洗脳解除教程|ゲームの世界観、リアルな映像と音声、プレイのとき求められる条件反射が、私たちの[条件反射のクセ][思考のクセ][信念体系]などを書き換える作用をもつので、ゲーム愛好者の集合意識をゲームを通じて書き換えることが可能だ|書き換えられた集合意識がネガティブなE・Tが望む現実創造に悪用される|インターネットを通じてネガティブなE・Tが人間に憑依するときのポータルとしてゲームが使われる|この2つまたはそれ以上の悪い要素が、ゲームにはあるようです

ムーンショット目標1 2050年までに、人が身体、脳、空間、時間の制約から解放された社会を実現- 科学技術・イノベーション - 内閣府

DS〔ディープステート〕はどうして、こんな世の中にしたの?  そしてムーンショット計画などという息苦しい世の中を、なぜDSは目指そうとしているの? 


[私たちが成長・進化してDSの支配下を離脱し、解放状態を獲得すること]がDSにとっては最大の恐怖なのです。 コロナワクチンと称する生物化学兵器〔BD兵器〕、気象兵器による台風、人工地震など、DSはいま[私たちが成長・進化してDSの支配下を離脱し、解放状態を獲得すること]を必死で阻止しようとしています。 DSは[人類が解放されDSは滅ぶ]という未来を[未来を見る装置]で知って焦っているわけです。 焦ってもムダであり、人類の集合意識は解放を望んでいます。
私たちが[自分が心の底からいちばんやりたかったこと]にイキイキと没頭・没入している状態こそが[自分の本領を発揮している状態]なのです。 この[自分の本領を発揮している状態]を長い時間、保持することによって、私たちの成長・進化が、最大限に加速されるわけです。 したがって、私たちは、[自分の本領を発揮している状態]を長い時間、保持する。 いいかえれば、自分自身に集中する。 それによって、私たちの成長・進化を最大限に加速して参りましょう。 私たちは、第二宇宙速度と呼ばれる、[地球から脱出速度]に達するような勢いで、追いすがるDSかまちょを振り払う必要があるのです。
DSが私たちの意識を外側に向けさせようとして必死でいろいろな工夫をしています。
■大衆を貧しい状態に留め置くことを通じて、[おカネさえあれば]などと、おカネに意識をフォーカスさせて、[私たちが生まれるときに約束してきた、この世で果たすべき目的]に気づかせないように、または、気づいたとしても、目標へ向けて何かに取り組む余力がない状態にする。
■学業成績やスポーツやビジネスなどにおいて競争状態をつくり出し、[ライバルに負けまいと必死で努力し続ける]という無限ループにおちいらせることにより、[私たちが生まれるときに約束してきた、この世で果たすべき目的]に気づかせないように、または、気づいたとしても、目標へ向けて何かに取り組む余力がない状態にする。
■日常生活を[する必要のない勉強/仕事]で溢れ返らせ、私たちを忙殺することによって私たちの時間を奪い取り、[私たちが生まれるときに約束してきた、この世で果たすべき目的]に気づかせないように、または、気づいたとしても、目標へ向けて何かに取り組む余力がない状態にする。 例えば、納税が自動化されておらず、年度末には毎年、仕事以外の税務会計に忙殺される仕組みになっている。 Qによる掃討の後は、諸悪の根源である税務署は解体され、[インボイスによる付加価値税]のみのシンプル税制になる。
■その他、病気・怪我・ハンディキャップ、差別・虐待・いじめ、生老病死にまつわることなど、さまざまなネガティブな体験があります。 そのすべてが悪いものではないけれども、心がねじれてしまうだけの、必要のない苦しみもあると思います。
要は、DSというものは、[乳離れできない子][子離れできない親]のような、[分離恐怖に基づき、共依存関係をいつまでも継続したがる人たち]なのです。 それとともに、DS自身は、[共依存関係を脱することができない]という比喩的な意味においても、また文字通りの意味においても、[シャブにハマって抜けられない人][シャブの中毒者]なのです。 芸能人の多くがアドレノクロムという、文字通りの痲薬にハマって子供の誘拐・人身売買・ペドフィリアなどにハマり、抜けられなくなっていたのです。 アドレノクロムをいったん使用し始めると、抜けられないのですよ。 だから、そこから抜け出せるように、Qは彼らを殺して差し上げたのです。 それは彼らを救うためです。 痲薬の原材料がケシの花だったら、まだマシだったのですけれども、痲薬の原材料が人間、それも幼児・児童・少年少女ですから、それは殺人ですし、何もわからぬ弱者である子供をターゲットにした点で、多重の意味で罪深いわけです。 したがって、彼らをすべて、グアンタナモ基地の収容所にて昇天処分となるわけです。 日本では、このオリンピック、パラリンピックと同時進行で、日本のDSに対する掃討作戦が決行されています。
