● Table of Contents :

大規模な災害時は通信の輻輳ふくそう〔渋滞〕を回避するためにインターネットはシャットダウンされる|災害時はラジオが頼り

災害情報は、NHKラジオ第一放送〔AM〕を聞きます。 3.11のとき、ラジオやテレビを視聴していた人は、津波の到来をいち早く知り、すぐに高台へ避難しました。 海辺や河口付近で大きな揺れを感じたら、とりあえず高台へ避難します。 高台がない場合、鉄筋コンクリート建築の4階以上へ避難します。

[アナログラジオ]と[デジタルラジオ]

最近設計されたラジオのうち[周波数がデジタル表示されるラジオ]は、すべてDSP〔Digital Signal Processing〕に切り替わっていると思います。

DSPは[ワンチップでつくれるので製造コストを下げることができる][受信性能がよい]のですけれども[電池を食う]ので、防災用としてはイマイチです。

ダイヤル式だけれども内部がDSPになっているラジオの代表が、この記事の最も下にある[TOSHIBA TY-APR4[単4形]2本|FM/AM]です。

AIWA AR-AP40|[単4形]2本|[電源オートオフ]なし|φ3.5mmステレオミニ〔本体天面〕|アナログ|スピーカーなし|本体色:〔白・銀・黒〕|FM76MHz~108MHz

ポケットミニラジオ | アイワ製品 | アイワジャパン株式会社

  • 小型軽量でポケットに入ります。ふだんは使わないけれどもイザというときの[保険]として持ち歩く用途に向きます。
  • 本体がFM STEREO対応なので、φ3.5mmステレオミニイヤホンを差し込んだとき両耳から聞こえます。
  • イヤホンがFMアンテナの役割を果たします。イヤホンがないと、聞けないし、FM受信ができないラジオです。
  • スピーカーなしの[ライターサイズラジオ]なので、割り切りが必要です。
  • アナログなので、電池持続時間は長いはずです。

Panasonic RF-NA35 [単4形]2本|[電源オートオフ]あり|φ2.5mmモノラルミニ〔本体左側面〕〔φ2.5mmの2極のモノラルイヤホンしか適合しません〕|アナログ|スピーカーあり|本体色:〔銀〕|FM76MHz~108MHz

  • 底面が平らではないので、自立するけれど不安定です。
  • 小型軽量でポケットに入ります。ポケットラジオなのにイヤホンジャックが本体左側面にあります。イヤホンジャックはふつう天面に付けます。
  • イヤホンジャックがφ2.5mmモノラルミニという特殊タイプです。
  • イヤホンがFMアンテナの役割を果たします。イヤホンがないと、聞けないし、FM受信ができないラジオです。
  • アナログなので、電池持続時間は長いはずです。

FM/AM 2バンドレシーバー RF-NA35 商品概要 | オーディオ | Panasonic

JVC ジェイブイシー MR-L20 [イヤホン 1m φ2.5mm]
JVC ジェイブイシー MR-L25 [Hi-Fiイヤホン 1m φ2.5mm]
富士パーツ Fuji Parts AD-88 [モノラルイヤホン 1m]
ヤザワ Yazawa TR201BK [ELP突起型モノラルイヤホン φ2.5mm]

SONY ICF-51|[単4形]2本|[電源オートオフ]なし|φ3.5mmモノラルミニ〔本体右側面〕〔3極のステレオミニイヤホンでは片耳からしか音が聞こえません〕〔イヤホンの両耳から音を出すには2極のモノラル両耳イヤホンが必要です〕|アナログ|スピーカーあり|本体色:〔白・赤〕|FM76MHz~108MHz

  • Panasonicのラジオは、ラジオがモノラルでも、3極のステレオミニイヤホンを差し込んだとき両耳から音が聞こえます。
  • しかしSONY ICF-51は、ラジオがモノラルであるのだから、3極のステレオミニイヤホンを差し込んだとき片耳からしか音が聞こえません。
  • FM用ロッドアンテナが付属しているので、イヤホンなしでもFM放送が受信できます。

