文型(sentence pattern)と格(case)

まず英語を学ぶことに価値があるのかというと、もはやないと思う。

まず翻訳に関してはAIが行う。

そして地球が次元上昇シフトしたことによって、今後はテレパシーによるコミュニケーションが盛んになり、語学力がなければコミュニケーションができないという状況が解消される。

したがって、今から英語を一生懸命に勉強しようという人たちは、努力した後に梯子を外されるということもあるかもしれない。 それでもよければ、英語を学んでください。

また日本語を話している場合と比較すると、英語を話しているときに波動が荒くなる人が多いように感じる。 英語はたいへん攻撃的な響きをもった言語で、英語を話していると好戦的になるような気がする。

もちろん、英語圏の人たちの中にも、大変優しい波動をもつ人たちが多い。 英語を話す、優しい波動のスピリチュアリストも多い。 それから、大天使なども英語で示唆を与えてくることも多い。

しかし言語そのものに注目した場合、日本語を話している人たちの波動は、かなり柔らかなものに感じる。

帰国子女で英語・日本語のバイリンガルの人たちの様子を見ると、確かに日本語は話せているけれども、そして明るく外交的でアグレッシブな人生を送っているとは思うけれども、人情の機微などに関しては全く感覚が鈍いなぁと感じることもある。 感性が日本人的ではない感じがする人もいる。

しかしバイリンガルの中にも、きわめて日本人的な感性を強く残している人たちも多い。

これは日本語がどれだけ潜在意識に染み込んでいるか。 それによって差が出てくるのかもしれない。

これは人種による差別ではない。

日本生まれで日本育ちの「人種としては外国の人たち」がいる。 彼らの性格をよく見ていくと、人種としての日本人の性格とほとんど変わらないということがわかる。

つまり母語として日本語を完全に身につけた人たちは、人情の機微などの細かな感性まで磨かれていくのかもしれない。

これは、やたらに日本を称賛しようという、安っぽい考えから述べていることではない。 言葉の中に波動というものが含まれている。 この波動が私たちの潜在意識に対して大きな影響を与えているのだと思う。

日本語の波動によってきめ細やかな感性が磨かれていく。

英語を学びすぎると、波動が粗くなり、大事なものを失うような気がする。

これは英語を差別しているのではない。

しかし、日本人として日本に生まれたのに、無理して英語を学ぶ必要を感じないし、また英語を学びすぎると、「性格が英語」になっちまうから「やめとけ」って思うよ、ぶっちゃけ。

ロスチャイルドとかロックフェラーとかの時代は、もうすぐ終わりだ。

彼らが画策していたグローバル化(貨幣による世界支配計画|貨幣による世界植民地化計画)は、夢に終わったんだよ。 北朝鮮、イラン、イラクは、闇の勢力に屈しなかった、根性のある国々なんだ。

そして、英語という言語は、ロスチャイルドとかロックフェラーとかのグローバル化戦略の中で、大きな役割を果たした言語だったんだよ。

結局、グローバル化(貨幣による世界支配計画|貨幣による世界植民地化計画)を世界規模に広げてきたのが、これまでの「ロスチャイルドとかロックフェラーとかの時代」だった。