私たちが成長・進化すると、DSが支配する対象がいなくなるため、[大衆は愚かで従順であって欲しい]とDSは願っているのです。 DSが、経済成長に私たちの意識を向けさせ、私たちをムダに働かせるのも、私たちの成長・進化を阻止するためです。 どうしてDSは、そういうことをするの?  彼らが私たちを搾取したいから?  彼らが豊かになりたいから?  おカネのため?  すべてハズレ。 DSのすべての努力は、私たちの成長・進化を阻止する点に注がれてきたのです。 DSは、私たちが成長・進化するのが怖いのです。
DSが、意味のない校則で縛り付けたり、内申点で生徒を脅しておとなしくさせたり、部活動に参加することを強要したりするのは、私たちの成長・進化を阻止するためです。 DSが、私たちに受験競争、学歴競争を押し付け、ムダな勉強をさせるのも、私たちの成長・進化を阻止するためです。 先生は何?  DSに言われた通りに、児童・生徒・学生を抑圧よくあつする、DSの手先です。
学校の先生に[どうして、児童・生徒が教室の掃除をする必要があるの?]と質問してみてください。 模範解答は、[児童・生徒に、命令に服従するクセをつけさせるため]です。 まともに答えられる先生は1割未満でしょう。 怒り出す先生が8割でしょう。
【垢BAN】■JALマスク強制 しない人を搭乗拒否する JALからの手紙=誓約書に驚き! オーストラリアオリンピック選手の暴挙、酒と歌はいいのか? 公共交通機関が個人にマスクを強制していいのか? ANAは搭乗OK
JALでマスク強制していいのか? マスクしない人を搭乗拒否していいのか? 違法行為ではないか? JALから手紙が来た! 謝罪なく誓約書を書かせる! 赤羽国土交通大臣 JAL赤坂社長へ ANAはOK(分析)[新型コロナ]: 情報!一覧中(集)
JAL 沖縄で『マスク着用を強制』…違法では? | 毎日の生活で感じたこと - 楽天ブログ
マスク着用は義務?要請? 国内航空会社11社に聞いた

(問)JALグループの飛行機で、マスク着用を拒否した乗客が降ろされる事案が相次いでいます。
少なくとも昨年9月12日、奥尻空港で北海道エアシステムの飛行機に搭乗した男性が、安全阻害行為に当たるとして命令書を発行され、降機させられたと報じられておりますし、今年7月6日、那覇空港からJAL機に搭乗した男性が、この空港を運営するJALスカイエアポート沖縄の従業員によって降ろされたと本人が動画で訴えています。
航空法第73条4は、安全阻害行為等をし、または、しようとしている者を降機させることが、飛行機から降ろすことができる旨を定めていますが、機内マスク着用拒否が、安全運行に支障を来すとは考えにくいと思われます。
日本航空グループのこうした対応は越権行為ではないでしょうか。
大臣の御所見をお聞かせください。
(答)マスクの着用について申し上げますと、感染症の専門家で構成されております基本的対処方針分科会の了承を経て決定される政府の「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」において、マスクの着用等の基本的な感染対策を行うことをより一層推進することとされており、この基本的対処方針を受けて、国土交通省として、各公共交通機関の利用者が安全・安心に利用できる環境を確保するために必要な対応を行なっているところです。
こうした政府の方針を受けて、各航空会社においては、業界として、航空利用者等の感染拡大の防止を定めたガイドラインが策定されており、このガイドラインに基づいて、航空機内でのマスク着用を旅客に対し要請するとともに、利用者に対して周知がされております。
航空会社と乗客との間では運送約款が適用されており、マスク着用を拒んだ旅客の搭乗により他の旅客に不快感や迷惑を及ぼすおそれがある場合や、他の旅客等の安全や健康に危害を及ぼすおそれがある場合は、運送約款に基づき、搭乗をお断りする等の対応ができると承知しております。
実際の運用では、各航空会社において、乗客がマスクを着用されていない場合には、まずは着用されていない理由をお尋ねし、健康上の理由等で着用が困難な場合にはフェイスシールドの着用等の代替措置をお願いし、正当な理由がない場合には着用の要請を改めて行うなど丁寧な対応がなされていると承知しているところです。
