[もくじ]を見るor閉じる

▼もくじ▼

▲もくじ▲

小学校へ入学するキミへ|ヨドバシで三菱鉛筆ナノダイヤ鉛筆の2BとBのピンクが安売りになっているよ|男の子だってピンクを使っていいんだよ

現実生活では、鉛筆を導入せざるを得ない。 そうやって、世間の常識に合わせているフリをして、芝居をしなきゃならん場合もあるだろう。 面従腹背で世渡りすることもまた、知恵の1つだ。

下記の2モデルが値下げになっている。

三菱鉛筆 MITSUBISHI PENCIL K69072B [ナノダイヤ鉛筆 6角 NDH ピンク 2B]
三菱鉛筆 MITSUBISHI PENCIL K6907B [ナノダイヤ鉛筆 6角 NDH ピンク B]

ヨドバシがこうやって値下げするときは、ヨドバシでは終売になることもあるよ。 ヨドバシは、予定数を売り切ったら終売にすることがある。

ナノダイヤ鉛筆の2Bをセリアで買って試してみたよ。 [軽く書いても濃くハッキリ書ける][ふうつの鉛筆よりも芯が折れにくい][やや高価である]というのが特徴だ。 ナノダイヤ鉛筆は、筆圧が弱い低学年の児童にとっては、かなりおすすめの鉛筆だよ。 でも、ちょっと高いよね。


ナノダイヤ鉛筆のような、こういう高級な鉛筆を使うのは、入学当初だけだよ。 ふだんの勉強で鉛筆を使うのだったら、もうちょっと価格の低いモデルを使って、倹約しなければならない。 おカネがあるから、たくさん使っていい、ってことじゃないよ。 鉛筆なんぞよりも、有意義なおカネの使い方があるから、おカネを使うのだったら、もっと頭のいい使い方をしなよ、ってことだよ。

同価格帯である[トンボ鉛筆 8900]と[三菱鉛筆 9800]とを比較した場合、[トンボ鉛筆 8900]の芯にはガリガリが入っており、[三菱鉛筆 9800]の芯にはガリガリが、あまり入っていない。 [トンボ鉛筆 8900]と[三菱鉛筆 9800]との二者択一なら、[三菱鉛筆 9800]のほうがおすすめだよ。 そのことを反映したのか、同価格帯といえども、[トンボ鉛筆 8900]はより安く、[三菱鉛筆 9800]は少し高く売られている。 したがって、[トンボ鉛筆 8900]と[三菱鉛筆 9800]とを比較した場合、実質的には[三菱鉛筆 9800]のほうが格上だね。

三菱鉛筆 ユニ・ユニスター・ハイユニのちがいは? 【文房具レビュー】 | 伊原彩の科学瓦版

三菱鉛筆では、[9800]→[9000]→[ユニスター]→[ユニ]→[ハイユニ]という序列〔右側にいくほど上位モデル〕になっている。

[トンボ鉛筆 8900]は[三菱鉛筆 9800]の左側である。

右側にいくほど[ガリガリが少ない][芯の減りが少ない][書き味はなめらか・きめ細やかで粘りすら感じる]ということになっている。

[三菱鉛筆 9800]とその上位にあたる[三菱鉛筆 9000]の価格差は小さい割に、[三菱鉛筆 9000]は1ランク上のガリガリの少なさをもつ。 [三菱鉛筆 9000]を安く買うのがおすすめの妥協案であろう。

さらに、ヨドバシやAmazonを見渡して、[三菱鉛筆 9000]と[三菱鉛筆 ユニスター]を比較して、価格差が小さければ、[三菱鉛筆 ユニスター]を選んでもいいと思う。

[ユニ]になると、お値段がグンと跳ね上がる。 アニメーターがよく使っているのは[三菱鉛筆 ユニ]だけれども、勉強で常用するには高すぎる。 Amazonの[ユニ]のレビューに、アニメーターで[三菱鉛筆 ユニ]と[三菱鉛筆 ユニスター]との違いがあまりないような文言があった。

普段使いの最高峰が[三菱鉛筆 9000]で、プロ用のエントリーモデルが[三菱鉛筆 ユニスター]であろう。 [三菱鉛筆 9000]と[三菱鉛筆 ユニスター]との価格差を見比べて、大差がなければ[三菱鉛筆 ユニスター]だ。

[三菱鉛筆 9000]と[三菱鉛筆 ユニスター]の安売りを狙い、安いときにまとめ買いするのが賢いと思う。

[三菱鉛筆 9800]の上位モデルが[三菱鉛筆 9000]なのだけれども、用意されている芯の柔らかさの範囲が違う。

[硬筆書写][アート系]で4B鉛筆が必要になったら、[三菱鉛筆 9000]を買うことになる〔9800には4Bがない〕。 しかし、[三菱鉛筆 9000]と[三菱鉛筆 ユニスター]との価格差を見比べて、そこまで価格差がなければ、[三菱鉛筆 ユニスター]でもいいと思う。

uni総合カタログ2022-2023
トンボ鉛筆総合カタログ2022/2023 | ebook5

銘柄 グレード 10H 9H 8H 7H 6H 5H 4H 3H 2H H F HB B 2B 3B 4B 5B 6B 7B 8B 9B 10B
三菱鉛筆ハイユニ 1980Grade 1980-HU10H 1980-HU9H 1980-HU8H 1980-HU7H 1980-HU6H 1980-HU5H 1980-HU4H 1980-HU3H 1980-HU2H 1980-HUH 1980-HUF 1980-HUHB 1980-HUB 1980-HU2B 1980-HU3B 1980-HU4B 1980-HU5B 1980-HU6B 1980-HU7B 1980-HU8B 1980-HU9B 1980-HU10B
トンボ鉛筆 モノ100 1980Grade
1980-MONO-1009H 1980-MONO-1008H 1980-MONO-1007H 1980-MONO-1006H 1980-MONO-1005H 1980-MONO-1004H 1980-MONO-1003H 1980-MONO-1002H 1980-MONO-100H 1980-MONO-100HB 1980-MONO-100F 1980-MONO-100B 1980-MONO-1002B 1980-MONO-1003B 1980-MONO-1004B 1980-MONO-1005B 1980-MONO-1006B



三菱鉛筆 ユニ 1320Grade
1320-U9H 1320-U8H 1320-U7H 1320-U6H 1320-U5H 1320-U4H 1320-U3H 1320-U2H 1320-UH 1320-UF 1320-UHB 1320-UB 1320-U2B 1320-U3B 1320-U4B 1320-U5B 1320-U6B



三菱鉛筆ユニ
紙箱
1320Grade







1320-UKN2H 1320-UKNH
1320-UKNHB 1320-UKNB 1320-UKN2B







トンボ鉛筆 モノ 1320Grade



1320-MONO-6H 1320-MONO-5H 1320-MONO-4H 1320-MONO-3H 1320-MONO-2H 1320-MONO-H 1320-MONO-F 1320-MONO-HB 1320-MONO-B 1320-MONO-2B 1320-MONO-3B 1320-MONO-4B 1320-MONO-5B 1320-MONO-6B



三菱鉛筆ユニスター 0792Grade







0792-US2H 0792-USH
0792-USHB 0792-USB 0792-US2B 0792-US3B 0792-US4B





三菱鉛筆ユニスター
紙箱
0792Grade










0792-USKNHB 0792-USKNB 0792-USKN2B







ナノダイヤえんぴつ 6906 青 0792Grade







2H



0792-K69062B







ナノダイヤえんぴつ 6907 ピンク 0792Grade












0792-K69072B







ナノダイヤえんぴつ 6901 青 0792Grade











0792-K6901B 0792-K69012B







ナノダイヤえんぴつ 6902 ピンク 0792Grade











0792-K6902B 0792-K69022B







トンボ鉛筆 モノR 0792Grade







0792-MONO-R2H 0792-MONO-RH
0792-MONO-RHB 0792-MONO-RB 0792-MONO-R2B 0792-MONO-R3B 0792-MONO-R4B





トンボ鉛筆 モノRS
〔紙箱〕
0792Grade







0792-MONO-RS2H 0792-MONO-RSH
0792-MONO-RSHB 0792-MONO-RSB 0792-MONO-RS2B 0792-MONO-RS3B 0792-MONO-RS4B
0792-MONO-RS6B



三菱鉛筆9000 0660Grade










0660-K9000HB 0660-K9000B 0660-K90002B 0660-K90003B 0660-K90004B





トンボ鉛筆 モノJ 0660Grade





0660-MONO-J4H 0660-MONO-J3H 0660-MONO-J2H 0660-MONO-JH
0660-MONO-JHB 0660-MONO-JB 0660-MONO-J2B 0660-MONO-J3B






三菱鉛筆9800 0528Grade







0528-K98002H 0528-K9800H 0528-K9800F 0528-K9800HB 0528-K9800B 0528-K98002B







トンボ鉛筆 8900 0528Grade







0528-8900-2H 0528-8900-H 0528-8900-F 0528-8900-HB 0528-8900-B 0528-8900-2B







銘柄 グレード 10H 9H 8H 7H 6H 5H 4H 3H 2H H F HB B 2B 3B 4B 5B 6B 7B 8B 9B 10B

三菱鉛筆 9800
三菱鉛筆 9000
三菱鉛筆 ユニスター
トンボ鉛筆 8900

Amazonからヨドバシへ飛ぶ

Amazonで商品を検索したら、それがヨドバシにないかどうか、確認するためのブックマークレット。 ブラウザーのブックマークツールバーに、ドラッグ&ドロップして登録しておいてください。

ヨ品

6B[硬筆書写][アート系]

4B[硬筆書写][アート系]

三菱鉛筆 MITSUBISHI PENCIL ULN4B [ユニ替芯(N) 4B]
三菱鉛筆 MITSUBISHI PENCIL MH5004B [ユニホルダー MH-500 4B]
三菱鉛筆 MITSUBISHI PENCIL MH500NM [ユニホルダー MH-500 ノーマーク]
三菱鉛筆 MITSUBISHI PENCIL DPS6001P [ホルダー用ポケットシャープナー]

2B[硬筆書写][アート系][事務・学習]

三菱鉛筆 MITSUBISHI PENCIL ULN2B [ユニホルダー用 2.0mm 替芯(N) 2B]
三菱鉛筆 MITSUBISHI PENCIL MH5002B [ユニホルダー MH-500 2B]
三菱鉛筆 MITSUBISHI PENCIL MH500NM [ユニホルダー MH-500 ノーマーク]
三菱鉛筆 MITSUBISHI PENCIL DPS6001P [ホルダー用ポケットシャープナー]

B[硬筆書写][アート系][事務・学習]

三菱鉛筆 MITSUBISHI PENCIL ULNB ホルダー芯B
三菱鉛筆 MITSUBISHI PENCIL MH500B [ユニホルダー MH-500 B]
三菱鉛筆 MITSUBISHI PENCIL MH500NM [ユニホルダー MH-500 ノーマーク]
三菱鉛筆 MITSUBISHI PENCIL DPS6001P [ホルダー用ポケットシャープナー]

ツルッとした筆記具には松ヤニを薄く薄く塗ってグリップをよくする

molten モルテン RE 松やに 155g
Amazon.co.jp: ロジン 松脂 松やに 粉末 小塊 50g : ホビー健栄製薬 消毒用エタノールIP ケンエー 500ml [第3類医薬品 傷薬]

  • 松ヤニは、消毒用エタノールに溶け込むようなので、アトマイザー〔化粧用小型スプレー〕に消毒用エタノールと松ヤニを少量入れて攪拌し、その薄められた液を、ツルツルすべって握りにくい鉛筆に塗りつけると、滑り止め薬剤を塗ってある鉛筆〔グリッパー鉛筆〕を自作することができるでしょう。
  • 100均の化粧用容器のコーナーで、アトマイザー〔化粧用小型スプレー〕や少量のクリームを入れるネジ式のフタの付いた容器を買って、筆箱に松ヤニのクリームを入れておくのもいいと思います。
  • [強く握らなくていい]というだけで、筆記の疲労度が、だいぶ軽減されます。
  • 野球のピッチャーは、キャップのつばに松ヤニクリームを付けておき、指先に塗って、指先にボールがよく引っかかるようにしています。
  • 野球のバット、テニスのラケットなどのグリップ部分には、松ヤニスプレーをかけます。
  • 新庄剛志さんは、野球のグラブの手を差し込むところに、松ヤニスプレーをかけて、外野守備のときにグラブが落ちないようにしていたようです。 ベトベトですわな。 もちろん、素手でグラブを使うのではなく、なんとゴルフ用グラブを装着してから、野球のグラブを装着していたようです。

[すべらない][握力を無駄に使わない]uniユニ α-gelアルファゲルは[最も疲れにくい軸径]である[軸径:13.6mm]を採用している

ある研究の結果、[最も疲れにくい軸径]は、[軸径:13.6mm]前後だということがわかったようです。

ただし、子供の手で[軸径:13.6mm]が最も疲れにくいかどうかは、実験してみなければわかりませんし、個人による使用感の違いは、とても大きいでしょう。

しかし、アルファゲルがすべらないこと、とりわけ[やわらかめ]がすべらないことは、私が体験済みです。

たしかにアルファゲルの[やわらかめ]は、ホコリを集めますので、汚らしくなります。 しかし、マスキングテープの粘着力でホコリを取り去ればいいのです。 ホコリを集めるのは[やわらかめ]だけですよ。 そして、握力をほとんど使わなくて済むのが[やわらかめ]であることも事実です。

たしかにアルファゲルの[やわらかめ]は、使っているうちに黄ばんできます。 しかし、それは[やわらかめ]に限定されたことであり、【[やわらかめ]のうちアルファゲルのグリップの背景になっている色が黒のモデル】であれば、黄ばみは、まず目立ちません。

[SXN1000071P24]には、JETSTREAMの替芯も、ゲルインクボールペン用であるC300系の替芯も、両方とも適合しますし、握力をほとんど使わずに、ペンの重量を利用することで、筆圧もほとんどかけずに、筆記することができます。

何らかの身体的条件から、握力が弱くてペンが握りづらい人にとって、[SXN1000071P24]は、ふくいんなのです。

多くの児童が滑り止め薬剤を塗ってある鉛筆〔グリッパー鉛筆〕を好むのも、小学校低学年の児童は握力が弱いので、鉛筆を握りしめないと滑るわけですよ。

鉛筆が疲れるのは、汗で鉛筆が滑るのを、強く握って書こうとするからです。 手が疲れて勉強しなくなるわけです。 アホでしょ? 