その時代は、今上天皇が即位されて、令和に入った段階から、終わってるんだよ、すでに。 平たく言えば、英語はオワコン。

もちろん、英語はまだまだ有用な言語だとは思うけれども、若い皆さんがこれから学ぶような言語ではないと個人的には思う。

英語なんか勉強しないで、音楽とか、写真とか、映画とか、もっと面白いことやんなよ。 英語なんてつまんないよ。


まず英文法というものは全く体系だっていないので、英文法書を端っこから読んでいっても、全く効率が悪い。

「文法から学ばなければ、英語を学ぶことができない」という観念は、全部捨て去っていただきたい。

英語の文型というものは、語順によって、体言(名詞類)の格(かく:case)を表示するための工夫である。

「私」に格を付与すると、「私が」「私を」「私に」「私と」「私の」などになる。

そこで「私」に付与されている概念が「格」である。

「格とは『てにをは』のことである」「『をにと』会ったら返れ、という漢文の覚え方は、格のことを表している」と覚えておけばよい。

格とは、体言(名詞類)を副詞化または形容詞化する仕組みである。

「私」は体言(名詞類)。
「私が」は副詞。
「私を」は副詞。
「私に」は副詞。
「私と」は副詞。
「私の」は形容詞(連体詞の一種)。

格を表現する方法は3つ。

(1)語順(文型)で格を表現する。 英語や漢文(中国語)は、おもに語順(文型)で格を表現する言語である。

(2)「前置詞+体言(名詞類)」で格を表現する。 英語や漢文(中国語)は、このタイプである。 日本語の場合は、「体言(名詞類)+後置詞の一種である格助詞」で格を表現する。 英語の体言(名詞類)人称代名詞とwho・whom(ever)以外は、格変化というものをもたない。

(3)格変化(格を表現するための語形変化)で格を表現する。 ドイツ語やオランダ語など、ゲルマン語系統は、このタイプである。 ロシア語、ギリシア語、ラテン語、サンスクリットなどは、このタイプである。 これらの言語は、体言(名詞類)が格変化をする。 あるいは、体言(名詞類)を前置修飾する限定詞(冠詞とその相当語句)や形容詞などが、体言(名詞類)の格を表すために、代理で格変化する。 これらの言語は、習得が難しい。 大学では、ドイツ語、ロシア語などは第二外国語として選択しないことだ。 スペイン語かフランス語がラク。 中国語はもっとラク。


それで、大事なことは、英文法はイイカゲンな文法で、学ぶ価値はほとんどないから、いわゆる英語構文集と英熟語集を、例文ごと覚えるのが最速・最短コースである。

英文法書は、ぶっちゃけ、捨てていい。 英文法書は、いらない。

必要になったら、また買えばいいじゃん。

「英語構文集と英熟語集を、例文ごと覚えるのが最速・最短コースである」というポイントを実践すれば、受験英語だったら身に付く。

それ以前に、英語を学ぶかちは、もはやないと私は思っている。

いろいろな判断があるので、皆さんが自分軸で考えてください。

英文読解で大事なのは形容詞相当による後置修飾

「日本語はSOV型の文型」「中国語や英語やフランス語やドイツ語や……はSVO型の文型」というのは、さほど重要な点とも思えません。

日本人が英文読解で引っかかる、あるいは、リスニングで引っかかる「最も弱い部分」というのは、 「名詞(句)を形容詞相当が後置修飾する場面」です。

つまり「被修飾語である名詞(句)」を脳内のバッファ(超短期記憶)のところに覚えておく必要がある。 これは筆算による引き算で、隣の桁から借りてくるとか、あの手の頭の使い方をする部分です。

「リスニングで聞き取れない」というのは、おまいらが鶏頭(とりあたま)だからなんだよ。 ワシも鶏頭だから安心せい! 

つまり「被修飾語である名詞(句)」を脳内のバッファ(超短期記憶)のところに「一時的に仮に覚えておく」という部分を、私たちは鍛えていない。

先行詞を1秒で忘れてしまう。 それが鶏頭(とりあたま)だ。

先行詞を1秒で忘れてしまうがゆえに、リスニングにおいて関係代名詞の表現が登場するごとに聞き逃すんだよ。

まず準動詞不定詞動名詞現在分詞過去分詞)が 形容詞相当として用いられる部分だけ、先に勉強しちまってください。

「総合英語」「英文法書」における単元名としては、「不定詞の形容詞的用法」「現在分詞の形容詞的用法」「過去分詞の形容詞的用法」という3カ所です。

準動詞で大事なのは、この3カ所だけで、分詞構文は必要ございません。 分詞構文は、ぶった切ってかまいません。

そして、「不定詞の形容詞的用法」「現在分詞の形容詞的用法」「過去分詞の形容詞的用法」という3カ所で、準動詞形容詞相当として名詞(句)に後置修飾をかますありさまを、とりあえず体験してください。

