アドレノクロムと赤い靴|ワクチンを推進しているのは悪魔崇拝者だと思う

赤い靴 - 精神世界の鉄人

洗脳解除教程|コロナワクチン接種で死んでいく人たちの属性|[新地球にふさわしくない人々]であるらしい

”「打て打てワクチン!!」の勢いが止まらない本当の理由推考。” | 福島白河から発信! ハナリンのみちのくLOHASライフ

大手製薬メーカーを所有している大金持ちたちは、単に大金持ちというだけでなく、レプティリアン、ドラコニアンなどといった、ネガティブなE・T〔地球外生命体〕なのである。 江戸城の跡地に住んでいた天ぷら屋[平成]の店主は、レプティリアンがシェイプシフトした存在。 麻生太郎大臣もレプティリアンがシェイプシフトした存在。 英国のエリマキトカゲ女王もレプティリアンがシェイプシフトした存在。 デビッド・アイクのことは昔から知っていたけれども、ガチでマジで爬虫類型の宇宙種族が世界を牛耳っていたのだ、と最近、驚きながら事実として受け容れようと努力している。


どういう宇宙種族が[金融カバル]で、どういう宇宙種族が[DS〔ディープ・ステイト〕]なのか。 それは詳しくは知らないけれども、[金融カバル][DS][ホワイトハット≒アライアンスや虎QやK軍]が三つ巴になって戦っているらしい。 [金融カバル][DS]が、私たちの敵。 [ホワイトハット≒アライアンスや虎QやK軍]が私たちの味方である。
大手製薬メーカーというのは、[金融カバル][DS]のいずれか、または両方が関係しているらしく、[闇][魔]の考え方を採用している。 彼らについては、悪魔だと考えるのが適切である。
大手製薬メーカーの意向をそのまま受けて、職場のルールに忠実に動いた医療従事者〔医師・看護師〕は、悪魔に加担してしまった。 したがって、悪魔が支配する、これまでの地球と似た惑星に配属されるようだ。 そのために、コロナワクチン接種を受けて、死を選択することによって、地球を立ち去り、その惑星へ向かうわけである。 別の見方をすると、[新地球にふさわしくない人は、コロナワクチン接種によって淘汰された]ということになるだろう。 しかし、それはバイアスのかかった、一方的な見方であり、コロナワクチン接種を選択した人は、その人にとってのベストの選択をなしたのであるから、祝福されるのが当然である。 いかなる結末にも、損得はない。 ただその魂の選択が行なわれた。 それは、その魂の自由意思に基づく選択であり、誰のせいでもないし、誰かのせいにする魂は、その他罰的・依存的な考え方だけで、新地球にはふさわしくないのだと私は思っている。 いずれにしても、その魂が選んだ道なのである。 ただそれだけである。
[闇]も[光]も経験しないと、偉大なる魂にはなれないらしい。 したがって、悪魔に加担することもまた、中長期的に見ると、魂の[成長・進化]にとって必要なことであるらしい。 その魂の選択を尊重し、ただただ見守るしかない。
たとえ[無自覚のまま悪魔に利用されるがまま]だったとしても、[無知こそが重大な過失]であることを自覚する必要がある。 [イノセント]=[何も知らなかったこと]が、そのまま[無実]ということではない。 [【知るために調べる努力】をおこたった]というだけで[重大な過失]であることを自覚する必要がある。 医療現場に入ると、日々の業務に忙殺されて、[イノセント]=[何も知らなかったこと]になりがちだ。 それが悪魔の狙いなのである。 知らずに悪魔に加担したこと。 そこで反省すべき点は[知らずに]の部分である。 [知るために自主的・自発的に調査する謙虚さ・まめさ]が足りなかったせいで、今回、悪魔に加担したり、コロナワクチン接種を受けて死へと向かっている。 そのことを真剣に考える必要がある。
学校がなぜ[教職員にとっても、児童・生徒にとっても【忙しい場】]になっているのかというと、疑問を差し挟ませないためである。 職場も同様である。 疑問を差し挟ませないために、日々の業務に忙殺されるように仕組まれている。