アルファゲルを使った筆記具のように[すべらないから疲れない筆記具]を[大人の筆記具]として隠しておいて、子供には使わせないようにするのは、明らかに意地悪ですよね。

学校って、意地悪ですよ。 学校がコロナワクチン接種を強要するようになったら、学校なんかやめてください。

[新年〔2022年〕から、学校へ行かない]というのも、いいやり方です。 学校はすでに終わっています。

小学校・中学校は、学校へ行かなくても、児童・生徒本人の学齢に求められる、相応の学力が身についていることを学校長に対して証明できれば、卒業できます。

不登校でも、[英検][漢字検定]などを取得して証明書の写しを学校長に提出するなど、家庭学習によって、ちゃんとした学力が身についていることさえ証明できれば、学校へ行く必要はないのです。

自分で勉強して、立派な大人になっていく方法を、このサイトで紹介していきますので、学校は、やめても大丈夫です。

ぶっちゃけた話をしますよ。 塾・予備校の先生のほうが賢いので、学校の授業よりも、塾・予備校の授業を中心に勉強していくのが得策です。

また、さらにぶっちゃけると、塾・予備校の先生よりも、学習参考書を書いている著者のほうが賢いので、学習参考書を使って、自学自習を進めていくのが得策です。 このとき、漢字力が弱いと、学習参考書による自学自習に支障を来します。 だから常用漢字を早期に学び終える必要があるわけです。

教えるのがヘタな先生から身を守るために、漢字力を高めて、学習参考書による自学自習をできるだけ早期に開始できるよう、児童・生徒に[自学自習の底力]をつけさせる。 これが教育の第一の役割です。 ってか、それ以上、児童・生徒を束縛してはなりません。

教育とは、[学習・勉強における【ひとりだち】を助ける]だけの役割しか果たしてはならないのです。 【ひとりだち】を遂げた子については、干渉しないことです。 それは[愛を背景とした不干渉]であり、[自由意志を最大限に尊重すること]=[個人の尊厳を最大限に尊重すること]です。

その魂の[スピリチュアルな旅路〔ジャーニー〕]は、その魂自身と、[彼・彼女のハイヤーセルフ]との、内的な問題なのです。 そこへ外部から干渉することは、宇宙のルール違反です。

学習・勉強というものは、個々人の内的な意欲と、個々人の内的な興味・関心の方向性によって、自由意思を尊重しながら行われるべきです。

[じぶんでまなんでいける子]をつくるために、漢字力を早期に身につけさせる。 これが、子供の尊厳を最大限に尊重するやり方です。

[学校]と[塾・予備校]との二重学習を防止する措置として、希望者は学校の授業を欠席してもとがめを受けない制度を開始する必要があるでしょう。 結果として、[学校]へ行く児童・生徒はいなくなり、[学校]は崩壊するでしょう。

ふく殿でんである[学校]は崩壊するのが、その運命であり、その運命は宇宙的に見て適切だと私は判断しています。


学校や役所の中には、魂を抜かれた〔AI化された〕ロボットみたいな人間がたくさん混ざっています。

彼らはすでに人間ではなくなっています。

学校をやめる意味は、そういうAI化されたヒューマノイド型ロボットに操られないようにする点に、本当の狙いがあるのです。

現在の小学児童は、大半がスターシードであり、AI化されたヒューマノイド型ロボットである先生を見抜いています。

現在の小学児童が、[学校をやめたい]と言い始めたら、不登校を応援してください。

シャープペンシル

M5-858GG 1P●機 構:ノック式、クルトガエンジン搭載●サイズ:軸径φ13.1×厚さ17.2×全長139.8mm●重 量:20.6g

ユニ アルファゲル <クルトガエンジン搭載タイプ>|ユニ アルファゲル <クルトガエンジン搭載タイプ>|三菱鉛筆株式会社
M5-858GG 1P

M5-809GG 1P●機 構:ノック式●サイズ:軸径φ10.8×厚さ14.3×全長146.8mm●重 量:13.5g

ユニ アルファゲル<スリムタイプ:かため> |ユニ アルファゲル<スリムタイプ>|三菱鉛筆株式会社
M5-809GG 1P

M3-807GG 1P●機 構:ノック式●サイズ:軸径φ10.8×厚さ14.3×全長146.8mm●重 量:13.5g

ユニ アルファゲル<スリムタイプ:やわらかめ> |ユニ アルファゲル<スリムタイプ>|三菱鉛筆株式会社
M3-807GG 1P

M5-807GG 1P●機 構:ノック式●サイズ:軸径φ10.8×厚さ14.3×全長146.8mm●重 量:13.5g

ユニ アルファゲル<スリムタイプ:やわらかめ> |ユニ アルファゲル<スリムタイプ>|三菱鉛筆株式会社
M5-807GG 1P

M5-619GG 1P●機 構:ノック式、シャカシャカ機構●サイズ:軸径φ13.6×厚さ15.9×全長144.6mm●重 量:17.4g

ユニ アルファゲル<シャカシャカ機構搭載モデル:かため> |ユニ アルファゲル<シャカシャカ機構搭載モデル>|三菱鉛筆株式会社
M5-619GG

M5-618GG 1P●機 構:ノック式、シャカシャカ機構●サイズ:軸径φ13.6×厚さ15.9×全長144.6mm●重 量:17.4g

ユニ アルファゲル<シャカシャカ機構搭載モデル:ややかため> |ユニ アルファゲル<シャカシャカ機構搭載モデル>|三菱鉛筆株式会社
M5-618GG

M5-617GG 1P●機 構:ノック式、シャカシャカ機構●サイズ:軸径φ13.6×厚さ15.9×全長144.6mm●重 量:17.4g

ユニ アルファゲル<シャカシャカ機構搭載モデル:やわらかめ>|ユニ アルファゲル<シャカシャカ機構搭載モデル>|三菱鉛筆株式会社
M5-617GG

JETSTREAMないしはC300系ゲルインクボールペン

SXN-1000-07 1P●機 構:ノック式●サイズ:軸径φ13.3×厚さ12.9×全長141.7mm●重 量:21.0g

ジェットストリーム アルファゲルグリップ|ジェットストリーム アルファゲルグリップ|三菱鉛筆株式会社
SXN-1000-07

これから小学生になるキミへ|小学生のキミへ

文部科学省が児童〔小学校の学生〕において身につけてもらいたいと思っている【[とめ・はね・はらい]をしっかり身につける】ために使う筆記具は、 [すみふで] [筆ペン] [筆ペン的な穂先の柔らかいサインペン] [ペン先の柔らかい万年筆〔カリグラフィーペン≒特殊な万年筆〕]など、 [筆圧を変化させることによって、あるいは、ペンの角度によって、線幅を自在に制御できる、インクを使用した筆記具]でないと難しいんだよ。

文部科学省は児童〔小学校の学生〕に[とめ・はね・はらい]を身につけさせたいようだけれども、[それは必要か?]といったら、あんまり必要ないんだ。

文部科学省は、[勉強の一環として文字を覚えること]と[カリグラフィー〔書道の海外版〕]や[レタリング]といった芸術分野とを、混同しているんだね。

  • [勉強の一環として文字を覚えること]:[表現手段としての文字]を覚え、実用的に使いこなすことを覚える。
  • [カリグラフィー〔書道の海外版〕]や[レタリング〔美しい文字をデザインする〕]といった芸術分野:文字の美しさそのものを追い求める。

例えば、私たちが作曲した内容を記録するとき、書いた楽譜が美しいことは、それほど必要ではない。 大切なのは、つくられた曲が美しいこと。 つまり、内容が大切なんだよ。

カシオペアのいっせいさんのように[シャープペン]でもいいし、 やましたたつろうさんのように[ボールぺんてる]でもいい。 とにかく、自分が書きやすい筆記具で音符をササッと書いておけば伝わるわけよ。

そして、DAWに楽譜を記録する機能もあるし、楽譜専用のソフトもある。 つまり、きれいな楽譜は、コンピュータでつくればいいんだ。

文字についても、そういう考え方でいいんだよ。 [美しい文字を書こう][美しいノートをつくろう]といった、美しさに対する過剰なこだわりは、勉強や表現といった、文字を使った内容への集中力を弱めてしまう面があるからね。

つまり、私たちが文字を使って記録する、あるいは、文字を使って表現する内容こそが大切なのであって、文字のうまさ、美しさというのは、それほど必要ではないんだ。

伝わらないほど崩れた文字ではマズいけれども、伝わる文字であれば、そこまで美しさは必要ない。

結局、[文字の美しさの追求そのものを自己目的化してはならない]ということなんだよ。

記号や文字は、伝わればいい。 それが記録の本質である。 必要以上の美しさを追求するよりも、記号や文字を使って表現されれる内容そのものに焦点を当てなさい。 これが大原則だということになる。

そういうことからすると、文部科学省の児童〔小学校の学生〕に[とめ・はね・はらい]を身につけさせたい、という考え方は、[手段の自己目的化]という、悪いパターンにおちいっているのだということになる。

誤った政策には、従ったり、協力したりする必要はないんだからね。

いちばん大切なのは、キミがどう判断し、何を選ぶか。 つまり、キミの自由意志こそが、最終的な権限をもっているのだから、自分でしっかり決める

文字が美しいことを重視するのも、キミの自由だ。


[鉛筆と消しゴムで勉強する]のも1つのやり方だと思う。

しかし、日本語は[漢字仮名交じり文]として表記されるのが標準的であり、漢字がものすごく多く使われる。 漢字はかくすうが多いので、漢字を小さく、しかし漢字をつぶさず正確かつ鮮明に書くことができる筆記具が必要となる。 それに最も向いているのはゲルインクボールペンである。

文字を速く書くコツは、当たり前だけれども、文字サイズを小さく書くことである。 ゲルインクボールペンを使うことによって、漢字を書くスピードが速くなる。 それはゲルインクボールペンの[線幅が狭い][線幅が一定である]という性質が原因して、文字を小さく、しかし文字をつぶさず正確かつ鮮明に書くことができるからである。

どうしても[消しゴムで消して訂正したい]ということであれば、鉛筆ではなく、シャープペンシルが適している。 しかし、小学校はどうしてもシャープペンシルを使わせたくないようだ。 何か利権が関係しているのであろう。

鉛筆は芯をテーパー状〔先細り状≒えんすいけい〕に削るので、書いているうちに、しだいに線幅が広く〔=線が太く〕なっていく。 線が太くなると、文字がつぶれて、文字が不正確・不鮮明になってしまう。 そうすると、そこから逆算して、文字を大きく書く必要がしょうじてくる。 そうすると、書くのが遅くなる。

つまり、鉛筆は[文字を書くとき、線がしだいに太くなるため、文字を大きく書かざるを得なくなり、書くのが遅くなる筆記具である]ということがわかる。 いいかえれば、鉛筆は時間・体力を無駄にする筆記具であるということだ。

他方、シャープペンシルの場合、シャープペンシルを適度に回転させて使わずに、一定方向にばかり芯を使っていると、芯を斜めにカットした形状に、芯が片減りしていく。

芯を斜めにカットした形状に、芯が片減りしていくことによって、芯径よりも線幅が広くなってしまう。

それは、長方形を[短辺に対して平行に]=[長辺に対して直角に]カットした場合、カットされた部分の長さが最小になること。 そして、長方形を[長辺に対して斜めに]カットした場合、カットされた部分の長さが最小値よりも長くなること。 それらを円柱で立体として考えた場合のことを言っているのである。

シャープ芯〔シャープペンシルの芯〕の片減りによって線幅が広くなることが、文字のつぶれを招くため、やむを得ず、文字を大きく書くことになってしまう。 これを防ぐために、シャープ芯は、適度に回転させながら、シャープ芯の先端部ができるだけ円錐形に近くなるようにして書いていく。

[シャープペンシルを適度に回転させる]ことを機械が自動で行なうシャープペンシルとして、三菱鉛筆のクルトガがあるけれども、私は芯にガタ/ブレを感じさせるクルトガの書き心地が好きではない。 したがって、ふつうのシャープペンシルを適度に回しながら、線幅を太くしないように書くのが、自分には合っていると思っている。 それに、クルトガは壊れやすいと思う。 まぁ、クルトガでもエントリー機種なら安いからいいけどね。

ほんらいなら[芯径:0.3mm]のシャープペンシルが理想だけれども、どんな[芯をガードするシステム]を使っても、どんな新素材でシャープ芯を製造しても、[芯径:0.3mm]のシャープ芯は、ポキポキ折れる。

[芯径:0.3mm]のシャープ芯は、ポキポキ折れるだけでなく、ものすごく高価で、コスパ〔コスト・パフォーマンス・レシオ=費用対効果〕が悪い。

結果として、多くの大衆が[芯径:0.5mm]のシャープペンシルに落ち着くことになる。

[芯径:0.5mm]のシャープペンシルでも折れやすいと思う人は、[芯径:0.7mm]のシャープペンシル、あるいは、[芯径:0.9mm]のシャープペンシルを使うようになる。


結局、[消しゴムで消して訂正したい]という要望が、そこまで強くはない[ふだんの勉強]においては、鉛筆やシャープペンシルを使う必然性はとても低い。

鉛筆やシャープペンシルは、コスパ〔コスト・パフォーマンス・レシオ=費用対効果〕が悪い。 ふだんの勉強にまで、シャープペンシルを消費するのは、もったいないと思う。

他方、ゲルインクボールペンは、たくさん書いても、思ったほどまでには減らない。

少なくとも、単位[筆記距離]あたりに要する費用を考えた場合、鉛筆やシャープペンシルと比べて、ゲルインクボールペンは、圧倒的にコスパが良い。

つまり、ゲルインクボールペンは、長い距離が書ける割に安上がりだということ。

つまり、鉛筆やシャープペンシルは、短い距離しか書けない割に割高だというと。

油性ボールペンになると、さらにコスパは良くなる。

つまり、油性ボールペンだと、単位[筆記距離]あたりに要する費用は、ゲルインクボールペンよりも安くなる。

けれども油性ボールペンは、[書き始めにかすれる][線の折り返しにインクだまり〔ボテ〕を落としやすい][ボテを手でこすってしまい、紙面や手が汚れる]といった弱点をもっている。

またゲルインクボールペンの筆跡はマット〔つや消し〕であり、視認性が高い。

他方、油性ボールペンの筆跡は、例えば、JETSTREAMだとムラサキ系統のグロス〔光沢〕仕上げの筆跡なので、視認性が低い。 要は、JETSTREAMは、その筆跡が黒ムラサキ色にテカるので、とても見づらい。

この[筆跡がテカって見づらい]という現象は、JETSTREAMだけでなく、油性ボールペンの筆跡に共通した弱点だ。 PILOTやZEBRAなら、黒青っぽくテカり、ZEBRAのほうが色が薄いとか、いろいろとクセがある。

なお、替芯のチップ〔先端部の銀色部分〕の直径は、三菱鉛筆とZEBRAでは共通しており、PILOTだけ太いので、適合しない。 PILOTは、通常粘度の油性ボールペンでも粘度が低く、サラサラ書けるけれども、チップが太いのでやっかいだ。

油性ボールペンの筆跡は、bLen/Surariのエマルジョンインクをも含めて、経年変化をほとんどしないZEBRAの油性ボールペンのインクが優秀である。 保存する必要のある書類なら、ZEBRAの油性ボールペンで書いておけば、ほぼ間違いない。

総合的に考えると、勉強のために大量の筆記を行なう場合、ゲルインクボールペンが最良の筆記具だといえる〔私の主観〕。

また保存しておくノートの場合、染料インクよりも顔料インクのほうが耐光性〔インクが光を受けたことによる色あせに対する耐性〕が高い。 この点で、ゲルインクボールペンの中でも、染料インクを使っているエナージェルは失格なんだね。

保存しておくノートの場合、ぺんてるハイブリッド、三菱鉛筆uni-ball SigNo、ZEBRAサラサ、PILOTジュースの中から選ぼう。 SAKURAボールサインは、ボールが回らなくなって書けなくなるなど、機械トラブルが多いから、あまりオススメできない。

なぜuni-ball SigNoを推奨しているのかというと、ゲルインクボールペンの中でuni-ball SigNoだけ、インクのにじみが少なくて、筆跡が鮮明だからである。

