[もくじ]を見るor閉じる

▼もくじ▼

▲もくじ▲

日本は在日C国人・在日C鮮人によって支配されています

[黒い髪・黒い目の外国人]が中央省庁や政官財・マスコミなどを支配しており、彼ら支配層を[上級国民]といいます。

[上級国民]は、リゲル星人、ギェナー星人、ワズン星人、そして、バシャールなど、[上級国民]を支配・コントロールしている宇宙人に洗脳されて、日本人を殲滅するために労働をしているようです。 また、それら[闇側]は、一枚岩ではなく、地球の支配権をめぐって[闇側]どうしが争い合っているようです。

[上級国民]そのものに敵愾心を燃やしても意味がありません。

自然災害のかなりの部分を、[上級国民]が国家機関を使って起こしている、という側面があるのかもしれません。

気象庁が気象レーダーを使って線状降水帯を発生させたり、京都大学が電磁波発生装置を使って台風を発生させたり、国土交通省が河川の堤防を決壊させるのにちょうどよいタイミングでダムの放水を始めたりしているという情報もあります。

自然災害をつくっている敵は、国内にいる[上級国民]とその手下。 日本語を話す彼らが、自然災害をわざわざこしらえている。

そうやって、彼らの手の内を読んでいくと、その対処法も見えてくるでしょう。

先手必勝。 つまり、彼らが自然災害を発生させそうなダム、河川、堰などを研究し、彼らのやりそうなことを先回りして読み、それに対処する行動を、自然災害の発生以前に終えておくこと。 これが、先手必勝なのです。

避難所は盗難・レイプの温床

避難所には[黒い髪・黒い目の外国人]がやってきて、窃盗・婦女暴行を行なおうと、狙い澄ましていると考えて結構です。

在日C国人・在日C鮮人によって、窃盗・婦女暴行の被害を受けたくなければ、避難所に依存せず、自分で疎開してください。

相手をカンタンに信じて騙されて、[自分は清らかだ]などと悦に入っているような甘ちゃんでは生き残れませんよ。

在日C国人・在日C鮮人は[どれだけ汚いんだ]というぐらい、腹黒い精神を抱いていることがあります。

これは、在日C国人・在日C鮮人を[理解する]ということです。 [同調して許す]のではありません。 [相手を理解する]とは、例えば、相手がどうしようもない低い意識状態であることを、そのまま見取り、それと理解し、何の感情も抱かないことです。

在日C国人・在日C鮮人を敵視することも偏見ならば、すべての人間が日本人と同じように善良であると見なすのも偏見です。

そして、あらゆる偏見を総合的に知り、感じ、考え、統合することによって始めて、中立に近い見解へと到達するわけです。

偏見を極めましょう。 そして、あらゆる偏見を総合的に知り、感じ、考え、統合しましょう。

もちろん、善良な人もいるのでしょうけれども、常に警戒を怠らず、悪事に対しては、躊躇なしにムチでしばき上げる用意をしておきましょう。

許されれば、とがめられなければ、何度でもやるバカが宇宙には多い。 これは、宇宙デビューするにあたって、事前に知っておくべきことです。

つまり、これは[相手を理解する]ということです。 [同調して許す]のではありません。 [相手を理解する]とは、例えば、相手がどうしようもない低い意識状態であることを、そのまま見取り、それと理解し、何の感情も抱かないことです。

それから、警察署も[上級国民]とその手下ですので、まったく信頼できません。 しかし在日C国人・在日C鮮人に対処するために、警察を利用する知恵も必要です。

とにかく、彼らのずる賢さを見習って、その上を行く知恵をもって対処していきましょう。

学び取り、相手の上をいくぐらい上達する。 この繰り返しを行なうだけです。

結局、大きく被災したら、その土地を捨てて、新天地を求めるチャンスだと思う。 それぐらいの準備をしておきましょう。

[住み慣れた土地]を含め、いらぬものを捨て去り、売り払い、どんどん身軽になりましょう。

いまの政府は倒れて、新しい政府になるでしょう。

そして被災した多くの都会人は、郊外・田舎に活路を見いだし、小都市と田園との中間のような地帯で、新しい日本を構築し始めるでしょう。


そもそも、[被災地周辺に避難所を設ける]という発想が、政策的に間違っています。

[被災地周辺から遠く離れた地域の部屋の空いているホテルで避難生活を送る]ための支援を国家が行なうべきでしょう。 そのために、国債を発行して、臨時予算を組んで、実行すればいいだけなのです。

