洗脳解除教程|研究:完全にワクチン接種された医療従事者は251倍のウイルス量を運び、ワクチン接種を受けていない患者、同僚に脅威を与える

女は黙って芋ロックさんはTwitterを使っています 「ワクチン打った人の近くに居たら出てくる発疹みたいなん急に出だしたよ😳😳😳😳😳😳😳😳 https://t.co/rHbFJ8fVdt」 / Twitter

研究:完全にワクチン接種された医療従事者は251倍のウイルス量を運び、ワクチン接種を受けていない患者、同僚に脅威を与える
8月10日にランセットで発表された有名なオックスフォード大学臨床研究グループによるプレプリントペーパーは、ワクチン接種を受けた個人が、ワクチン接種を受けていない人と比較して、鼻孔に251倍のCOVID-19ウイルスを運ぶことを発見しました。

Peter A. McCullough、MD、MPH
216
リンクがコピーされました
新しい研究によると、ワクチン接種を受けた人は、ワクチン接種を受けていない人と比較して、鼻孔に251倍のCOVID-19ウイルスを持っています。
ディフェンダーは 検閲 経験し 多くのソーシャルチャネルで を ています。 、重要なニュースと連絡を取り合うようにし その日のトップニュースを購読して てください 。 それは無料 です。
画期的なプレプリント ペーパー 8月10日にランセットで発表された一流のオックスフォード大学臨床研究グループによる には、COVIDワクチンの展開に壊滅的な打撃を与える驚くべき発見が含まれています。
この研究では、ワクチン接種を受けた個人 251倍の を が COVID-19 保有していること わかり は、ワクチン接種を受けていない人と比較して、鼻孔に ウイルス ました。
感染の症状を緩和する一方で、ジャブは、ワクチン接種を受けた個人が最初に病気になることなく異常に高いウイルス量を運ぶことを可能にし、潜在的に彼らを発症前のスーパースプレッダーに変える可能性があります。
この現象は、世界中で高ワクチン接種を受けた集団における衝撃的なワクチン接種後の急増の原因である可能性があります。
論文の著者であるChauet alは、ベトナムのホーチミン市の病院の封鎖において、厳重に管理された状況下での広範囲にわたるワクチンの失敗と感染を示しました。
今日の注文: ロバートF.ケネディジュニアの新しい本—「本物のアンソニーフォーチ」
科学者たちは、2週間退院できなかった医療従事者を研究しました。 データは、完全にワクチン接種された労働者 注射から約2か月後 オックスフォード/アストラゼネカ ( COVID-19ワクチン(AZD1222)の )が 取得し、持ち運び、おそらく 感染させた デルタ変異体 を ワクチン接種を受けた同僚に ことを示しました。
彼らはほぼ確実に、患者を含む感受性の高いワクチン未接種の人々にもデルタ感染を通過させました。 菌株の配列決定により、労働者がSARS-CoV-2を互いに感染させたことが確認された。
これは、 米国での観察 Farinholtと同僚による と一致し と一致してい て コメント ます おり、COVID-19ワクチンがSARS-CoV-2の感染を止めることができなかったと認めた米国疾病予防管理センターの所長の 。
2月11日、世界保健機関 は 示しまし 、症候性SARS-CoV-2感染の発症に対して63.09%のAZD1222ワクチン有効性を た。 チャウの論文の結論は、3つの悪名高い「漏れやすい」COVID-19ワクチンからの部分的で非滅菌の免疫がサンプルと比較してSARS-CoV-2の251倍のウイルス量の運搬を可能にするという一流の医療専門家による警告を支持します2020年のワクチン接種前の時代から。
したがって、デルタの発生がなぜそれほど恐ろしいのかを説明するパズルの重要な部分があります。完全にワクチン接種されたものは、COVID-19患者として参加し、感染の強力なTyphoidMaryスタイルのスーパースプレッダーとして機能します。
ワクチン接種を受けた個人は、集中したウイルス爆発をコミュニティに吹き飛ばし、新しいCOVIDの急増に拍車をかけています。 予防接種を受けた医療従事者は、ほぼ確実に同僚や患者に感染しており、恐ろしい巻き添え被害を引き起こしています。
継続的なワクチン接種は、特に脆弱な患者の世話をしている最前線の医師や看護師の間で、この問題を悪化させるだけです。
医療システムは ワクチンの義務を 、 直ちに取り下げ、デルタの影響を強く受けないCOVID-19回収労働者の在庫を取り、現在のワクチン接種を受けた医療従事者の影響を高リスクの患者や同僚に対する潜在的な脅威と見なす必要があります。
この記事で表明された見解および意見は著者のものであり、必ずしも子供の健康防衛の見解を反映するものではありません。
The Defenderを購読する-無料です!
名前 *
メール *
修正を提案する
Peter A. McCullough、MD、MPHのアバター
Peter A. McCullough、MD、MPH
マッカロー博士は、内科、心血管疾患、および臨床脂質学の理事会認定を受けています。
サインアップ ロバートF.ケネディジュニアとチルドレンズヘルスディフェンスからの無料ニュースとアップデートに してください。 CHDは、子供たちの健康を守り、すでに負傷した子供たちの正義を得るために、法律を含む多くの戦略を計画しています。 あなたの サポート はCHDの成功した使命に不可欠です。

引用元: 研究:完全にワクチン接種された医療従事者は251倍のウイルス量を運び、ワクチン接種を受けていない患者、同僚に脅威を与える•子供の健康防御

竹内結子さん 三浦春馬さんとの共通点と最後のキスシーン (1/2ページ) - zakzak:夕刊フジ公式サイト

三浦春馬くんは横田基地内にて生存しているようです。 ダイアナ妃やマイケル・ジャクソンは生きています。 マイケル・ジャクソンは直近のトランプのラリーに参加していました。


[宇宙の物理学]のような法則の1つに[魂を虐待すると、その魂が発する恐怖・悲しみ・怒りなどのネガティブなエネルギーが得られる]というものがあります。 この[魂を虐待したときに得られる、その魂が発する恐怖・悲しみ・怒りなどのネガティブなエネルギー]が[悪魔が必要とするエネルギー]になります。 全宇宙の悪の総元締めはバシャールであり、中国共産党〔CCP〕の背後にいるリゲルという宇宙存在が、バシャールの手下です。 バシャールは、アメーバのような不定形の意識体であり、特定の形状をもちません。