  • Pentelぺんてる Hybridハイブリッド〔水性顔料インク使用〕: ハイブリッドの軸は、[ノック式のハイブリッド]にかんしては生産終了になっているけれども、[キャップ式のハイブリッド]は根強い人気であり、現在でも生産中である。 [キャップ式のハイブリッドの替芯]だけでなく[ノック式のハイブリッドの替芯]も生産中である。 そして、ハイブリッドにかんしても、エナージェルと同様に、uni-ball SigNoよりもペン先のなめらかさ〔カリカリ引っかかる感じの少なさ〕がすぐれている。
  • Pentelぺんてる ENERGELエナージェル〔水性染料インク使用〕:uni-ball SigNoよりもペン先のなめらかさ〔カリカリ引っかかる感じの少なさ〕がすぐれている。 インクが速乾性〔高浸透性〕なので、にじみやすく、裏抜け〔紙面の裏面まで染み通る現象〕しやすい。 筆跡がどことなくにじんで、ぼかし〔ブラー〕をかけた印象になる。
  • uni-ballユニボール SigNoシグノ〔水性顔料インク使用〕:[RT1のなめらかチップ]以外では、ペン先のなめらかさ〔カリカリ引っかかる感じの少なさ〕は、エナージェルのほうが優秀だと私は思う。 ただし、uni-ball SigNoにおいて、カリカリ引っかかる感じは、[ボール径:0.38mm]ではやや感じられるものの許容範囲内であり、[ボール径:0.5mm]では、まったく感じられない。 uni-ball SigNoは、基本的に顔料インクを使用し、特殊なインク以外でも、紙面に浸透せずに表面で乾燥することで、にじみが少ないがゆえに、筆跡のきわがクッキリ鮮明である。 この筆跡の明瞭さが、uni-ball SigNoの場合、他社と比較して際立っている。 一般に、uni-ball SigNoが使用している水性顔料インクよりも、染料インクのほうが色鮮やかだとされる。 ただし、uni-ball SigNoは水性顔料インク使用でも、水性染料インク使用のエナージェルに匹敵するぐらい、色が鮮やかである。
  • ZEBRAゼブラ SARASAサラサ〔水性顔料インク使用〕: サラサのインクは、速乾性ではないため、エナージェルほどまでではないけれども、筆跡がどことなくにじんで、ぼかし〔ブラー〕をかけた印象になる。 サラサのインクは、[ややくすんだおとなしい色彩][やや渋めの色彩]に振ってあり、インクの発色の鮮やかさを求めるなら、uni-ball SigNoやエナージェルをオススメする。 サラサのペン先は、uni-ball SigNoよりもペン先のなめらかさ〔カリカリ引っかかる感じの少なさ〕が、やや劣っている。 サラサのペン先は、[ボール径:0.3mm]においては不快なカリカリ感があり、それが[ボール径:0.4mm]でも、変わらないほど感じられるし、[ボール径:0.5mm]でも、まだ少しカリカリ引っかかる。 サラサのペン先は、[ボール径:0.7mm]だと、まったくカリカリ感がないので、サラサなら[ボール径:0.7mm][ボール径:1.0mm]がオススメである。 線幅の狭いペンは、[ボール径:0.28mm]のuni-ball SigNo RT1がオススメだ。 [ボール径:0.28mm]を含まず、それより広い線幅なら、uni-ball SigNoなら、どれでもオススメだ。 [ボール径:0.38mm]以上のuni-ball SigNoなら、すべてカリカリ引っかかりのない書き味になる。
  • PILOTパイロット JUICEジュース〔水性顔料インク使用〕: ジュースのインクの発色は鮮やかであり、それはエナージェルやuni-ball SigNoに匹敵するほどである。 ジュースの特徴は、サラサと同じであり、ジュースのほうが、ややインクが乾きにくい。 それは、ジュースでは、ゲルインクボールペンの書き始めのクッという[ゲルが水に変化するときのクリック感]を低減するために、難乾性のゲルを使っているらしいからである。 クッという引っかかりはないけれども、やっぱりインクの乾きがサラサよりも遅い感じがする。
  • SAKURAサクラ Ballsignボールサイン〔水性顔料インク使用〕:〔ボールサイン80ではなく、ふつうの〕ボールサインは、ボールペンとしての機構〔チップの中でバネによってボールを支える部分〕が、メカニカル・トラブルを起こしがちであり、まだインク残量がたっぷりあるのに、途中で書けなくなる個体が散見される。 ただし、発色が素晴らしいので、事務用ではなく、アート用として、ボールサイン80の系統を使うのが適切であろうと思う。

総評に入ることにする。

事務用でも、アート用でも、平均的に優れているのはuni-ball SigNoである。

アート用として、発色が素晴らしいのは、エナージェル、ジュース、ボールサインである。

サラサは、種類が多くて、ひたすら安いし、サラサはどこででも売っている。 種類の多さと安さ、そして入手の容易性なら、サラサだろう。

私が最も気にしている[ブルーブラックの色味]であるけれども、uni-ball SigNoは書いた直後は群青色に近いと思うけれども、乾くと[ややブルーに近いブルーブラック]になる。 サラサのブルーブラックは、かなり黒みがかっている。 ボールサイン、および、ジュースのブルーブラックは、標準的な色味である。 ハイブリッドにはブルーブラックは存在しない。 エナージェルは、裏抜けするのが嫌いなので、エナージェルのブルーブラックは使ったことがない。

私は最終的に、uni-ball SigNoとハイブリッドが好みであり、ブルーブラックもuni-ball SigNoを自分の中の定番とすることで落ち着いている。 サラサのブルーブラックも素晴らしいけれども、サラサのブルーブラックは黒みが強いため、黒との違いがわからない面がある。

[勉強に使う][文字をたくさん書く]という場合、uni-ball SigNoとハイブリッドが最も手堅い選択であろうと思う。

具体的には、数学や理科の問題演習を大量にこなす。 あるいは、漢字を書いて覚える。 そういう用途では、uni-ball SigNoとハイブリッドが最も手堅い選択だということである。

ハイブリッドが、ややマイナーであり、入手が困難なことが多いので、一般的には、uni-ball SigNoがオススメということになる。


【この項の要約と結論】:

[常用漢字:2136字]には、小学校で学ぶ[教育漢字:1026字]が含まれている。 ただし[教育漢字:1026字]には固有名詞に使われる[用途が漢字された、実際には空っぽのような漢字]も含まれており、私ならば、[常用漢字:2136字]の大半を小学生のうちに学び終えたほうがいいのではないかと思う。

[常用漢字:2136字]が読めるようになると、[書籍やインターネットを使って自力で調べながら学習する]ことができるようになる。 それこそが、実務的な意味でのもんもうからの脱却である。

[文盲]を差別用語だと決めつけて、非識字〔非識字者〕という用語を使う場合もあるようだけれども、それでは、[もうもくてき]という定型表現も使ってはならないのか?  特定の言葉を差別用語だと決めつけて、言葉狩りをする風潮こそ差別的だといえるだろう。 頭を冷やせ、アホ。

例えば、コロナワクチン接種を受けてしまった人たちは、どうして、接種を受けたのか?  それは、インターネット上の文献をしょうりょうすることを通じて、[政府のウソ][医療利権ムラのウソ][マスコミのウソ]などについて、みずから解明していく姿勢がなかったからだと思う。

その背景には、[難しいことはわからないので専門家に任せる]という、強い依存心があったのだろう。

しかし、[難しいことはわからないので]といっても、自分の健康・生命に関わる重大事項であるコロナワクチン接種にかんして、[政府のウソ][医療利権ムラのウソ][マスコミのウソ]などを見抜く必要が、実際にはあったわけである。

そして、[難しいことはわからないので]の背景にはるのは、リテラシー〔読み書き能力など、情報を読み解く前提となる基本知識とその使いこなし能力〕が低い、ということが考えられる。

《1》難しい漢字の用語が並ぶと、恐れおののいてしまう。
《2》外国語の用語が並ぶと、恐れおののいてしまう。

つまり、漢字や外国語に対する恐怖心、劣等感などが邪魔して、[難しいことはわからないので]という言い訳によって、何もかも専門家に任せてしまう依存心が生まれているわけである。

[知は力なり]。

知識、知恵によって、ウソを見抜き、真実を探り出し、道を切り開いていく姿勢。

その姿勢は、文明を推し進めていく私たちに、最も強く求められている姿勢であろう。

[自分で調べていく姿勢]の土台にリテラシーがあり、リテラシーの構成要素として、漢字力と、一定以上の英語力が存在するのだと私は思う。

中途半端な馬鹿どもにだまされないために、[知は力なり]という言葉を胸に抱きながら、強い心をもって、勉強を進めていこう。

文部科学省は、国民には馬鹿でいてもらいたい。 だから、小学校で常用漢字を学び終えるという目標をかかげてはいない。

しかし、ありもしないコロナという病気が、あたかも大流行しているかのように芝居をする[コロナ]を見抜くためには、[自分で調べていく姿勢]と、その土台となるリテラシーが必要となる。

[広い意味でのリテラシー]の中には、読み書きそろばんを土台とし、そこへ外国語〔とくに英語〕にかんする多少の知識、それから、翻訳サービスなどインターネットサービスを使いこなす、PCの使いこなしにまつわるリテラシーも含まれるであろう。

子供にコロナワクチン接種をしていこうという、鬼・悪魔のような政策を、狂った政府が推し進めつつある。

子供といえども、大人が子供やその保護者を、どのようにして騙しているのかを知る権利がある。

[知は力なり]。

漢字や英語の知識がなければ、子供にコロナワクチン接種をしていこうという政策が、人類の大量さつりく計画の一環であること。 そのことを調べることすらできないのだ。

小学校6年間で[常用漢字:2136字]を覚え終えるのは負担が重い?  いやいや、慣れてくれば大丈夫だよ。

それよりも、知におけるハンディキャップを背負わされ、騙される側、さくしゅされる側に留め置かれることに、いつまで甘んじているつもりなのか? 


[知は力なり]を前提とし、必要最小限の読み書き能力を手に入れるためには、小学校6年間で[常用漢字:2136字]を覚え終えることが望ましい。

その目的で漢字を学ぶのだとしたら、[とめ・はね・はらい]は、必要最小限だけ学べばよい。

それよりも、ある程度イイカゲンでもいいから、とにかく[常用漢字:2136字]のうち、力の及ぶ範囲を、早期に学び終えてしまうことが大切だと私は思う。

日本語は[漢字仮名交じり文]として表記されるのが標準的であり、漢字がものすごく多く使われる。 漢字をどのようにして正確かつ鮮明に書くか。 そのための筆記具選びは大切である。

文字を速く書くコツは、当たり前だけれども、文字サイズを小さく書くことである。 かくすうの多い漢字でも、文字を小さく、しかし文字をつぶさず正確かつ鮮明に書くことができる筆記具は、ゲルインクボールペンである。

[線幅が広い][線幅が一定ではない]と、文字を小さく書いたとき、文字がつぶれて不正確・不鮮明になってしまう。

文字を小さく、しかし文字をつぶさず正確かつ鮮明に書くためには、ゲルインクボールペンの[線幅が狭い][線幅が一定である]という性質が、必要不可欠である。

つまり、ゲルインクボールペンを使うことによって、文字サイズの縮小が可能となり、結果として、漢字を書くスピードが速くなる。 いいかえれば、ゲルインクボールペンによって、漢字学習が効率化される。 [ボール径:0.38mm~0.5mm]のゲルインクボールペンが、漢字を書いて覚えるのに向いている。

[消しゴムで消して訂正したい]という要望が、そこまで強くはない[ふだんの勉強]においては、鉛筆やシャープペンシルを使う必然性はない。 ふだんは、ゲルインクボールペンで、漢字を効率よく学ぼう。

ゲルインクボールペンでも、一定以上の太さをもつ[0.5mm]というボール径ならば、[とめ・はね・はらい]を表現することはようである。

[ボール径:0.5mm]のゲルインクボールペンの[黒][ブルーブラック][青]を使って、漢字を効率よく覚えていこう。

[筆記すること]が[芯が摩耗すること]に直結する、鉛筆やシャープペンシルは、[線幅が広い][線幅が一定ではない]という性質をもつ。 [線幅が広い][線幅が一定ではない]というところから、文字が小さく書きづらい鉛筆やシャープペンシルは、文字の筆記には、あまり向いていない。

黒鉛鉛筆は、そもそも、デッサンなど、造形をびょうしゃするアートの分野に向いているのだと私は思う。

学習を含めた事務用の筆記具なら、ゲルインクボールペンが正解だと思うよ。

[知は力なり]を前提としながらの[知をかくとくする手段としての漢字学習]だったら、鉛筆・シャープペンシルではなく、ゲルインクボールペンだよな、やっぱり。

鉛筆会社が最も知られたくないこと|鉛筆は削っているうちに無駄に減っていくから鉛筆会社が儲かる|芯ホルダーを使われた日にゃ、商売あがったり

芯ホルダーの芯は、芯を削ってとがらせても、なかなか減らない。

しかし、鉛筆を削ると、みるみる減っていく。 それは、鉛筆を削るプロセスで、必要以上に削って、鉛筆を無駄にしているから。 電動鉛筆削りでは、それが顕著だけれども、[カール等の手回し鉛筆削り]でも、相当、無駄に削って、鉛筆を無駄にしている。

鉛筆は、ものすごく不経済だよ。

ゲルインクボールペン1本で書ける線の長さを、2Bの鉛筆で書いたら、いったい何本必要なのだろう? 

つまり、その筆記具で書ける線の長さを考えた場合、鉛筆よりも、ゲルインクボールペンのほうが、圧倒的にコスパ〔コスト・パフォーマンス・レシオ=費用対効果〕が良い。

このことを、鉛筆会社の人、あるいは、学校は、知られたくない。

でも、知っちゃったからね。

へへ。

じつは[とめ・はね・はらい]や[筆順]の[何が正しい]という厳格な基準は、存在しない|そういう曖昧なものを減点の基準にして、人間を採点しようとする文科省の考えの浅さが寒い

[とめ・はね・はらい]や[筆順]は、毛筆・書道という芸術の分野における慣例にすぎず、ハッキリ言って、どうでもいいんだよ。

結局、[とめ・はね・はらい]や[筆順]は、フォントのデザインの問題でしかない。 中国の簡体字を考えれば、それはよくわかるだろう。

フォントのデザインの第一の目的は、他の文字と区別がつくことである〔字形判別〕。

字形が判別できる範囲で、[とめ・はね・はらい]や[筆順]は、好きに書いたらいいんだ。

例えば、近い将来、私たちはカタカムナという文字を使うようになると思うけれども、カタカムナに[とめ・はね・はらい]や[筆順]なんて、存在しないだろうと思うよ。

文部科学省は低学年のうちに[とめ・はね・はらい]や[筆順]を身につけて欲しいらしいけれども、[お断りします]でいいんだよ。

国民主権なんだから、行政が個人の文字の書き方まで[指導]するってぇのがおこがましいんだよ。

今後は、政府が物事を勝手に決める世の中ではなくなります。

私たち自身が考え、私たち自身が基準を決めていく時代になったのです。

オレたちが国を立て直していくんだぜ。

基準は、オレたちが決めるから、官僚ごときは黙っておれ! 

環境保護の観点から、樹木の伐採の原因となる鉛筆の使用を控える

[山の木を切る]ということは、地球環境に大きな悪影響があるらしい。

また樹木は、スピリチュアルな存在でもあるので、スピリチュアルな意味でも、[山の木を切る]ことは、必要以外は、避けておきたい。

私たちは、鉛筆を使わなくても、その代わりとなる筆記具をたくさん知っている。

[山の木を切る]という悪事をなしてまで、鉛筆を使い続ける意味はない。

小学校で鉛筆が使われる大人的理由|三菱鉛筆・トンボ鉛筆などの鉛筆会社を保護するため〔だと思う〕

小学校で鉛筆が使われる理由 | 株式会社トンボ鉛筆

中学受験をする子などは、[鉛筆を削る]などというタルいことをやているヒマはないと思う。

小学生も4~5年生になるとシャープペンシルの利用率が増えることだろうと思う。

小学校1年~3年ぐらいの間だけのために[鉛筆・鉛筆削り]を購入しても、[使いかけの鉛筆][使いかけの消しゴム][使いかけの色ペン]などが箱にどっさりと溜まってしまうだけだ。 私はそうであった。

小学校で鉛筆が使われる言い訳の理由|低学年の児童は筆圧の加減が難しいためシャープペンシルだと芯がすぐに折れる

小学校は[Bまたは2Bの鉛筆]を指定している。

鉛筆を指定しているのは、シャープペンシルだと芯が折れるから、であるらしい。

[芯が折れる]なら、鉛筆も同じでしょ?  削りたての鉛筆の芯の先っぽは、シャープ芯よりも折れやすいよ。

それから、[Bまたは2Bの鉛筆の芯]は、[濃い字が書ける]けれども、それは[芯が柔らかいから]であり、だからこそ、とても[折れやすい]のでNGであるはずだ。 [芯が折れにくい]と[濃い字が書ける]は、両立しないんだよ、そもそも。

ゲルインクボールペンなら、芯が折れることはない。 なぜ鉛筆にこだわるのか?  どうせ利権がらみだろ? 