さらに、こうした対応にも関わらず乗客に対応してもらえず、マスク着用をめぐるトラブル等により乗員の業務が妨害されるに至った場合については、そもそも、機内の秩序を乱す等の行為は航空法で禁止されており、秩序維持に支障を及ぼすおそれがある場合等は、機長が行為禁止の命令や降機等の措置を講じることができるものとなっております。
国土交通省としましては、政府の基本的対処方針に基づき、航空業界と連携し、こうした対応を利用者の皆さまに丁寧に周知しながら、適切な対応を行うよう指導を続けてまいりたいと考えております。
(問)ここにですね、大臣署名の公文書があるんです。
これはですね、ある市民が行った情報開示請求なんです。
これに対する大臣の答弁ですね。
これは、この市民が求めたのは、公共交通機関において、マスクの着用が新型コロナウイルス(COVID-19)の感染予防及び拡大防止に効果があるという科学的根拠を立証する文書を求めたんですね。
これに対する答えが、不存在、当該請求に係る行政文書は作成・取得しておらず不存在という大臣署名の文書であります。
こうした感染予防効果を裏付ける文書がないわけですから、そういったマスク着用を義務付ける、強制ですよね。
お願いとはホームページにJALも書いてあるんですけれども、実際、飛行機から降ろされる乗客が相次いでいる。
こうした科学的根拠に基づく要請運営でなく、迷信に基づく要請運営になってはいけないわけですから、大臣、航空各社にこういったマスク強制っていうのは撤回するよう指導・勧告などされたらいかがでしょうか。
(答)先ほど申し上げましたように、コロナ対策については、感染症の専門家の皆さんによる分科会の指導を受けて、我々は全般的な対応を行なっています。
マスクの着用については、先ほど申し上げたとおりになりますが、基本的対処方針において、3つの密を徹底的に避けることや、人と人との距離の確保、マスクの着用、手洗いなどの手指の衛生等、基本的な感染対策を行うことをより一層推進し、という文言があり、これが対処方針となっておりまして、そうしたことを各公共交通機関に対し依頼を行なっているところです。
それに基づいて、各公共交通機関、特に航空は、密室で、移動の時間も長時間のため、繰り返しそのようなお願いをしています。
先ほど回答しましたが、乱暴な対応をしているとは考えておりません。
マスクを着用できない健康上の理由等があれば対応する、そのような適切なプロセスを踏まえていると思っておりますが、御理解いただけず機内の秩序を乱す等の行為があった場合は、航空法に基づいて適切に対応されているものと私は認識しております。
(問)科学的根拠はないわけですよね。
(答)感染症の専門家である分科会の決定でございますので。
(問)ここに文書はあります。
(答)基本的対処方針という正式な対策本部の文書も出ておりますので、そこに明確に書かれております。
全然矛盾していないと思っています。
(問)大臣、今秩序を乱すと仰いますけれども、単にマスクをしていない乗客を降ろすことは可能なんでしょうか。
(答)具体的なケースというのは、それぞれの航空会社がその現場で対応されていると承知をしておりますので、具体的に言わせていただきますと、9月7日の釧路空港発関西国際空港行きの機内では、当該旅客は大声を発しながらコックピットドア付近まで移動する等の行為を行ったため、客室乗務員が数回注意を行ったが聞き入れられなかった。
その際、客室乗務員に対する威嚇等、機内の秩序を乱す行為や客室乗務員の業務を妨害する行為を行ったということの報告がありました。
また、当該旅客は客室乗務員の腕を掴む等の暴行を加えたことから、機長がこのまま運行を続けることは困難と判断し、当該機の目的地を新潟空港へ変更し、警察立ち会いの下、当該旅客を降機させたという報告を受けておりますので、こうした対応は私は適切だったと思っています。
(問)短く1点だけ。
単にマスクを着用していないことは、航空法第73条の4に抵触されますでしょうか。
(答)ですから、私が先ほど申し上げたとおりです。
(問)大声をあげたり、威嚇したり、そういうことがあったからですよね。
そういうことが無ければ、安全阻害行為にはあたらないという理解でよろしいでしょうか。
(答)一般論としては、そういうことではないでしょうか。

引用元: 大臣会見:赤羽大臣会見要旨 - 国土交通省


JAL沖縄にかんしては、倒してもいいと思う。 要は、ANAを使ってJALを干せばいい。 沖縄は、行きはANAでも、帰りはソラシドエアになるのはなぜ? 