結果として、[命じられたことに忠実に真面目に〔思考を停止させて〕働くバカ]が、学校や職場で養成されていく。 ネガティブな宇宙種族は、どの宇宙種族も[命じられたことに忠実に真面目に〔思考を停止させて〕働くバカ]を求めている。
いまこの瞬間に、私たちは世界の大戦争に巻き込まれている。 コロナワクチン接種は、爆弾を落とされたとか、銃弾が当たったとか、そういうことにあたる。 [命じられたことに忠実に真面目に〔思考を停止させて〕働くバカ]である医療従事者は、この世界規模の大戦争に徴兵された兵士として、一般市民を標的に、コロナワクチン接種という銃を乱射している、いわば基地外である。
人の命を奪うコロナワクチン接種を、医療行為であるというふうに、自分の心に嘘をついて、行ない続けてしまった医療従事者は、残念ながら、さよならだ。 あなたのなしたことは、自国民に対する大量殺戮行為である。 悪魔にまんまと踊らされたんだね、あなたは。
人生の目的が[他者からの評価を高めておカネをより多く儲ける]という点にあるから、悪魔にカンタンに利用されるんだよ。 [頑張っている立派な自分を見てもらう]という、あなたの薄っぺらな生き方は、どこからきたのか?  幼少期に親御さんが、あなたを褒めて誘導しただろ?  その親の洗脳から抜け出していないんだよ、あなたは。 親離れ、乳離れしていないのよ、あなたは。 要するに、自分の味方であるようなフリをして、あなたを特定の方向に誘導してくる対象に対しての、健全な警戒心が、あなたには欠如していたんだ。
実際には、あなたの親御さんは、悪魔と同じ発想なんだね。 その魂の本来の生き方は、その魂とそのハイヤーセルフとが決定する、人生の青写真によって、すでに決まっている。 したがって、実の親といえども、わが子の人生の青写真をねじ曲げることはできないんだよ。 [親が子供の人生を決める]なんて、宇宙的にルール違反であり、アウトなんだよ。 ところが、[しつけ]や[教育]と称して、実際には、自分に都合のいいように、わが子を誘導していくわけよ。 その原型は?  それは、私たちをつくったアヌンナキ、あるいは、その手下? であるバシャールなど、悪魔たちの発想なのよ。 私たち日本人は、私たちを創造したアヌンナキを超えるために、この地球に、この日本に集結している、宇宙の革命者であらしい。 そうである以上、アヌンナキのように、私たちに[しつけ]や[教育]を施して、実際には、自分に都合のいいように私たちを誘導していく悪魔である親、教師、上司、社会の指導者らを、ぶっ壊していく必要があるんだわ。 そのぶっ壊し組の予備軍が、引きこもりニートとか、社会不適合者とか、さまざまな[不真面目に見える人]だったんだよ。
世の中には、引きこもりニートとか、社会不適合者とか、さまざまな[不真面目に見える人]がいる。 あなたは、そういう人たちを、[弱くて愚かな人]というふうに位置づけて、小バカにしてきたんだね。 実際には、あなたが小バカにしてきた人たちは、悪魔の敷いたレールに乗れない、感性の鋭い、良識のある人たちだったんだ。 逆に、悪魔の敷いたレールに乗って、[自分のおカネの取り分を増やそう][そのために勉強を頑張ろう][そのために仕事を頑張ろう]と思って、[真面目に]生きていたあなたは、悪魔による[悪徳の栄え]に加担し、その協力にまつわる報酬を増やすことが[勝ち組になること]なのだと思って、それで頑張ってきたんだよ。 それは結局、あなたには悪魔の野望を見抜く目がないことを意味する。 そしてあなたは、一見すると[弱くて愚かな人]がじつは良識人だということにすら気づかない、相当なおバカさんだったのだということを意味するんだ。 [自分は真面目で、人様より頑張ってきたし、人様よりデキる]というあなたのプライドは、実際には、親御さんの[自分にとって都合のいい方向へあなたが向かっているときに褒める]という誘導に基づいていただけ。 あなたは、親御さんというアヌンナキの分身によって、プログラミングされていただけ。 あなたには、[前提そのものを疑う]という、科学に取り組むときの、当然のリテラシーがなかったんだ。 あなたは、勉強はできたかもしれないけれども、基本的な部分で盲目であった。 いいかえれば、あなたはまだ、アヌンナキを超えていくプロジェクトには、参加できない。