中国共産党〔CCP〕が行なう、新疆ウイグル自治区の人々、あるいは、香港の人々などに対する虐待行為の背景にあるのが、[悪魔が必要とするエネルギー]に対する需要です。 悪魔には[全宇宙を支配する野望]などという高尚な野望はなく、[悪魔が必要とするエネルギー]が必要だ、という必要に迫られての虐待活動なのですね。 そして、中国共産党〔CCP〕は悪魔の代理として、虐待行為を行ない、[悪魔が必要とするエネルギー]を献納しているだけなのです。
もちろん、虐待行為を繰り返すためには[全宇宙を支配する野望]が必要なのですけれども、彼らの欲望は[悪魔が必要とするエネルギー]という、生活必需品への渇望でしかない。 中国共産党〔CCP〕≒リゲルの[領土拡大欲求][アメリカや日本などの他国を乗っ取りたいとの欲望]の背景も、[虐待行為を繰り返すためには国民として支配できる対象がいないといけない]という悪魔の台所事情があるだけなのです。
したがって、悪魔を買いかぶらないことです。 たしかに悪魔は強敵ではありますけれども、悪魔が抱く野望のセコさを見たら、コイツらを尊敬する気にはならないでしょう。 何が足りないのか?  成長・進化なんだね。 悪魔に付き従っても、成長・進化が見込めない気がするんだよ。 もちろん、[光の経験]と[闇の経験]を両方とももっていないと、立場を変えた多角的な見方ができないので、視野・認知の範囲がものすごく狭くなる。 [闇の経験]の正義というものもある。 しかし、悪魔の最終的な目標って、物質とか、快楽とか、そういう次元の低い対象なのだと思うんだよ。 そして悪魔の野望というのは、あくまでも、[ピラミッドをつくって、その頂点に立ち、下から吸い上げる]という域を出ないんだよ。 [すべての魂が、おのが本懐を遂げ、全力で思いっきり、その良さを発揮し尽くす美学]という[フルスロットルの失踪]というものが、悪魔にはないのだと思う。 悪魔は必ず他者を抑圧するんだよ、 魂を抑圧して、魂の[思いっきり][本気の全力]を発揮させないのが悪魔なんだね。 いいかえれば、悪魔は、盗み取ることはしても、[自分よりも優れた人間に学ぶ]というところがないように思う。 私は[悪魔にお願いをして、ズルをして幸せになりたい]とは思わない。 だって悪魔に帰依したって、利用されるだけだろ?  「私は私の道を行くから、悪魔よ、私を放っておいておくれ」と思うんだね。
結局、悪魔というのは、頂点に立ち支配し、吸い上げる。 それに終始していて、そこには必ず抑圧があるのだから、システム全体に摩擦のロスが発生するんだよ。 それが宇宙の円滑な循環の邪魔になると思うわけよ。 したがって、悪魔のいる世界には、私は魅力を感じないし、悪魔のような、[私の考える向上心]をもたない存在には、まったく魅力を感じない。 強圧的であり、恐怖で、あるいは、暴力で支配してくるのが悪魔であり、まったく尊敬できない。 人間の世界でも、[他者に教えたがるヤツ][リーダーになりたがるヤツ]は大して実力がない。 私の悪魔に対するイメージは、その大して実力はないのに、権勢欲求だけは強いアホ、という感じである。 そういうヤツは、必ず他者を抑圧するし、何よりも、成長・進化の妨害をするんだね。 本人にそのつもりがなくても、親切が成長・進化の妨害になったりする。 それが悪魔の影響下にある人間の共通項だと思う。 悪魔がもつ、そういった性質、支配の末に使い捨てにするという、悪魔支配の仕組みがわかれば、悪魔の支配に屈することを、私たちは回避することができるわけです。 尊敬できないヤツに帰依するアホはおりませんからね。 そして、悪魔ごときに帰依しても、最後は利用し尽くされて捨てられるだけ。 その結末がクッキリと見えますので、悪魔とは交流しないのがいい、イコール、波動を上げていくしかない、ということになるわけです。
例えば、悪魔が人間を惹き付けようとするとき、バシャール系の統合ワークで有名な人たちのように[カンタンさ][シンプルさ][心地よさ]などを餌にしますね。 しかし、本当に波動を高めるのは、本気で泥まみれになって生きることなのです。 バシャール系の統合ワークで有名な人たちは、バシャールという全宇宙の闇の支配者につながっていますので、バシャール系の統合ワークとは決別するべきであろうと、私は思いますけどね。 私もバシャール系の統合ワークをやっていましたけれども、あやこちゃんやよしかずくんは、完全に断ち切りました。 もちろん、惹かれるのであれば、どうぞご自由に。
そして、悪魔が人間を惹き付けようとするとき、[高い食事・酒宴などで豪遊][高級な衣装][ファーストクラス/ビジネスクラス][高級ホテルでの宿泊][豪邸][スポーツカー][高級腕時計][高級ジュエリー][高級ブランドのバッグや財布などの小物]など、俗物的な餌で惹き付けますね。 こういう俗物趣味の系統に引き寄せられるのは、経験の浅い薄っぺらな魂で、行き過ぎると、グアンタナモで処刑されて、現在ではゴムニダが芝居をしている状態になっています。 というのも、こっち系は結局、痲薬であるアドレノクロムなどに手を出す方向性だからです。 官僚、政治家、財界人、芸能人、宗教団体の幹部などは、軒並み、こっち系で破滅しています。 だからテレビがゴム人間〔ゴムニダ〕ばかりになったわけでしょ?  私の場合、高級腕時計をしているヤツ、高級車に乗っているヤツは、おカネはあるけれども、社会的に認められない、闇のヤバい仕事をしているので、ものすごいコンプレックスを抱いているのだと思っています。 高級腕時計や高級車は、結局、税務調査と追徴課税、倒産や乗っ取りなどのリスクを背負っている人の資産保全手段ですので、高級腕時計を見たら裏社会や脱税と隣り合わせの仕事なのだと思ってください。 とにかく、この俗物系統のニオイがしてきたら、逃げてしまうことです。
現在でも、世界のあらゆる場所、タイミングで、虐待死が発生しています。 これは、ネガティブなE・Tが地球人に憑依して、[魂を虐待したときに得られる、その魂が発する恐怖・悲しみ・怒りなどのネガティブなエネルギー]を発生させているわけです。 それはネガティブなE・Tが、悪魔の手下であり、[悪魔が必要とするエネルギー]を悪魔に提供すれば提供するほど、悪魔からの見返りが大きいからです。 しかし最後は悪魔によって[悪魔が必要とするエネルギー]として消費され終わるだけです。 これは、他罰的な[誰かのせいにする]という[都合のいい解釈]ではなく、実際に発生している現象です。