そもそも、義務教育が無償だと憲法に書いてあるのだから、鉛筆と消しゴムぐらいは、学校で用意しろよ。

憲法の実効性を高めるために、鉛筆と消しゴムぐらいは、税金でまかなえってこと。

学校が[Bまたは2Bの鉛筆]を指定し、かつ、キャラクター鉛筆やバトル鉛筆はダメだとか、うるさいことを言ってくるので、兄弟がかつて使っていて、余っている鉛筆とかが使えないんだよ。

筆記具に何を使おうが、個人の自由であり、それは[自由意志尊重の原則]という宇宙のルールに基づいている。 しかも[どの筆記具を使ったら、他者に迷惑になる]などということはないので、筆記具に制約を加える合理的な理由はない。 したがって、教育委員会や小学校には、新1年生に対して、[どの筆記具を使え]という指図をする権利はない。

教育は、個の確立を援助するためにある。 個の確立の前提として、[自由意志尊重の原則]が厳格に守られている必要がある。 そして、特段の理由がないかぎり、本人の意思が何よりも優先されるのが、[自由意志尊重の原則]が厳格に守られている状態である。

要約すれば、[他者の迷惑にならない範囲内において、何を選択しようが、個人の自由である]ということである。

学校、うっせぇわ! 


ユニボール シグノ スタンダード|ユニボール シグノ スタンダード|三菱鉛筆株式会社
ユニボール シグノ スタンダード エコライター |ユニボール シグノ スタンダード|三菱鉛筆株式会社
ユニボール シグノ 太字|ユニボール シグノ 太字|三菱鉛筆株式会社

以下に示すのは、[ユニボールシグノ スタンダード〔キャップ式 〕]と呼ばれるゲルインク・ボールペンのシリーズです。

ゲルインク・ボールペンなら芯は折れません。

消しゴムで消すことのできる、鉛筆の筆跡が欲しいのだとしたら、[三菱鉛筆uniの芯ホルダー]=[ユニホルダー]をオススメします。 [ユニホルダー]なら、鉛筆と同等の[芯の折れにくさ]です。

[ユニホルダー]は木材を消費しないので、その部分でエコですし、芯を削ってとがらせるだけでよいので、小学校低学年の児童でも自力で芯を削ることができます。 しかも、[鉛筆自身をねじって回転させる、カツラ剥き式の鉛筆削り]でも、[芯削り]の代用になりますので、[芯削り]を新たに買う必要もありません。

百均 セリア で 3Way鉛筆削り器 を買った : Bossa Lary 菩娑羅鯉 の blog
文具 :: 筆記用具 :: 鉛筆削り・消しゴム :: 鉛筆削り器3穴(ブルー) - 100均商品で経費削減|ぱちぱち通販


ユニボール シグノ スタンダード|ユニボール シグノ スタンダード|三菱鉛筆株式会社
ユニボール シグノ スタンダード エコライター |ユニボール シグノ スタンダード|三菱鉛筆株式会社
ユニボール シグノ 太字|ユニボール シグノ 太字|三菱鉛筆株式会社

[ユニボールシグノ スタンダード〔キャップ式 〕]についての[エコライター]というのは、透明であるべき軸が、やや水色がかった樹脂素材でつくられており、何か環境にやさしいらしい。 [エコライター]と[非エコライター〔通常版〕]とでは、製品の形状や性能は、まったく同じである〔材質が異なるだけ〕。 [エコライター]と[非エコライター〔通常版〕]とでは替芯も共通しており、この[ユニボールシグノ スタンダード〔キャップ式 〕]の替芯は[ユニボール シグノ 太字]にも装着することができる。 なお、[ユニボールシグノ スタンダード〔キャップ式 〕]の[ブルーブラック]に[エコライター]は存在しない。 そして、[ユニボールシグノ スタンダード〔キャップ式 〕|0.5]の[ブルーブラック]は、大切なお手紙を書くとき、万年筆風の筆跡を残すことができる、[最もフォーマルなゲルインクボールペン]の1だといえる〔主観〕。

三菱鉛筆 UM100.24 [ユニボールシグノ キャップ式 0.5mm 黒インクボールペン UM-100]
三菱鉛筆 UMR5.24 [ユニボール シグノ 0.5mm 替芯 黒]
三菱鉛筆 UM-100EW.24 [ユニボールシグノ エコライター 0.5mm 黒インクボールペン UM-100EW]

三菱鉛筆 UM100.15 [ユニボールシグノ キャップ式 0.5mm 赤インクボールペン UM-100]
三菱鉛筆 UMR5.15 [ユニボール シグノ 0.5mm 替芯 赤]
三菱鉛筆 UM-100EW.15 [ユニボールシグノ エコライター 0.5mm 赤インクボールペン UM-100EW]

三菱鉛筆 UM100.33 [ユニボールシグノ キャップ式 0.5mm 青インクボールペン UM-100]
三菱鉛筆 UMR5.33 [ユニボール シグノ 0.5mm 替芯 青]
三菱鉛筆 UM-100EW.33 [ユニボールシグノ エコライター 0.5mm 青インクボールペン UM-100EW]

三菱鉛筆 UM100.64 [ユニボールシグノ キャップ式 0.5mm ブルーブラックインクボールペン UM-100]
三菱鉛筆 UMR5.64 [ユニボール シグノ 0.5mm 替芯 ブルーブラック]

  • [ユニボールシグノ スタンダード〔キャップ式 〕]は、基本的にボール径:0.5mmである。[金][銀]だけはボール径:0.8mmである。
  • [ユニボールシグノ スタンダード〔キャップ式 〕]は、ノック式とは異なり、先端部分=ペン先部分〔チップ〕が金属製であり、ボールペンの芯をペン先部分と本体とで挟み込む構造なので、ガタ/ブレが出ず、狙った通りの筆跡を正確に残すことができる。 ノック式はキャップの紛失の心配がなく、手軽であるけれども、ペン先にガタ/ブレが出るので、本当に書きやすいのはキャップ式である。
  • ボールペンの[芯の先端部分]も金属製であり、これもチップと呼ばれる。他方、[ボディにねじ込むペン先部分]もまた、チップと呼ばれる。 [ボディにねじ込むペン先部分]は、ビーク〔beakビーク=クチバシ〕とでも呼べばいいであろう。
  • [ユニボールシグノ スタンダード〔キャップ式 〕]は、グリップ部分がアクリルの鏡面加工で、断面が三角形になっているので、三角鉛筆と同じく、筆記具の正しい持ち方を身につけることができる。 筆記具の正しい持ち方が身につくまでは、[断面が六角形の鉛筆][断面が円形の鉛筆]よりも、[断面が三角形の筆記具]を使ったほうが好ましいと私は思う。
  • [ユニボールシグノ スタンダード〔キャップ式 〕]は、ペン字の世界では、[とめ・はね・はらい]が表現しやすい、多くのペン字の先生がイチオシするゲルインクボールペンである。 とりわけ、[はね、はらい]において、細い線をしっかりと安定的に描くことができるのが、[ユニボールシグノ スタンダード〔キャップ式 〕]である。
  • そもそも、[とめ・はね・はらい]は、毛筆を前提としており、少なくとも、インクを使用する筆記具を前提としている。 しかし、[筆ペン][筆ペン的な筆跡を残せるサインペン]を小学生の学習に使うのは、現実的ではない。 そこで、ゲルインクボールペンの登場となる。
  • 鉛筆は、芯の減り具合によって、[とめ・はね・はらい]が十分には表現できないことも多い。 そして、芯が減るごとに、線幅が変化していき、鉛筆で筆記していると、読みやすい文字にはならない。 [とめ・はね・はらい]を目的としているから鉛筆?  どこか、ウソをついていませんか?  どこか、ごまかしていませんか?  騙されませんよ、大人のウソには。 最初に[鉛筆をどうしても使わせたい]があって、理由をでっち上げているから、こういうふうにウソがバレるわけです。
  • 漢字は画数が多い。 そのため、漢字仮名交じり文としての日本語を[小さくて読みやすい文字]として鮮明に書くためには、アルファベット文化圏で用いられている万年筆の太さから、2段程度、細書きに振らないと、文字潰れが起こってしまう。 例えば、英語圏・フランス語圏では、ゲルインクボールペンの0.7mmのボール径が適切だとする。 日本語圏では、0.5mmを飛び越えて、ゲルインクボールペンの0.4mmのボール径が適切だという具合になる。 [6mm幅の罫線の引いてあるノート]に日本語でノートを取る場合、ゲルインクボールペンの0.4mmのボール径が適切である。 [ゲルインクボールペンの0.4mmのボール径]は[シャープペンシルでいう0.3mm程度の芯の太さ]に匹敵すると思う。 ところが、[0.3mmのシャープペンシル芯]は高額であるとともに、実際にはポキポキ折れて実用にならないので、やむなく[0.5mmのシャープペンシル芯]を回転させながら、線幅をできるだけ狭くするかたちで工夫して使ってきたのが、シャープペンシルの使用者である。 この回転を自動化したものが三菱鉛筆のクルトガである。 クルトガにかんしては人それぞれに好みが分かれ、実際には使いづらい面もあるので、最近では、[クルトガモード]と[固定モード]を切り替える方式のアルファゲル・シャープペンシルが出ている。
  • ユニ アルファゲル スイッチ|ユニ アルファゲル スイッチ|三菱鉛筆株式会社
  • このように、日本語では、線幅を狭くして、小さな面積に画数の多い漢字を書き込むことになる。 [線幅を狭くして、小さな面積に画数の多い漢字を書き込む]という場合、[とめ・はね・はらい]を無視した[サンセリフの書体]〔線幅が均等で飾りをもたないフォントの書体〕で文字を書くのが適切である。 [とめ・はね・はらい]をしっかり表現した[教科書体]では、文字サイズを小さくすると、文字潰れが起こりやすいからだ。 具体的には、[横書きの6mm幅の罫線をもつ横書きのノート]に、漢字仮名交じり文を書くときの文字サイズを手書きする場合において、[とめ・はね・はらい]が必要かといったら、必要ない。 そういう小さい文字は、[サンセリフの書体]で書く。 実際問題として、[とめ・はね・はらい]を使うのは、年賀状ぐらい。 また年賀状を書かない人も多い。 [とめ・はね・はらい]を学ぶ意義は、十分に小さい。 したがって、[とめ・はね・はらい]の指導は[漢字の筆順]とともに、教育課程からカットしてよい。
  • 相田みつを「いざとなると立たねえんだよ」? - 栢野克己オフィシャルサイト
  • そもそも、書家・相田みつを紙の文字に、[とめ・はね・はらい]があるか?  ねぇんだな、これが。 でも読めるだろ?  意味が通じるだろ?  だったら、[とめ・はね・はらい]って必要かよ?  必要ねぇよな?  だったら、[とめ・はね・はらい]って、文字の核心をなす部分なのかよ?  [とめ・はね・はらい]は、文字の核心をなす部分ではない。 例えば、OCR〔光学式文字読み取りソフト〕において、[とめ・はね・はらい]ってのはノイズにしかならねぇんだよ。 [とめ・はね・はらい]は、文字の核心をなす部分ではなく、装飾であり、いいかえれば、ノイズなんだよね?  だったら、[とめ・はね・はらい]を指導するなんて、ムダだし、そもそも指導なんておこがましいってことだわな。
  • [線幅を狭くして、小さな面積に画数の多い漢字を書き込む]という場合、[とめ・はね・はらい]を無視した[サンセリフの書体]〔線幅が均等で飾りをもたないフォントの書体〕で文字を書くのが適切である。 そのような日本語を書く練習をするのに、使っていると芯が減ってきて線幅が太くなっていく鉛筆という筆記具を使うのは、最適な練習方法ではない。 慣れないうちは、[とめ・はね・はらい]を無視した[サンセリフの書体]で文字をたくさん覚える。 たくさん文字を覚えてから、装飾的な要素である[とめ・はね・はらい]を、ゲルインクボールペン、万年筆、先端が柔らかくて筆ペン風に書けるサインペン、筆ペン、毛筆などで練習すればいいのである。
  • 学校の目的は、もんもう〔読み書きのできない状態〕をなくし、書籍を使って、あるいは、インターネットを使って、自学自習を自律的に進めていくことのできる人材を育成する点にある。 そのためには、装飾的な要素である[とめ・はね・はらい]は、必要最小限だけ学べばよい。 ハッキリ言って、[筆順]や[とめ・はね・はらい]は、くだらない。 文部科学省は、もっと本質的なところに目を向ける必要がある。 これまでの腐った教育を、私たちが改めていく必要がある。
  • 日本語は漢字を使う。 画数の多い感じを狭い面積にギッチリと詰め込むためには、筆記具は[線幅が一定で細書きであること]が大切な条件となる。 [線幅が一定で細書きである]という条件を満たす筆記具は、ゲルインクボールペン、または、油性ボールペンである。 ただし、油性ボールペンはNGである。 もともと油性ボールペンには[書き始めにかすれる][ペン先でループを描くとき返しの部分でかすれる]などという弱点があったのを挽回しようとして、低粘度の油性ボールペンが出たらしい。 しかし、JETSTREAMやbLen/Surariなどの低粘度の油性ボールペン〔エマルジョンインクを含む〕は、 油性インクの粘度をものすごく下げてインクフロー〔インクの出具合〕を過剰気味にしてあるため、インクだまり〔ボテ〕が出やすく、文字が読みづらくなる割に、相変わらずところどころかすれている。 結局、安定した描線を行なうためには、ゲルインクボールペンが無難なのである。 日本語を書くための常用筆記具としては、[0.38mm]~[0.5mm]のゲルインクボールペンが最有力である。 小学生がマス目のノートに漢字を書き込む場合には[0.5mm]でもいい。 しかし、横罫〔ピッチが6mmないしは7mm〕のノートを取るには、[0.38mm]または[0.4mm]のゲルインクボールペンの[黒][ブルーブラック][青]のどれかが適していると思う。 日本語を書くための常用筆記具として[Bまたは2Bの鉛筆]を使えという指示は、指示を出した側の不見識、不勉強が明白なので、その指示に従わなくてよい。 愚かな人間の命令に従うことは、大筋において間違っている。
  • [線幅が一定であること]という条件を満たし、鉛筆の筆跡が欲しいのなら、少なくともシャープペンシルの使用が好ましい、という結論にならなければおかしい。 折れやすい?  だったら、ゲルインクボールペンを使えばいいのだし、消しゴムで消せる筆跡を求めているのであれば、[0.9mm]や[1.3mm]のシャープペンを使えばいいさ。 鉛筆は、芯が減ると線幅が変化するので、文字を書くのには適していない。 ましてや漢字は画数が多いので、狭い面積に細かく書き込む必要がある。 漢字を書くのに、鉛筆で書く?  アホかよ。 とにかく、鉛筆は木を切り倒すことが前提になっているので、環境破壊を防止する観点から、やめておくべきだ。
  • [とめ・はね・はらい]にこだわるよりも、小学生のうちに常用漢字をすべて学び切れよ。 どうして小学生のうちに常用漢字をすべて学び切らないんだ?  [とめ・はね・はらい]などという枝葉末節にこだわる前に、まずは早期に常用漢字をすべて学び切れってことだよ。 社会生活では、JIS第二水準の一部まで知っていなければ不十分であり、とにかく常用漢字を早期にすべて学び切れ、ということがいえると思う。 そうした状況を考えると、[Bまたは2Bの鉛筆]を使えとか、くだらねぇこと言ってんじゃねぇよってこったよ。 馬鹿も休み休み言え! 
  • 221. ギチギチな総ルビ組版 | Dr.シローの覚え書き|文京組版
  • 【講談】神田伯山「中村仲蔵」in 浅草演芸ホール(2020年2月21日口演)
  • それから、日本の国語教育は、総ルビの〔すべての漢字にふりがなが付いている〕講談本〔講談の内容を少年向けにリライトした書籍〕の普及によって成し遂げられた面が大きいとされる。 その総ルビの講談本の後継版が[ルビ付きの漫画のネーム]であり、日本の国語教育は、[ルビ付きの漫画のネーム]によって大きく担われてきた。 したがって、国語教育に、ラノベ、漫画、小説などを採り入れ、ジャンルも、恋愛・エロ〔性愛〕を含めた、実際に若人わこうどの興味を惹く内容をもつコンテンツの中で、必要な表現・漢字・熟語を覚えていくのが最も効率がよい。 [恋愛・エロ〔性愛〕を含めた]というところが大切であり、[恋愛・エロ〔性愛〕を含めない]ような文学、音楽、芸術は、人間ほんらいのあり方にウソをついている。 私は新地球において、大きな湖のほとりで、学芸都市を展開する構想をもっている。 その土台には、水道橋・神田駿河台・御茶ノ水・秋葉原あたりの交通博物館〔万世橋駅跡地・移転済み〕、電気街、予備校、大学・短大、外国語学校、専門学校、楽器店、画材屋、書店・古書店などが狭い地域に集約されている、あの感じと、ウィーンのような音楽の都などを合わせた感じを思い描いている。 [サブカル的な要素を集約した、学生街]を土台として、ライブハウス、小劇場、コンサート会場、水運都市としての景観などが折り重なるとともに、それらが雄大な自然と調和している。 そのような地球の文化的中心地を、日本の大きな湖のほとりにつくりたい。 そこへ、文化を愛する人々が少しずつ集住するようになり、天の川銀河随一の文化都市になっていく。 文化を愛する人々といっても、エロフィギュア、エロ絵師、エロアニメーターなどを含む、人間としてのあり方にウソをつかない、サブカル愛好者・創作者をも含めた、幅広い文化を考えている。 誰かが決めた[清らかなるもの]だけでは、文化の発展は停止してしまう。 【陰】〔ちぢむ〕と【陽】〔ひろがる〕を兼ね備えた、発展・進展・成長・進化していく文化都市でなければ、短期間で衰退するであろう。 これが私が抱いている、1つの構想である。 こういうものを実現するのに、[とめ・はね・はらい]や[筆順]にこだわって、学習者を足止めさせるような教育は必要ない。
  • 私は漫画が読めないので、ドラえもんもテレビアニメで見た範囲でしか知らない。 というより、三人以上の登場人物が登場すると、誰が誰だか把握できなくなる認知障害があるので、ストーリーのあるもの、小説というものを、楽しむことができない。 したがって、日本史や世界史は、内容が理解できないし、覚えられないのである。 私は人間よりも機械やシステムに興味があり、[ウルトラQ][ウルトラセブン][サンダーバード][キャプテンスカーレット][謎の円盤UFO]など、メカがたくさん登場するテレビは好きだけれども、お話の内容はまったく理解していない。 メカの構造とかを見ているだけである。
  • 謎の円盤UFO 日本版オープニング OP
  • UFO 1970 - 1971 Opening and Closing Theme (With Snippets) Blu-Ray Dolby 5.1
  • Thunderbirds Launches and Landings HD
  • Gerry Anderson’s Stingray (1964) - HD Opening Titles
  • 鉛筆は、単位あたり筆記距離のコストが高い、高コストな筆記具である。 鉛筆はコスパ〔コスト・パフォーマンス・レシオ=費用対効果〕が悪い。 経済的に厳しい状況にあるご家庭にとって、より負担が少ないのは、鉛筆よりも[ユニボールシグノ スタンダード〔キャップ式 〕]と[その替芯]である。 どんなに漢字練習をしたって、そんなにインクは減らない。 しかも、替芯がヨドバシ価格では50円とか51円だから、単位あたり筆記距離のコストが低い。 つまり[ユニボールシグノ スタンダード〔キャップ式 〕]と[その替芯]は、コスパ最強なんだよ。
  • 消しゴムで消すことのできる、鉛筆の筆跡が欲しいのだとしたら、[三菱鉛筆uniの芯ホルダー]=[ユニホルダー]をオススメする。