これから私たちは、世の中の[命令に服従させるクセをつけさせるため]であるような諸制度を破壊していきます。 もちろん、創造を前提とする破壊です。
[学校の先生]や[JAL沖縄の職員]の姿勢が正しいと感じているあなた。 あなたは、コロナワクチン接種を強制されたときも、[長いものには巻かれよ]の精神で、マスコミの誘導に流されて、コロナワクチン接種を受けてしまいましたね?  そこですよ、あなたが今回、今生での反省ポイントは。 コロナワクチン接種を受けた人は、高い確率で、数年以内に死亡するとされます。 流されると命に関わるところまでいく。 命と引き換えにしても、流されずに自分を貫くことを学ぶ。 それがコロナワクチン接種の騒動から、私たちが学び取るべき教訓だったのです。 私たちは自由であるのが基本です。 誰かに気兼ねをして、奇異に見られないよう、常識的に生きるだけで無事が確約されてきた。 あなたは、そういう信念体系を刷り込まれてしまっていたのです。
ネガティブなE・Tにとって、地球のDS〔ディープステイト〕はゲームのコマの1つにすぎません。 地球のDSが滅んでも、別の手段で私たちを支配・コントロールすることが可能です。 Q〔トランプチーム〕が地球のDS〔ディープステイト〕を掃討しても、私たちの[内なる宇宙]が旧態依然たるものだったら、その旧態依然たる[内なる宇宙]から、ネガティブなE・Tが侵入してきて、私たちの現実を支配・コントロールします。
ゲーム振興は、ネガティブなE・Tが私たちの意識を乗っ取るために計画した作戦だと私は思っています。 ゲームをすると、[内なる宇宙]が汚染されます。 自分で[内なる宇宙]を汚しておいて、それを浄化するなんてバカバカしい努力です。 浄化できればマシですけれども、浄化の手段がわからず、汚染されたままなので、それが地球で経験する現実を悪化させている面があると思います。 [eスポーツ]という呼び名は、ゲーム振興のためのキャンペーン用語です。
PUBG、Fortnite、Apex Legends、荒野行動などのFPS〔First Person Shooter〕/TPS〔Third Person Shooter〕に分類されるゲームは、[敵を見たら撃て]という条件反射を刷り込むゲームです。 その条件反射と、ゲームを通じて潜在意識に入ってくる映像・音声が、[殺伐とした現実]を創造するために悪用されているのだと思います。 [殺伐とした現実]とは、[言い合い、ケンカ、テロ、地域紛争、戦争]など、[暴力の交錯][殺し合い]などが多発する並行現実のことです。 DSが好むのは[殺伐とした現実]ですけれども、[殺伐とした現実]でないと、私たちの成長・進化を阻止することができないわけです。 いいかえれば、私たちは自由で平和な世の中に生まれて、私たちが[自分が心の底からいちばんやりたかったこと]にイキイキと没頭・没入している状態を、できるだけ長い時間、保持することによって、私たちの成長・進化が、最大限に加速されるわけです。 この[成長・進化の最適条件]を壊すためには[殺伐とした現実]が必要であり、[殺伐とした現実]を創造するために、私たちの潜在意識の深くにまで、[特定の傾向をもつ大量の情報を一気に入力する]ことが必要。 [特定の傾向をもつ大量の情報を一気に入力する]ためには、映像を使ったコンテンツ、例えば、映画、テレビ、動画、ゲーム等が必要なのです。
[戦闘シーンの多いゲームに没頭・没入する人が増える]と、集合意識の一部が書き換えられ、[言い合い、ケンカ、テロ、地域紛争、戦争]など、[暴力の交錯][殺し合い]などが多発する並行現実が選択されやすくなります。 そして、「[類は友を呼ぶ]の法則」のとおり、いったん[言い合い、ケンカ、テロ、地域紛争、戦争]などにフォーカスを当てるクセがつくと、そのような情報も引き寄せてしまいますし、そのような情報を潜在意識が受け取り、そのような現実が投影されると、さらにそのような情報を引き寄せるのです。 実際、[戦闘シーンの多いゲームに没頭・没入する]と、似ているその系統のゲームを探し始めます。 それがDSの狙いだったのです。 これは共振のループが発生していることを意味します。 世界史のほとんどは、戦争の歴史と大量殺戮の歴史でした。 それはDSが、現実創造の仕組みを利用していたからです。 その仕組みを知り、無力化し、DSを立ち去らせる必要がある。 そのために、[内なる宇宙]の浄化が必要なのです。