ICF-51 | ラジオ/CDラジオ・ラジカセ | ソニー

民放AMラジオ44局が2028年秋までにFM化|AM停波もあり得る|AM/FMラジオにしておくのが無難

 「ワイドFM(FM補完放送)対応端末普及を目指す連絡会」幹事局(TBSラジオ、文化放送、ニッポン放送)は2021年6月15日、AMラジオのFM転換に向けたロードマップを発表した。それによると、民放AMラジオ47局のうち44局が2028年秋までにFM局となることを目指す。民間AMラジオ局がFM転換の意向やロードマップの発表を行うのは今回が初めて。
FM転換へ、民間AMラジオ局がロードマップを発表
(出所:ワイドFM(FM補完放送)対応端末普及を目指す連絡会)
[画像のクリックで拡大表示]
 AM放送のFM転換については、日本民間放送連盟(民放連)が「FM補完中継局制度を見直し、遅くとも2028年の再免許時までにAM放送事業者の経営判断によってAM放送からFM放送への転換や両放送の併用を可能とするよう制度を整備する」「2023年の再免許時をメドに一部のエリアで実証実験として長期間にわたりAM放送を停波できるよう、必要な制度的措置を行う」ことを総務省の有識者会議で要望、報告書の提言に反映された。
 総務省は、この有識者会議の提言を受ける形で、2020年10月に「民間ラジオ放送事業者のAM放送のFM放送への転換等に関する『実証実験』の考え方」を公表、いよいよFM転換が具体的になってきていた。この考え方では、「AM転換は各社の経営判断により行われるもの」「転換の時期について画一的に定めるものではない」といった方針が示された。
 AMラジオ各社の経営判断を尊重する形で制度設計が行われる見通しとなったが、各社の取り組みがバラバラだとリスナーに対し不親切であり、ワイドFM対応端末の普及が進まないことも懸念される。そこで、AM各社の意向を集約し、大くくりなロードマップをできるだけ早期に明らかにする必要があると考えて、この日の発表が行われた。
 ロードマップでは、「日本全国の民放AMラジオ47局のうち、44局は、2028年秋までにFM局となることを目指す」とした。北海道と秋田県を除いて、全国の民放AMラジオ局がこの宣言に参加した。なお、2028年秋にFM局となっても、直ちにAM停波を行うことを意味しない。一定数の局はAM波を補完的に活用し続ける予定で、AM併用の形となる。
 さらに、在京3社(TBSラジオ、文化放送、ニッポン放送)は一歩踏み込んだロードマップを示した。早ければ2028年秋の再免許時でのAM停波実現を目指し、3社で協力して様々な課題解決に努めるとした。
 2023年秋の再免許以降に開始される予定の「総務省 AM停波の実証実験」については、AMラジオ47社中、21社が参加を予定する。そのうち、親局の停波を含めた形で実証実験への参加を予定するのは7社、中継局の停波のみの形では14社が参加を予定する。

引用元: 民放AMラジオ44局が2028年秋までにFM化へ、在京3局はAM停波も目指す | 日経クロステック(xTECH)

二十四 「中波放送」とは、五二六・五kHzから一、六〇六・五kHzまでの周波数の電波を使用して音声その他の音響を送る放送をいう。
二十四の二 「短波放送」とは、三MHzから三〇MHzまでの周波数の電波を使用して音声その他の音響を送る放送をいう。
二十五 「超短波放送」とは、三〇MHzを超える周波数の電波を使用して音声その他の音響を送る放送(文字、図形その他の影像又は信号を併せ送るものを含む。)であつて、テレビジヨン放送に該当せず、かつ、他の放送の電波に重畳して行う放送でないものをいう。