三菱鉛筆 MH500NM [ユニホルダー MH-500 ノーマーク]
三菱鉛筆 ULN4B [ユニ替芯(N) 4B]
三菱鉛筆 ULN2B [ユニホルダー用 2.0mm 替芯(N) 2B]
三菱鉛筆 ULNB ホルダー芯B
三菱鉛筆 ULNHB ホルダー芯HB

三菱鉛筆 MH500.15 [ユニホルダー MH-500 赤 15]
三菱鉛筆 ULN.15 [ユニ替芯(N) 赤 15]

  • [三菱鉛筆uniの芯ホルダー]=[ユニホルダー]は、先端部に金属が使われている割に、先端部が軽量であり、比較的、鉛筆に近い筆記体験ができる。
  • また先端部の金属部分にはローレット〔滑り止めのギザギザ〕が刻んであり、滑りにくい。滑りにくいので、握力の弱い小学校低学年の児童に向いている。
  • 滑り止め薬剤を塗ってある鉛筆〔グリッパー鉛筆〕を好む小学校低学年の児童が多いのは、握力が弱いからであろう。
  • ただし、グリッパー鉛筆の粘着成分は、鉛筆が出した黒鉛の粉、手垢、ホコリなどを集めるので、鉛筆の軸が真っ黒になり、非常にきたならしくなる。 そのため、児童はグリッパー鉛筆が好きでも、保護者がグリッパー鉛筆を嫌う場合が多いようだ。 メルカリに使いかけのグリッパー鉛筆が出ている。 インターネットでは、[グリッパー鉛筆 真っ黒]と検索しても出てこない。 言論統制されているのかもしれない。
  • [ユニホルダー用の替芯]と[ユニフィールド〔uni FiELD〕用の替芯]との違いは、[ユニホルダー用の替芯]にだけ、芯の後端にストッパーが付いている点だけであろうと思う。 ともに芯径:2.0mmで共通しており、長さも同じである。
  • [ユニホルダー]で[ユニフィールド用の替芯]を使うと、芯がすべて落下する。芯がすべて落下したとき、床が硬いと、芯が割れて使い物にならなくなる。
  • [ユニフィールド]で[ユニホルダー用の替芯]を使うと、芯の使い切りの最後の部分だけストッパーで引っかかるので、ネジになっている先端部分=ペン先部分〔チップ〕を取り外し、ノックしながら芯を押し戻して、[ユニフィールド]の後端から残りの芯を取り出す。
  • つまり、[ユニホルダー]と[ユニフィールド]のどちらを使うにしても、[ユニホルダー用の替芯]を買っておけば、安全サイドに振ることができる。
  • 私は[答案の○つけ]には、児童も教諭も、ゲルインクボールペンの[赤]を使うのが、コストパフォーマンスの面から、好ましいと思う。
  • 赤鉛筆は、きわめてコストパフォーマンスが悪い。 どうしても赤鉛筆という指定なら、100均のセリアで、5本入りの[赤青鉛筆]を110円で買えばいいと思う。
  • そういう理由からでなく、赤鉛筆を使用したい場合には、[ユニフィールド]の[赤]を赤鉛筆にすればよいと思う。 ノック式のほうが使いやすいけれども、ペン先が重たくて、筆記に常用するのはつらい。 しかし、赤鉛筆なら、一時的に使うだけなので、より便利なノック式である[ユニフィールド]がオススメ。

三菱鉛筆 M207001PHB [M20-700 1P HB]
三菱鉛筆 U202101PHB [フィールド(建築用) 2.0mm シャープ替芯 ユニ2.0-210 1P HB]

三菱鉛筆 M207001P2H [M20-700 1P 2H]
三菱鉛筆 U202101P2H [フィールド(建築用) 2.0mm シャープ替芯 ユニ2.0-210 1P 2H]

三菱鉛筆 M207001P.15 [M20-700 1P 赤 15]
三菱鉛筆 U203101P.15 [フィールド(建築用) 2.0mm シャープ替芯 ユニ2.0-310 1P 赤]

[手回し鉛筆削り][電動鉛筆削り]は中学生以上になると使わなくなる

中学生になったら、[0.5mm|シャープペンシル/シャープ芯]を使うので、[手回し鉛筆削り][電動鉛筆削り]は中学生以上になると使わなくなる。

[小学校1年~4年ぐらいの間]だけのために[鉛筆・鉛筆削り]にお金を費やしても無駄だと思う。

鉛筆関連産業の人たちは困るかもしれないけれども、[個々の児童とその家庭の経済的な無駄]を回避し、環境を保護するためには、鉛筆の使用を徐々に慎む方向へ向かったほうがいいだろうと思う。

色鉛筆の場合、黒鉛鉛筆と同じ角度で削ると、芯がとても折れやすくなるので、[鉛筆自身をねじって回転させる、カツラ剥き式の鉛筆削り]で、なるべくズングリとした形状で〔先端部の角度ができるだけ大きくなるように〕削ったほうがよい。

[鉛筆自身をねじって回転させる、カツラ剥き式の鉛筆削り]は[KOKUYO HA-801]がおすすめです。 色の種類は、《1》水色〔ポリバケツの色〕と《2》黒〔ポリバケツの色〕の2種類で、買うとき色は選べません。 どちらが送られてくるかは、運まかせです。

  1. [KOKUYO HA-801]は、塩化ビニール系の割れにくい素材でつくられている。
  2. [KOKUYO HA-801]は、鳴きの少ない塩化ビニール系素材の密閉容器の中で静かに削るので、静かな図書館などで削るとき周囲の迷惑にならない。
  3. [KOKUYO HA-801]は、色鉛筆と黒鉛鉛筆の両方にちょうどよい角度のえんすいに削れる。
    • 黒鉛鉛筆のために、よりするどくとがった円錐に削る鉛筆削りがあるけれども、この削り方だと、次の弱点があります。
    • 黒鉛鉛筆を、よりにぶくとがった円錐〔ずんぐりとした色鉛筆用の角度〕に削ると、黒鉛鉛筆で文字を書いていると、すぐに芯の先端が丸まってしまう。
    • [KOKUYO HA-801]は、色鉛筆を削っても芯が折れず、黒鉛鉛筆として十分な角度、つまり、いちばんちょうどいい角度に削れる。
  4. 鉛筆の中心線と、削った部分の円錐の頂点〔芯の頂点〕が、ピッタリ合っている。 つまり、精度高くセンターがとれており、削り終えた鉛筆を回転させたとき、先端部の芯の出方が、雪〔芯〕の部分が均等な富士山型になっている。
  5. [KOKUYO HA-801]の削り方で、精度高くセンターがとれているのは、鉛筆を入れる穴が深いことも関係しているのだろう。 だから[KOKUYO HA-801]の場合、鉛筆が短くなって、最後まで削ることができる長さは、長めになってしまう。 もっと短くなるまで鉛筆を削るためには、別の鉛筆削りが必要になる。
  6. [KOKUYO HA-801]は、[A_KAI〔貝印〕]を採用しており、刃がよく切れる〔よく削れる〕。
  7. [KOKUYO HA-801]は、[削りカスの容器]が大きい。しかし、本体全体は大きすぎず、チャック式の筆入れに入る大きさに抑制されている。 たしかに、小学生のマグネット筆入れに入れるには、世界最小の[クツワ ベイビーケイ]ぐらいの極端な小型にする必要がある。 しかし、[クツワ ベイビーケイ]や、これに準ずる小ささである[KOKUYO HA-800]は、削りカスがすぐに満杯になる。 買う前は小型で携帯性に優れているように見える機種は、[削りカスの容器]が小さすぎて不満になるのが常である。
    • [クツワ ベイビーケイ]は金型の精度がイマイチであり、超小型鉛筆削りでは、[KOKUYO HA-800]のほうが高級感がある。
    • この手の鉛筆削りの刃の型式である[DUX〔ドイツ:片方の角が丸く削られている〕][A_KAI〔貝印〕][JAPAN_NJK]は、互いに互換性をもたない。
  8. [KOKUYO HA-801]は、鉛筆を入れる穴にフタができるので芯の削りカスで筆箱が汚れない。
  9. [KOKUYO HA-801][KOKUYO HA-800]には、[KOKUYO HA-801][KOKUYO HA-800]という文字が[浮き彫り印字]されているだけで、ほかに文字が見当たらない。 英単語など余計な文字が書かれていないので、試験場に堂々と持ち込める。 字消しなどの文房具に英単語などの文字が記されている場合、それを試験場へ持ち込むことが禁じられている場合がある。

なお、化粧品用の鉛筆削りもあります。

資生堂 SHISEIDO シャープナーN 231 [シャープナーN231]
資生堂 SHISEIDO フィティット 資生堂シャープナーS
貝印 KAI KQ-0159 [ダブルペンシルシャープナー]
資生堂 SHISEIDO インテグレート グレイシィ INTEGRATE GRACY シャープナー (S)
ちふれ化粧品 ペンシルシャープナーN
シュウ ウエムラ shu uemura ペンシルシャープナー ダブル [並行輸入品]

結局、黒鉛鉛筆を長く使うのでなければ、[カール等の手回し鉛筆削り]を買う必要はないと私は思う。 無駄なものは、できるだけ買わないでおき、本当に欲しいもの、重要なものを買おう。

結局、教育委員会や小学校が新1年生に対して[Bまたは2Bのシンプルな鉛筆を使え〔キャラクター鉛筆禁止・バトル鉛筆禁止〕][赤鉛筆を用意せよ]などという縛りをかけるために、くだらん消費が増えるだけなのである。

ちなみに、安いプラスチック製の[カール等の手回し鉛筆削り]は手回しの部分が破損しやすい。 [カール等の手回し鉛筆削り]を買うとしたら、3000円~3500円ぐらいするカールの[エンゼル5プレミアム3/エンゼル5ロイヤル3]などといった、金属を多用したモデルがいい。 カールの[カール等の手回し鉛筆削り]は、大昔からあるので、安心である。

カール CARL A5PR3-T [鉛筆削り器 エンゼル5 プレミアム3 ライトブルー]
カール CARL A5RY3-T [鉛筆削り器 エンゼル5 ロイヤル3 ライトブルー]〔2段階芯調節機能付き〕
カール事務器株式会社 » エンゼル5[A5PR3/A5RY3]

大学を卒業するまでの学生生活において、最もよく使うのは、[0.5mm|シャープペンシル/シャープ芯]

中学生になったら、鉛筆を使わずに[0.5mm|シャープペンシル/シャープ芯]を使い、それが高校、大学へと続く人が多いと思う。

中学生以上になって[鉛筆を使う]といったら[黒鉛鉛筆/色鉛筆を美術で使う]ぐらいであろうと思う。

ということは、小学生のうちから、[0.5mm|シャープペンシル/シャープ芯]の取り扱いに慣れておくことが、その後の学生生活を充実させる土台になるのだと思う。

つまり、鉛筆や芯ホルダーなどを使って[2mmの芯で筆記する段階]から、[0.5mm|シャープペンシル/シャープ芯]が使える段階へと、できるだけ早期に切り替えるのが賢明であろうと思う。