[戦闘シーンの多い現実]という並行現実を選好する〔preferプリファー〕方向へ私たちを誘導するために、[言い合い、ケンカ、テロ、地域紛争、戦争]などを題材にした映画、テレビ、動画、ゲーム等を供給するのがDSの戦略なのです。 一言で言えば、没入感の高い映像コンテンツ〔ゲームを含む〕を通じて、私たちの潜在意識の情報が書き換えられ、DSに都合のいい現実を創造するために、私たちの潜在意識のエネルギーが利用されているわけです。 それは、私たち自身が、私たちが理想とする現実を創造するのに使うエネルギーが、DSによって奪い取られているのだということです。 とくに日本人には、現実創造にまつわる強い力が宿っているようですので、私たちは顕在意識も潜在意識も、けっして乗っ取られないように、乗っ取られていたら外すようにする必要があるわけです。 意識のクリーニング、クリアリングが必要なのです。
FPS/TPSを展開する場面を、低層アストラル〔薄暗い不気味な場面〕に設定したものがホラー系ゲームだと思います。 ホラー系ゲームのリアルな映像と音声、プレイのとき求められる条件反射から、[暴力]+[恐怖と逃亡]+[低層アストラルとの共振]などのミックスが発生すると思います。 とくに、プレイヤーが低層アストラルとの共振を起こすことが原因で、自分の[内なる宇宙]に低層アストラルの霊たち、あるいは、ネガティブなE・Tを呼び寄せることになると思います。 低層アストラルの霊たち、あるいは、ネガティブなE・Tは、私たちのエネルギーを奪い取るエナジー・ヴァンパイアです。 エナジー・ヴァンパイアは、人間でいえばかまちょで、エネルギーを大量に奪い取られます。 エナジー・ヴァンパイアによって憑依された状態だと、生気・体力・意欲が奪われるため、身体のだるさや眠気にしょっちゅう襲われ、無気力なまま怠惰に暮らす人生となり、最後は廃人同様になると思います。
またゲーム機はインターネット回線とも接続されており、インターネットを通じてネガティブなE・Tが人間に憑依するときのポータルとしてゲームが使われるのだと思います。 これは玲奈さんの動画を何度も見て、[内なる宇宙]を浄化するとともに、ゲームを断ち切るしかないでしょう。
YouTube等におけるゲーム実況は著作権法的にはグレーゾーンです。 ゲームの著作権者が[ゲームにかんする動画投稿・生配信等がゲームの売上を増すプロモーションになる]と思っていれば放置していますけれども、都合が悪くなれば、手のひら返しもあり得ます。 ある日突然、著作権法違反で動画削除、3ノックアウト制でアカウントBANになる危険性もありますし、不正なコンテンツで獲得した収益に対して、Google側またはゲームの著作権者から、損害賠償請求を受ける場合もあり得ると思います。
私たち消費者の手が及ばない範囲で事態が急変することがあります。 PUBG、Fortnite、Apex Legends、荒野行動などは、相互に類似しており、[後発ゲーム]が[先発ゲーム]を模倣したという判決が出れば、[後発ゲーム]のゲーム実況動画は、すべて著作権法違反となるでしょう。 お互いが仲良くおカネ儲けをする状態であれば、訴訟は起こりません。 しかし、交渉が決裂したりすると、訴訟合戦になるでしょう。 とにかく、このあたりは[ゲームにかんする動画投稿・生配信]等を行なう側が制御できない、遠い領域です。 ということは、[ゲームにかんする動画投稿・生配信]等は、あとでひどいことになるので、やめておいたほうがいいのです。
総じて、[ゲームをプレイすること]も、[ゲームにかんする動画投稿・生配信をすること]も、私たちの[内なる宇宙]を汚染し、インターネットを通じてネガティブなE・Tが自分に憑依する糸口を与える、損失の多い行為です。 動画・生配信のヌシも、視聴者も、ともに転落するのがゲームの世界です。 人生がつまらないからゲームに夢中になるわけでしょ?  ゲームを通じて成長・進化する部分もあるとは思いますけれども、自分の人生そのものを生きたほうが、成長・進化の効率はずっと高いでしょう。 ゲームに溺れる人生よりも、人生を面白いものにしたほうが、なんか気持ちいいと思いますがね。