どうしてネガティブなE・Tによって地球人が憑依されるのか?  それは、その地球人の心に、恐怖・悲しみ・怒りなどのネガティブな感情〔=波動〕、いいかえれば、[心の脆弱性][悪魔が付け入る隙]があるからです。 [心の脆弱性][悪魔が付け入る隙]は、[共振]という現象として説明できます。 悪魔の波動と[共振]するから、憑依されるわけです。 [インナーチャイルドを癒やす必要がある]というのも、恐怖・悲しみ・怒りなどのネガティブな感情が過去の時点に残っていると、そこに魂の一部が取り残されるし、悪魔の波動との[共振]が発生するからでしょう、きっと。
例えば、[17歳の兄が6歳の妹を虐待死させた事案]などは、この世的な側面だけを分析しても、[なぜこうなったのか?]ということがわからないと思う。 結局、[心の隙を突かれて、ネガティブなE・Tに憑依され、ネガティブなE・Tのエネルギーで動かされた]ということなのだろうと思う。 したがって、個人を責めたり、個人を分析したりしても、原因はわからないのだと思う。 いいかえれば、現在の司法制度あるいは法務省管轄の少年院だの刑務所だのは、まるで役に立たない。 というより、法務省管轄である少年院、刑務所、出入国在留管理庁、警察署などこそは、人権侵害のトップエリート集団が集う悪魔の巣窟、伏魔殿とでもいうべき、恐ろしい場所である。 何が言いたいのかというと、[何かの過ちを犯した人に対して、外部から、懲らしめ、あるいは、しつけのようなことを行なって、ギュウギュウ抑圧して矯正する]という法務省の思い描いているモデルは、悪魔に都合がいいのだということである。 刑務官とか、警察官とかは、懲らしめ、あるいは、しつけのようなことを行なって、[悪魔が必要とするエネルギー]を悪魔に献納しているでしょ?  刑務官とか、警察官とかは、悪魔と共振しているんだね。 法務省管轄の各機関・各部署・そこに働く人員は、悪魔と共振しているのだと考えてよい。 また警察学校や警察署、自衛隊、消防署、海上保安庁などの[暴力集団]は、ある側面では、悪魔と共振する部分をもっている。 もちろん、激しい現場があるから、普段から鍛えておく必要があるので、そこに厳しさがある。 それも理解していますよ、ちゃんと。 しかし、[ギュウギュウ抑圧して矯正する]というやり方で、[戦闘能力の高い兵士]的な存在は生み出せないと思いますよ。 [強者に屈服する弱虫タイプ]は、さらなる弱者を見つけてハラスメントを行ないがちです。 弱虫だからね。 このように、警察学校や警察署、自衛隊、消防署、海上保安庁などの[暴力集団]のうち、悪魔と共振している部分は、バッサリと切り捨てる必要があると思う。
アヌンナキ、バシャール、さらには彼らの手下は、総じて悪魔といえるでしょう。 悪魔につながるE・T〔いわば悪霊〕に憑依されると、悪魔の代理として[悪魔が必要とするエネルギー]を献納する役割を演じさせられるのです。 憑依された人々は、「悪魔の代理として、虐待行為を行ない、[悪魔が必要とするエネルギー]を献納させられている」わけです。 [悪魔の奴隷として虐待行為をさせられる]のが、犯罪者の内情なのです。 ですので、[17歳の兄]も、[虐待を行なう刑務官や警察官や出入国在留管理庁の職員]も、個人を分析したって、何も原因らしきことは出てきません。 彼らは、恐怖・悲しみ・怒りなどのネガティブな感情〔=波動〕、いいかえれば、[心の脆弱性][悪魔が付け入る隙]を抱えていたので、そこを突かれて、悪魔の侵入を許してしまったわけです。 ゲーム、動画視聴などに深入りしすぎることは、悪魔に対して無自覚・無防備すぎる、まったくお話にならない状態です。 そんなことでは、ワズン星人が仕掛けたワナにカンタンにハマり、悪魔に通じているE・Tにアッという間に憑依され、操られて[虐待や殺人などを犯す犯罪者]にされてしまうでしょう。 ゲーム、動画視聴などに深入りしすぎる人々は、悪魔を呼び込む無自覚さ、脇の甘さ、悪を見抜くための監視・判断の緩さなどを抱えています。 [悪魔が悪い]のではなく、警戒心のないおバカな人が、悪魔の餌食にされているのが実際です。 警戒すべき対象を警戒することができない間抜けな人。 その人が無知蒙昧であること、未熟であることは、周囲に大きな迷惑をかけます。 コロナワクチン接種についても、まったく同様です。 [騙すマスコミが悪い]のではなく、[マスコミが洗脳機関であることをしっかりと自覚し、自分の頭で考えて、マスコミ報道の裏を読み解く]だけの注意深さや思慮深さをもたない人たちが悪いわけです。 誤解を恐れずに言えば、コロナワクチン接種という事案は[バカ発見器]であり、マスコミや行政をカンタンに信じるバカが自ら接種して、自らを淘汰した。 いいかえれば、コロナワクチン接種を受けてしまった人は、その無知蒙昧さ、無防備さを原因として、自殺したんですよ。 コロナワクチン接種は自殺行為にすぎない。 自分で死を選択したのですから、マスコミや医療を悪く言うのは、自分の非を他者に転嫁しているだけの卑怯な行為です。 以上がコロナ騒動の顛末です。
結局、特定の個人が、ちょっとした心の隙をつくったせいで、[悪魔のエネルギーで動かされる状態になる]ということから、恐ろしい虐待、さらには、殺人が発生するわけである。 そのことは、医療の現場にも当てはまる。 コロナワクチン接種を推進している医師、あるいは、接種行為を実行している医師・看護師などは、[悪魔のエネルギーで動かされる状態になっている]ように見える。 そもそも、医師・看護師になるためには、上位者には服従するようにプログラミング教育をほどこされる。 そして、人道に悖る行為についてすら、クビにされてもかまわないから、ハッキリと断る勇気をもてなかった医療従事者が、流されて、コロナワクチン接種に加担してしまったのである。 医療従事者そのものが、飼い慣らされたペットのようになってしまっている。 これは、ある種の洗脳である。 学校教育も、それと同じである。 したがって、医療の世界も、学校教育も、全面的に破壊して、ゼロベースで再構築する必要がある。
痲薬であるアドレノクロム使用者らは、[コルナサイン]と呼ばれる悪魔崇拝者のサインを、手で表現しています。 [コルナサイン]は、[指でつくるキツネ]のような形であり、これは悪魔崇拝者どうしが送り合う[仲間の印]のサインです。 どうして、アドレノクロム使用者らは悪魔崇拝者なのでしょうか?