そもそも、保育園・幼稚園のうちから、くもん式、学研教室をやっている子もいるらしいので、そういう子は、小学校へ上がる前に鉛筆を使いこなしていますよ。

ということは、小学校へ上がったら、芯が太めの[0.9mm|シャープペンシル/シャープ芯]あたりを使い始めてもいいと思いますよ。

パイロット PILOT HDGS-60R9-B [ドクターグリップ Gスペック ソフトグリップ シャープペン 0.9mm ブラック]
パイロット PILOT HDGS-60R9-BO [ドクターグリップ Gスペック ソフトグリップ シャープペン 0.9mm ボルドー]
パイロット PILOT HDGS-60R9-L [ドクターグリップ Gスペック ソフトグリップ シャープペン 0.9mm ブルー]
パイロット PILOT HERF-10 [替えゴム]

パイロット PILOT HRF9G-20-B [ネオックス・グラファイト 替芯 0.9mm B 36本]
パイロット PILOT HRF9G-20-2B [ネオックス・グラファイト 替芯 0.9mm 2B 36本]
ぺんてる Pentel C279-B [アイン 替え芯 シュタイン 0.9 B]
ぺんてる Pentel C279-2B [アイン 替え芯 シュタイン 0.9 2B]
三菱鉛筆 U09202NDB [替芯 ユニ0.9-202ND B]
三菱鉛筆 U09202ND2B [替芯 ユニ0.9-202ND 2B]

Amazon | 三菱鉛筆替芯 ユニ0.9-202ND 2B | シャープペン芯 | 文房具・オフィス用品

[0.9mm|シャープペンシル/シャープ芯]では文字潰れが起こりやすい。 そういうことだったら、[0.7mm|シャープペンシル/シャープ芯]にします。

パイロット PILOT BDGS-60R-B [ドクターグリップ Gスペック(ソフトグリップ) 黒インク0.7mm ボールペン ブラック]
パイロット PILOT BDGS-60R-SL [ドクターグリップ Gスペック(ソフトグリップ) 黒インク0.7mm ボールペン ソフトブルー]
パイロット PILOT HRF7G-20-B [ネオックス・グラファイト 替芯 0.7mm B 40本]
パイロット PILOT HRF7G-20-2B [ネオックス・グラファイト 替芯 0.7mm 2B 40本]
ぺんてる Pentel C277-B [アイン 替え芯 シュタイン 0.7 B]
ぺんてる Pentel C277-2B [アイン 替え芯 シュタイン 0.7 2B]
三菱鉛筆 ULS0740B [シャープ 替芯 ユニ 0.7mm B]
三菱鉛筆 ULS07402B [シャープ 替芯 ユニ 0.7mm 2B]

uni-ball SigNo|キャップ式長軸〔CL〕|ヨドバシ

キャップ式長軸〔CL〕のボディに対しては、この記事の最も下にある「[uni-ball SigNoの替芯]と[uni-ball SigNoの軸]との互換性」において、先頭が[CL]または[CS]になっている替芯を使えばよい。

uni-ball SigNo スタンダード|キャップ式長軸〔CL〕|UM100.24

三菱鉛筆 UM100.24 [ユニボールシグノ キャップ式 0.5mm 黒インクボールペン UM-100]

uni-ball SigNo スタンダード|キャップ式長軸〔CL〕|UM100.15

三菱鉛筆 UM100.15 [ユニボールシグノ キャップ式 0.5mm 赤インクボールペン UM-100]

uni-ball SigNo スタンダード|キャップ式長軸〔CL〕|UM100.33

三菱鉛筆 UM100.33 [ユニボールシグノ キャップ式 0.5mm 青インクボールペン UM-100]

uni-ball SigNo スタンダード|キャップ式長軸〔CL〕|UM100.64

三菱鉛筆 UM100.64 [ユニボールシグノ キャップ式 0.5mm ブルーブラックインクボールペン UM-100]

uni-ball SigNo スタンダード|キャップ式長軸〔CL〕|UM100.25

三菱鉛筆 UM100.25 [ユニボールシグノ キャップ式 0.8mm 金インクボールペン UM-100]

uni-ball SigNo スタンダード|キャップ式長軸〔CL〕|UM100.26

三菱鉛筆 UM100.26 [ユニボールシグノ キャップ式 0.8mm 銀インクボールペン UM-100]

uni-ball SigNo スタンダード|エコライター|キャップ式長軸〔CL〕|UM100EW.24

三菱鉛筆 UM-100EW.24 [ユニボールシグノ エコライター 0.5mm 黒インクボールペン UM-100EW]

uni-ball SigNo スタンダード|エコライター|キャップ式長軸〔CL〕|UM100EW.15

三菱鉛筆 UM-100EW.15 [ユニボールシグノ エコライター 0.5mm 赤インクボールペン UM-100EW]

uni-ball SigNo スタンダード|エコライター|キャップ式長軸〔CL〕|UM100EW.33

三菱鉛筆 UM-100EW.33 [ユニボールシグノ エコライター 0.5mm 青インクボールペン UM-100EW]

uni-ball SigNo 太字|キャップ式長軸〔CL〕|UM153.24

三菱鉛筆 UM153.24 [ユニボールシグノ キャップ式 太字 1.0mm 黒インクボールペン UM-153]

uni-ball SigNo 太字|キャップ式長軸〔CL〕|UM153.15

三菱鉛筆 UM153.15 [ユニボールシグノ キャップ式 太字 1.0mm 赤インクボールペン UM-153]

uni-ball SigNo 太字|キャップ式長軸〔CL〕|UM153.33

三菱鉛筆 UM153.33 [ユニボールシグノ キャップ式 太字 1.0mm 青インクボールペン UM-153]

uni-ball SigNo 太字|キャップ式長軸〔CL〕|UM153.64

三菱鉛筆 UM153.64 [ユニボールシグノ キャップ式 太字 1.0mm ブルーブラックインクボールペン UM-153]

uni-ball SigNo 太字|キャップ式長軸〔CL〕|UM153.1

三菱鉛筆 UM153.1 [ユニボールシグノ キャップ式 太字 1.0mm ホワイトインクボールペン UM-153]

uni-ball SigNo 太字|キャップ式長軸〔CL〕|UM153.25

三菱鉛筆 UM153.25 [ユニボールシグノ キャップ式 太字 1.0mm 金インクボールペン UM-153]

uni-ball SigNo 太字|キャップ式長軸〔CL〕|UM153.26

三菱鉛筆 UM153.26 [ユニボールシグノ キャップ式 太字 1.0mm 銀インクボールペン UM-153]

uni-ball SigNo エンジェリックカラー|キャップ式長軸〔CL〕|UM120AC.1〔生産終了〕

ユニボール シグノ エンジェリックカラー|ユニボール シグノ エンジェリックカラー|三菱鉛筆株式会社

三菱鉛筆 UM120AC.1 [ユニボールシグノ エンジェリックカラー 0.7mm ACホワイトインクボールペン UM-120AC]

uni-ball SigNo|キャップ式短軸〔CS〕|ヨドバシ

キャップ式短軸〔CS〕のボディに対しては、この記事の最も下にある「[uni-ball SigNoの替芯]と[uni-ball SigNoの軸]との互換性」において、先頭が[CS]になっている替芯を使えばよい。

uni-ball SigNo|キャップ式短軸〔CS〕|UM15128.24

三菱鉛筆 UM15128.24 [ユニボールシグノ 極細 0.28mm 黒インクボールペン UM-151-28]

三菱鉛筆 UM151281P.24 [UM-151-28 1P ユニボール シグノ 超極細 0.28mm 黒]

uni-ball SigNo|キャップ式短軸〔CS〕|UM15128.15

三菱鉛筆 UM15128.15 [ユニボールシグノ 極細 0.28mm 赤インクボールペン UM-151-28]

三菱鉛筆 UM151281P.15 [UM-151-28 1P ユニボール シグノ 超極細 0.28mm 赤]

uni-ball SigNo|キャップ式短軸〔CS〕|UM15128.33

三菱鉛筆 UM15128.33 [ユニボールシグノ 極細 0.28mm 青インクボールペン UM-151-28]

三菱鉛筆 UM151281P.33 [UM-151-28 1P ユニボール シグノ 超極細 0.28mm 青]

uni-ball SigNo|キャップ式短軸〔CS〕|UM15128.13

三菱鉛筆 UM15128.13 [ユニボールシグノ 極細 0.28mm ピンクインクボールペン UM-151-28]

uni-ball SigNo|キャップ式短軸〔CS〕|UM15128.4

三菱鉛筆 UM15128.4 [ユニボールシグノ 極細 0.28mm オレンジインクボールペン UM-151-28]

uni-ball SigNo|キャップ式短軸〔CS〕|UM15128.64

三菱鉛筆 UM15128.64 [ユニボールシグノ 極細 0.28mm ブルーブラックインクボールペン UM-151-28]

uni-ball SigNo|キャップ式短軸〔CS〕|UM15128.22

三菱鉛筆 UM15128.22 [ユニボールシグノ 極細 0.28mm ブラウンブラックインクボールペン UM-151-28]

uni-ball SigNo|キャップ式短軸〔CS〕|UM151.24

三菱鉛筆 UM151.24 [ユニボールシグノ 極細 0.38mm 黒インクボールペン UM-151]

uni-ball SigNo|キャップ式短軸〔CS〕|UM151.15

三菱鉛筆 UM151.15 [ユニボールシグノ 極細 0.38mm 赤インクボールペン UM-151]

uni-ball SigNo|キャップ式短軸〔CS〕|UM151.68

三菱鉛筆 UM151.68 [UM-151 ユニボール シグノ 極細 0.38mm ベビーピンク]

uni-ball SigNo|キャップ式短軸〔CS〕|UM151.67

三菱鉛筆 UM151.67 [UM-151 ユニボール シグノ 極細 0.38mm ピュアピンク]

uni-ball SigNo|キャップ式短軸〔CS〕|UM151.13

三菱鉛筆 UM151.13 [ユニボールシグノ 極細 0.38mm ピンクインクボールペン UM-151]

uni-ball SigNo|キャップ式短軸〔CS〕|UM151.60

三菱鉛筆 UM151.60 [ユニボールシグノ 極細 0.38mm ボルドーブラックインクボールペン UM-151]

uni-ball SigNo|キャップ式短軸〔CS〕|UM151.38

三菱鉛筆 UM151.38 [UM-151 ユニボール シグノ 極細 0.38mm マンダリンオレンジ]

uni-ball SigNo|キャップ式短軸〔CS〕|UM151.4

三菱鉛筆 UM151.4 [ユニボールシグノ 極細 0.38mm オレンジインクボールペン UM-151]

uni-ball SigNo|キャップ式短軸〔CS〕|UM151.69

三菱鉛筆 UM151.69 [UM-151 ユニボール シグノ 極細 0.38mm ゴールデンイエロー]

uni-ball SigNo|キャップ式短軸〔CS〕|UM151.2

三菱鉛筆 UM151.2 [UM-151 ユニボール シグノ 極細 0.38mm イエロー]

uni-ball SigNo|キャップ式短軸〔CS〕|UM151.72

三菱鉛筆 UM151.72 [UM-151 ユニボール シグノ 極細 0.38mm アップルグリーン]

uni-ball SigNo|キャップ式短軸〔CS〕|UM151.5

三菱鉛筆 UM151.5 [UM-151 ユニボール シグノ 極細 0.38mm ライムグリーン]

uni-ball SigNo|キャップ式短軸〔CS〕|UM151.6

三菱鉛筆 UM151.6 [ユニボールシグノ 極細 0.38mm 緑インクボールペン UM-151]

uni-ball SigNo|キャップ式短軸〔CS〕|UM151.31

三菱鉛筆 UM151.31 [ユニボールシグノ 極細 0.38mm エメラルドインクボールペン UM-151]

uni-ball SigNo|キャップ式短軸〔CS〕|UM151.7

三菱鉛筆 UM151.7 [ユニボールシグノ 極細 0.38mm グリーンブラックインクボールペン UM-151]

uni-ball SigNo|キャップ式短軸〔CS〕|UM151.39

三菱鉛筆 UM151.39 [UM-151 ユニボール シグノ 極細 0.38mm ブルーグリーン]

uni-ball SigNo|キャップ式短軸〔CS〕|UM151.48

三菱鉛筆 UM151.48 [UM-151 ユニボール シグノ 極細 0.38mm スカイブルー]

uni-ball SigNo|キャップ式短軸〔CS〕|UM151.8

三菱鉛筆 UM151.8 [ユニボールシグノ 極細 0.38mm ライトブルーインクボールペン UM-151]

uni-ball SigNo|キャップ式短軸〔CS〕|UM151.33

三菱鉛筆 UM151.33 [ユニボールシグノ 極細 0.38mm 青インクボールペン UM-151]

uni-ball SigNo|キャップ式短軸〔CS〕|UM151.10

三菱鉛筆 UM151.10 [UM-151 ユニボール シグノ 極細 0.38mm プルシアンブルー]

uni-ball SigNo|キャップ式短軸〔CS〕|UM151.64

三菱鉛筆 UM151.64 [ユニボールシグノ 極細 0.38mm ブルーブラックインクボールペン UM-151]

uni-ball SigNo|キャップ式短軸〔CS〕|UM151.12

三菱鉛筆 UM151.12 [ユニボールシグノ 極細 0.38mm 紫インクボールペン UM-151]

uni-ball SigNo|キャップ式短軸〔CS〕|UM151.11

三菱鉛筆 UM151.11 [UM-151 ユニボール シグノ 極細 0.38mm パープル]

uni-ball SigNo|キャップ式短軸〔CS〕|UM151.34

三菱鉛筆 UM151.34 [UM-151 ユニボール シグノ 極細 0.38mm ライラック]

uni-ball SigNo|キャップ式短軸〔CS〕|UM151.21

三菱鉛筆 UM151.21 [UM-151 ユニボール シグノ 極細 0.38mm ブラウン]

uni-ball SigNo|キャップ式短軸〔CS〕|UM151.29

三菱鉛筆 UM151.29 [UM-151 ユニボール シグノ 極細 0.38mm カーキ]

uni-ball SigNo|キャップ式短軸〔CS〕|UM151.45

三菱鉛筆 UM151.45 [UM-151 ユニボール シグノ 極細 0.38mm ベージュ]

uni-ball SigNo|キャップ式短軸〔CS〕|UM151.22

三菱鉛筆 UM151.22 [ユニボールシグノ 極細 0.38mm ブラウンブラックインクボールペン UM-151]

uni-ball SigNo|キャップ式短軸〔CS〕|UM151.61

三菱鉛筆 UM151.61 [UM-151 ユニボール シグノ 極細 0.38mm ダークグレー]

uni-ball SigNo|キャップ式短軸〔CS〕|UM151.23

三菱鉛筆 UM151.23 [UM-151 ユニボール シグノ 極細 0.38mm グレー]

uni-ball SigNo|キャップ式短軸〔CS〕|UM15105.24

三菱鉛筆 UM15105.24 [UM-151-05 ユニボール シグノ 0.5mm 黒]

uni-ball SigNo|キャップ式短軸〔CS〕|UM15105.15

三菱鉛筆 UM15105.15 [UM-151-05 ユニボール シグノ 0.5mm 赤]

uni-ball SigNo|キャップ式短軸〔CS〕|UM15105.33

三菱鉛筆 UM15105.33 [UM-151-05 ユニボール シグノ 0.5mm 青]

uni-ball SigNo|キャップ式短軸〔CS〕|UM15105.13

三菱鉛筆 UM15105.13 [UM-151-05 ユニボール シグノ 0.5mm ピンク]

