/128GB 7万5800円(旧8万7780円)
・iPhone 12 mini/64GB 6万9800円(旧8万2280円)

引用元: Apple、iPhone 12 miniとiPhone 12を値下げ iPhone 13発表で(ITmedia NEWS) - Yahoo!ニュース