痲薬であるアドレノクロムの使用者らは、芸能界、政界、官界、財界、スポーツ界などでの成功を手に入れた代わりに、[悪魔が必要とするエネルギー]を悪魔に献納する儀式に参加する義務を負っていたわけです。 それは、[心が弱いから悪魔に魂を売った]というよりは、すべての世界が悪魔に浸食されていて、その世界で有名になると、[悪魔崇拝者になる]もしくは[それを断って殺される]という、ほぼ二者択一になってしまうようです。 [それを断って殺される]という結末になってしまったのが、三浦春馬氏、竹内結子氏など、善良な芸能人たちだといわれます。
エプスタイン島では、幼児・児童・少年・少女を姦淫し、虐待し、恐怖を味わわせたうえで眼球に長い注射針を突き刺し、頭蓋の中央にある松果体から血液を抜き取り、その血液からアドレノクロムを抽出し、さらには人食を行なう。 そのようなことが行なわれていたわけです。 例えば、きゃりー●みゅ●みゅはショタコンで、少年を姦淫していたようですので、豚箱行きになり、現在はゴムニダが代役を務めているようです。 芸能人は、みんなこんなふうになってしまっていたのです。 だから芸能人は、みんあゴムニダになっているわけです。 つまり、ご本人は豚箱行きになり、罪状によっては処刑されたのだと思います。
この[幼児・児童・少年・少女を姦淫し、虐待し、恐怖を味わわせたうえで眼球に長い注射針を突き刺し、頭蓋の中央にある松果体から血液を抜き取る]という部分で[悪魔が必要とするエネルギー]を悪魔に献納する、ということが行なわれているわけです。 [悪魔が必要とするエネルギー]を悪魔に献納するために、こういうむごたらしいことをするわけです。 そして、日本のエプスタイン島と呼ばれた、香川県の豊島てしまにアミューズが保有していた保養所でも、同様のことが行なわれていた。 三浦春馬氏は、豊島での少女姦淫・虐待と殺害を内容とする悪魔儀式、そして人食などを断った。 あるいは、そこから抜け出そうとしていた。 そのため三浦春馬氏は殺害されたのでしょう。 三浦春馬氏ときょうだいのように仲がよかった竹内結子氏も、そのことを知っていたので、口封じに殺害されたのでしょう。 アミューズの桑田●祐や福●雅治は、すでにこの世の人ではなく、彼らは現在、シリコンゴムの特殊メイクをした替え玉にすり替えられています。
[コロナワクチン接種を受ければ、これまで通りの日常が取り戻せる]と思ってコロナワクチン接種を受けた人たちは、こういう狂った世の中を愛おしく思っているのですね。 しかし地球は、こういう狂った世の中が展開されている状態をぶっ壊して、アセンションすると決めたわけです。 ということいは、地球についていくつもりなら、[これまで通りの日常]をかなぐり捨てて、前へ突き進んでいく必要があるわけです。 前へ突き進む勇気がなかった医療従事者が、コロナワクチン接種に手を貸してしまった。 悪魔に利用されてしまった。 それが、今回のコロナ騒動だったのです。 大きく見れば、コロナ騒動、ワクチン騒動を通じて、[悪魔に支配されるタイプ]と[悪魔に支配されないタイプ]とに、人類が分類されたわけです。 ある側面から見れば、これは巨大なおとり捜査であり、おとり捜査だと気づかずに、思いっきし悪魔に加担した医師その他が、これから逮捕され、処刑されることになるわけです。
[痲薬であるアドレノクロムの効能]〔全能感など覚醒剤としての効果・若返りの効果など〕に惹き付けられた内外の芸能人・アーティスト、大金持ちたちが、こぞってアドレノクロム中毒になり、その背景に天ぷらなどレプティリアンを頂点とする、誘拐実行集団・人身売買・アドレノクロムを製造する製薬会社などがある。 これは何かというと、アドレノクロム使用者が幼児・児童・少年・少女をいじめるプロセスで、[悪魔が必要とするエネルギー]を悪魔に献納する、そのためのシステム、構造ができあがっていたのだということです。 そのシステム、構造の重要な一部を、アミューズの幹部連中や桑田●祐らがなしていたと噂されます。 そういったことも、やがて情報開示されるでしょう。
[宇宙の物理学]のような法則の1つに[魂を虐待すると、その魂が発する恐怖・悲しみ・怒りなどのネガティブなエネルギーが得られる]というものがあり、この[恐怖・悲しみ・怒りなどのネガティブなエネルギー]が[悪魔が必要とするエネルギー]になります。 [悪魔が必要とするエネルギー]を献納する人たちが、悪魔崇拝者であり、彼らが[コルナサイン]と呼ばれる悪魔崇拝者のサインを、仲間どうしで送り合っている。 それが、いろいろなイベントにおける有名人たちの写真、動画から見て取ることができます。 要は、有名人はみな悪魔に魂を売っているのです。
そして、有名人の世界は、虎Qによって掃討されつつあり、一般市民が驚かないための暫定措置として、シリコンゴムの特殊メイクをした替え玉〔ゴム人間、あるいは、ゴムニダ〕が活躍しているのが現状です。 やがて、ゴムニダも全員いなくなり、すべての世界をゼロベースで再構築していくことになります。 それが、新地球の文明の始まりなのです。 新地球文明樹立のために、私たちはこのタイミングで地球に、そして日本に生まれ変わってきているのです。
悪魔崇拝の儀式が行なわれていたのは[有名な建造物の地下部分]であり、そこに[幼児・児童・少年・少女、子供たちのお母さん]などが監禁されていたので、虎Q〔米軍・自衛隊〕やK軍は時間をかけて彼らを救出するとともに、まだ潜んでいる悪魔の手先であるレプティリアンやドラコニアンを倒しているわけです〔掃討作戦〕。 [緊急事態宣言・まん延防止等重点措置]は、[コロナのパンデミーに基づき発せられている]という建前です。 けれども、実際には、[地下からレプティリアンやドラコニアンが飛び出してきて人間を襲う危険性がある]あるいは[虎Q〔米軍・自衛隊〕やK軍を見てはならない]〔K軍を見た者は殺されるという掟になっている〕からでしょう、きっと。 アドレノクロムの製造拠点に対しても、虎Q〔米軍・自衛隊〕やK軍が掃討作戦を行なっています。 それはアドレノクロムの供給が途絶していることを意味します。 痲薬であるアドレノクロムには依存性があるので、[アドレノクロムが切れて禁断症状になっている地球人]が[幼児・児童・少年・少女]などに襲いかかる危険性もあります。 したがって、コロナという意味ではなく、危険を回避する意味で、不要不急の外出は控えてください、ということなのです。
SacchiさんはTwitterを使っています 「@miracle_358 Yahooのレーダー見たら筑波山の方が凄い事になってました💦 見た事の無い雷の数⚡️ 私自身も頭痛に吐き気、今日一日中で参ります… https://t.co/lQB2kbp9Jn」 / Twitter
🇯🇵あうわ🎗さんはTwitterを使っています 「八王子上空ナウ 音無しカミナリ。 https://t.co/mB6TuVim0R」 / Twitter
オニチキさんはTwitterを使っています 「カミナリ撮ってたら、真ん中に不明な飛行物体も映ってる。 https://t.co/MT5vC9VMuF」 / Twitter
8/30(月)20時頃の神奈川県伊勢原市の空