uni-ball SigNo|キャップ式短軸〔CS〕|UM15105.4

三菱鉛筆 UM15105.4 [UM-151-05 ユニボール シグノ 0.5mm オレンジ]

uni-ball SigNo|キャップ式短軸〔CS〕|UM15105.64

三菱鉛筆 UM15105.64 [UM-151-05 ユニボール シグノ 0.5mm ブルーブラック]

uni-ball SigNo|キャップ式短軸〔CS〕|UM15105.22

三菱鉛筆 UM15105.22 [UM-151-05 ユニボール シグノ 0.5mm ブラウンブラック]

uni-ball SigNo|キャップ式短軸〔CS〕|UM15128〔生産終了〕

三菱鉛筆 UM15128.6 [ユニボールシグノ 極細 0.28mm 緑インクボールペン UM-151-28]
三菱鉛筆 UM15128.8 [ユニボールシグノ 極細 0.28mm ライトブルーインクボールペン UM-151-28]
三菱鉛筆 UM15128.31 [ユニボールシグノ 極細 0.28mm エメラルドインクボールペン UM-151-28]
三菱鉛筆 UM15128.5 [UM-151-28 ユニボール シグノ 超極細 0.28mm ライムグリーン]
三菱鉛筆 UM15128.38 [UM-151-28 ユニボール シグノ 超極細 0.28mm マンダリンオレンジ]
三菱鉛筆 UM15128.48 [UM-151-28 ユニボール シグノ 超極細 0.28mm スカイブルー]
三菱鉛筆 UM15128.67 [UM-151-28 ユニボール シグノ 超極細 0.28mm ピュアピンク]
三菱鉛筆 UM15128.69 [UM-151-28 ユニボール シグノ 超極細 0.28mm ゴールデンイエロー]
三菱鉛筆 UM15128.12 [UM-151-28 ユニボール シグノ 超極細 0.28mm 紫]

uni-ball SigNo|キャップ式短軸〔CS〕|UM151〔生産終了〕

三菱鉛筆 UM151.51 [UM-151 ユニボール シグノ 極細 0.38mm ライトピンク]

uni-ball SigNo|キャップ式短軸〔CS〕|UM15105〔生産終了〕

三菱鉛筆 UM15105.5 [UM-151-05 ユニボール シグノ 0.5mm ライムグリーン]
三菱鉛筆 UM15105.6 [UM-151-05 ユニボール シグノ 0.5mm 緑]
三菱鉛筆 UM15105.8 [UM-151-05 ユニボール シグノ 0.5mm ライトブルー]
三菱鉛筆 UM15105.12 [UM-151-05 ユニボール シグノ 0.5mm 紫]
三菱鉛筆 UM15105.31 [UM-151-05 ユニボール シグノ 0.5mm エメラルド]
三菱鉛筆 UM15105.38 [UM-151-05 ユニボール シグノ 0.5mm マンダリンオレンジ]
三菱鉛筆 UM15105.48 [UM-151-05 ユニボール シグノ 0.5mm スカイブルー]
三菱鉛筆 UM15105.67 [UM-151-05 ユニボール シグノ 0.5mm ピュアピンク]
三菱鉛筆 UM15105.68 [UM-151-05 ユニボール シグノ 0.5mm ベビーピンク]
三菱鉛筆 UM15105.69 [UM-151-05 ユニボール シグノ 0.5mm ゴールデンイエロー]

uni-ball SigNo|ノック式軸〔C300〕|ヨドバシ

ノック式軸〔C300〕のボディに対しては、この記事の最も下にある項目において、先頭が[C300]になっている替芯を使えばよい。

uni-ball SigNo|ノック式軸〔C300〕|UMN155N28.24

三菱鉛筆 UMN155N28.24 [ユニボール シグノ RT1 極細なのになめらか RT1 0.28mm 黒]

uni-ball SigNo|ノック式軸〔C300〕|UMN155N28.15

三菱鉛筆 UMN155N28.15 [ユニボール シグノ RT1 極細なのになめらか RT1 0.28mm 赤]

uni-ball SigNo|ノック式軸〔C300〕|UMN155N28.33

三菱鉛筆 UMN155N28.33 [ユニボール シグノ RT1 極細なのになめらか RT1 0.28mm 青]

uni-ball SigNo|ノック式軸〔C300〕|UMN155N28.68

三菱鉛筆 UMN155N28.68 [ユニボール シグノ RT1 極細なのになめらか RT1 0.28mm ベビーピンク]

uni-ball SigNo|ノック式軸〔C300〕|UMN155N28.4

三菱鉛筆 UMN155N28.4 [ユニボール シグノ RT1 極細なのになめらか 0.28mm オレンジ]

uni-ball SigNo|ノック式軸〔C300〕|UMN155N28.5

三菱鉛筆 UMN155N28.5 [ユニボール シグノ RT1 極細なのになめらか RT1 0.28mm ライムグリーン]

uni-ball SigNo|ノック式軸〔C300〕|UMN155N28.6

三菱鉛筆 UMN155N28.6 [ユニボール シグノ RT1 極細なのになめらか RT1 0.28mm グリーン]

uni-ball SigNo|ノック式軸〔C300〕|UMN155N28.8

三菱鉛筆 UMN155N28.8 [ユニボール シグノ RT1 極細なのになめらか RT1 0.28mm ライトブルー]

uni-ball SigNo|ノック式軸〔C300〕|UMN155N28.64

三菱鉛筆 UMN155N28.64 [ユニボール シグノ RT1 極細なのになめらか RT1 0.28mm ブルーブラック]

uni-ball SigNo|ノック式軸〔C300〕|UMN155N28.12

三菱鉛筆 UMN155N28.12 [ユニボール シグノ RT1 極細なのになめらか RT1 0.28mm バイオレット]

uni-ball SigNo|ノック式軸〔C300〕|UMN155N38.24

三菱鉛筆 UMN155N38.24 [ユニボール シグノ RT1 極細なのになめらか RT1 0.38mm 黒]

uni-ball SigNo|ノック式軸〔C300〕|UMN155N38.15

三菱鉛筆 UMN155N38.15 [ユニボール シグノ RT1 極細なのになめらか RT1 0.38mm 赤]

uni-ball SigNo|ノック式軸〔C300〕|UMN155N38.33

三菱鉛筆 UMN155N38.33 [ユニボール シグノ RT1 極細なのになめらか RT1 0.38mm 青]

uni-ball SigNo|ノック式軸〔C300〕|UMN155N38.68

三菱鉛筆 UMN155N38.68 [ユニボール シグノ RT1 極細なのになめらか RT1 0.38mm ベビーピンク]

uni-ball SigNo|ノック式軸〔C300〕|UMN155N38.4

三菱鉛筆 UMN155N38.4 [ユニボール シグノ RT1 極細なのになめらか RT1 0.38mm オレンジ]

uni-ball SigNo|ノック式軸〔C300〕|UMN155N38.5

三菱鉛筆 UMN155N38.5 [ユニボール シグノ RT1 極細なのになめらか RT1 0.38mm ライムグリーン]

uni-ball SigNo|ノック式軸〔C300〕|UMN155N38.6

三菱鉛筆 UMN155N38.6 [ユニボール シグノ RT1 極細なのになめらか RT1 0.38mm グリーン]

uni-ball SigNo|ノック式軸〔C300〕|UMN155N38.8

三菱鉛筆 UMN155N38.8 [ユニボール シグノ RT1 極細なのになめらか RT1 0.38mm ライトブルー]

uni-ball SigNo|ノック式軸〔C300〕|UMN155N38.64

三菱鉛筆 UMN155N38.64 [ユニボール シグノ RT1 極細なのになめらか RT1 0.38mm ブルーブラック]

uni-ball SigNo|ノック式軸〔C300〕|UMN155N38.12

三菱鉛筆 UMN155N38.12 [ユニボール シグノ RT1 極細なのになめらか RT1 0.38mm バイオレット]

uni-ball SigNo|ノック式軸〔C300〕|UMN155N05.24

三菱鉛筆 UMN155N05.24 [ユニボール シグノ RT1 極細なのになめらか RT1 0.5mm 黒]

uni-ball SigNo|ノック式軸〔C300〕|UMN155N05.15

三菱鉛筆 UMN155N05.15 [ユニボール シグノ RT1 極細なのになめらか RT1 0.5mm 赤]

uni-ball SigNo|ノック式軸〔C300〕|UMN155N05.33

三菱鉛筆 UMN155N05.33 [ユニボール シグノ RT1 極細なのになめらか RT1 0.5mm 青]

uni-ball SigNo|ノック式軸〔C300〕|UMN155N05.68

三菱鉛筆 UMN155N05.68 [ユニボール シグノ RT1 極細なのになめらか RT1 0.5mm ベビーピンク]

uni-ball SigNo|ノック式軸〔C300〕|UMN155N05.4

三菱鉛筆 UMN155N05.4 [ユニボール シグノ RT1 極細なのになめらか RT1 0.5mm オレンジ]

uni-ball SigNo|ノック式軸〔C300〕|UMN155N05.5

三菱鉛筆 UMN155N05.5 [ユニボール シグノ RT1 極細なのになめらか RT1 0.5mm ライムグリーン]

uni-ball SigNo|ノック式軸〔C300〕|UMN155N05.6

三菱鉛筆 UMN155N05.6 [ユニボール シグノ RT1 極細なのになめらか RT1 0.5mm グリーン]

uni-ball SigNo|ノック式軸〔C300〕|UMN155N05.8

三菱鉛筆 UMN155N05.8 [ユニボール シグノ RT1 極細なのになめらか RT1 0.5mm ライトブルー]

uni-ball SigNo|ノック式軸〔C300〕|UMN155N05.64

三菱鉛筆 UMN155N05.64 [ユニボール シグノ RT1 極細なのになめらか RT1 0.5mm ブルーブラック]

uni-ball SigNo|ノック式軸〔C300〕|UMN155N05.12

三菱鉛筆 UMN155N05.12 [ユニボール シグノ RT1 極細なのになめらか RT1 0.5mm バイオレット]

uni-ball SigNo|ノック式軸〔C300〕|UMN103.24

三菱鉛筆 UMN103.24 [ユニボールシグノ RT ノック式 0.38mm 黒インクボールペン UMN-103]

三菱鉛筆 UMN1031P.24 [UMN-103 1P 黒 24]

三菱鉛筆 UMN1035P.24 [UMN-103 5P ユニボール シグノ RT 0.38mm 黒 5本入り]

uni-ball SigNo|ノック式軸〔C300〕|UMN103.15

三菱鉛筆 UMN103.15 [ユニボールシグノ RT ノック式 0.38mm 赤インクボールペン UMN-103]

uni-ball SigNo|ノック式軸〔C300〕|UMN103.33

三菱鉛筆 UMN103.33 [ユニボールシグノ RT ノック式 0.38mm 青インクボールペン UMN-103]

uni-ball SigNo|ノック式軸〔C300〕|UMN103.64

三菱鉛筆 UMN103.64 [ユニボールシグノ RT ノック式 0.38mm ブルーブラックインクボールペン UMN-103]

uni-ball SigNo|ノック式軸〔C300〕|UMN103.4

三菱鉛筆 UMN103.4 [ユニボールシグノ RT ノック式 0.38mm オレンジインクボールペン UMN-103]

uni-ball SigNo|ノック式軸〔C300〕|UMN105.24

三菱鉛筆 UMN105.24 [ユニボールシグノ RT ノック式 0.5mm 黒インクボールペン UMN-105]

uni-ball SigNo|ノック式軸〔C300〕|UMN105.15

三菱鉛筆 UMN105.15 [ユニボールシグノ RT ノック式 0.5mm 赤インクボールペン UMN-105]

uni-ball SigNo|ノック式軸〔C300〕|UMN105.33

三菱鉛筆 UMN105.33 [ユニボールシグノ RT ノック式 0.5mm 青インクボールペン UMN-105]

uni-ball SigNo|ノック式軸〔C300〕|UMN105EW.24

三菱鉛筆 UMN-105EW [ユニボール シグノ RT 0.5mm エコライター 黒]

uni-ball SigNo|ノック式軸〔C300〕|UMN105EW.15

not on sale at Yodobashi

uni-ball SigNo|ノック式軸〔C300〕|UMN105EW.33

not on sale at Yodobashi

uni-ball SigNo|ノック式軸〔C300〕|UMN103〔生産終了〕

三菱鉛筆 UMN103.13 [ユニボールシグノ RT ノック式 0.38mm ピンクインクボールペン UMN-103]

三菱鉛筆 UMN103.8 [ユニボールシグノ RT ノック式 0.38mm ライトブルーインクボールペン UMN-103]

[uni-ball SigNoの替芯]と[uni-ball SigNoの軸]との互換性

  • uni-ball SigNoの替芯は[キャップ式短軸〔CS〕][キャップ式長軸〔CL〕][C300系][多機能]に大きく分類されます。
  • [キャップ式短軸〔CS〕][キャップ式長軸〔CL〕][多機能]だけが例外で、他はすべて[C300系]だと考えていいようです〔保証はできませんので自己責任でお願いします〕。
    • [キャップ式短軸〔CS〕]:一部
    • [キャップ式長軸〔CL〕]:一部
    • [C300系]:大多数
    • [多機能]:ごく一部
  • つまり、以下で【C300】で始まる替芯は、uni-ball SigNoのノック式ボディになら、適合すると思います〔保証はできませんので自己責任でお願いします〕。
  • また以下で【C300】で始まる替芯は、他社のC300系のボディにも適合するはずです〔保証はできませんので自己責任でお願いします〕。
  • [キャップ式短軸〔CS〕][キャップ式長軸〔CL〕]は、口金=ビーク〔beakビーク=クチバシ〕の規格が同じであり、互換性があります。
  • [キャップ式短軸〔CS〕]の替芯を、[キャップ式長軸〔CL〕]のボディに装着しても、まったく問題なく使用できます。 口金=ビークのネジによって、替芯とボディとを密着させることだけで替芯を支えているからです。 [替芯はボディの尾部に接触していません]=[ボディの尾部に支えられて替芯が固定されているのではありません]。
  • [キャップ式長軸〔CL〕]の替芯は、長すぎて、[キャップ式短軸〔CS〕]のボディには収まりません〔不適合〕。
  • [uni-ball SigNo 307の替芯]は特殊であり、速乾性であるエナージェル、SARASAdryと同じようなものですので注意してください。
  • [uni-ball SigNo R:Eの替芯]は特殊であり、こすると消える、フリクションボールと同じようなものですので注意してください。
  • [uni-ball SigNo RT1]は替芯先端部のチップとボールとのフチをなめらかに加工してあり、カリカリ引っかかる書き味を払拭したものです。 ただし、ぺんてるのハイブリッドやエナージェルでは、何の宣言もしていなくても、替芯先端部のチップとボールとのフチをなめらかに加工してあり、カリカリ引っかかる感じが払拭されています。 ゼブラのSARASAのチップとボールとのフチは荒削りであり、ボール径が小さい〔0.3mm、0.4mm、0.5mm〕と引っかかります。 uni-ball SigNoのチップとボールとのフチは、SARASAほどではありませんけれども、多少荒削りであり、ボール径が小さいと引っかかります。 uni-ball SigNoにおいて、わざわざRT1を買う価値があるのは、ボール径が0.28mmの場合ぐらいです。 0.38mmとなると、RTでも許容範囲のカリカリ度合いであり、0.5mmになると、RT1を選ぶ意味はほとんどないと思います。

[キャップ式長軸〔CL〕]

【CL◆ボール径0.5◆適合軸】:uni-ball SigNo スタンダード UM-100◆uni-ball SigNo エコライター UM-100 EW◆uni-ball SigNo GP UM-115●●●UMR5.24