そうして、用例をたくさん覚えてください。


関係詞ってのは、形容詞節をつくるためのことばです。

関係詞ってのは、「形容詞節ジェネレーター」です。 ジェネレーターというのは「生成器」ということです。

「不定詞の形容詞的用法」 → 節にする → 関係詞+形容詞節
「現在分詞の形容詞的用法」 → 節にする → 関係詞+形容詞節
「過去分詞の形容詞的用法」 → 節にする → 関係詞+形容詞節

関係詞+形容詞節 → 圧縮する → 「不定詞の形容詞的用法」
関係詞+形容詞節 → 圧縮する → 「現在分詞の形容詞的用法」
関係詞+形容詞節 → 圧縮する → 「過去分詞の形容詞的用法」

「英文読解のための英文法」という意味でいえば、「不定詞の形容詞的用法」「現在分詞の形容詞的用法」「過去分詞の形容詞的用法」「関係詞」という4つの部分で、 英文法学習の8割方は終わったようなものです。

「総合英語」「英文法書」における各単元のうち、それ以外の内容は、語彙増強(ごいぞうきょう:ボキャブラリービルディング)の一環であったりするものが多い。

「総合英語」「英文法書」は、「不定詞の形容詞的用法」「現在分詞の形容詞的用法」「過去分詞の形容詞的用法」「関係詞」ぐらいをやったら、 例えば、英文法・語法問題集の中でその他の単元に取り組むとか、そういうふうに、テキトウに手を抜いてください。 時間・手間がもったいないですから。

比較だの、仮定法だのは、例文を覚えなければ意味がないし、解説されても「はぁ」ぐらいしか感想が出ない、覚えるしかない部分です。

ですので、比較だの、仮定法だのは、英語構文集の暗記例文を通じて習得したほうがいい。

俯瞰すると、「総合英語」「英文法書」には、英語の得点力を高める作用は、ほとんどないんだよね。

得点源になりやすい英語教材は、英語構文集と英熟語集だよ。 細かな点数は、英文法・語法問題集で拾う。

英語構文集の中に、重要な英文法単元がほとんど含まれているので、「総合英語」「英文法書」にかじりついているより、英語構文集を一所懸命にやったほうが、芯を食った努力になりやすい。

多くの高校では、桐原書店とかいいずな書店とかの「総合英語」を学校一括採用していると思うけど、要領が悪いと思う。

学習者に効率よく英語力をつけさせるためには、英語構文集を暗記させるのが一番なんだよ(すごい上からの言い方でごめんなさい)。

この2冊をやり込んだほうがいいよ 音声はサイトからダウンロードできます。
文英堂

おまいらが学校で『総合英語Evergreen|いいずな書店』を買わされたとしたら、不見識な英語教師に振り回されたのだと思って、自力で英語学習環境の再構築をしてください。

「総合英語」は1620円ぐらいしかしません。 『総合英語Evergreen』を買わされて、失敗したと思ったら、自分が納得するまで、気に入る「総合英語」を探してください。 「総合英語」は、調べるための英文法書として、1冊(ただしくわしいやつ)は買っておいたほうがいいです。

そして「総合英語」は通読するのではなく、部分的利用と調べる用としての利用に留めましょう。

上記2冊の英語構文集(文英堂のは暗記用、旺文社のは英文読解用)をこなしたほうが、英文読解も語句整序問題も英作文もリスニングも、一気にできるようになるから、こっちのほうが効率がいい。

英語構文集は主食(ごはん)になる。

「総合英語」「英文法書」は主食(ごはん)にならない。

「総合英語」「英文法書」にかじりついているとしたら、勉強の方針を間違えていると思いますよ。

以下の★について 「★の数が多いほど、急いでやってください」という意味です。
」というのは、いちばん優先してやってください、という意味です。
」は後回しでよい、という意味です。

