洗脳解除教程|FCC真実法でマスコミが変わった?|いや、ヤツらはもっと、したたかだ

FCC真実法がヤヴァイ…

コロナワクチンの接種者は[スパイクタンパク]や[エクソソーム]など、よくわからない有毒物質を体外に排出し続けている。 これは、ワクチン・シェディング〔Vaccines Shedding〕と呼ばれる、科学的に検証された真実である。 コロナワクチンの接種者は、他者を感染させる[感染源]である。 この感染源が世の中を精力的に動き回るからこそ、[スパイクタンパク]や[エクソソーム]のパンデミーが発生し、闇側の思い通りになるわけである。 [緊急事態宣言・まん延防止等重点措置]が解除されたのは、パンデミーを起こしたい闇側の狙いが、その根底にあるのだと見るべきである。 いいかえれば、これまでの日常をそのまま取り戻そうとすると、コロナワクチンの接種者から発せられる有毒物質で、コロナワクチン接種を受けていない人たちが、重大な健康被害を受ける。 したがって、[コロナワクチンの接種者]と[コロナワクチンの非接種者]とを、確実に隔離しないと危険である。


FCC真実法でマスコミが態度を変えているのは、明らかに面従腹背であり、本当に改心しているわけではない。 世の中を[コロナワクチンの接種者]が歩き回ることによって、パンデミーを起こしたい、という闇側の狙いを後押しするために、コメンテーターが、外出を肯定する発言をしているだけなんだ。 日本のマスコミを支配しているのは中国共産党〔CCP〕であり、擬似的な第三次世界大戦で中国共産党〔CCP〕の主要拠点を殲滅してから、日本のマスコミの大量逮捕に入る予定である。 いまの日本のマスコミは、まだ浄化される前の状態であり、こんなものに騙されてはいけない。
それから、多くの人々がコロナワクチン接種を受けてしまった結果として、すでに闇側の[爆薬の設置]は完了している。 [設置した爆薬に点火して爆破する]にはインフルエンザワクチン接種が必要である。 つまり、コロナワクチンで弱らせといて、インフルエンザワクチンで一気に殺す。 これが闇側の狙いだったんだ。 コロナワクチン接種者が出歩くと、[スパイクタンパク]や[エクソソーム]のパンデミーが発生しやすくなるとともに、コロナワクチン接種者自身、免疫力が低下しているため、インフルエンザウイルスに感染しやすい。 コロナワクチン接種者を歩き回らせておいて、コロナワクチン接種者をインフルエンザウイルスに感染させ、インフルエンザのパンデミーを演出する。 [インフルエンザのパンデミー]からの[インフルエンザワクチン接種の勧奨・強制]というラインを狙ってくるであろう。 そのために、コロナワクチン接種者の外出を勧奨しているのがマスコミ。 マスコミの面従腹背とは、そういう部分なんだ。 マスコミが何かをなしたときには、反対側に隠したいものが必ずあるよ。 マスコミの報道は、何らかの真実を隠すためのスピン報道。 つまり[インフルエンザのパンデミー]からの[インフルエンザワクチン接種の勧奨・強制]というラインを、知られたくないんだね、現在は。 見抜いていこう。
擬似的な第三次世界大戦で中国共産党〔CCP〕の主要拠点を殲滅し終えてから、日本のマスコミの主要な上層部を横須賀から豆腐船〔1回700人処理〕に載せなければならない。
FCC真実法は、マスコミにも[変わるチャンス][改心するチャンス]を与えているわけである。 何事も決めつけてはいけない。 しかし私が悪魔の様子を見てきて思うのは、[悪魔は死んでも変われない]という統計的な傾向なんだ。 [自分が滅びるまで、最後まで戦う]というのが悪魔としての誇り、矜持きょうじなのかもしれない。 つまり、私は統計的な傾向から、[悪魔に改心する能力などあろうはずがない]という先入観・ジャッジメントを抱いてしまっているのだ。 これは、私の意識がまだ狭いからだよね、明らかに。 そして、悪魔が裏切って、また私たちが攻撃されることに対する恐怖心が根底にあるから、悪魔を信じ切れない。 短く要約すれば、[バカは死ななきゃ治らない][バカは死んでも治らない]といったようなことだ。 質量の大きい物体が、長年、そういう方向で動いてきて、運動エネルギーを満々とたたえている中、急に[変わりなさい]と言っても無理でしょ?  [車は急に止まれない][電車は急に止まれない]といったような意味合いにおいて、マスコミが変わるわけがないのだと思っているよ。
再び、擬似的な第三次世界大戦で中国共産党〔CCP〕の主要拠点を殲滅し終えてから、日本のマスコミの主要な上層部を横須賀から豆腐船〔1回700人処理〕に載せなければならない。 たとえ日本の人口が半分になったとしても、一般DSの浄化を徹底するしかない。 ここで甘さを見せたら、最終的には宇宙崩壊にまで至るんだと思うよ。
[愛]の通じる世界の[闇]と、[愛]の通じない世界の[闇]は、根本的に異なる。 悪魔は[愛]の通じない世界の[闇]だと思う。 そして悪魔は、他の魂のエネルギーを吸い取り尽くすまで吸い取っていくだけなんだよ。 エネルギーが吸い取り尽くされたら、この全宇宙は消滅する。 特定の場面で妥協すると、悪魔の暴走を許し、この全宇宙は消滅するところまでいく。 だから、いまこの場面だけを考えるのではなく、先々のことをも踏まえて、厳しい決断をする必要があるのだと私は思っている。 [許す]というのは、改心した者に対してだけだよ。 改心せぬ者を許すことは、この全宇宙が消滅してもかまわない、という悪魔の思想に通じるんだ。