三菱鉛筆 UMR5.24 [ユニボール シグノ 0.5mm 替芯 黒]

【CL◆ボール径0.5◆適合軸】:uni-ball SigNo スタンダード UM-100◆uni-ball SigNo エコライター UM-100 EW◆uni-ball SigNo GP UM-115●●●UMR5.15

三菱鉛筆 UMR5.15 [ユニボール シグノ 0.5mm 替芯 赤]

【CL◆ボール径0.5◆適合軸】:uni-ball SigNo スタンダード UM-100◆uni-ball SigNo エコライター UM-100 EW◆uni-ball SigNo GP UM-115●●●UMR5.33

三菱鉛筆 UMR5.33 [ユニボール シグノ 0.5mm 替芯 青]

【CL◆ボール径0.5◆適合軸】:uni-ball SigNo スタンダード UM-100◆uni-ball SigNo エコライター UM-100 EW◆uni-ball SigNo GP UM-115●●●UMR5.64

三菱鉛筆 UMR5.64 [ユニボール シグノ 0.5mm 替芯 ブルーブラック]

【CL◆ボール径1.0◆適合軸】:uni-ball SigNo 太字 UM-153●●●UMR10.24

三菱鉛筆 UMR10.24 [ユニボール シグノ 太字 1.0mm 替芯 黒]

【CL◆ボール径1.0◆適合軸】:uni-ball SigNo 太字 UM-153●●●UMR10.15

三菱鉛筆 UMR10.15 [ユニボール シグノ 太字 1.0mm 替芯 赤]

【CL◆ボール径1.0◆適合軸】:uni-ball SigNo 太字 UM-153●●●UMR10.33

三菱鉛筆 UMR10.33 [ユニボール シグノ 太字 1.0mm 替芯 青]

【CL◆ボール径1.0◆適合軸】:uni-ball SigNo 太字 UM-153●●●UMR10.64

三菱鉛筆 UMR 10.64 [ユニボール シグノ 太字 1.0mm 替芯 ブルーブラック]

[キャップ式短軸〔CS〕]

【CS◆ボール径0.28◆適合軸】:uni-ball SigNo 超極細 UM-151-28●●●UMR128.24

三菱鉛筆 UMR128.24 [ユニボール シグノ 超極細 0.28mm 替芯 黒]

【CS◆ボール径0.28◆適合軸】:uni-ball SigNo 超極細 UM-151-28●●●UMR128.15

三菱鉛筆 UMR128.15 [ユニボール シグノ 極細 0.28mm 替芯 赤]

【CS◆ボール径0.38◆適合軸】:uni-ball SigNo 極細 UM-151●●●UMR1.24

三菱鉛筆 UMR1.24 [ユニボール シグノ 極細 0.38mm 替芯 黒]

【CS◆ボール径0.38◆適合軸】:uni-ball SigNo 極細 UM-151●●●UMR1.15

三菱鉛筆 UMR1.15 [ユニボール シグノ 極細 0.38mm 替芯 赤]

【CS◆ボール径0.38◆適合軸】:uni-ball SigNo 極細 UM-151●●●UMR1.33

三菱鉛筆 UMR1.33 [ユニボール シグノ 極細 0.38mm 替芯 青]

【CS◆ボール径0.38◆適合軸】:uni-ball SigNo 極細 UM-151●●●UMR1.64

三菱鉛筆 UMR1.64 [ユニボール シグノ 極細 0.38mm 替芯 ブルーブラック]

【CS◆ボール径0.5◆適合軸】:uni-ball SigNo UM-151-05●●●UMR105.24

三菱鉛筆 UMR105.24 [ユニボール シグノ 0.5mm 替芯 黒]

【CS◆ボール径0.5◆適合軸】:uni-ball SigNo UM-151-05●●●UMR105.15

三菱鉛筆 UMR105.15 [ユニボール シグノ 0.5mm 替芯 赤]

【CS◆ボール径0.5◆適合軸】:uni-ball SigNo UM-151-05●●●UMR105.33

三菱鉛筆 UMR105.33 [ユニボール シグノ 0.5mm 替芯 青]

[ノック式軸〔C300〕]

【C300◆ボール径0.28◆適合軸】:uni-ball SigNo RT1 UMN-155N-28●●●UMR82.24

三菱鉛筆 UMR82.24 [ユニボール シグノ 超極細 0.28mm 替芯 黒]

【C300◆ボール径0.28◆適合軸】:uni-ball SigNo RT1 UMN-155N-28●●●UMR82.15

三菱鉛筆 UMR82.15 [ユニボール シグノ 超極細 0.28mm 替芯 赤]

【C300◆ボール径0.28◆適合軸】:uni-ball SigNo RT1 UMN-155N-28●●●UMR82.33

三菱鉛筆 UMR82.33 [ユニボール シグノ 超極細 0.28mm 替芯 青]

【C300◆ボール径0.38◆適合軸】:uni-ball SigNo RT1 UMN-155N-38◆uni-ball SigNo RT1 UMN-155C-38◆uni-ball SigNo RT UMN-103◆uni-ball SigNo 207 UMN-207-38●●●UMR83.24

三菱鉛筆 UMR83.24 [ユニボール シグノ 極細 0.38mm 替芯 黒]

【C300◆ボール径0.38◆適合軸】:uni-ball SigNo RT1 UMN-155N-38◆uni-ball SigNo RT1 UMN-155C-38◆uni-ball SigNo RT UMN-103◆uni-ball SigNo 207 UMN-207-38●●●UMR83.15

三菱鉛筆 UMR83-15 [ユニボール シグノ 極細 0.38mm 替芯 赤]

【C300◆ボール径0.38◆適合軸】:uni-ball SigNo RT1 UMN-155N-38◆uni-ball SigNo RT1 UMN-155C-38◆uni-ball SigNo RT UMN-103◆uni-ball SigNo 207 UMN-207-38●●●UMR83.33

三菱鉛筆 UMR83-33 [ユニボール シグノ 極細 0.38mm 替芯 青]

【C300◆ボール径0.38◆適合軸】:uni-ball SigNo RT1 UMN-155N-38◆uni-ball SigNo RT1 UMN-155C-38◆uni-ball SigNo RT UMN-103◆uni-ball SigNo 207 UMN-207-38●●●UMR83.64

三菱鉛筆 UMR83.64 [ゲルインクボールペン 替芯 0.38mm ブルーブラック]

【C300◆ボール径0.5◆適合軸】:uni-ball SigNo RT1 UMN-155N-05◆uni-ball SigNo RT UMN-105◆uni-ball SigNo RT UMN-105C◆uni-ball SigNo RT エコライターUMN-105EW◆uni-ball SigNo ノック式 UMN-152◆uni-ball SigNo 207 UMN-207-05◆ピュアモルト UMN-515●●●UMR85N.24

三菱鉛筆 UMR85N.24 UMR-85N クロ 24

【C300◆ボール径0.5◆適合軸】:uni-ball SigNo RT1 UMN-155N-05◆uni-ball SigNo RT UMN-105◆uni-ball SigNo RT UMN-105C◆uni-ball SigNo RT エコライターUMN-105EW◆uni-ball SigNo ノック式 UMN-152◆uni-ball SigNo 207 UMN-207-05◆ピュアモルト UMN-515●●●UMR85N.15

三菱鉛筆 UMR85N.15 UMR-85N アカ 15

【C300◆ボール径0.5◆適合軸】:uni-ball SigNo RT1 UMN-155N-05◆uni-ball SigNo RT UMN-105◆uni-ball SigNo RT UMN-105C◆uni-ball SigNo RT エコライターUMN-105EW◆uni-ball SigNo ノック式 UMN-152◆uni-ball SigNo 207 UMN-207-05◆ピュアモルト UMN-515●●●UMR85N.33

三菱鉛筆 UMR85N.33 UMR-85N アオ 33

【C300◆ボール径0.5◆適合軸】:uni-ball SigNo RT1 UMN-155N-05◆uni-ball SigNo RT UMN-105◆uni-ball SigNo RT UMN-105C◆uni-ball SigNo RT エコライターUMN-105EW◆uni-ball SigNo ノック式 UMN-152◆uni-ball SigNo 207 UMN-207-05◆ピュアモルト UMN-515●●●UMR85N.64

三菱鉛筆 UMR85N.64 UMR-85N ブルーブラック 64

【C300◆ボール径0.7◆適合軸】:uni-ball SigNo ノック式 UMN-152-07◆uni-ball SigNo 207 UMN-207-07●●●UMR87.24

三菱鉛筆 UMR87.24 [ユニボール シグノ 0.7mm 替芯 黒]

【C300◆ボール径0.7◆適合軸】:uni-ball SigNo ノック式 UMN-152-07◆uni-ball SigNo 207 UMN-207-07●●●UMR87.15

三菱鉛筆 UMR87.15 [ユニボール シグノ 0.7mm 替芯 赤]

【C300◆ボール径0.38◆適合軸】:uni-ball SigNo 307 UMN-307-38●●●UMR83E.24

三菱鉛筆 UMR83E.24 [ユニボール シグノ UMN-307-38シリーズ用 替芯 0.38mm 黒]

【C300◆ボール径0.38◆適合軸】:uni-ball SigNo 307 UMN-307-38●●●UMR83E.15

三菱鉛筆 UMR83E.15 [ユニボール シグノ UMN-307-38シリーズ用 替芯 0.38mm 赤]

【C300◆ボール径0.38◆適合軸】:uni-ball SigNo 307 UMN-307-38●●●UMR83E.33

三菱鉛筆 UMR83E.33 [ユニボール シグノ UMN-307-38シリーズ用 替芯 0.38mm 青]

【C300◆ボール径0.5◆適合軸】:uni-ball SigNo 307 UMN-307-05●●●UMR85E.24

三菱鉛筆 UMR-85E [ユニボール シグノ 307 専用リフィル 0.5mm ブラック]

【C300◆ボール径0.5◆適合軸】:uni-ball SigNo 307 UMN-307-05●●●UMR85E.15

三菱鉛筆 UMR-85E [ユニボール シグノ 307 専用リフィル 0.5mm レッド]

【C300◆ボール径0.5◆適合軸】:uni-ball SigNo 307 UMN-307-05●●●UMR85E.33

三菱鉛筆 UMR-85E [ユニボール シグノ 307 専用リフィル 0.5mm ブルー]

【C300◆ボール径0.7◆適合軸】:uni-ball SigNo 307 UMN-307-07●●●UMR87E.24

三菱鉛筆 UMR-87E [ユニボール シグノ 307 専用リフィル 0.7mm ブラック]

【C300◆ボール径0.7◆適合軸】:uni-ball SigNo 307 UMN-307-07●●●UMR87E.15

三菱鉛筆 UMR-87E [ユニボール シグノ 307 専用リフィル 0.7mm レッド]

【C300◆ボール径0.7◆適合軸】:uni-ball SigNo 307 UMN-307-07●●●UMR87E.33

三菱鉛筆 UMR-87E [ユニボール シグノ 307 専用リフィル 0.7mm ブルー]

【C300◆ボール径0.38◆適合軸】:uni-ball R:E URN-180-38◆uni-ball R:E URN-235-38●●●URR10038.24

三菱鉛筆 URR10038.24 [URR-100-38 ユニボールR:E0.38替芯 オフブラック]

【C300◆ボール径0.38◆適合軸】:uni-ball R:E URN-180-38◆uni-ball R:E URN-235-38●●●URR10038.15

三菱鉛筆 URR10038.15 [URR-100-38 ユニボールR:E0.38替芯 ローズレッド]

【C300◆ボール径0.38◆適合軸】:uni-ball R:E URN-180-38◆uni-ball R:E URN-235-38●●●URR10038.33

三菱鉛筆 URR10038.33 [URR-100-38 ユニボールR:E0.38替芯 コバルトブルー]

【C300◆ボール径0.5◆適合軸】:uni-ball R:E URN-180-05◆uni-ball R:E URN-235-05◆uni-ball R:E+ URP-800-05 1P◆URN-200D-05●●●URR10005.24

三菱鉛筆 URR10005.24 [消せるゲルインクボールペン ユニボールR:E専用替芯 オフブラック]

【C300◆ボール径0.5◆適合軸】:uni-ball R:E URN-180-05◆uni-ball R:E URN-235-05◆uni-ball R:E+ URP-800-05 1P◆URN-200D-05●●●URR10005.15

三菱鉛筆 URR10005.15 [消せるゲルインクボールペン ユニボールR:E専用替芯 ローズレッド]

【C300◆ボール径0.5◆適合軸】:uni-ball R:E URN-180-05◆uni-ball R:E URN-235-05◆uni-ball R:E+ URP-800-05 1P◆URN-200D-05●●●URR10005.33

三菱鉛筆 URR10005.33 [消せるゲルインクボールペン ユニボールR:E専用替芯 コバルトブルー]

【多機能◆ボール径0.5◆適合軸】:uni-ball R:E URE3-500-05◆URE3-600D-05◆URE3-1000-05●●●URR10305.24

三菱鉛筆 URR10305.24 [ユニボールR:E3リフィール ブラック]

【多機能◆ボール径0.5◆適合軸】:uni-ball R:E URE3-500-05◆URE3-600D-05◆URE3-1000-05●●●URR10305.15

三菱鉛筆 URR10305.15 [ユニボールR:E3リフィール レッド]

【多機能◆ボール径0.5◆適合軸】:uni-ball R:E URE3-500-05◆URE3-600D-05◆URE3-1000-05●●●URR10305.33

三菱鉛筆 URR10305.33 [ユニボールR:E3リフィール ブルー]

【C300◆ボール径0.38◆適合軸】:uni-ball one UMN-S-38◆uni-ball one F UMN-SF-38◆UMN-S-05◆UMN-SF-05◆uni-ball one BT21 UMN-SBT-38●●●UMR38S.24

三菱鉛筆 UMR38S.24 [ゲルインクボールペン uni-ball one(ユニボール ワン) リフィル 0.38mm 黒]

【C300◆ボール径0.38◆適合軸】:uni-ball one UMN-S-38◆uni-ball one F UMN-SF-38◆UMN-S-05◆UMN-SF-05◆uni-ball one BT21 UMN-SBT-38●●●UMR38S.15

三菱鉛筆 UMR38S.15 [ゲルインクボールペン uni-ball one(ユニボール ワン) リフィル 0.38mm 赤]

【C300◆ボール径0.38◆適合軸】:uni-ball one UMN-S-38◆uni-ball one F UMN-SF-38◆UMN-S-05◆UMN-SF-05◆uni-ball one BT21 UMN-SBT-38●●●UMR38S.33

三菱鉛筆 UMR38S.33 [ゲルインクボールペン uni-ball one(ユニボール ワン) リフィル 0.38mm 青]

【C300◆ボール径0.5◆適合軸】:uni-ball one UMN-S-05◆uni-ball one F UMN-SF-05◆UMN-S-38◆UMN-SF-38●●●UMR05S.24

三菱鉛筆 UMR05S.24 [ゲルインクボールペン uni-ball one(ユニボール ワン) リフィル 0.5mm 黒]

【C300◆ボール径0.5◆適合軸】:uni-ball one UMN-S-05◆uni-ball one F UMN-SF-05◆UMN-S-38◆UMN-SF-38●●●UMR05S.15

三菱鉛筆 UMR05S.15 [ゲルインクボールペン uni-ball one(ユニボール ワン) リフィル 0.5mm 赤]

【C300◆ボール径0.5◆適合軸】:uni-ball one UMN-S-05◆uni-ball one F UMN-SF-05◆UMN-S-38◆UMN-SF-38●●●UMR05S.33

三菱鉛筆 UMR05S.33 [ゲルインクボールペン uni-ball one(ユニボール ワン) リフィル 0.5mm 青]