💜あゆぴょん💜さんはTwitterを使っています 「何か今空が すんごい 💥放電してます🙀😱‼️ https://t.co/KbQoetPMnE」 / Twitter
藤井大地さんはTwitterを使っています 「昨日の雷のタイムラプスです。2021年8月30日19時41分から49分に、平塚の自宅から撮影しました。各約3秒の動画を1枚の画像に比較明合成し、約30倍速で再生しています。激しく雷を放ちながら、積乱雲がぐんぐん成長しています。稲妻によって照らされた雲が様々な色に光り、イルミネーションのようです。 https://t.co/QdQ3jFMamy」 / Twitter
雷:2021年8月30日
空からの攻撃(2021.8.30の落雷)
北関東で雷頻発 稲光が空照らす(2021/08/30)北海道新聞
【稲光の記録】2021年8月30日 午後9時20分頃
稲光り(都心から北関東方面)2021年8月30日21時頃
【 稲光り (いなびかり) 】東の空が光ってる
まさばにら🗣️さんはTwitterを使っています 「ブラジル、サンパウロ 9/16/21 https://t.co/u8SvSEgVYN」 / Twitter

[上空を飛行機やヘリが何度も飛ぶ][護送車が何台も停車している][天気が急に悪くなり雷が鳴り始めた]というのは、オペレーション〔作戦〕が展開中だということを意味します。 飛行機が往復することで地下施設をサーチし、特定した攻撃対象に対して、雷が鳴る中で[神の杖]という稲妻に似た電磁波兵器を照射することで、地下施設を殲滅します。 雷が鳴るのはカモフラージュのためであり、実際には、米軍の一部である宇宙軍の宇宙船から一発照射で、地下施設に対して甚大な被害を与えることができます。 地下施設の殲滅には、小型核爆弾も使われるようであり、小地震が起こります。 大きなオペレーションのときは、付近を停電させます。 再び、コロナという意味ではなく、危険を回避する意味で、不要不急の外出は控えてください。 [緊急事態宣言・まん延防止等重点措置]は、しっかりと守るのが、彼らのオペレーション〔作戦〕の邪魔をしないことになります。 彼らのオペレーションに協力的な市民でいることが、私たちの解放を早める道です。
悪魔崇拝の拠点である、世界の三十数カ所の[有名な建造物]が、破壊される予定であるようです。 このとき[第三次世界大戦]という体裁は、とらない。 そういうふうに予定が変わったようです。
世界の三十数カ所の[有名な建造物]の中には三峡ダムも含まれます。 三峡ダムの地下にある悪魔崇拝の拠点、アドレノクロムの抽出施設なども水没させられることでしょう。
1985年〔中曽根内閣のもとJAL123便が撃墜され、AIDS患者の第1号の確認がなされた年〕以降に発表されたワクチン、予防接種とは、[人口削減を主目的とした注射]です。 ワクチン、予防接種の主目的は、大きくは人口削減にあり、より具体的には、その[免疫系][循環器系][生殖器官]などを中心として、接種を受けた人の身体を攻撃することにあります。 ワクチン、予防接種は、[老若男女を問わず、人間を殺す]か[とくに女性を子供の産めない身体にする]ことに焦点が絞られているように思います。
例えば、[女性を子供の産めない身体にする]ことが、子宮頸がんワクチンの主目的です。 [子宮頸がんを起こす]とされるヒトパピロマウイルスが人工的なウイルスであるかどうかはわかりません。 しかし、ワクチンとの対称性を考えれば、ヒトパピロマウイルスを開発した地球人、あるいは、E・T〔地球外生命体〕が存在するはずだと推定してエビデンスを探し始めます〔私だったら〕。 1985年以降に発表されたワクチン、予防接種とは、[人口削減を主目的とした注射]です。
表層的な目的だけで人口削減を行なうのではありません。表層的な目的とは、例えば、[人口過多だと食糧が足りない、世界統治に不便だ]などといったことです。 「死んだ人間の魂たちを[死後の世界]で捕獲し、特定の場所に監禁して、その魂たちを、悪魔のエネルギー源にしたい」というのが、人口削減の本当の狙いです。 悪魔の手先である、人間ではない存在が、自分のエネルギー補給のために人口削減を行なっているわけです。 平成天ぷらも、麻生太郎大臣も、イギリスのエリマキトカゲ女王も、レプティリアンが人間にシェイプシフトした存在です。 世界の支配者たちは、レプティリアンを中心とするネガティブなE・Tです。
例えば、レムリア大陸は突然、大陸ごと海に沈みましたけれども、その狙いは、レムリア人の魂を大量に捕獲してエネルギー源にする点にありました。 死んだレムリア人たちは、海に呑み込まれるとともに、悪魔の口に呑み込まれていったのです。 全宇宙とは、そういう場所です。 日本のように愛に満ちた親切な人がいる場所は、宇宙の中では地球ぐらいであり、地球の中では日本ぐらいだそうです。 そして私たち日本人は、イオタケーペイという[情緒面・感情面を発達させる特別な鉱物]が豊富な天体での生涯を経由して、この日本にソスターベとして生まれ変わってきたのです。 ソスターベというのは、宇宙全体を、愛にあふれる日本のような極楽浄土にする、というミッションを帯びた宇宙存在なのだと思います。 [知能の発達]は比較的容易だけれども、[情緒面・感情面の発達]は、なかなか難しいものがあります。 宇宙には、[知性の高い悪魔]は多いですけれども、[情緒面・感情面の発達]した宇宙存在は、珍しいのだと思います。 この[珍しい状態]を[ありふれた状態]に転換していくのが、ソスターベに与えられたミッションであるようです。
1985年以降の[パンデミー]と[感染拡大防止や医療提供体制]は、大まかにいって、[バクテリアやウイルスなど病原体の開発主体]と[薬品やワクチンの開発主体]とが同一主体であり、いわゆるマッチポンプで展開されてきたと見なしても構わないでしょう。 新型コロナウイルスとコロナワクチンに関しては、[ウイルスの開発主体]と[ワクチンの開発主体]とが同一主体だと見なしてよいと思います。 その同一主体とは、[中国共産党〔CCP〕が管轄する研究所]や[世界の大手製薬会社の研究所]など、中国の武漢に存在するワクチン詐欺集団のことです。 ワクチン詐欺集団は、利害が一致しており、一蓮托生です。 中国の武漢を発信源とする、一連のコロナ騒動は、これらワクチン詐欺集団によるマッチポンプと考えて、大筋で間違っていないと思います。
一連のコロナ騒動では、[疾病の対策を行なう]かのように見える人物・機関が、じつは[パンデミーを起こしている犯人]である、という[私たちが知るべき重要情報]が通奏低音として流れ続けています。 一連のコロナ騒動は、私たちが学び、成長・進化するための芝居である、という側面をもっているのだと私は思います。 [中国共産党〔CCP〕が管轄する研究所]や[世界の大手製薬会社の研究所]など、[コロナ騒動+ワクチン詐欺集団によるマッチポンプ]に加担した人々・機関などは、すべて逮捕され、処罰されます。