つまり、[人生の目標設定からしてクソ]というのが、あなたの人生だったんだ。 その[敗因]というのは、アヌンナキ、あるいは、その分身である親御さんの支配の内側で人生の目標設定をしてしまったからなんだよ。 実際には、[この親は頭が狂っている][この世の中の人々は頭が狂っている]と直感できるのが、普通の人間なんだよ。 ところが、あなたは[頭の狂った親が正しい]というふうな座標の取り方で、自分の信念体系を構築してしまった。 したがって、あなたは、自分の信念体系をぶっ壊す必要があるんだね。 そのために、コロナワクチン接種によって死亡する、という人生を揺るがす体験をしているわけなんだよ。
結局、この世の中の目標設定が、[GDPの成長率を維持すること]にあり、それは地球人を支配していたドラコニアン、レプティリアンが設定した目標なんだよ。 それは結果として、[地球=ガイア]や[地球上の他の生命体]を破壊し犠牲にしながら、いいかえれば、環境を破壊しながら、豊かさを享受していくという、悪魔の道なんだ。 その悪魔の道に加担してきたのが、世の中を支えている、[真面目に生きている、実際には、頭の狂った人たち」だったのだということになる。 自分が[頭の狂った人間]であることに気づくのは難しい。 自分が否定されると、エゴが抵抗するからね。 そのエゴの抵抗をひねり潰してでも、改心する機会として、[コロナワクチン接種をして死亡する]という、インパクトのある体験が与えられている。 悪魔は悪魔で、私たちに気づきと学び、成長・進化を与えてくれている側面があるんだよ。
その目標を、無闇に肯定して、[自分のおカネの取り分を増やそう][そのために勉強を頑張ろう][そのために仕事を頑張ろう]と思って、真面目に生きていたあなたは何だったのか?  [前提に対する健全な疑いをもたない、頭脳なき頑張り屋さんが、悪魔の悪事を実行するプロジェクトに利用され、悪徳の支えに加担させられてきた]ような、そんなあなただったのだ。 あなたは、悪魔に踊らされてきた奴隷にすぎなかったんだ。 悲しい人生だったんだよ。 もちろん、私の過去世にもにも、悲しい人生がいくつもあったのだと思う。 悲しい人生をたくさん経験すれば経験するほど、魂は大きく深みのある状態へと成長・進化していくらしい。 魂はそれぞれに、悲しい人生をたくさん経験して、豊かな感性、あるいは、叡智を獲得していくんだ。 失敗こそは宝であり、失敗こそは、気づきと学び、成長・進化の原材料である。 したがって、マクロ的に見れば、すべては順調に推移しているので、思いっきり生きて、思いっきり死んでいけばいいのである。
しかし悪魔にまんまと踊らされてきたのは、医療従事者ばかりでなく、私たちも同様だ。 餌付けされた犬? 餌付けされたイルカ? そういう人類のありようだったんだね。
[他者の命を奪うコロナワクチン接種である件]について、医療に携わる者として、もっと真剣に考えて欲しい。
結論から言えば、医師も看護師も、職場を放棄して、コロナワクチン接種を停止すれば、このパンデミーは停止する。 それは、このパンデミーが、コロナワクチンがもたらす、スパイクタンパク過剰産生症候群のパンデミーだからだ。 コロナワクチン接種を[真面目にしっかりと終えた人]こそが、悪魔のトラップにかかり、[感染源である人間]になってしまっているのだ。 コロナワクチン接種を終えた人が感染源となり、スパイクタンパク過剰産生症候群のパンデミーが発生している。 それを[コロナの感染拡大]というふうに、嘘を報道しているのがマスコミである。 これはコロナというよりは、ワクチンに感染しているのだ。
もうすぐ一時金が振り込まれるらしい。 医療従事者で、コロナワクチン接種を受けていない人は、もう抜け出してよいと思う。