引用元: 電波法施行規則 抄

  • 日本では長波〔Long Wave:LW〕は放送されていない。
  • TBSラジオ、文化放送、ニッポン放送などは、電波はMW〔Medium Wave:中波〕で、変調方式はAM〔Amplitude Modulation:振幅変調〕である。 MWを慣例的にAMと言い表している。 それは、FM〔Frequency Modulation:周波数変調〕に対してAMという対称性からである。
  • BayFM〔千葉〕、FM NACK5〔埼玉〕、Fm yokohama〔神奈川〕、J-WAVE〔東京〕、Tokyo FM〔東京〕などは、電波はVHF〔Very High Frequency:超短波〕で、変調方式はFM〔周波数変調〕である。
  • 2バンドラジオは[FM/AM 2バンドラジオ]と呼ばれることが多い。
  • 2バンドラジオに短波〔Short Wave:SW〕が加わると、[FM/AM/SW 3バンドラジオ]または[FM/MW/SW 3バンドラジオ]と呼ばれる。
  • 太陽が当たっているときは、電離層の関係から、短波は遠くまで飛ばない。 したがって、短波は夜にしか受信できないと考えておけば、ほぼ間違いない。
  • 日本の民間放送で、昔は[ラジオたんぱ]と呼ばれ、現在では[ラジオNIKKEI]と呼ばれる、日本の短波放送局がある。 株式市場〔マーケット〕、競馬、医療、カルチャーなどの番組があるらしい。 これは昼間でも聞けることがある〔真夜中は放送していない〕。
  • 民放AMラジオ44局が2028年秋までにFM化されるので、これからラジオを買うときは、FM放送が聞けるラジオであることが条件となる。
  • 地デジや携帯電話はUHF〔極超短波〕を使用している。
頭文字 和名 周波数別
名称
変調方式 周波数
LW 長波 長波 AM
振幅変調
30kHz~300kHz
MW 中波 中波 AM
振幅変調
526.5kHz~1606.5kHz
SW 短波 短波 AM
振幅変調
3MHz~30MHz
FM FM VHF
超短波
FM
周波数変調
76.1MHz~89.9MHz
90.1MHz~94.9MHz

電池・懐中電灯・ラジオ

ゆきんこの防災と備蓄|電池 - ゆきんこの勉強法 | 自修人
ゆきんこの防災と備蓄|懐中電灯 - ゆきんこの勉強法 | 自修人
ゆきんこの防災と備蓄|[電源オートオフ]付きで[小型軽量]な防災向きのラジオ - ゆきんこの勉強法 | 自修人

ポイント

  • [マンガン乾電池][アルカリ乾電池]は、過放電すると液漏れする。
  • [過放電による乾電池の液漏れ]には[エネループ]または[リチウムイオン乾電池]で対処する。
  • 防災用ラジオには[電源オートオフ]が必須。[電源オートオフ]付きで[小型軽量]な防災向きのラジオは、ごく限定されている。
  • それらを列挙する。{SONY SRF-R356、SONY SRF-T355K、SONY SRF-T355、SONY XDR-64TV、Panasonic RF-NA35R、Panasonic RF-NA35、Panasonic RF-ND380RK、Panasonic RF-ND380R、TOSHIBA TY-SPR6}

携帯電話とラジオは電池持ちが命|「津波の到来を早く正確に知る」ために

東日本大震災で経験したように、地震で大切なのは「津波の到来を早く正確に知る」ことです。

携帯電話やラジオの電源が切断された状態では、「津波の到来を早く正確に知ることができずに、命を落とす結果となる」可能性があります。

携帯電話とラジオは電池持ちが命なのです。

スマホは電池持ちが悪い点で防災向きではないので、防災上は「ガラケーまたはガラホに切り換える」か「ガラケーまたはガラホを買い増しする」ことをオススメしておきます。

電池1本で聞ける|電源オートオフ

防災用ラジオで大切なのは、[電源をうっかり切り忘れたせいで、電池切れで聞くことができなくなった]という事態を注意深く回避することです。 そこを考えて、[電源オートオフ]の付いている携帯用ラジオだけをピックアップしました。

[単4形]1本|電源オートオフ

SONY SRF-R356|[単4形]1本|電源オートオフ

※内蔵イヤホンは断線しやすいので、緊急時にのみ使いましょう。
※ふだんはイヤホン端子にイヤホンを付けて使用しましょう。
※イヤホンのコードがFMのアンテナ線になります。イヤホンがないとFMが受信できません。