ジーニアス総合英語   11  関係詞
ジーニアス総合英語   7   不定詞
ジーニアス総合英語   8   動名詞
ジーニアス総合英語   9   分詞
高校総合英語Harmony   6   不定詞
高校総合英語Harmony   7   動名詞
高校総合英語Harmony   8   分詞
高校総合英語Harmony   9   関係詞
総合英語be  10  関係詞
総合英語be  7   不定詞
総合英語be  8   動名詞
総合英語be  9   分詞
総合英語Evergreen   11  関係詞
総合英語Evergreen   7   不定詞
総合英語Evergreen   8   動名詞
総合英語Evergreen   9   分詞
総合英語Evergreen   ●   準動詞とは

ジーニアス総合英語   13  名詞
ジーニアス総合英語   14  冠詞
ジーニアス総合英語   15  代名詞
高校総合英語Harmony   16  名詞・冠詞
高校総合英語Harmony   17  代名詞・限定詞
総合英語be  18  名詞・冠詞
総合英語be  19  代名詞・限定詞
総合英語Evergreen   18  名詞
総合英語Evergreen   19  冠詞
総合英語Evergreen   20  代名詞
総合英語Evergreen   ●   限定詞とは

ジーニアス総合英語   18  接続詞
ジーニアス総合英語   19  前置詞
高校総合英語Harmony   19  前置詞
高校総合英語Harmony   20  接続詞
総合英語be  21  前置詞
総合英語be  22  接続詞
総合英語Evergreen   23  前置詞
総合英語Evergreen   24  接続詞

ジーニアス総合英語   22  さまざまな否定
ジーニアス総合英語   4   完了形
高校総合英語Harmony   12  否定
高校総合英語Harmony   3   完了形
総合英語be  14  否定文
総合英語be  4   完了形
総合英語Evergreen   14  否定
総合英語Evergreen   4   完了形

ジーニアス総合英語   23  強調・倒置・挿入・省略・同格
ジーニアス総合英語   24  名詞構文・無生物主語
高校総合英語Harmony   15  さまざまな表現
総合英語be  16  強調・倒置・挿入・省略
総合英語be  17  さまざまな表現
総合英語Evergreen   16  名詞構文・無生物主語
総合英語Evergreen   17  強調・倒置・挿入・省略・同格
総合英語Evergreen   ●   英語の情報構造

ジーニアス総合英語   20  時制の一致と話法
ジーニアス総合英語   3   時制
高校総合英語Harmony   14  時制の一致と話法
高校総合英語Harmony   2   時制
総合英語be  15  話法
総合英語be  3   時制
総合英語Evergreen   15  話法
総合英語Evergreen   3   動詞と時制
総合英語Evergreen   ●   動詞の形の決め方/時制の一致

ジーニアス総合英語   6   受動態
高校総合英語Harmony   5   受動態
総合英語be  6   受動態
総合英語Evergreen   6   態

ジーニアス総合英語   12  仮定法
ジーニアス総合英語   5   助動詞
高校総合英語Harmony   11  仮定法
高校総合英語Harmony   4   助動詞
総合英語be  12  仮定法
総合英語be  5   助動詞
総合英語Evergreen   12  仮定法
総合英語Evergreen   5   助動詞

ジーニアス総合英語   10  比較
ジーニアス総合英語   16  形容詞
ジーニアス総合英語   17  副詞
高校総合英語Harmony   10  比較
高校総合英語Harmony   18  形容詞・副詞
総合英語be  11  比較
総合英語be  20  形容詞・副詞
総合英語Evergreen   10  比較
総合英語Evergreen   21  形容詞
総合英語Evergreen   22  副詞

ジーニアス総合英語   21  疑問詞・疑問文
高校総合英語Harmony   13  疑問文・感嘆文
総合英語be  13  疑問文
総合英語Evergreen   13  疑問詞と疑問文

ジーニアス総合英語   1   文の種類
ジーニアス総合英語   2   動詞と文型
高校総合英語Harmony   1   英語の語順
総合英語be  1   英語の基本
総合英語be  2   英語の語順と文の種類
総合英語Evergreen   1   文の種類
総合英語Evergreen   2   動詞と文型
総合英語Evergreen   ●   句と節
総合英語Evergreen   序章  文の成り立ち
 
Where Am I?
comments powered by Disqus