PowerPoint プレゼンテーション - 210809081456-6110657075992.pdf


<12~15歳のお子様の保護者の方へ>
新型コロナワクチン予防接種についての説明書

新型コロナワクチンの接種対象となっている12~15歳のお子様の保護者の方へ
◎接種させる場合には、予診票の署名欄に、保護者の氏名を署名してください。接種を希望されない場合には、自署欄に
は何も記載しないでください。予診票に保護者の署名がなければ予防接種は受けられません。
◎中学生以上のお子様への予防接種については、接種医療機関(接種会場)が認める場合(※)には、保護者がこの説
明書を読み、予診票に保護者の方が自ら署名することによって、保護者の同伴がなくても、お子様は予防接種を受けること
ができます。
(※)保護者の同伴が必要ない旨の案内をしている場合に限ります。案内をご覧になるか、予約時にご確認ください。
◎保護者の同伴なしに接種する場合には、予診票の「電話番号」記載欄には、緊急連絡先(予診や接種の際に、必ず保
護者の方と連絡のつく電話番号)を記載してください。
◎疑問などがあれば、あらかじめ、国や市町村からの情報をご覧いただくか、かかりつけ医やお住まいの市町村などに確認し、
納得したうえで、ご判断をお願いします。

新型コロナウイルスワクチン接種について
本ワクチンの接種は国と地方自治体による新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)ワクチン接種事業の一環として行われます。本ワク
チンの接種は公費対象となり、希望者は無料で接種可能です。なお、本ワクチンは 12 歳以上の方が対象です。

ワクチンの効果と投与方法
今回接種するワクチンはファイザー社製のワクチンです。新型コロナウイルス感染症の発症を予防します。
本ワクチンの接種を受けた人は、受けていない人よりも、新型コロナウイルス感染症を発症した人が少ないということが分かっています。
(発症予防効果は約 95%と報告されています。)
販売名 コミナティⓇ筋注
効能・効果 SARS-CoV-2 による感染症の予防
接種回数・間隔 2回(通常、3週間の間隔) ※筋肉内に接種
接種対象 12 歳以上(12 歳未満の人に対する有効性・安全性はまだ明らかになっていません。)
接種量 1回 0.3 mL を合計2回
 1 回目の接種後、通常、3 週間の間隔で 2 回目の接種を受けてください。(接種後 3 週間を超えた場合は、できるだけ速やかに
2 回目の接種を受けてください。)
 1 回目に本ワクチンを接種した場合は、2 回目も必ず本ワクチン接種を受けてください。
 本ワクチンの接種で十分な免疫ができるのは、2回目の接種を受けてから7日程度経って以降とされています。また、感染を完全
に予防できる訳ではありません。ワクチン接種にかかわらず、適切な感染防止策を行う必要があります。

予防接種を受けることができない人
下記にあてはまる方は本ワクチンを接種できません。該当すると思われる場合、必ず接種前の診察時に医師へ伝えてください。
 明らかに発熱している人(※1)
 重い急性疾患にかかっている人
 本ワクチンの成分に対し重度の過敏症(※2)の既往歴のある人
 上記以外で、予防接種を受けることが不適当な状態にある人
(※1)明らかな発熱とは通常 37.5°C以上を指します。ただし、37.5°Cを下回る場合も平時の体温を鑑みて発熱と判断される場合はこの限りでは
ありません。
(※2)アナフィラキシーや、全身性の皮膚・粘膜症状、喘鳴、呼吸困難、頻脈、血圧低下等、アナフィラキシーを疑わせる複数の症状。

予防接種を受けるに当たり注意が必要な人
下記にあてはまる方は本ワクチンの接種について、注意が必要です。該当すると思われる場合は、必ず接種前の診察時に医師へ伝え
てください。
 抗凝固療法を受けている人、血小板減少症または凝固障害のある人
 過去に免疫不全の診断を受けた人、近親者に先天性免疫不全症の方がいる人
 心臓、腎臓、肝臓、血液疾患や発育障害などの基礎疾患のある人
 過去に予防接種を受けて、接種後 2 日以内に発熱や全身性の発疹などのアレルギーが疑われる症状がでた人
 過去にけいれんを起こしたことがある人
 本ワクチンの成分に対して、アレルギーが起こるおそれがある人