[アルコール/タバコ/アヘンをはじめとする薬物類][珈琲、紅茶、エナジードリンクなどカフェイン類][チョコレート、クッキー/ビスケットなどの砂糖菓子、清涼飲料水などの砂糖製品][ギャンブル/相場/SNS/仕事・経営/家事・子育て・介護/動物飼育/園芸・農業/スポーツ中継・映画・アニメなどのコンテンツ視聴など、運営していくと事態の展開が次々に訪れる対象][共依存的人間関係、共依存的恋愛、変態的妄想、変態的性癖など]のたぐいは、[ほどほど]に留めることができず、addictionアディクション〔中毒〕におちいりがちな対象です。 [ギャンブル/相場/SNS/仕事・経営/家事・子育て・介護/動物飼育/園芸・農業/スポーツ中継・映画・アニメなどのコンテンツ視聴など、運営していくと事態の展開が次々に訪れる対象]と同様に、[ゲーム]にも中毒性があります。 中毒になると、[ほどほど]に留めることができなくなり、暴走状態・ループ状態になります。
ゲーム中毒になると、[自分がおもに生きるプラットフォームの選択]にかんして、[虚の世界]〔仮想現実=VR(virtual reality)の世界〕がメインになり、[実の世界]がサブになるという、[虚実の逆転現象]が発生します。 [私はギャンブルに生きる][私は仕事に生きる][私はゲームに生きる]など、暴走状態・ループ状態におちいっている自分自身に陶酔して、現実逃避の人生を送ることになるでしょう。 宇宙の中には、学生時代だけで地球時間にして500年程度かける種族もいるようです。 しかし地球人である私たちの人生は、現在では80年前後、メドベッドで寿命が延びても200年程度までだそうです。 きわめて限定された滞在時間の中で、生まれる前に決めてきた任務を完遂し、気づきと成長・進化を得る体験をできるだけ積んでいく必要があります。 [人生=時間を無駄にできない]という強い思いがわき上がってきます。 ゲーム中毒になると、「[この現実]において経験し、気づきと学びを得て、成長・進化を遂げる」という人生の核心部分である課題をなおざりにして、[ヴァーチャル空間]における経験を重んずることになる。 これでは、この一生がムダになってしまいます。 ゲームは人生をつぶすわけです。
要は、成長・進化に直結しない事柄にハマってしまうと、[成長・進化をもたらす人生の主業務]をサボって、横道へそれてしまうのです。 [虚の世界]=[仮想現実の世界]ばかりにフォーカスしていると、[自分が自分であると認識している意識]と[自分の魂]とのつながりが希薄になり、最後は[自分の魂]とつながれなくなります。 そうなると、ネガティブなE・Tに魂を乗っ取られてしまうでしょう。 [統合]は多岐にわたるらしく、[自分が自分であると認識している意識]と[自分の魂]との統合、[過去や未来などに散らばっている自分の魂のカケラ]を[この魂]と合一させる統合、そして、感情的な統合など、いろいろとあって、統合する順番があるようです。
[ゲームに溺れること]によって、[自分が自分であると認識している意識]と[自分の魂]との導通を悪くする行為は、ハッキリ言って、損しかありません。 これからは、ベーシックインカムが与えられるので、[学歴のための学歴][仕事のための仕事]などといった、自分の魂が望まない[この世のしがらみから発生した、面白くないメニュー]が人生から消え去ります。 面白いメニューばかりなので、ゲームなどしている余裕がないほど、現実において挑戦する課題に没頭することになるでしょう。 ハッキリ言えば、現実においてさまざまな挑戦を実践する人口が、これから劇的に増えますので、ゲームという虚の世界〔仮想現実=VR(virtual reality)の世界〕は、オワコンになります。 浮上して移動する交通手段もできるようなので、自動車も鉄道も航空機も必要なくなるでしょう。 そうなってくると、より創造的な生き方、自分の作品づくりに没頭する[創作活動を中心に生きる生き方]をする人が増えるでしょう。 旅をしてそこからインスピレーションを得て、絵画や音楽や小説や漫画や映画をつくる。 そういう芸術的な人生を送っても、ベーシックインカムがあるので、食っていける世の中になります。 そこで、魂の本領発揮となるのです。