SRF-R356 | ラジオ/CDラジオ・ラジカセ | ソニー

[単3形]1本|電源オートオフ

Panasonic RF-ND380R|[単3形]1本|電源オートオフ

※内蔵イヤホンは断線しやすいので、緊急時にのみ使いましょう。
※ふだんはイヤホン端子にイヤホンを付けて使用しましょう。
※イヤホンのコードがFMのアンテナ線になります。イヤホンがないとFMが受信できません。

FM-AM 2バンドレシーバー RF-ND380R 詳細(スペック) | オーディオ | Panasonic
FM-AM 2バンドレシーバー RF-ND380R 取扱説明書 | オーディオ | Panasonic

Panasonic RF-ND380RK|[単3形]1本|電源オートオフ

※内蔵イヤホンは断線しやすいので、緊急時にのみ使いましょう。
※ふだんはイヤホン端子にイヤホンを付けて使用しましょう。
※イヤホンのコードがFMのアンテナ線になります。イヤホンがないとFMが受信できません。

FM-AM 2バンドレシーバー RF-ND380RK 詳細(スペック) | オーディオ | Panasonic
FM-AM 2バンドレシーバー RF-ND380RK 取扱説明書 | オーディオ | Panasonic

電池2本で聞ける|電源オートオフ

[単4形]2本|電源オートオフ

SONY SRF-T355|[単4形]2本|電源オートオフ

※イヤホンのコードがFMのアンテナ線になります。イヤホンがないとFMが受信できません。

SRF-T355 | ラジオ/CDラジオ・ラジカセ | ソニー

SONY SRF-T355K|[単4形]2本|電源オートオフ

※イヤホンのコードがFMのアンテナ線になります。イヤホンがないとFMが受信できません。

SRF-T355K | ラジオ/CDラジオ・ラジカセ | ソニー

SONY XDR-64TV|[単4形]2本|電源オートオフ

※イヤホンのコードがFMのアンテナ線になります。イヤホンがないとFMが受信できません。

XDR-64TV | ラジオ/CDラジオ・ラジカセ | ソニー

Panasonic RF-NA35|[単4形]2本|電源オートオフ|イヤホン端子がφ2.5mmなので注意

※イヤホンのコードがFMのアンテナ線になります。イヤホンがないとFMが受信できません。

φ2.5mm イヤホン

FM/AM 2バンドレシーバー RF-NA35 詳細(スペック) | オーディオ | Panasonic
FM/AM 2バンドレシーバー RF-NA35 取扱説明書 | オーディオ | Panasonic

Panasonic RF-NA35R|[単4形]2本|電源オートオフ|イヤホン端子がφ2.5mmなので注意

※内蔵イヤホンは断線しやすいので、緊急時にのみ使いましょう。
※ふだんはイヤホン端子にイヤホンを付けて使用しましょう。
※イヤホンのコードがFMのアンテナ線になります。イヤホンがないとFMが受信できません。

φ2.5mm イヤホン

FM/AM 2バンドレシーバー RF-NA35R 詳細(スペック) | オーディオ | Panasonic
FM/AM 2バンドレシーバー RF-NA35R 取扱説明書 | オーディオ | Panasonic

TOSHIBA TY-SPR6|[単4形]2本|電源オートオフ

※イヤホンのコードがFMのアンテナ線になります。イヤホンがないとFMが受信できません。

TY-SPR6:LEDライト付きポケットラジオ:東芝エルイートレーディング株式会社

[電源オートオフ]なし|とりあえず安く手に入れたい場合

SONY ICF-51[単4形]2本|FM/AM

SONY ICF-P26[単3形]2本|FM/AM

SONY ICF-P36[単3形]2本|FM/AM

Panasonic RF-P155[単3形]2本|FM/AM

Panasonic RF-P55[単3形]2本|FM/AM

TOSHIBA TY-APR4[単4形]2本|FM/AM

※イヤホンのコードがFMのアンテナ線になります。イヤホンがないとFMが受信できません。