マスコミを使って[パンデミー〔疫病の超大流行〕が発生している]かのように演出して大衆を騙し、[実際には、大衆が接種するワクチンに病原体が入っている]という手法で、[ワクチン由来のパンデミーを発生させる]という手法が、少なくともエボラ出血熱とHIVの事案では採用されています。 そこから類推するに、多くのパンデミーは、マスコミを使って大騒ぎをして大衆を騙し、[実際には、大衆が接種するワクチンに病原体が入っている]という手法で、赤十字や製薬会社がパンデミーを起こしている、ということなのです。 日本の赤十字のトップは天ぷらですけれども、天ぷらこそが、人身売買・幼児姦淫・人食・痲薬であるアドレノクロムの使用など、悪の中枢でした。 [でした]というのは、平成天ぷらも、今上天ぷらも、すでに処刑されたようであり、この世には存在しないからです。 平成天ぷらも、今上天ぷらも、シリコンゴムを使った特殊メイクによる演者です。 芸能人の大半が演者であり、安室奈美恵には喉仏があります。 バイデン大統領の中の人はジム・キャリーです。
[医療従事者が先にコロナワクチン接種を受けなければならない]という状況を、前もってつくっておくのが悪魔のやり方です。 これは[コロナワクチン接種という未必の故意による殺人行為を行なわせた犯人を殺害することで証拠を隠滅を図る]という意味なのだろうと推定できます。 悪魔の考えることは、どこまでもあくどい。
つまり善良な医療従事者が、[上から与えられる命令に対して、無批判かつ思考停止のまま職務を遂行すると、コロナワクチン接種という未必の故意による殺人行為を行なう結末を迎える]という設定にしておくのが、悪魔の考えることです。 要は、医療従事者たるもの、[与えられた条件に対して、従順に従うだけ]では、悪事に加担させられてしまうわけです。 聡明な医療従事者は、[医療従事者が先にコロナワクチン接種を受けなければならない]という状況に至ったとき、医療従事者という身分を捨て去りました。 この勇気ある行動が、じつは求められていたのです。 医療の世界が腐り果てていることは、医学部医学科、医学部看護学科、看護学校などを受験する前から、わかっていたはずです。 それでも医療の世界に職を求めた。 それは、ある意味で勇気のあることであり、その中で、精一杯、腐敗を回避しながら医療に従事してきた。 そこまでは立派なことであったと思います。 ただし、[医療従事者が先にコロナワクチン接種を受けなければならない]という条件が与えられた段階で[おかしい]と悟り、辞職するのが、ほんらいのあり方でしょう。 その一方で、一人にコロナワクチン接種を行なえば、いくらもらえるという、おカネに目がくらんで、コロナワクチン接種に加担した医療従事者も多い。 この人たちは、処罰されるでしょう。 処罰される前に、コロナワクチンによって、死に至る可能性もあります。 いずれにしても、コロナワクチン接種に加担した医療従事者は、悪魔からの誘いを断り切れなかったのだということです。
[本当のことを言うと医療の世界には留まれない。口をつぐんで、いい子でいなさい]というのは、悪魔のささやきです。 みんなが悪事を行なっていても、けっして悪事に加担しない。 その強さを保持し、自分の信念を貫いた人が、新しい地球に残る可能性を高めることができたのだと思います。
医療従事者が、どうして悪魔の手先にさせられたのか?  それは[愛]と[雇われの身としての職務遂行]との二者択一において、[雇われの身としての職務遂行]を選択したという、いわば[選択ミス]からであろうと思います。 悪魔がある魂に[契約]という十字架を背負わせるのは、そういう部分なのです。
[コロナワクチン接種を推進している人々]は、[コロナの感染拡大]を阻止するために、[愛]のつもりで[コロナワクチン接種を推進している]という側面もあるのだろうと思います。 しかし、それは[愛]ではありません。 そこで足りなかった[愛]は、自己愛です。 自分を大切にする[愛]です。 みんなが自分を愛し、大切にするからこそ、[愛]に満ちあふれた世の中になるわけです。
例えば、太平洋戦争で[国を護るため] [国民を護るため][家族を護るため]という大義名分のもと、戦争に参加した兵隊さんたち。 [お国のために頑張ります]と宣言して戦地へ赴き、死んでいった兵隊さんたちは、何かの役に立ったのでしょうか?  じつは、何の役にも立っていません。 [ガダルカナル島など、南方で餓死した兵隊さんたち][シベリアに抑留されて凍え死んでいった兵隊さんたち]は、残念ながら犬死にしました。
そもそも[国を護るため] [国民を護るため][家族を護るため]に他国の兵隊さんたちを攻撃することが[愛]でしょうか?  そもそも、兵隊さんは、自分自身への[愛]に忠実だったのでしょうか?  召集令状〔赤紙〕が来たから、泣くような思いで、死ぬようなつもりで、戦地へ赴いていったのでしょう。 けっして自分軸で、戦争への参加を選択したのではありません。 兵役逃れで銃殺されても、[戦争に反対]を貫いたほうが、後悔のない魂の旅路になるように、現在の私は感じています。
実際には、コロナワクチンそのものが[病原体]なのです。 コロナワクチンを他者に接種すれば接種するほど、他者を死へと近づけてしまうわけです。 治療・予防だと思って行なった医療行為が、医療の本質とは真逆の方向へ、患者・被接種者を招いてしまうわけです。 これが悪魔の仕掛けたトラップなのです。
[エボラ出血熱のワクチン][HIVのワクチン]は、ワクチン接種そのものが、パンデミーをつくる原因であった。 ワクチンという生物化学兵器を使ったパンデミーによって、大量殺戮がおこなわれた。 これがエボラ出血熱やエイズの大流行の真相です。
[子宮頸がんのワクチン]は、女性を[子供の産めない身体にする]という人口削減計画の手段として、その接種が推奨されていたワクチンです。
このように、ワクチンの危険性はよく知られていたわけです。 ただし、ワクチンの危険性を指摘する情報は、DSによる[陰謀論]というレッテル貼りによって、否定されてきました。 [陰謀論]というレッテル貼りそのものが、陰謀なのですけどね、本当は。 でも、世間体とか、世間の常識とかを信仰してきた人たちにとっては、DSによる[陰謀論]というレッテル貼りのほうが正しいように見えていたのでしょう。
本当に、自分に正直になれば、医療の世界が、マッチポンプで運営されていることは、見ていたはずです。 しかし、おカネに目がくらんだのでしょうね、きっと。 少なくとも、[コロナワクチンが危険なものでありそうだ]ということは知っていたけれども、政府が言っているし、病院の上司も言っているから、コロナワクチン接種に加担しました。 これが[大失敗]だったのですよ。 つまりそれは、コロナワクチン接種が悪いことだと知りながら、医療制度、法律、収入=おカネを優先させて、悪魔の悪事に手を貸してしまった、ということだったわけです。 これが、コロナワクチン接種に加担してしまった医療従事者の今世における、[敗因]なのです。
つまりコロナワクチン接種を行なった[善良な医療従事者]というのは、実際には[悪魔に対して脇の甘い、いい子ちゃん]≒[言われたことを忠実にこなすだけのうすらバカ]、いいかえれば、[真面目系クズという部類に入る医療従事者]だったということになります。 そういう言い回しは、かなりの悪口になってしまいますけれども、核心部分を浮き立たせるためですので、お許しください。
つまり、上からの命令を吟味し取捨選択しない、そういう生き方をしてきた人たちが、悪魔の蔓延に手を貸してしまった結果、悪魔の蔓延を生んでしまったわけです。 もちろん、そういう側面は、私自身にもあります。