これまでゲームの世界が[面白い]とされていたのは、現実が行き詰まっていたからです。 現実がうまくいかないので、いじけた根性が生まれて、ゲームが流行していたのです。 [現実が面白すぎる]という人は、ゲームなんかしませんよ。 例えば、[ある数学の定理の証明が思いつきそうだ]という人がいたとしますよね?  その人は、日夜、その数学の定理の証明について考え続けるでしょう。 毎日が挑戦であるような、そんな人生。 そういうのが[面白すぎる人生]なのです。 無我夢中になれる現実がある。 それが充実した人生なのです。
[メシとションベンとクソ以外はゲーム]って、それも[面白すぎる人生]かもしれないけれども、それって、シャブ中と同じだよね?  それは、シャブ中、アル中、ゲーム中の[中]とは、アディクション〔耽溺たんできすること〕のこと。 意志が弱いからやめられないだけ。 シャブ中も、アル中も、ゲーム中も、最後は廃人同様さ。
とにかく、面白すぎる人生が待っているので、ゲームはオワコンになります。 ただし、その前に、地球環境を急激に回復させる必要があります。 一言で言って、山が死んでいるので、川と海が死んでいます。 土中の微生物群、昆虫など生き物、動物たち、鳥たち、気脈・水脈を復活させて、自然を活性状態に戻す必要があり、それが達成されないと、人類に対しての自然エネルギーの供給がおこなわれないため、私たち人類が生きてゆけなくなるのです。 [自然環境]というのは[霊的なエネルギーのエネルギー源]なので、[自然環境]がエネルギーを十二分に発揮することができる状態を取り戻すことが第一なのです。 [自然環境]というエネルギー源から、エネルギーを頂くから、人間の生活が成り立つわけです。 したがって、とくに山・川・海を中心として、[地上を覆う][地中の気脈・水脈を寸断する]あらゆる人工的建造物を取り去る土木工事を、大至急行なう必要があります。 麻生太郎の利権関係、つまり、コンクリートでつくった、道路、鉄道、ダム、護岸、建築物などを、ぜんぶぶっ壊して、緑化する必要があります。 もしも地球温暖化があるとすれば、コンクリート建造物の蓄熱効果が原因です。 太陽の熱エネルギーをコンクリートが蓄熱し、その熱が都市の気温を異常に上昇させている。 コンクリートに蓄熱された熱を、エアコンで冷やしてエネルギーをムダにしている。 これが都市部の熱収支、エネルギー収支だと思います。 地表を緑化して、木々の葉から蒸散する水分によって地上の空気が気化熱を奪われ、冷えていく。 この[緑による自然のクーラー]だけで、平均気温が1度も2度も下がると思います。 どうしてコンクリートの建造物が増えたのかというと、麻生太郎が儲けるためです。 石灰岩の山を持っている人が、公共工事を通じて国や地方公共団体の予算を吸い上げる構造を停止させる必要があります。
電力は無線電送が中心になるので、鉄塔・送電線は無用のものとなります。 表向きは発電用だけれども、実際には核爆弾の原料をつくるプラントである原子力発電所も解体します。 すべての虚構があばかれ、私たちが人間らしく生きる時代が始まります。
ゲームの世界は[気晴らし程度にほどほどにしておく]ものであろうと思います。 あらゆる意味において、ゲームの世界への深入りは禁物です。

 【北京共同】中国の国営新聞は3日、インターネットゲームは子どもの精神をむしばむ「アヘン」だと警鐘を鳴らした。IT大手が中毒を助長していると批判。スポーツとして認知され始めた「eスポーツ」にも疑問を呈した。政府は今後、ゲーム規制を強めるとみられる。

 国営通信、新華社系の新聞、経済参考報が特集記事で、ネットゲームは「精神のアヘン」「電子麻薬」だと非難した。中高生の半数以上はスマートフォンなどで毎日1~2時間ゲームをしており、長い場合は5時間以上の子どももいると指摘。気持ちが不安定になり両親に暴力を振るう例や、親戚の家に放火する事件も起きたと報じた。

引用元: ネットゲームは「アヘン」、中国 新華社系紙、子どもが中毒と警鐘 | 共同通信