(うらへ続く)
ファイザー社 ワクチン用
(2021 年8 月)

妊娠中、又は妊娠している可能性がある人、授乳されている人は、接種前の診察時に必ず医師へ伝えてください。
本剤には、これまでのワクチンでは使用されたことのない添加剤が含まれています。過去に、薬剤で過敏症やアレルギーを起こしたことの
ある人は、接種前の診察時に必ず医師へ伝えてください。

接種を受けた後の注意点
 本ワクチンの接種を受けた後、15 分以上(過去にアナフィラキシーを含む重いアレルギー症状を起こしたことがある方や、気分が悪
くなったり、失神等を起こしたりしたことがある方は 30 分以上)、接種を受けた施設でお待ちいただき、体調に異常を感じた場合に
は、速やかに医師へ連絡してください。(急に起こる副反応に対応できます。)
 注射した部分は清潔に保つようにし、接種当日の入浴は問題ありませんが、注射した部分はこすらないようにしてください。
 通常の生活は問題ありませんが、当日の激しい運動等は控えてください。

副反応について
 主な副反応は、注射した部分の痛み(※1)、頭痛、関節や筋肉の痛み、疲労、寒気、発熱等があります。また、まれに起こ
る重大な副反応として、ショックやアナフィラキシーがあります。なお、本ワクチンは、新しい種類のワクチンのため、これまでに明らか
になっていない症状が出る可能性があります。接種後に気になる症状を認めた場合は、接種医あるいはかかりつけ医に相談しま
しょう。
(※1)接種直後よりも翌日に痛みを感じる方が多いです。接種後1週間程度経ってから、痛みや腫れなどが起きることもあります。
 ごく稀ではあるものの、ワクチン接種後に軽症の心筋炎や心膜炎が報告されています(※2)。接種後数日以内に胸の痛みや動
悸、息切れ、むくみ等の症状が現れたら、速やかに医療機関を受診してください。
(※2)1 回目よりも 2 回目の接種の後に多く、若い方、特に男性に多い傾向が見られます。


予防接種健康被害救済制度について
予防接種では健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が起こることがあります。極めてまれではあるものの、なくすことができ
ないことから、救済制度が設けられています。
新型コロナワクチンの予防接種によって健康被害が生じた場合にも、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受
けられます。申請に必要となる手続きなどについては、住民票がある市町村にご相談ください。


新型コロナウイルス感染症について
SARS-CoV-2 による感染症が発症すると、熱や咳など風邪によく似た症状がみられます。軽症のまま治癒する人も多い一方、重症化する
と、呼吸困難などの肺炎の症状が悪化し、死に至る場合もあります。

今回接種する新型コロナウイルスワクチン(ファイザー社製のワクチン)の特徴
本剤はメッセンジャーRNA(mRNA)ワクチンであり、SARS-CoV-2 のスパイクタンパク質(ウイルスがヒトの細胞へ侵入するために必要な
タンパク質)の設計図となる mRNA を脂質の膜に包んだ製剤です。本剤接種により mRNA がヒトの細胞内に取り込まれると、このmRNA を
基に細胞内でウイルスのスパイクタンパク質が産生され、スパイクタンパク質に対する中和抗体産生及び細胞性免疫応答が誘導されることで、
SARS-CoV-2 による感染症の予防ができると考えられています。

本剤には、下記の成分が含まれています。
有効成分  トジナメラン(ヒトの細胞膜に結合する働きを持つスパイクタンパク質の全長体をコードする mRNA)
添加物  ALC-0315:[(4-ヒドロキシブチル)アザンジイル]ビス(ヘキサン-6,1-ジイル)ビス(2-ヘキシルデカン
酸エステル)
 ALC-0159:2-[(ポリエチレングリコール)-2000]-N,N-ジテトラデシルアセトアミド
 DSPC:1,2-ジステアロイル-sn-グリセロ-3-ホスホコリン
 コレステロール
 塩化カリウム
 リン酸二水素カリウム
 塩化ナトリウム
 リン酸水素ナトリウム二水和物
 精製白糖


引用元: 000788329.pdf

いつまで続くの この生活!!