あなたが人々に打ったコミナティ筋注で、いったい何人亡くなったんだよ?  あなたは、いったい、何人を殺したんだ?  あなたは、兵士として、上官の命令に従っただけ?  そこに人間としての良識があったのだろうか?  コミナティ筋注が危険な生物化学兵器だということは、Twitterで検索すれば、すぐにわかることだろ?  なぜ医療従事者として、真摯に、謙虚に、調べなかったんだ?  あなたが、[悪魔に対して脇の甘い、いい子ちゃん]≒[言われたことを忠実にこなすだけのうすらバカ]、いいかえれば、[真面目系クズという部類に入る医療従事者]だったという事実を、しっかりと受け止める必要がある。 つまり、これは「[愛]に基づく所業なのか」を自らに厳しく問うて、[愛]に反するならば、勇気を出してそこから立ち去る。 その立ち去る勇気が、あなたには足りないのだ。
もちろん、コロナワクチン接種を行なう医療従事者も[言われたことを忠実にこなすだけのうすらバカ]ならば、政府やマスコミの言説を鵜呑みにして、自ら志願してコロナワクチン接種を受けに来る人々も[言われたことを忠実にこなすだけのうすらバカ]なんだよ。 [コロナワクチン接種をする側]も[コロナワクチン接種をされる側]も、お互いに[思考停止のバカ]だから、お互いに悪魔の仕掛けたトラップに引っかかったのであった。 もちろん、これでお互いに[これでいいのだ]で丸く収まるわけです。 お互いに、新しい地球には適合しない発想の持ち主だからです。 本当に自分自身に対して[愛]をもち、本当に他者に対しても[愛]をもち、そのためには、少しでも危険だと直感したら、徹底的に調べ上げて、致命的な結末を回避するはずです。 それだというのに、あなたは、テレビや新聞の報道を鵜呑みにして、まんまと悪魔のトラップに引っかかってしまった。 そんなことでは、2024年ぐらいに始まるとされる、新しい地球でE・T〔地球外生命体〕と交流する段階に入るのは無理です。 E・Tは、善意のE・Tばかりではないからです。
[言われたことを忠実に行なうだけの思考停止人間]が悪魔のトラップに引っかかって、両方とも滅亡していく構図。 これがコロナワクチン接種にまつわる騒動の構図であろうと思います。
[コロナワクチン接種という死への道を選択したグループ]に共通しているのは、[マスコミ報道][国家][医療][権威]など、[自分よりも、大きく強く立派で身分が高い]と設定されている存在に対して、安易に服従し、支配されてしまう人々です。 一言で言って、[コロナワクチン接種という死を選ぶ道を選択したグループ]とは、[自立心・独立心が大きく欠如したグループ]なのです。 [他のためによかれと思って]ということの的が完全に外れているグループが、このグループなのだと思います。
私たち地球人は、2024年頃には、ファースト・コンタクトという、E・Tとの最初の対面をする予定になっています。 ファースト・コンタクトを間近に控えて、私たち地球人の[E・Tとの対峙の仕方]にかんして、重要な注意があります。 それは、私たちはポジティブな宇宙存在として[支配されない]かつ[支配しない]という常識をもつ必要がある、ということです。 [支配されない]かつ[支配しない]というのは、[立場が対等である][尊厳においてevenイーヴンである][フラットな関係にある]ということなのです。 悪魔に付け入られるのは、どこかで[悪魔は自分よりも高い場所にいる]と思い込んでいる、あなたのその卑屈さに原因があるわけです。 私たち地球人は、とりわけ日本人は、イオタケーペイを経て、ソスターベとして宇宙を[愛を基調にした宇宙]へと転換するミッションを帯びて、日本人として生まれてきました。 その[愛]とは[あい]〔=お互いに:相身互あいみたがいに〕であり[合い]〔=相等である=equivalentエクゥイヴァレントである〕であり、それは、何があっても、相手と対等だというスタンスを崩さない、意固地なまでの強い意志力なのだと私は思っています。 [愛]とは、[競い合い、争い合っても、最後は[お相子あいこ]に落ち着く]ということであり、[愛]に基づかなければ、∞〔無限大の記号≒メビウスの輪〕が表している[調和的循環構造]が達成できない。 それは結局、悪魔が考える搾取システムのように、[電池などのエネルギーを一方的に使い尽くし、最後は破滅する結末]を招く。 [愛]の通じない存在である悪魔とは、そのような存在である。
[創造主とも対等]かつ[自分よりかなり未熟な魂とも対等]という、きわめて広い範囲を対等と見なす、ある種の精神修養が、[愛]の1つの側面なのだと思います。 きわめて広い範囲を対等と見なすためには、いつも中立である必要があり、中立性を堅持することが、[愛]の1つの側面なのだと思うわけです。 [誰かに帰依する][誰かに命を捧げる]という考え方をしている時点で、その誰かは悪魔を呼び込む因子を抱えていると思いますし、[帰依する][捧げる]と言っている人は、依存心が抜けきっていません。 そういうことでは、カンタンにバシャール〔全宇宙の悪の総元締め〕にやられてしまいます。
悪魔が構築した従来のシステムでは、[支配欲〔依存心〕だけが強くて責任感が欠如しているのに安易に人の上に立ちたがるグループ]と[自分で調査・思考・決断することを厭い安易に人の下に付きたがる依存心の強いグループ]という[凸凹になっている2種類のグループ]が積み上がった結果、[ピラミッド構造]を形成する結果となるため、これでは[調和的循環構造]が達成できないわけです。 悪魔が構築した従来のシステムとは、[無数のグループがおりなす支配と被支配の連鎖構造体であるピラミッド社会]だったのです。 この社会に、ある意味、適応できなかった人たち〔じつは生まれる前から[新しい地球を立ち上げるためのメンバー]になるのだと決めてきた人たち〕が、正式に、新しい地球を担うメンバーとなる段階に、いま入っています。 この[支配と被支配の連鎖構造体であるピラミッド社会]は、[強者が弱者を搾取し続ける]とか、[人類が自然≒地球そのものや他の生命体を搾取し続ける]といった、[弱者や宇宙に抑圧という負担をかけ続けて、いつかは破滅で終わる電池]という運命を背負っていたわけです。 その[電池が終わるタイミング]が今この瞬間なのです。
[強者が弱者を搾取し続ける]ために、弱者は[ムダな労働]をさせられる。 [ムダな労働]が、[過剰生産による資源エネルギーのムダ遣い]や[過剰生産による廃棄物の増大によって環境がより破壊されていく状態]をもたらすわけです。 大切なことですよ。 [ムダな労働]が[資源エネルギーのムダ遣い]や[廃棄物による環境破壊]を生んでいる原因なのです。 [ムダな労働]の担い手は、[悪魔に対して脇の甘い、いい子ちゃん]≒[言われたことを忠実にこなすだけのうすらバカ]、いいかえれば、[真面目系クズという部類に入るあなたご自身]なのです。 つまり、[真面目に働く大勢のバカども]のせいで、地球が終了してしまいそうなのですよ。 バカ呼ばわりされたくなかったら、この社会、この世の中そのものから、サッと立ち去る必要があるのです。 それだけの勇気や潔さが、いまこの瞬間に強く求められているわけです。 ところが、コロナワクチン接種を受けた人は、[コロナワクチン接種を受けさえすれば、これまで通りの日常が取り戻せる]と思ったわけです。 それはトラップでした。 [これまで通りの日常が取り戻せる]と思った人は、悪魔が作り上げた支配・被支配の存続を望んだ、ということで、新しい地球には、向かない人だったのです。 そのため、コロナワクチン接種を受けた人が、死を経て、地球とは別の天体へと生まれ変わっていく。 すべては、このように順調なのです。
