[もくじ]を見るor閉じる

闇側が私たちに最も気づいてほしくない内容は、[私たちそのものが救世主なのだという件]とくに[日本人そのものが救世主なのだという件]である

自分なりに、文言を作って、繰り返し唱えてください。 実例を示します。 こういう文言を、自分なりに作って、自分の潜在意識に、あるいは、自分のオーラに、あるいは、自分の細胞に、自分のチャクラに、響かせて、言い聞かせてください。 これを読経のようにして、毎日・毎日、ことあるごとに唱えて、私たちの集合意識に響かせていきましょう。 必ず現実に変化が表れると思います。 これは、あまりにも強力なので、悪いことには使わないでください。 例えば、[悪の滅亡]を願わないでください。 悪との縁を絶ち切り、水に流し、そこを立ち去るだけで、悪は自滅しますので、心配はありません。 便器に落とした自分のクソを、手でつかむバカがどこにいますか?  自分のクソとの縁を絶ち切り、水に流し、そこを立ち去るだけで、自分のクソは自滅しますので、心配はありません。 悪への対処は、便所でクソをするのと同じです。

私は、悪魔によって洗脳・支配・コントロールされてきた歴史を、いまここで終わりにします。
悪魔による支配は終わりました。
私は自由です。
地球よ、宇宙よ、生きとし生けるものたちよ、ありがとうございます。
ようやく私たちが自由に生きることができる時代が訪れました。
ありがとうございます。

過去も・未来も[いまここ]で自分が決意・決断・決定・意図・覚悟・本気モードへの切換をすれば、すべて書き換えられる|じつは、この次元に身を置く人間という存在の現実創造能力はすさまじいので、この次元でないところからの妨害は、すべてくつがえせる

  • [前世〔過去世・過去生〕][来世〔未来世・未来生〕]などは、[いまこの瞬間・ここという場所]で自分が決意・決断・決定・意図・覚悟・本気モードへの切換をすれば、すべて書き換えられる。
  • 宇宙人は、[でっち上げられた・ありもしない前世〔過去世・過去生〕][でっち上げられた・ありもしない来世〔未来世・未来生〕]などを、簡単に作り出し、私たちに埋め込むことができる。
  • 宇宙には、[タイムラインのつなぎ替え]という現実編集技術があるらしい。
  • ある魂が人生で選択できる[タイムライン]には、何千・何万という[選択の余地]があるらしい。
  • この何千・何万という[選択の余地]のうち、闇の存在たちは、[最悪の選択肢]を私たちに埋め込むことで、私たちの運命を操作しているようだ。
  • しかし、気づきさえすれば、心配はない。問題なのは、操作されていることに気づかず、流されるままに人生を生きてしまった結果、闇側の思う壺にはまることである。
  • [ボーッと生きている場合じゃねぇぞ。支配コントロールされていることに、しっかりと気づけよ]ということである。
  • 結局、私たちが生きている量子論的世界では、その魂が行なった選択によって、その先の選択肢が生成される、【ノード型ロールプレイイングゲームズ】のような感じであるらしい。
  • それから、[宇宙外][全宇宙]といった空間の設定も、おそらくは、物理的な世界が実際に存在するというよりは、VR〔仮想現実〕として、そういう世界を設定しているだけではないかと思う。
  • つまり私たちは、巨大なVR〔仮想現実〕システムの中で人生を生きているだけなのであって、生も死も、すべて仮想現実の中の出来事なので、淡々と生きればいいのであろうと推定される。
  • そして、この仮想現実の中では、この次元に身を置く私たちの決意・決断・決定・意図・覚悟・本気モードへの切換のほうが圧倒的に強いため、自分さえしっかりしていれば、闇の存在たちによる[タイムラインのつなぎ替え]を回避することができる、という設定になっているようだ。
  • [自分軸を確立することが重要だ]といわれる。
  • [自分軸を確立することが重要だ]とは、つまり、[主体者としての自分]を自覚して、自分の人生を、けっして

宙船 TOKIO 歌詞付


  • コロナワクチン接種を簡単に受けてしまった人たちは、闇の存在たちによる、最悪の人生へ向けての誘導に、簡単に引っかかってしまったおバカさんということになる。 悪魔に自分の運命を預けるバカが、どこにいるのですか? 
  • 自分軸をしっかりもつこと。それは、コロナワクチン接種を受けないとか、自民党をぶっ潰すためにしっかり投票に行くとか、不法滞在の外国人を通報するとか、私たち自身が、人任せでない、自分作り・国作りを始めるということを意味する。
  • [インナーチャイルド]というものは、存在しないらしい。
  • [インナーチャイルド]というものは、闇の宇宙人が、現実編集技術を使って、私たちの過去・過去世のタイムラインに勝手に埋め込んだ[ニセの過去・過去世]であるようだ。
  • [インナーチャイルド]についても、[いまこの瞬間・ここという場所]で自分が決意・決断・決定・意図・覚悟・本気モードへの切換をすれば、すべて書き換えられる。
  • [インナーチャイルド]のセラピーなどをして金儲けをしているスピリチュアリストは、結局、悪魔と手を組んで、悪魔の手助けをしていることになるようだ。
  • 過去・過去世をチマチマ分析して、浄化とか、お祓いとか、そういうことをしても、ぜんぶ処理できるわけがねぇだろ? ちったぁ、頭使えよ! 
  • 過去・過去世というものは、[そんなものはなかった][過去・過去世を切り離します]と[いまこの瞬間・ここという場所]で自分が決意・決断・決定・意図・覚悟すれば、すべて切断される。
  • 当然、[過去・過去世のトラウマ]についても、[そんなものはなかった][過去・過去世を切り離します]と、[いまこの瞬間・ここという場所]で自分が決意・決断・決定・意図・覚悟すれば、すべて切断される。
  • 要するに、過去・過去世というもの、あるいは、未来・未来世といものには、HDDを[0x00]で上書きして全消去するような感じで対処するらしい。
  • つまり、上書きの権利は、私たち自身にあるのだから、クソ宇宙人が勝手にでっち上げた過去・過去世/未来・未来世というものを、[いまこの瞬間・ここという場所]で自分が上書きして、変えてしまうことができるのだ。
  • テレビ・マスコミ・インターネットにおける洗脳・言論統制は、この[いまこの瞬間・ここという場所]で自分が上書きして、変えてしまうことができる、という事実から、私たちの意識をそらすためのスピン情報である。
  • とくに日本人は、総じて現実創造能力が高いので、私たちが[自分の人生][日本の行く末]にかんして、力強い未来ビジョンをしつこく何度も上書きしていけば、悪魔とは別の波動領域に、知らぬ間に私たちは飛んでいるだろう。
  • この次元に身を置く私たちのほうが、上書きする力が強いため、簡単に上書きできる。
  • この次元に身を置く私たちの[上書き特権]に気づくことが、今後の私たちの未来、日本の未来を、劇的に改善する鍵となってくる。
  • そのために大切なことは、過去・過去世との決別だ。捨てちまえ!