また被災者も、ホテルの清掃その他の業務に従事すれば、自力での復興の資金を稼ぐことができるでしょう。 とにかく、[被災地周辺にすべてを封じ込めるやり口]が、政府の陰険さを物語っています。

政府・大臣・官僚は、[上級国民]とその手下です。

すべてを入れ替える必要があると感じています。

消防士が出動態勢を整えてから仮眠をとるように、私たちも首都直下型地震に備えてから仮眠をとるようにしよう

消防署の建物は何か工夫がされているのですか? | よくある質問 | 岡山市

ふだんから機器類・バッテリーへの充電を怠らない。 貴重品と避難用具・少しの飲料・食料などを入れたリュックと外出用の靴をそろえてから眠りにつこう。

非常避難行動手順

[地震]→[懐中電灯をつけてNHKラジオ第1を聞く]→[電気・ガス・水道・インターネット・電話〔受話器の外れがないか〕などの導通チェック]→[津波が来ると知ったらリュックを背負い、靴を履いて、すぐに高台へ逃げる]→[電気のブレーカーを落とし、ガスの元栓を閉め、無事を知らせる張り紙をドアに貼り、カギをかける]

※ブレーカーを落とす場合、冷蔵庫から、腐って冷蔵庫をダメにするものを取り出して、ビニール袋に入れておく。

首都直下地震が2020年~2023年の冬〔年末・年始あたり?〕に予定されている?

ここで述べていることは、[悪いことが起こるイメージを喚起して、悪いことを起こそう]という意図で述べているのではありません。

最悪の事態を想定し、対策を講じておくことによって、大難を小難に、小難を無難に転化する意図があるだけです。

想定と準備をしっかりしておけば、被害は最小限で食い止められるでしょう。


[首都直下地震]が単独で起こるとしたら、その後、[東海地震][東南海地震][南海トラフ地震]のどれか、あるいは、すべてが【数時間】【数日】【数週間】【数ヶ月】【数年】のインターバルをおいて連続的に発生する危険性もあると予想する人もいる。

[首都直下地震][東海地震][東南海地震][南海トラフ地震]が起こると、[太平洋ベルト]のうち[三大工業地帯〔京浜・中京・阪神〕]が機能停止する危険性がある。

  • [南海トラフ地震]で危険なランキング
    1. 愛知県
    2. 大阪府
    3. 静岡県
    4. 三重県
    5. 高知県
    6. 愛媛県
    7. 和歌山県
    8. 徳島県
    9. 宮崎県
    10. 京都府

変化に対応できない選択をしない

何事も[変化に対応できるか否か]を大切にしながら取捨選択せよ。

いま地震|何をする?

とい】:重たくて硬いもの
こたえ】:揺れを感じたら、重たくて硬いものからすぐに離れる。自宅では[重たくて硬いもの]は【こしから下】の場所にしまってください。
とい】:ガラスでつくられたもの
こたえ】:揺れを感じたら、ガラスからすぐに離れる。自宅では[ガラス等のワレモノ]は【ひざから下】の場所にしまってください。
とい】:本棚・食器棚・陳列棚
こたえ】:揺れを感じたら、本棚・食器棚・陳列棚からすぐに離れる。
とい】:地震は
こたえ】:40回も、50回も、繰り返し来る。本震で半倒壊した家屋が、大きな余震で全倒壊する。
とい】:SOSホイッスル〔笛〕は?
こたえ】:ふだんから首にぶら下げて生活する。
とい】:家のトイレ
こたえ】:揺れを感じたら、ドアを開けて家がゆがんでも出られるようにする。
とい】:エレベーター
こたえ】:揺れを感じたら、すべての階のボタンを押す。
とい】:自動車
こたえ】:揺れを感じたら、安全に減速して道路の左側に寄せて停車。
とい】:津波は
こたえ】:4回も、5回も、繰り返し来る。
とい】:逃げ遅れた人を探しに戻る。
こたえ】:津波に襲われて死ぬ。しかも逃げ遅れた人は、じつは逃げていた、と後でわかる。津波てんでんこ。それぞれが自分の判断で一目散に高台へ上がるだけ。他者のことは信頼して放っておく。
とい】:避難に自動車を使う。
こたえ】:渋滞で津波に襲われて死ぬ。
とい】:津波・洪水
こたえ】:近くの高い建物の上層階へ歩いてのぼる。
とい】:火災
こたえ】:できれば濡れたハンカチを鼻・口にあてて、姿勢を低くして下へ逃げる。
とい】:消火を諦めるタイミング
こたえ】:炎が天井に達していたら、消化器では無理。ゴーグルをして、濡れタオルで鼻と口を押さえ、姿勢を低くして、さっさと逃げる。命を落としてまでして消火する義理はない。