[カルマ]の意味について[魂の探求課題]などと解釈する説もある|しかし従来通りの解釈である、[カルマ]を[借金][ツケ]と解釈するのでかまわないと思う|[債権も債務も相殺そうさいされて差し引きゼロになった状態]が[合い]≒[愛]の状態なのだと思う|[貸しもつくらず、借りもつくらない、公平な生き方]を保つことが、宇宙にゆがみを与えない生き方なのだと思う|DSや金融カバルが激しく抵抗しているのは、ツケを払う時期が来ているのに、それを怖がっているからだ|[真正面からツケを払うと腹をくくる]ことができたDSや金融カバルは、救われたのだと思う|しかし逃げ回っているDSや金融カバルは、それなりの報いを受けるのだと思う

[気の強い人]≒[エネルギーの強い人]に対しては、ハッキリ言って、目を覚まさせる必要がある。


[気の弱い人]≒[エネルギーの弱い人]に対しては、ハッキリ言うと、恐怖と不安で動けなくなったり、意気銷沈したりする。
[コロナワクチン接種]について、[打ったら死ぬぞ]というハッキリとした警告を行なうと、[コロナワクチン接種を受ける前の人]にとっては有益な警告となるであろう。 他方、[コロナワクチン接種を受けた後の人]にとっては[打ったら死ぬぞ]という言葉が、死亡宣告のようになってしまう。
[誰に対しても有効で無害な理想の警告]というものは、この場合、存在しないと思う。 コロナワクチン接種を受けるごとに、免疫力が減じられるので、受ける回数の多さに比例して、死亡のリスクが高まる。 つまり1回目の接種でストップしていれば、助かる確率もあるだろう。 2回受けたら、かなりギリギリだと思う。 3回目〔ブースターショット〕を受けたらアウトだと思う。 いずれにしても、松葉茶などで回復する手立てを講じるしかない。
[打ったら死ぬぞ]という言葉は、事実を忠実に描写しており、この情報それ自体は中立である。 [打ったら死ぬ]という[中立である情報]は、事実である。 遅かれ早かれ、すべての人々が事実と向き合う必要が出てくる。 ごまかしても仕方がない。 事実を早く知り、余命をいかに有意義なものにするか。 そちらにフォーカスするのがよい。 コロナワクチン接種を受けていなくても、余命というものはある。 早いから遅いかだけの差にすぎない。
大切な視点は、[死ぬ]ことを[恐怖][失敗][敗北][転落]などと、ネガティブなかたちに評価する、そのジャッジメントに問題があるのかもしれない。 そういう疑問の持ち方である。
オメガはアルファである。 つまり、終わりは始まりである。 いいかえれば、死は誕生の前提である。 お母ちゃんのおまたから私たちが飛び出してきたのは、その前に死があったからだよね?  死と誕生は表裏だよね? 
だったら、誕生を祝い、死を悲しむというのは、おかしいだろ?  この[死を恐怖させる][死を悲しませる]という価値観それ自体、闇の洗脳なんだよ。 コロナワクチン接種を受けて死んだって、また別の惑星に生まれ変わって、そこで魂の学びを続けて、やがては、地球に残る人たちと合流するときがくるんだ。 地球に残っても、この一生のタイムリミットはあるわけだし、その先の生まれ変わりが、地球であるとは限らない。 [生まれた天体]に帰る魂もいるだろうし、地球のアセンションを助けるために、いったん身体を脱いで、地球人の子供として生まれ変わることもあるだろう。
死は悲しみではないし、今回、コロナワクチン接種を受けて、たとえ命を落としたとしても、それは、その魂が次なる誕生へとたどり着くための前提条件になっているのだということを思い起こそう。
生まれ変わるためには、死ななければならない。 その魂のその死に方が、どうであろうとも、そこに私たちの観念でジャッジメントを加えるのは、適切ではないと思う。 その魂が、次の誕生のために肉体を脱いだ。 そのことを受容し、お礼を述べて、快く送り出して差し上げるのが、私たちのできる最大限のことである。