宇宙の正常な状態とは、[拡大・発展のために回転と進行、つまり、螺旋運動を続ける]というものだと思います。 この宇宙の正常な状態を、[弱者や宇宙に抑圧という負担をかけ続けていた]のが、これまでの地球での統治形態だったのだと私は思います。 この統治形態を大きく変えるためには、従来の統治形態を手放すことができないグループを、別の天体へと移行させる必要がある。 そのために、[第三次世界大戦による人類の大量死を経験する世界線]と[コロナのニセパンデミーとコロナワクチン接種による人類の大量死]を経験する世界線]とがあったようです。 私たちが選択している世界線は、後者ですけれども、いずれの世界線を選択するにしても、地球がアセンションするためには、アセンションした後の地球〔新しい地球〕に適応できないグループを、別の天体へと移行しなければならなかったのです。 それが人類の大量死の意味合いなのです。
私たちが[持続可能な社会のためにできること]は、[支配欲〔依存心〕だけが強くて責任感が欠如しているのに安易に人の上に立ちたがるグループ]と[自分で調査・思考・決断することを厭い安易に人の下に付きたがる依存心の強いグループ]を、ともに社会からなくすことだったんですね。 私たちは、これから[コロナワクチン接種の結果としての人類の大量死=世界人口の激減]を経験する確率が高いのですけれども、それは一面からすると、これからの地球、いいかえれば、アセンションした後の地球〔新しい地球〕にとって有害な思想をもっているグループを、一掃するための大掃除だったわけです。 したがって、悪魔にもお役目があったのだということになるでしょう。 それを考えると、宇宙の叡智の奥深さは、底知れぬものであることがわかります。
このことを[分離]と捉えて、[分離]を阻止しようとする人がいますけれども、それは宇宙の流れに逆らう、不自然で幼稚でエゴの強い発想だと思います。 そういう表層的な偽善は、すぐに見抜いて、自分で反省する必要があると思います。 地球とは別の天体に生まれ変わり、支配・被支配をさらに経験して、そこで気づきと学びを得て、成長・進化していく。 それもまた、魂の立派な旅路の1つであり、その旅路を選択するために[死ぬ]ことを[恐怖][失敗][敗北][転落]などと、ネガティブなかたちに評価する、偏ったジャッジメントを行なうことこそが問題なのです。 [みんなが同じでなければならない]というのが、その偏ったジャッジメントの中身です。
[新しい天体へ移行する]とは、その天体にふさわしい諸条件をそなえた肉体を得る必要があります。 そのためには、その[新しい天体]で男女が生殖を行なって頂き、母となってくれる女性の子宮に飛び込んで、赤ん坊として生まれる必要があるわけです。 そういう[生誕の喜びを得る前提としての死]ということ、[明るい希望を抱いた状態での死」ということを考える必要があるわけです。 [コロナワクチン接種で死んだ]というのは、こちらの生〔ライフ〕から見た景色です。 しかし、[新しい天体]では、祝福されて生まれてくる赤ちゃんになるわけです。 このことを、[オメガはアルファである][終わりは始まりである]というのです。
[新しい地球とは相性が合わないため、別の惑星に生まれ変わる道を選択する人]も、[新しい地球の立ち上げに協力して、それから死んでいく人]も、[新しい地球で長寿を得て、何百年と生きる人]も、それぞれに魂の旅路を自分で決めて、それを自分で選択しているわけです。 したがって、[分離]を阻止しようとする人は、自分の価値観を他者に押し付ける、地の時代の古い観念が拭い去れていない人であろうと思います。 ひとさまの魂の旅路を邪魔するのは、宇宙の[自由意思の原則]に反します。 死にたい人には、それなりの理由があるのですから、そっと見守ることです。
仮に、これまで通りの[悪魔が構築した社会]、いいかえれば、「[支配するグループ]と[支配されるグループ]とが共依存しながら生きていく社会」を存続すると、どうなるか?  地球がアセンションできなくなるのだと、私は思います。 そうなると、地球がアセンションするために、地球上の多くの人が亡くなるような大災害を、地球自身が起こす必要が出てくることでしょう。 そういう荒っぽいことをするよりも、「[支配するグループ]と[支配されるグループ]とが共依存しながら生きていく社会」が好きな人を、コロナワクチン接種を通じて選別した。 このほうが、きめ細かなグループ分けであり、すぐれているのだと思いますよ、私は。
[悪魔が悪い]のではなく、悪魔を呼び込む無自覚さ、脇の甘さ、悪を見抜くための監視・判断の緩さなどが、それぞれの人々にあったわけです。 [悪魔は自分よりも高い場所にいる]という、心の隙になり得る観念が、そこにはあったのです。 そこが、私たちの[敗因]なのです。
コロナワクチン接種を受けた人は、数年以内に亡くなる可能性があります。 スパイクタンパクが過剰に産生され、そのスパイクタンパクが血管、心筋など循環器系を攻撃する。 このため、ウンコをするためにイキんだ人がおトイレで亡くなっているんだよ。 妊婦さんがコロナワクチン接種を受けるかどうか迷っている?  そんなのコロナワクチン接種を回避するしかないじゃんよ。 なぜなら、スパイクタンパクが過剰に産生された状態でお産をすると、お母さんがイキんだときに、血管が破れて死ぬからだよ。 お産のときに脳内出血や心筋梗塞、大動脈瘤破裂などで死にますので、生き残りたい妊婦さんは、コロナワクチン接種は、絶対に受けないでください。 もちろん、死を選ぶ自由は、誰にでもあります。
コロナワクチン接種を受けたにもかかわらず、生き残る人も、一部はいるとは思います。 けれども、コロナワクチンには、免疫力を極度に弱める仕組みが含まれているので、ちょっとしたインフルエンザでも重症化する危険性があります。 いずれにしても、コロナワクチン接種の件は、命を賭けた学びの機会だったのです。
要は、事の良し悪しを[愛]という絶対基準で選ばずに、[みんながコロナワクチン接種を受けているから]という理由で、流されてコロナワクチン接種を受けた人が、いわば淘汰される仕組みになっていたのです。 こういう淘汰は、ありがちです。 それは、私には、最初からわかっていました。 それはたぶん、過去の一生で、私はこうした件で失敗しており、大いに反省して、いまここに生きているからだろうと思います。 過去世で大失敗した結果、[こういうパターンがある]ということが、今世でようやくわかるようになったのです。 こういう繰り返しであるから、コロナワクチン接種を受けて死んだとしても、それは大いなる学びを魂の記憶として刻むための儀式なのだと思って受け容れるのがよいと思います。