地震対策

  • 震度4、震度5の地震は、全国どこででも、いつ来てもおかしくない。 これは自分の意思を取り戻した地球自身の浄化としての地震と思われます。
  • 以下の地震対策を最優先事項として、急いで実行してください。 その他のいろいろな対策は、地震対策という[生活環境の安全確保]を終えてから開始しましょう。
  • 重たいものを高い場所に収納していると大きく揺れたときに飛んでくるため危険だから。
    • 重たいものは【こしから下】の場所にしまってください。
    • 特にコワレモノは【ひざから下】の場所にしまってください。
  • 現在、波動を下げる強烈なエネルギーが来ている。このエネルギーは粗く、力強いものである。 それはまるで、崖崩れで大きな石が転がり落ちてくるようなものである。 石が当たったら波動が落ちて、落ちた波動を上げるのは困難な状況である。
  • 波動下降基調のうえに、5月、6月は、波動を下げるような、きつい事件が続くので、二重に注意する必要がある。 この2ヶ月を全力で[波動の高い状態]で乗り切る必要がある。 全力で臨み、妥協しない。
  • 小屋を建設しての小屋暮らし、サバイバル生活など、自らの身体を動かして生活の基盤を整えていく行為そのものが、最強のグラウンディングになる。 スピリチュアルなことをするより、身体を動かして生活環境を整えることが、最強のグラウンディングになる。 緊急事態において発揮されるような、内側に秘められた、[生きる力]とつながる必要がある。 この[生きる力]を使って、力強く、エネルギッシュに生き抜いていくことが、大波が来ても、ハリケーンが来ても、生き残ることができる秘訣になるようだ。
  • 波動を下げないためには、3つのコツがある。
    • 《1》アロマとエッセンスを活用して、1日数回、自分の波動を強制的に上昇させる。 波動低下要素から、香りのボディスーツで自分の身を防御することができる。 とくに[レモン精油][オレンジ精油][ライム精油][グレープフルーツ精油]などかんきつけいアロマをふんだんに使って波動上昇を維持する。 柑橘系のエッセンスは、無農薬有機の良質なものでも安価であり、[飲む][食べる][香りを嗅ぐ]のどれにも使える。 誰でも好き嫌いがなく、安価なのは[レモン精油][オレンジ精油]である。 加湿器タイプ、電球で下から熱するタイプなどのアロマ・ディフューザーで、部屋全体をアロマで包む。 入浴時に浴槽に一滴たらして、呼吸器から吸収、さらに経皮吸収。
    • Young Living レモン精油 15ml - RURiiRO KAGiYA
    • Young Living オレンジ精油 15ml  - RURiiRO KAGiYA
    • Carefree fragrance diary 〜 香りに包まれた日々を気ままに綴る 〜
    • 自分の身を守ろう!セルフメンテナンスで底力を上げる 自分を整える方法 人生を好転 エッセンスとアロマでダメージ減
    • アロマ初心者でも見る目を養う 日々の生活で健康を作る 健康に役立つアロマと役立たないアロマ 良いアロマの選び方5つ
    • 《2》心地よい空間で、心地よい時間を過ごすことを心がけ、気分の良い状態を保ち、明るく楽しく生きる。 とにかく、自分にとって、リラックスすることができる心地よい空間を作り、心のケアをしっかり行なってください。 この2ヶ月は、これまでやりたくてもできなかった、贅沢なことを味わう期間にするとよい。 気分がよくなること、気分が上がることを何でもやる。
    • 《3》自分が没頭する対象を定め、[5月、6月に起こる、波動を下げるような、きつい事件]など、かまってはいられない。 そういう多忙集中状態に身を置き続けることで、魔の働きが届かない状態に自分を置くことができる。 この5月、6月は、自分が新たに始める何事かを本格的に準備するための準備実行期間にして、夢中で準備を整えているうちに、2ヶ月が過ぎ去り、魔の野望を結果としてかわした状態にするといい。 悪魔が影響を与えることができない対象は、[何らかに無我夢中であり、悪魔が与えるネガティブな情報のほうを振り向かない、集中し切った精神状態の魂]である。 悪魔が誘ってくるネガティブなニュースなどがんちゅうにない。 だって、これに夢中なんだもん。 これに没頭しているんだ。 忙しいから、放っておいてくれ。 うるせぇよ。 この状態を保つことが、[5月、6月に起こる、波動を下げるような、きつい事件]の悪影響をまったく受けないことになる。 新たなる生活の第一歩を開始する、具体的行為を始める。 忙しすぎて、かまってられない状態に必ずなる。

春分の日を過ぎて、地震のリスクが遠のいた|震度7ぐらいの地震が日本で起こるリスクが70%ぐらいあったけれども、地球が自分の意思でタイムラインを選び直した結果、この1年以内に大きな地震が起こる確率は30%程度に下がった

  • 地震を起こそうとしている一派は、自然のエネルギーを使って地震を起こそうとしていた。
  • 他の天体意識からの援助によって、封印されていた地球の意識の1つが目覚めた結果、どんなにコントロールされても、地球自身の意思に基づいて意思決定するという、安定感、落ち着き、力強さが地球に加わった。
  • その結果、より好ましいと地球が考えるタイムラインを、地球自身が選び直したせいで、大地震のリスクは、ひとまず遠のいたらしい。

今回の危機は去ったけれども、どのようなタイムラインにつながるかは不明|貴重品と防災用品の点検はしっかりと行なう

ほんらい、自分がなすべきことを、しっかりと実行できるかたちにする。 そのために、自分の日常が壊れたり、変更を余儀なくされたりするのだと思う。

何が起こってもいいように、身辺整理をしっかりしておく必要がある。

ラジオ、懐中電灯、ビニール袋

  • ラジオ
  • 懐中電灯
  • ビニール袋

にげる準備を整えておく

  • にげる準備を整えておく
    • 必要な物をひとまとめにしておいてください。

たいせつなもの

  • たいせつなものは肌身離さず
    • 貴重品〔肌身離さず:パスポート用ポーチなど〕:身分証明書、カード類、通帳類、現金。
    • 肌身離さず:ピタッと体に密着。ストッキングに挟むなど。

たべもの・のみもの

  • 【非常食+水】:自動車に乗る人は運転席から届く範囲に常備しておく。
    • 【非常食】:カロリーメイト、カンパン、ナッツバー、ナッツ〔小袋入り〕などの非常食をそろえておく。
    • 【水・栄養飲料】:ペットボトル水、甘酒。
  • ビニール袋:何にでも使える。

防災と備蓄|非常食|麺類|カップヌードル|味噌汁|スープ|塩辛い · ゆきんこの勉強法 | 自修人

まもる

  • からだをまもる

    • ベッド、ふとん、寝床のまわりに[倒れる物を置かない][ガラスなどのワレモノを置かない]
  • 手をまもる

    • 手袋:軍手、ゴム手袋。
    • ハンドケア用品、オイル、化粧水、クリーム
    • ウェットティッシュ
  • 足をまもる

    • 裸足で歩かない。スリッパ、ズック
  • 避難所は窃盗をはじめとする犯罪が多発。

  • 強制避難の区域などから避難した後の家:空き巣〔貴重品は置かない〕

  • 災害時には、地元の感覚じゃない方、異人種が混ざり込むので要注意。

生活水の用意

  • お水がきれいなうちに、浴槽に水を入れておく。
    • ただしマンションの高層階は配水管が[浴槽に水を入れておくのは危険]かもしれない。
    • 大地震で配水管が故障した場合、上層階で排水したら、下の階が水浸しになるので、浴槽の水をバケツで1階まで捨てに行くことになるかもしれない。

地理学的環境と避難方向の調査

  • 居住地の[長さ]を調べるために、行政からハザードマップ〔災害危険予測地図〕をもらう。
    • 【長さ】:[海岸線から何キロ・何メートル]
    • 【長さ】:[海抜何メートル]
    • 【長さ】:[河川・湖沼などの堤防の高さから何メートル・プラス/マイナス]
  • 河口から侵入した津波が、河川を逆流した場合に、堤防が低い箇所から決壊する。

緊急地震・津波警報対応のラジオは、非常事態発生の音波信号を誤検出をする場合がある〔NHK-FMの放送内容に問題がある〕

携帯電話の[緊急速報エリアメール][緊急速報メール]を利用する。

家庭内ガラス製品の最小化

  • 電気は早期に回復する傾向があるので、電源確保の高いグッズは必要ない
  • 家具をサイドボード以下の高さにする
  • 家具を減らし、家具・品々を固定する
  • 免許証などは写真データにしてクラウドに保存しておく
  • 旅行・キャンプの用品・考え方を防災に応用する
  • ヘルメット、マスク、ゴーグル、安全靴、避難用具一式は、動線上に配置する
  • [両手が空くこと]を重視し、バッグよりリュックに避難用具一式を入れておく
  • ヤッケ、薄手のダウンなど防寒
  • 現金として小銭を用意
  • 閉じ込められた人を聴診器で探す

災害発生時

[消火活動よりも、揺れと倒壊から身を守れ]

[水害なら上へ逃げる][火災なら下へ逃げる]

災害発生時の点検手順

ラジオをつけて津波の心配をチェック

懐中電灯

靴を履き、マスクをかけ、上着を着る

避難用具一式〔リュック〕を背負う

狭い空間で耐える

本気でオススメな機内グッズ6選! - YouTube

【いらぬ[ガラス製品][金属製品]の代表格である[大型テレビ]を捨てよ】:

過去の大地震において、[大型テレビ]が[テレビ台]や[壁]から落下したことによる被害が多数報告されている。

[大型テレビ]こそはいらぬ[ガラス製品][金属製品]の代表格であるから、できるだけ早く廃棄処分にするとよい。

【いらぬ[本][ガラス製品][金属製品]を捨てよ】:

  • [室内を安全にする]ためにも、[引っ越しする]ためにも、家財道具の大幅な削減が必要となる。 いらぬものを急いで捨てて、シンプルライフを心がける。

  • 【本】=【書籍】・【ガラス製品】・【金属製品】は、地震において、最悪の危険硬質重量物となる。

    • 【本】はできるだけ自炊するか、電子書籍として買い換えるのが、防災上は安全である。
    • 【ガラス製品】・【金属製品】はできるだけ廃棄する。

【貴重品袋の整備】:貴重品を即座に持ち出すための準備を整える

  • 【貴重品を取りに戻った間に死ぬ】というパターンがとても多い。
  • 【貴重品を[常時持ち出し可能な状態]に普段から整えておく】ことで、素早い避難行動ができる。
  • 【段取り八分、仕上げ二分】:普段から段取りを組んでおく。
  • 段取りさえ整っていれば、いざ大地震がきたとき、手順通りに粛々と避難することができる。

【硬い重量物は腰よりも低い位置に配置せよ】:地震で倒れてきて死ぬから

[インテリアにかんする低層化の徹底]=[【硬い重量物は腰よりも低い位置に配置せよ】:地震で倒れてきて死ぬから]を何よりも先に行なう。

【食器棚・本棚・CDラック等、高さのある家具等は無条件で廃棄せよ】:地震で倒れてきて死ぬから

大地震のとき、背の高い家具は人間を殺す。

【いらぬ金属家具・金属製品をできるだけ捨てよ】:地震で倒れてきて死ぬから

  • スチールデスク、スチールラックなど、スチール家具をできるだけ少なくせよ。
  • 重量級の金属モニターアーム

【ガラス窓付きの食器棚・本棚・CDラック等は無条件で廃棄せよ】:割れたガラスは人間の血管を切る凶器だから

  • 【ガラステーブル・ガラス窓付きの棚は即座に廃棄する】:割れたガラスは人間の血管を切る凶器
  • 【ガラス製品〔グラス等〕を必要最小限にする】:割れたガラスは人間の血管を切る凶器
  • 【瀬戸物を必要最小限にする】:瀬戸物はガラスに当たって、ガラスを割るから。

【いらぬ家具を捨てよ】

断捨離。

東京都葛飾福祉工場のサイト内を熟読すると防災知識・防災意識が高まると思う

暗記しよう! 防災10か条(防災アドバイス) | 社会福祉法人 東京コロニー 東京都葛飾福祉工場
防災・避難用品カタログ | 社会福祉法人 東京コロニー 東京都葛飾福祉工場
防災・避難用品カタログ
防災用品 | 社会福祉法人 東京コロニー 東京都葛飾福祉工場